ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/


     民放キー局の2017年4~9月期決算によると、フジ・メディア・ホールディングス(HD)傘下のフジテレビジョンが唯一、営業赤字となった。一人負けに歯止めがかからない状態だ。視聴率の低迷が続き、広告収入が減った。復活への道は険しいようだ。

     フジ・メディアHDの連結決算の売上高は前年同期比4.8%減の3118億円、営業利益は12.3%減の116億円、純利益は8.8%減の116億円だった。減収減益決算となったのは、主力子会社フジテレビの不振が原因だ。

     フジテレビ単体の売り上げは1272億円。前年同期より166億円、11.8%減と大幅に落ち込んだ。営業損益は8億3600万円の赤字(前年同期は23億500万円の黒字)、最終損益は5億2200万円の赤字(同16億4700万円の黒字)に沈んだ。

     赤字決算になったのは放送収入が落ちたためだ。放送収入は918億円で前年同期より87億円、8.7%減った。番組の放送時間枠を販売するタイム広告は385億円。65億円、14.5%も落ちた。番組の間に流すスポット広告も463億円で、23億円、4.9%のマイナス。スポット広告は、これまでシェアが高かった化粧品・トイレタリー、清涼飲料、食品などが減った。視聴率の低迷で広告主が出稿を控えたことを端的に物語っている。

     ビデオリサーチの18年3月期上期視聴率調査(17年4月3日~10月1日、週ベース、関東地区)によると、日本テレビホールディングス傘下の日本テレビ放送網の一人勝ちが続く。日本テレビは全日(6時~24時)、ゴールデンタイム(19時~22時)、プライムタイム(19時~23時)ともトップで視聴率三冠王だ。

     フジテレビは全日が5.7%、ゴールデン7.7%、プライム7.6%で、民放キー局5社のなかの4位にとどまる。視聴率三冠王の称号は93年までフジテレビのものだったが、過去の栄光いまいずこだ。

     情報番組、ドラマ、ニュース、どれをとっても視聴率が振るわない。バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』などが2018年3月で終わる予定だ。

     6月に就任したフジ・メディアHDの宮内正喜社長は、ドラマを視聴率回復の起爆剤にするつもりだが、10月にスタートしたドラマは大苦戦。期待が大きかった『民衆の敵』の10月1カ月間の平均視聴率は7.8%で、ドラマの視聴率ランキングで10位にとどまる。

    ●実態はデベロッパーがテレビ局を経営

     フジテレビが絶不調なフジ・メディアHDは、何で経営を保っているのだろうか。

     17年4~9月期の実績で見ると、放送事業の売上高は全社の45%を占めるが、収益の柱にはなっていない。営業利益は7億円で6%を占めるにすぎない。フジテレビ、ビーエス(BS)フジ、ニッポン放送の放送事業は、BSフジの利益で支えられている。BSフジの営業利益は前期比22.3%増の14億円だ。

     フジ・メディアHDの稼ぎ頭は、都市開発事業だ。売上高は8.1%減の513億円だが、営業利益は29.2%増の103億円。サンケイビルは五反田サンケイビルの売却やビルの建て替えで減収になったが、新たに連結子会社となったグランビスタ ホテル&リゾート(旧三井観光開発)が利益面で貢献した。全社の営業利益(116億円)のほぼ全額を都市開発事業が叩き出している。サンケイビルなどの都市開発事業がフジテレビの赤字を埋めているという構図だ。

     決算発表会見で宮内社長は都市開発事業の今後の方針について、「ミッドサイズのオフィスビルやホテルなどの開発を中心に進め、まず安定的に営業利益100億円以上を創出するセグメントにしていきたい」と述べた。

     収益構造で見る限り、「デベロッパーがテレビ局を経営している」というのが実態だ。都市開発事業が好調なうちに、フジテレビは視聴率を回復して赤字経営から脱却できるのだろうか。

     しかし、いまだに決め手を見いだしてはいない。
    (文=編集部)

    FCGビル(「Wikipedia」より)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【フジテレビが赤字転落wwwwwもはや不動産会社がテレビ局を経営している状態にww】の続きを読む



    ローソンの「からあげクン」に「ブラックホール味」という謎のバージョンが登場し、話題を集めている。

    からあげクンは、ローソンが1986年から発売している同社の看板商品。これまでも地域限定味やコラボ商品が数多く発表されてきたからあげクンだが、今回のブラックホール味は、人気マンガ『宇宙兄弟』とのコラボ商品だ。

    『宇宙兄弟』は、宇宙飛行士になることを目指す兄弟を描いた物語。ローソンは現在、からあげクンを「宇宙日本食(※注)」として申請しており、その縁でコラボが実現した。今年の5~6月にかけ、『宇宙兄弟』10周年を記念して、「宇宙で食べたい味」のアイデアを募集し、そのグランプリに選ばれたのが「ブラックホール味」。ブラックホール味は、ブラックホールをイメージし、竹炭パウダーとイカ墨を使用し、ブラックペッパーが効いたピリ辛味だという。

    【(※注)JAXAに認証されると、ISS(国際宇宙ステーション)で宇宙飛行士に提供される】

    ブラックホールは極めて高密度かつ大質量の天体で、光さえも脱出できないという“宇宙の墓場”のような場所。どこか恐ろしげなイメージも漂うものを商品名に冠したからあげクンに対し、Twitterには、

    “味の前に色がやばい。真っ黒”
    “ブラックホール味??? ブラックホール食べたことないから想像できなーーい!(笑)”
    “「ブラックホール味ください」って言うのが中二病ぽくて恥ずかしかったw”
    “からあげ君ブラックホール味なるものを買ってみた。 見た目とか分からず買ったんだが…… なんじゃこりゃー!?!?!?”

