ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/


     動画プラットフォーム「niconico」を運営するドワンゴは11月30日、新バージョン「niconico(く)」(読みは「クレッシェンド」)について謝罪。今後の見通しを改め、画質や重さの問題に対する具体的な改善策を実施すると発表した。

    【その他の画像】

     ドワンゴは11月28日、六本木・ニコファーレで新サービス発表会を実施。新インタフェース「nicocas」とその新機能について発表したが、ユーザーが望む画質と速度の改善が果たされておらず、反応は冷ややかだった。発表会終了後、ドワンゴの栗田穣崇取締役のTwitterにも批判や意見の投稿が押し寄せる“大荒れ”の発表会となっていた。

     ユーザーの反響を受け、ドワンゴは(1)新バージョンのリリース遅延、(2)画質・重さへの解決が果たされていないこと、(3)画質・重さに対する今後の具体的な施策を提示できなかったことを改めて謝罪し、「新サービスの発表以前にサービスの根幹となる部分における見直しをしなければいけないという事を身をもって体感致しました。 我々運営が積極的に取り組まなければいけない基本的な部分がおざなりになっていた事、ユーザーの皆さんの不便や不満点に十分目を向けてられていなかった事について改めて深くお詫びさせて下さい」と反省をつづった。

     基本性能の向上のための具体的な施策として、「ニコニコ動画」の1080p対応と「ニコニコ生放送」の720p対応を発表。動画は2018年1月から本運用開始、生放送は同じく1月に枠数限定で開始する。「まだまだ取り組むべき基本性能の向上があるかと思いますが、上記を早い段階でできる実行プランとさせて頂き、それ以降でさらなる改善を行っていければと考えております」という。

     「ちょっと他とは違う、ちょっと不思議で独特なサービスや機能も模索し続けていきたいと思います」とするものの、基本性能向上のための検証・実行の注力のため、12月3日に予定していた「nicocas」体験会は中止とする。18年1月28日の新バージョンに関する発表、2月28日の新バージョンのリリースは予定通り行う。

    ドワンゴが「niconico(く)」について謝罪


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大荒れの「niconico」、ドワンゴが謝罪 画質の改善を約束】の続きを読む


     東京・下北沢にある飲食店で10月、貸し切り客130人による「ドタキャン事件」が発生、SNS上で大きな話題となりました。お店の公式ツイッターは当日、ドタキャンがなされる直前に「本日20:00頃マデ貸切となります」「雨でもいつでもお待ちしてます」と告知、その後「今、まさに信じられない事が起こったのですが、貸切のお客様がドタキャンとなりまして…(中略)130名って…という事でお席空いてます…まだ立ち直れてないですが…」とつぶやくと、「ざっと50万くらいの損害ですか」「許さない」「幹事が130人の参加者に連絡するのも大変なので、これは最初からイタズラだったのでは?」などの声が上がりました。

    損害額は数十万円規模とみられる

     オトナンサー編集部が同店に取材したところ、ドタキャンをしたのは大学生の団体で、他大学と合同で大会の打ち上げをするはずだったといいます。約1カ月前に電話で予約が入りましたが、当日の予約時間になっても現れなかったため、電話すると「キャンセル」との返事が。その後、ダブルブッキングで同店をキャンセルし忘れていたことが判明したそうです。5種類の料理からなる、1人2780円のコースを仕込み済みで、損害額は数十万円規模と見られますが、「今後もお付き合いしたい、お店を使ってほしい」(同店関係者)ということで落着し、その後、実際に利用もあったといいます。ドタキャン当日、投稿を見たとおぼしき20~30人が来店、残った料理を注文する、心ある人もいたそうです。

     同店は、ドタキャンに対する法的措置について取材に対し「電話番号しか知らない相手なのでドタキャンされても実際には困難」としていますが、芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士によると、「お店の予約」には原則として法的拘束力があります。

