ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/



    (出典 xn--pckwb0czd204rte7a.jp)



    1 らむちゃん ★ :2017/08/16(水) 18:38:40.67 ID:CAP_USER9.net

    産経ニュース、2017.8.16 18:24更新
    http://www.sankei.com/economy/news/170816/ecn1708160021-n1.html

     厚生労働省は8月15日、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストを更新した。5月に初公開し、電通・パナソニック・日本郵便など大企業も名を連ねる「ブラック企業リスト」として話題を呼んでいた。

     8月に追加された企業は、アスベストの有無を事前調査せずに建物の解体作業を指示した建設事業者(秋田県)、労働者1人に約16万円の賃金を支払わなかった食品事業者(長野県)など。

     公開当初の掲載企業は332社だったが、8月の更新で計401社に増えている。

    ●過去には電通支社、HIS、死亡事故発生の水道局も追加

     5月末の更新では、電通の関西支社(大阪府大阪市)、京都支社(京都府京都市)、中部支社(愛知県名古屋市)がリスト入り。3社は従業員に「36協定」の延長時間を超える違法な長時間労働を課したとして、労働基準法違反で書類送検されていた。

     7月の更新では、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)がリスト入り。同社も東京都内の2事業所で従業員に「36協定」の延長時間を超える違法な長時間労働を行わせたとして、労働基準法違反で書類送検されていた。

     また、7月には宇部市上下水道局(山口県宇部市)が、公営企業として初めてリスト入りした。手すりの設置など転落防止措置を講じないまま、従業員に汚水処理槽の水質検査作業を行わせたとして、労働安全衛生法違反で書類送検されていた。

     同局では2016年9月に、採水作業中の男性職員が水深4メートルの曝気槽(ばっきそう、汚水を処理する池)に転落し、死亡する事故が発生していた。

     企業名がリストに掲載されるのは、各都道府県の労働局による公表から1年間。厚労省は今後も、同リストを定期的に更新していく方針だ。


    【【厚労省】 「ブラック企業リスト」を更新、401社に HISや水道局も】の続きを読む


    キャリコネ

    労働基準法では、会社員などの労働時間の上限を1日8時間、週40時間と定めているが、それでもまだ「長すぎる」と感じている人は少なくないようだ。

    ガールズちゃんねるには8月13日、「週5日・1日8時間労働をツライと思うのは甘えですか?」というスレッドが立った。スレ主は、事務職に就いているいる人物で、「肉体的、精神的にもツライ」と毎日感じている。残業はあまりないこともあり、周囲からは「普通のことだ」と言われているが、納得いかないようで

    「やはり私が甘いのでしょうか……。皆さんはどう感じますか?」

    と投げかけた。

    「通勤とか準備入れたら自由時間そんなにない」

    日本で8時間労働が労働基準法で定められたのは、戦後間もないころの1947年。しかし、現在は当時とは技術面など、あらゆる面で利便性が向上したほか、生活環境も激変している。いつまでも8時間労働にこだわるのはおかしい、という考えになるのは当然だろう。

    スレッドには約900件の書き込みがあり、1日の労働時間に対する関心の深さがうかがえる。「辛さは人によって違うよ。甘えじゃない」「気持ち分かります」など、スレ主の考えを擁護する意見が多い。

    「私もきついよ。通勤とか準備入れたら自由時間そんなにないよね。 せめてバケーションがあればいいのに!大人だって長い夏休みがほしい……」
    「今の日本では当たり前だけど、私もきつい。 8時間労働するなら週休3日にしてほしい」

    中には、「仕事するのって生きるためなのに、仕事するために生きてるような感覚になる」という悲壮感漂う投稿もあった。

    「甘いとかいう言葉が嫌い」「集団同調主義や精神論の固まり」

    一方で、「残業ないなら全然甘い方だと思う」「残業ないのはうらやま」など、スレ主の考えは甘過ぎるという指摘も目立つ。

    「あま~~い! サービス残業当たり前!! 8時、9時になるのは普通」
    「私飲食業だけど、開店から閉店、そして次の日の準備ってしてると自然と12時間勤務になる。早く終わっても10時間は確実。残業代なんかでないし週一しか休みないよ」