    など、多数の困惑の声が寄せられたが、肝心の味に関しては、

    “見た目はあれだけど美味しかった~”
    “ブラックペッパーがピリ辛。美味しいですよ! ブラックホールにのみ込まれずに、からあげクンを飲み込みました”
    “「ブラックホール味」を早速買ってきました(^^) 少し辛かったけど、美味しかったです”
    “ブラックホール味だってw 見た目チョコブラウニーに見えるくらい真っ黒~ 食べたらスパイシーで、超ビール飲みたくなった”

    といった具合に、概ね好評だ。なお、ブラックホール味は全国の店舗で販売されるが、210万食限定とのこと。決選投票に残った「ギャラクシー味」(七味醤油マヨネーズ)、「地球は青かった味」(こだわりの塩と魚介類)、「煌めくオーロラソース味」(マヨネーズ+ケチャップ)なども気になるが、とりあえずブラックホール味を試してみる?
    (金子則男)

    ■関連リンク
    ・からあげクン ブラックホール味(ブラックペッパー)-ローソン
    http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1315405_1996.html・Yahoo!検索(リアルタイム) 「ブラックホール味」の検索結果
    https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%91%B3&ei=UTF-8&rkf=1

    パッケージは『宇宙兄弟』のイラスト入り ※画像はサイトのスクリーンショットです(ローソン公式サイトより)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【からあげクン「ブラックホール味」 見た目に困惑も味は好評】の続きを読む



    ゲームアプリで知り合った女子高生を自宅に連れて行った男性が誘拐の容疑で逮捕される事件が発生。ネット上では「これだけで誘拐?」と話題になっている。

    群馬県警大泉署は11月28日、埼玉県川口市の28歳の男性会社員を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。FNNニュースによると容疑者は、ゲームアプリで知り合った群馬県に住む高校2年生の女子生徒に対し「どこに住んでるの」「俺も会いたいよ」などとメッセージを送り、群馬県大泉町の公園付近に誘い出し、自分の車に乗せて、自宅アパートに連れて行ったという。女子高生の父親が通報したことで事件が発覚。女子高生に怪我などはなく、2人が会ったのはこれが初めてだった。

    事件の細部にわたって報じられているわけではないので、詳細は分からないが、ネットで知り合った女子高生を自宅に連れて行ったことで逮捕された今回の事件。Twitterでは、

    “ゲームで知り合って待ち合わせして車乗せて自宅に連れてったら誘拐になるのか…まじか”
    “まて、どういうことだ? ”連れ去った”とか”拉致した”とか”暴行した”ではなく「ゲームで知り合ったJKを自宅に連れて行った」で誘拐になるのか(´・ω・`)”
    “なんでこれが誘拐になるのか、 まずそこから教えてくれ”

    と、報道で知る限りでは、いわゆる“誘拐”とは違うのではないかと考えるネットユーザーが多い。

    弁護士ドットコムによれば、法的に「略取・誘拐」とは、不法に人を生活環境から離脱させ、自己(犯人)もしくは第三者の実力的支配下に置くこととされている。このうち暴力や脅迫によって連れ去ることが「略取」で、だましたり誘惑したりして連れ去ることが「誘拐」となる。今回の事件は、女子高生に怪我などを負わせることなく連れ去っているということで、「誘拐」となるのだ。

    また、同サイトに寄せられている同様の質問に対する回答をみてみると、未成年者と行動をともにする場合、本人が同意していても、保護者が同意していなければ、保護者の監護権を侵害していると解釈することが可能。今回の事件も女子高生の父親が通報しているため、誘拐罪として逮捕に至ったといえる。

    今後、この事件が起訴されるかどうかは分からないが、いずれにしろ保護者の同意なしに未成年者をどこかへ連れて行くことは、犯罪になる可能性があるということだろう。Twitterでは、

    “未成年者自宅に連れ込むのは誘拐になるから下心がないならなおさらしたらあかんということでええのちゃうかな…”
    “女同士(同性同士)のオタクの間とかでも良くある問題 先方の親御さんの解釈次第で誘拐にも何でもなる。 認定されたらアウト。 だから未成年とは関わらないポリシーの女オタクもいる。”

    といったように、不用意に未成年者と交流を持つこと自体がリスクになるという意見も多い。

    SNSやスマホアプリを介して事件に巻き込まれる未成年者が増えているのは事実。その結果、警察の取り締まりも厳しくなっているわけだが、だからこそ大人としては誤解されるような行動をつつしむべきだといえる。相手が未成年者であるとわかっているなら、保護者の許可なく会わないことが得策だといえそうだ。
    (小浦大生)