    「お店を予約する行為は、客がお店の席を予約してお店がそれに応じれば、席を予約する契約が成立し、法的拘束力が生じます。お店を予約する際、料理を注文していれば、料理を提供してもらう契約も成立します。客が自身の都合でそれらの予約をキャンセルすれば、契約の一方的な解約になるため、それによって発生した損害をお店に対して賠償する責任が生じます。お店が、料理の注文に対して材料の注文や仕込みをすでに行っており、ほかの客への振り替えなどができない場合は『直接損害』として、お店側は客にその賠償を請求できます。席を予約しただけの場合には、料理の注文こそしていませんが、席が埋まったことでほかの客の予約や入店が不可能になったのであれば、期待売り上げや利益を失ったとして『間接損害』や『逸失利益』の賠償を請求できます。ただし実際には、具体的に発生した損害額の証明が難しく、お店側も客が常連であることや、次回の予約を取り付けることで、これら損害賠償の請求を控えていることが多いと思われます。とは言え、一見さんが多い有名店では、当日のキャンセルとして1人5000円(+消費税)を申し受けているお店もあるようです(実際に請求しているかは不明)。こうしておけば、損害賠償の予定(違約金)として、損害の証明がなくても賠償を請求することができます。そもそもドタキャンする人が大幅に減るでしょう」(牧野さん)

     ただし、電話をかけてきた人が未成年の場合、判断能力が未熟であることから契約取り消しが可能。また、お店側が損害賠償を請求するためには、電話をかけてきた人を特定し、かつ具体的に発生した損害を証明する必要があるそうです。

    イタズラならば「偽計業務妨害罪」も

     今回のケースで、お店は「今後の利用」を約束してもらうことで、法的措置に踏み切りませんでしたが、仮にそうする場合、どの程度の損害賠償請求が可能なのでしょうか。

    「全額を請求することは難しいでしょう。あくまでも、お店側に具体的に発生した損害の範囲の中で、具体的に証明できた範囲に限定されるでしょう。今回のケースでは、ドタキャン直後に『心ある20~30人』が来店しており、料理が全てむだになったわけではなく、損害額は少なくとも20~30人分が減額された『約27万8000~30万5800円』と思われます。さらに、そのほかの客に振り替えられていれば、その分の損害額も減額されるでしょう。法律の世界では、埋め合わせできた分は損害を回避したとみなされるため、その分の請求ができなくなります」

     ちなみに、今回のケースでドタキャンは単純な物忘れが原因でしたが、これがイタズラだった場合、民事上は他人の権利を不法に侵害する「不法行為」にあたるため、発生した損害を賠償する責任が生じるほか、刑事責任としては、偽計を用いて人の業務を妨害する偽計業務妨害罪(3年以下の懲役または50万円以下の罰金)が成立する可能性があるそうです。

    (オトナンサー編集部)

    貸し切りに備えて作っておいたという「炊き込みご飯」(同店提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【都内飲食店で貸し切り客130人のドタキャン発生「信じられない事が起こった…」、法的問題は?】の続きを読む


     北朝鮮は11月30日、29日に打ち上げた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の写真を公開した。米韓の軍事関係者や専門家、日本の防衛省は写真を分析した結果、形状や大きさなどから、7月に2度打ち上げたICBM「火星14」の改良型ではなく、完全な新型である可能性が高いと判断している。

     韓国軍関係者は30日の定例会見で、新型と判断する根拠として、写真から「弾頭部の形状、1段目と2段目の連結部分、全体的な大きさ」の違いを挙げた。米専門家も、1段目のエンジンが火星14に使われたものよりも推進力が大きい新型エンジンが使われた可能性を指摘している。

     聯合ニュースによると、韓国の軍と情報当局は初期分析の結果、全長が火星14の19メートルに対して火星15は21メートルと伸び、推進力も1.5倍程度強化されたと推定。推進力が増せば、同じ重量なら飛距離が伸び、核爆弾などより重い弾頭を搭載できる。またミサイルの大型化は搭載燃料が増えることを意味し、飛距離の延伸につながる。

     北朝鮮は今年7月に発射した火星14で、新型エンジンを採用し飛距離を約1万キロまで伸ばした。だが火星15は、このエンジンよりもさらに推進力に優れる新型エンジンが使用された可能性がある。

