ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/


    自動販売機オペレーター大手「ジャパンビバレッジ東京」が、違法な時間外労働を足立支店のルートセールス社員にさせ、労働基準法32条1項・2項に違反していたとして労働基準監督署より是正勧告を受けていたことがわかった。2017年12月6日付。

    ブラック企業ユニオンと同社社員が3月29日に東京・霞が関の厚労省記者クラブで会見し明らかにした。ジャパンビバレッジ側は「担当者が不在」とし、コメントしていない。

    ●「実態は勤務管理が可能だった」

    ルートセールス社員とは、トラックで商品を運んで自動販売機に飲料の補充などをする職務。事業所の外で働くため、会社側が労働時間を把握できない場合に認められる「事業場外みなし労働時間制」が適用され、ルートセールス社員の1日あたり労働時間は7時間45分とみなされていた。時間外労働手当の支払いはなかったという。

    ただ実態は、ルートセールス社員は携帯電話を持たされ常に業務指示を受ける環境だったことなどから、労基署は労働時間の算定が可能であると判断し、是正勧告したとみられる。会見した社員のひとりは、「朝8時から夜9時まで13時間ぶっ通しで勤務することがよくあった。誠実な対応を求めます」と話した。

    是正勧告を受けてジャパンビバレッジ側は2018年1月より、「事業場外みなし労働時間制」の適用をやめ、ルートセールスの全従業員に対して2015年11月分からの未払い残業代を支払うことに同意したという。

    一方、組合活動を理由に無期限出社停止の措置を受けたり、「残業時間50時間で2万円を支払う」などと持ちかけられたりする従業員もいるといい、ユニオン側は誠実な対応をするよう引き続き求めている。

    ジャパンビバレッジ東京はジャパンビバレッジホールディングスの子会社。日本たばこ産業(JT)グループだったが、2015年夏、サントリー食品インターナショナルが買収した。

    <労働基準法32条>

    1項:使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。

    2項:使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

    (弁護士ドットコムニュース)

    「13時間ぶっ通し」でも残業代なし、自販機オペの「みなし労働」無効 労基署が勧告


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「13時間ぶっ通し」でも残業代なし、自販機オペの「みなし労働」無効 労基署が勧告】の続きを読む


     先ごろAV女優の麻生希が覚せい剤所持の疑いで逮捕されたが、その直前、あるAVライターが麻生の知人と見られる人物から「情報を漏らしただろ」などと因縁をつけられていたことがわかった。

    「2月の上旬、知らない番号から電話があって、男の声で一方的に『麻生希の情報をマスコミや警察に漏らしているだろ』と言われ、いくら否定しても『このことは業界中に知れ渡っているから、逃げられないぞ』とまで言われました。僕にはさっぱり何のことかわからないので、怖かった」

     こう話すライターは、成人誌などでAV関連の記事を手掛ける中で、過去に麻生を取材したこともあったが、「個人的に付き合いができたわけでもないし、接点はそれだけだった」という。ただ、業界人から「麻生がどっぷり麻薬に手を染めているらしい」というウワサを聞いたことはあったという。

    「でも、それを僕が他でしゃべったりもしていなかったので、なぜ僕にそんな疑いがかけられたのかはわからないです」(同ライター)

     麻生は2012年にAVデビューし、「清楚なお嬢様系」として人気に。大手通販サイトの月間セールスランキングで1位になったこともあったが、16年に麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕。その後、SNSで「覚せい剤をやっているとかデタラメをいい回られ」たとして「自殺を決心しました。もう耐えきれません。さようなら」と書くなど、精神状態が不安定な様子を晒していた。

     今回は、前回の逮捕と同じ関東信越厚生局麻薬取締部によって、交際相手の自称DJとともに2月26日に逮捕された。容疑は同20日、マンション内に覚せい剤56グラムを所持したというもので、横浜地検は3月16日に起訴している。麻生は他にもコカインやMDMA、大麻など数種類の違法薬物や計量器具などを押収されており、覚せい剤に至っては約2,000回分にも相当する量だったこともあって、密売していた疑いも浮上中だ。最近は2時間20万円の高級デリヘル(風俗店)に勤務していた彼女だが、AVライターは「僕は、そのこともよく知らなかったのに」と話す。