    ■関連リンク
    ・座間事件契機に注意呼びかける中…SNS悪用し女子高生誘拐、容疑の28歳男を逮捕 群馬県警(1/2ページ) – 産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/171128/afr1711280076-n1.html
    ・略取・誘拐罪‐弁護士ドットコム
    https://www.bengo4.com/c_1009/d_3785/

    ネットで知り合った未成年者と会うと逮捕される危険性が高まる?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【女子高生と自宅で遊んだだけで逮捕 ネットを介した事件の教訓】の続きを読む


    シチズン時計は12月4日、全国の新入社員を対象とした「社会人1年目の仕事と時間の意識」の調査結果を発表した。「無駄だと感じる仕事時間はありますか」という質問に、約6割が「ある」と答え、そのトップが「朝礼」だった。

    調査対象は2017年春入社の社会人400人(男女同数)で、9月22日~26日にインターネット上で行った。入社半年、そろそろ慣れてきたかという時期である。(文:okei)

    「ちょっとした打ち合わせ」と「お茶くみ」が同率2位

    はやく終わらないかな

    無駄だと感じる仕事時間のうち、内容の上位は次の通りだ。

    1位「朝礼」(15.3%)
    2位「ちょっとした打ち合わせ」・「お茶くみ」(13.8%)
    3位「社内会議」「業務報告書作成」(11.5%)
    4位「掃除」(10.5%)

    さらに10%以下では「電話対応」(8.8%)、「コピー・ファックス」(8.5%)、「会議・プレゼン用資料づくり」(5.3%)、「メールチェック」( 4.3%)などが挙がっている。1つ1つのパーセンテージは高くないが、これらが複数積み重なることによって6割になっている。誰でもできる雑用と共に、社内コミュニケーションに関わることを「無駄な時間」と感じる傾向があるようだ。

    会社の朝礼には、情報伝達やラジオ体操で健康管理、経営の方向性を示して社員一丸となる、などの目的がある。しかし今どき、情報は社内ネットワークで共有できるし、中には営業成績の悪い社員を吊し上げたり、トップが話し好きで日常の所感をダラダラ話すだけという場合もある。それなら無駄と感じるのも無理はない。

    「無駄な朝礼から社畜を解放してやれよ」という声も

    一方で、「無駄だと感じる時間はない」と答える人も 4 割弱(39.8%) いた。朝礼も、内容が有意義であれば無駄とは感じないだろうし、メールより顔の表情や声のトーンから話が伝わり易い情報もある。そもそも、上司がこれを聞けば「新入社員が朝礼の内容を無駄かどうか断定はできない」とのお叱りもありそうだ。

    同社は、「業務時間の効率化を図ることも重要ですが、あらゆる業務から学びを得ることも新入社員の大事な仕事だという姿勢なのかもしれません。」とコメントしている。

    とはいえ、新入社員だけでなく「朝礼は無駄」と感じる人は多いようで、ツイッターではこんな愚痴や指摘が数多く上がっていた。

    「『教養』と称する冊子を唱和させられる無駄な朝礼から社畜を解放してやれよ。信仰活動を企業でやるのはおかしい」
    「支社全体で朝礼。その後部署毎で朝礼。その後グループ毎で朝礼。無駄な事この上ない」

    様々な仕事がある中、朝礼が必要な職場もあるだろう。だが、働き方改革が叫ばれ、無駄な時間を無くして生産性を上げる方法を、社会は模索している。昔ながらの習慣というだけで朝礼を続けている職場は、すぐさま考え直したほうがいいだろう。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【社会人1年目が無駄だと感じる仕事時間1位「朝礼」――「お茶くみ」「ちょっとした打ち合わせ」も上位に入る】の続きを読む


     テレビがあるのに受信契約に応じない男性に対し、NHKが契約締結と受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決が6日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で言い渡される。大法廷は放送法が定める受信契約の義務について初の憲法判断を示す見通しで、公共放送の根幹を支える受信料制度について、裁判官がどのような意見を述べるかも注目される。

     NHKでは2004年以降、職員による番組制作費詐取など不祥事が相次いで発覚し、受信料の不払いが急増。このため「公平負担の徹底」を掲げ、滞納者らに対する法的措置に踏み切った。

     今回訴えられた東京都内の男性は、06年に自宅にテレビを設置したが契約に応じなかったため、NHKが提訴した。

     最大の争点は、テレビなどの受信設備を置いた人は「NHKと受信契約をしなければならない」とする放送法の規定が、憲法に違反しないかだ。

     男性側は弁論で、契約締結は視聴者の意思によるべきで、放送法の規定は「契約の自由」に違反すると主張。NHK側は受信料制度には必要性と合理性があるとして、「憲法に違反しないことは明らかだ」と反論した。

     このほか、契約がいつ成立するかや、支払い義務が生じる時期も争点となっている。昨年度末で900万件を超える未契約世帯への対応にも影響が出そうだ。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【NHK受信料、憲法判断へ=放送法で「契約義務」-6日大法廷判決・最高裁】の続きを読む

    このページのトップヘ