     小野寺五典防衛相も30日の参院予算委員会で「丸みを帯びた先端などから、火星14とは異なる新型のICBM級の弾道ミサイルだった」と語り、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は記者会見で「脅威度が上がったととらえている」と述べた。

     一方、北朝鮮のICBM発射を受けて国連安全保障理事会は29日、緊急会合を開催。ヘイリー米国連大使は、トランプ米大統領が同日に中国の習近平国家主席に電話した際に「北朝鮮への原油供給を止めなければならないところに来ている」と伝え、中国に原油の供給停止を求めたことを明らかにした。また、国連の全加盟国に北朝鮮との外交・貿易関係の断絶などを要求した。

     会合では、北朝鮮のICBM発射に中国やロシアも反対と懸念を示したが、両国は、北朝鮮の核・ミサイル開発と米韓合同軍事演習の双方を停止すべきだという従来の立場を崩さなかった。北朝鮮経済の崩壊を恐れる中国に、原油禁輸への同意を取り付けるのも容易ではない。安保理の議論は平行線のままで、当面はこれまでに採択された制裁決議の完全実施を加盟国に求めつつ、各国の独自制裁強化に頼る状況を続けるとみられる。【会川晴之(ワシントン)、米村耕一(ソウル)、國枝すみれ(ニューヨーク)、水脇友輔】

    ミサイル落下地点


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【<北朝鮮ミサイル>改良型でなく完全な新型 防衛省など分析】の続きを読む


     ABC・テレビ朝日系の人気アニメ「プリキュア」シリーズ15作目となる最新作のタイトルが「HUGっと!プリキュア」に決定した。

     「プリキュア」は、伝説の戦士プリキュアとなって戦う女の子たちを描いた女児向けの人気シリーズ。子供だけでなく親世代も楽しめる内容が大人にも訴求。息の長い人気を誇っており、現在は「スイーツ×アニマル」がテーマのシリーズ14作目「キラキラ☆プリキュアアラモード」が放送中だ。

     記念すべきシリーズ15周年を飾る「HUGっと!プリキュア」のキャッチコピーは「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」。文字通りハグ=抱擁(ほうよう)がテーマになるのか? 放送は来年春から。詳細は後日発表される。(編集部・入倉功一)

    タイトル決定! 「HUGっと!プリキュア」 - (C)ABC-A・東映アニメーション


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【速報】新作プリキュアのタイトルが遂に決定!】の続きを読む


     ローソンの「星のカービィ」キャンペーンで販売している「食べマス」。カービィをかたどったかわいらしい和菓子なのですが、林じゃん子さんがTwitterに投稿したものがちょっと……いや、だいぶおかしい。笑顔こええええ!

    【その他の画像】

     もちろん入手した時点ではかわいいカービィだったのですが、ほっぺたをつついてプニプニの感触を楽しむうちに、へこんでやせてしまったのだとか。そこで、吸い込み中の表情に変えることでリカバリーを図ります。

     目を中央に寄せて口の穴を開けて横に広げて……と、記憶を頼りに「吸い込み顔」の再現に挑む林さん。しかし途中で公式画像を検索したところ、吸い込み中の口はO形であることが分かり、方針の間違いに気付いてしまいます。仕方がなく笑顔のカービィを目指す方向に切り替えたもののうまくいかず、自暴自棄に仕上げた結果が、あのヤバい表情なのだそうです。迷走感はんぱない。

     強烈なインパクトを放ったツイートは9万以上リツイートされるほどの話題に。アニメ版95話でカービィが魔獣にとりつかれた姿「デビル・カービィ」を思い出す人や、「遊☆戯☆王」の城ノ内の顔芸を連想する人など、さまざまな感想が寄せられています。

    どうしてこうなった……


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【カービィの和菓子をぷにぷにしてたらへこんじゃった→直そうと奮闘した結果ホラーな笑顔に】の続きを読む

    このページのトップヘ