     不思議なことに、このライターが脅されたのはこれで2度目だった。

    「少し前に、あるAV関係者が脅迫事件で逮捕されたんですが、そのときも仲間と見られる男から『おまえが彼を陥れたんじゃないのか』って、勝手に決めつけられたんです。逮捕された関係者は不良グループの半グレメンバーとして知られていた人ですが、もともとAVライターをやたら敵視する人で、雑誌で『AVライターが主観でAV女優のかわいい、かわいくないを決めるから、AV業界が衰退している』という内容を書いていたんです。僕がその対象に見られたんでしょうね……」(同)

     立て続けに因縁をつけられたAVライターは、困惑しながら「たぶん最近、警察などがAV関係者の摘発に力を入れるようになって、内通者もいるとかいないとかで業界内が疑心暗鬼になっていて、誰かを裏切者みたいにしようとする風潮があるのでは?」とも話している。

     麻生の逮捕も、業界関係者の内部リーク説があるということか。
    (文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

    麻生希のTwitter(@Nozomi777N)より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【覚せい剤大量所持のAV女優・麻生希逮捕で業界大混乱!? 無関係のAVライターに恐喝被害も「情報を漏らしただろ」】の続きを読む


     小中学生の将来就きたい仕事は?――人材サービスのアデコが「2018年版小中学生の将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表した。

    【その他の画像】

     小中学生の男子が将来就きたい仕事の1位はサッカー選手(8.0%)、2位は医者(6.4%)、3位は野球選手(5.6%)――と続いた。

     2017年版のランキングで1位だった「会社員」は、7位までランクを落とした。昨年初めてトップ10入りした「ゲームクリエイター」は3.6%で8位と、今年もトップ10入り。

     女子は4年連続でパティシエ(14.4%)が1位に。次いで医者(7.4%)、3位は先生(7.0%)だった。

     2014年に調査を開始して以来、医者は常に男女両方のランキングトップ10に入っており、安定した人気のある職業といえそうだ。

     「YouTuber」は小学生男子の9位(3.4%)に、運転手と公務員に並んでランクイン。

     中学生のランキングでは、男子のトップは公務員(8.7%)、女子は医者、先生(各8.7%)と、現実的な回答が目立った。

     調査は2017年11月、全国の小中学生(6~15歳)1000人を対象にインターネット上で実施した。

    小中学生の将来就きたい仕事ランキングトップ10


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【イマドキ小学生の「将来なりたい職業」ランキングがコチラ!】の続きを読む


    (kazoka30/iStock/Thinkstock)

    少子高齢化が進む今の日本において、介護というのはもはや家族の問題ではなく社会の問題。

    どのようにして向き合っていくのか我々は全員で真面目に考えていくべきだが、一方ではその大変さから「親と言えども、できれば勘弁してほしい」と考えてしまう人もいる。

    今、「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「ニートで無職の兄がいてよかった」というエントリーが話題になっている。

    ■アラフォー高卒のダメ人間な兄

    投稿者にはアラフォーで高卒の腹違いの兄がおり、現在でも無職のダメ人間なんだそう。

    しかしながら「尊敬はできないけれど人間的に嫌いではない」とのことで、幼い頃から遊び相手になってくれて楽しい思いもしてきたとか。

    また、実家が裕福でない中、「兄が無理して大学へ進学しなかったからこそ自分が東京の私大へ進学できた」という過去も投稿者の心境に影響しているよう。

    ■そんな兄のおかげで救われた投稿者

    そんな中、家族に変化が起きる。父親が倒れてしまい、また母親も調子を崩したのだ。すると、無職の兄が面倒見てくれることになり、片道一時間かけて実家に通うように。

    介護に見返りがあるわけでもなく、また兄から見れば投稿者の母親は血がつながっておらず、義理の母親でしかない。しかし、そんな中でも兄は当たり前のように面倒を見てくれる上、金銭的援助も求めてこないのだとか。

    「自分しかいなければ見捨てるか仕事を辞めてサポートするしかなかった。恐らくどちらを選んでも後悔していたであろう選択。それをせずに済んだので兄には感謝しかない」と感想を述べた投稿者。

    さらに、「家族内にフリーハンド的な人材がいるのはとても有意義かもしれないと感じた」と綴ったのだった。

    ■「金銭的援助しろ」「家族内労働だ」

    この投稿に対し、他のネットユーザーからは「金銭的援助くらいはするべき」との声が相次ぐことに。また、「家族内労働をニートと呼ぶな」など、介護を労働のひとつとして認めない姿勢に批判的な人も。