    現在辛い労働環境に身を置いているならそう言いたくなる気持ちはわかるが、「自分は大変なのだから、あなたも我慢しろ」という考えは乱暴で、何の解決にもならない。日本では長時間労働が是とされ、世界各国と比較して労働生産性も低いが、こうした同調圧力が効率化を妨げているように思える。

    そのため「甘いとかいう言葉が嫌い。みんながやってるからっていう集団同調主義や精神論の固まり。 日本は働き方の柔軟性をないがしろにしすぎ」という痛烈なコメントも寄せられていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「週5日・1日8時間労働が辛いのは甘え?」という議論 「みんながやってるという精神論が働き方の柔軟性をなくしている」】の続きを読む



    1 以下、でVIPがお送りします :2017/08/15(火) 22:01:11.414

    めっちゃ泣けるわ 
    このあと死ぬって分かってんのに何で笑えるんだよ


    (出典 i.imgur.com)


    【特攻隊員の笑顔wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    Happy woman lying on sofa in messy room at home.
    愛カツ

    彼氏や気になる男子が、はじめて自分の部屋に来る時。掃除も、かわいい部屋着もカンペキ!なんて思っていても、自分では気付かない「男子ドン引きアイテム」を見落としているかも……。

    今回は、20代・30代の男性223人を対象に、「女子の部屋にあると正直引いてしまうもの」を聞いてみました。いったい男子は女子の部屋のドコをチェックしているのでしょう?

    女子の部屋にあると正直引いてしまうものランキング

    1位:汚いトイレ(130票)

    2位:放置されたゴミ(111票)

    3位:元カレの写真(98票)

    4位:男物の服や下着(94票)

    5位:タバコ・灰皿(91票)

    6位:賞味期限切れの食品(83票)

    7位:脱ぎっぱなしの衣類(74票)

    8位:ギャンブル関係のグッズ(73票)

    9位:大量の酒(69票)

    10位:BL作品(40票)

    という結果になりました。男女問わず、清潔感がない部屋は論外ですよね。1位、2位に関しては、男子ウケというより「人として」きちんとするべし……!

    特にトイレは一見きれいに見えても、「便座の裏が汚くて引いた」という状況があるあるのようです。自分では気づきづらいポイントですが、便座を上げて用を足す男子には一瞬で気づかれてしまうので、隅々までよーく磨きましょう。

    男のカゲが見えるものもNG

    3位、4位に見えるように、男子的に「自分以外の男のカゲ」が見えるものにも引いてしまう傾向。

    元カレの写真やプリクラなどは処分するか、絶対に目に入らないところにしまっておくのが賢明です。気をきかせたつもりで、「これ着ていいよ〜」なんて、元カレのパジャマを渡すのもNGですよ!

    タバコや灰皿も、本人が使っていない場合は「誰の……?」と、いらぬ心配をかけてしまうようですので、その場合は思い切って処分した方がいいでしょう。(喫煙者であることを隠していた場合も、人によっては引いてしまうそう)

    また、10位のBL本のように、一般的に理解され難い趣味のアイテムも、打ち解けるまでは隠しておいた方がベターかもしれません。

    居心地の良い部屋をつくろう

    アンケート結果上位になった「不潔・男のカゲ」は、男女反転で考えてみても嫌なものです。清潔感がある・男のカゲを見せない、というのは相手を思いやる最低限のマナー。隅々まできれいにして(とくに水回りの清潔感は大事)、元カレの思い出はバッサリ処分し、お互いに居心地のよい部屋をつくりましょう。

    (愛カツ編集部)

    アンケート対象:fastaskモニター 男性223人(20代・30代男性)複数選択回答



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【男が女子の部屋にあるとドン引きするモノランキングwwwwww】の続きを読む



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/08/15(火) 13:49:29.59 ID:fnl92GKQx.net

    安倍が謝らないからこうなる

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    【【悲報】韓国「慰安婦像は2000万体設置する。輸出もする。」】の続きを読む

    このページのトップヘ