    ・資金援助ぐらいしなよ…あとお兄さんが倒れないかサポートもしとかないと後悔するよ

    ・家庭内労働をしてる人を無職とかニートと呼ばないようになるといいなあ。必要な人だもの

    ・今更踏み込みにくいとは思うけど無職でどうやって暮らしているのか分からない人が金銭的援助も求めず実家を見てくれているというなら金銭的なお礼をした方がいいような気がする

    ・「金銭的援助も求めてこず」を真に受けてどうする。お金はいくらあっても困らないんだから、早く資金援助してあげて

    しかし、一方ではこの境遇に近い立場にいるという人も。

    ・すげぇ…生い立ちやディテールは割と違うけど、実態として俺こんな感じだわ今

    ■2割に介護経験アリ

    介護経験(©ニュースサイトしらべぇ)

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女に「親族の介護経験」について調査したところ、およそ2割が「経験アリ」と回答。

    今後、さらに少子高齢化が進んでいく日本。大変な介護を少しでも楽に、働きながらでもできるように法律や制度、インフラを整備していくことが急務だ。

    ・合わせて読みたい→「アホの子教えるのは楽しかった」 元家庭教師の投稿に納得の声相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
    対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

    「ニートで無職の兄がいてよかった」 介護を無意識に押し付ける投稿に賛否


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ニートで無職の兄がいてよかった」 介護を無意識に押し付ける投稿に賛否】の続きを読む


     平昌オリンピックでカーリング女子日本代表(LS北見)が使って流行した言葉「そだねー」が、特許庁に商標登録出願されていたことが明らかになった。出願したのは北海道の菓子メーカー・六花亭製菓で、インターネット上で物議を醸している。

     カーリングで日本初の銅メダルを獲得したLS北見。大会中は勝利するたびに注目度が増していき、3位決定戦の平均視聴率は25.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。そして、競技中に選手が話し合う際の「そだねー」という方言も注目を浴び、「とても和むやり取り、つい微笑んでしまう」「北海道なまりがほんわかします」「かわいくて軽い感じと五輪の緊張感とのギャップがすごい」と話題になった。

    「そだねー」が日本ではやっていることを知ったLS北見のメンバーは、2月の帰国報告会などでも「そだねー」を披露。ネット上では、早くも「今年の流行語大賞の最有力候補」という推測も出ている。

     そんななか、銅メダル獲得から5日後の3月1日に六花亭が「そだねー」を「菓子及びパン」の商品区分で商標登録出願していたことが明らかになった。六花亭の本社は帯広市でLS北見の地元である北見市内には店舗などがないため、同社には「関係ない会社なのにおかしい」といったクレームが届いているという。

     ネット上でも、「企業イメージが悪くなった」「六花亭のスイーツは好きでしたが、今回の件で嫌いになりました」「あざといとしか言いようがない」と批判の声が続出している。しかし、六花亭は何も「商標を独占しよう」という意図で出願したわけではないようだ。

    「テレ朝news」の23日付記事『「そだねー」を商標登録?北海道の六花亭が出願』によると、六花亭の佐藤哲也社長は「『六花亭』が中国で使えなくなってしまっていることなどがあり、『そだねー』が使えなくなることを懸念してのことだ」「ほかの人たちが使いたいとなれば、申請してもらえば止めるものではない」と話している。

     これを受けて、ネット上では「中国や悪徳業者に取られるよりはまし」「なんでもかんでも営利目的で商標登録する輩が多いので、こういった企業にはがんばってもらいたい」と擁護の声が上がっている。しかし、依然として「いちいち六花亭におうかがいを立てなきゃいかんのか」「批判されたから言い逃れ?」など批判の声もやんでいない。

     そもそも、まだ出願の段階であり、実際に登録されるかどうかは審査次第だ。今回の騒動は、それだけ「そだねー」が注目されていることを証明したといえるのかもしれない。
    (文=編集部)

    帰国報告会でのカーリング女子日本代表(写真:田村翔/アフロスポーツ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【六花亭、「そだねー」商標出願で客離れ?「あざとい」「嫌いになった」…擁護の声も】の続きを読む

    このページのトップヘ