ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/


    伝説の「作画崩壊キャベツ」は作画崩壊じゃなかった……!? そっくりなキャベツが実在したとネットに衝撃 | ニコニコニュース


    な、なん・・・だと!?

    キャベツがまん丸……だと……!?
    ねとらぼ

     約10年前に放送されたにもかかわらず、今なお伝説的な作画崩壊として知られるアニメ「夜明け前より瑠璃色な 〜Crescent Love〜」のキャベツ。なんとそれにそっくりな本物のキャベツが発見され、Twitter上で「完全に一致」「作画は間違っていなかったのか……!!」と衝撃が走っています。

    【画像】切り口もアニメそのまま!

     作画崩壊で知られるキャベツが登場したのは、第3話「お姫様 料理対決!!」。まん丸のメロンのような形状で、断面にはたまねぎのように同心円状の線が描かれており、日本でよく見かけるキャベツとはほど遠い見た目をしていました。「夜明け前より瑠璃色な 〜Crescent Love〜」が放送されたのは2006年とかなり以前ではあるものの、いまだにネタとして愛され続けており、キャプチャー画像をSNSなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

     しかし、そんな"作画崩壊キャベツ"によく似た「リアル作画崩壊キャベツを見つけた」というツイートが1月7日に登場しました。葉がみっちりと詰まった球状のフォルムをしており、確かにそっくりな見た目! Twitter上では「じ、実在したああああああ」「作画崩壊は作画崩壊じゃなかった……」と話題になっています。むむむ、てっきりキャベツには、平べったい形状のものしかないのかと思ってた……。どうやら特別珍しいものというわけでなく、ヨーロッパで広く販売されているタイプのようです。

     ちなみに、2016年7月ごろに注目を集めた元関係者のツイートによれば、キャベツの作画崩壊が発生したのは、適当に描いた原画が中国のスタッフに渡される際に、参考資料の写真を紛失するトラブルがあったためだったとのこと。真偽のほどは分かりませんが、写真がなくて困ったスタッフが、自分でヨーロッパによくあるキャベツの写真を用意したのかも……?

    画像提供:昼津さん@ジョソレノソさん



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【伝説の「作画崩壊キャベツ」は作画崩壊じゃなかった……!? そっくりなキャベツが実在したとネットに衝撃 | ニコニコニュース】の続きを読む


    マギー 大物歌手と不貞交際で主婦層「ヒルナンデス」降板要求 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版

    あ~あ~マギーピンチか?

    NO.5292359
    マギー 大物歌手と不貞交際で主婦層「ヒルナンデス」降板要求
    マギー 大物歌手と不貞交際で主婦層「ヒルナンデス」降板要求
    1月13日発売の「FRIDAY」が、モデルでタレントのマギーがパンクバンド「Hi-STANDARD」の横山健と不貞交際していると報じた。

    2人はマギーがMCを務める音楽番組「バズリズム」(日本テレビ系)での共演がきっかけで交際に発展したという。

    「記事によると、マギーは横山の猛アタックを受けて、去年の8月頃から付き合い始めたそうです。その後は車の中かマギーの自宅で密会しているとのこと。しかし、横山には妻と2人の子供がいますから、今回の不貞行為が事実ならば、今後、マギーの仕事に大きな影響が出そうです」(芸能記者)

    マギーといえば昨年、「オレンジレンジ」のボーカル・YAMATOとの交際が一部で報道されたが、「FRIDAY」によると2人はすでに破局しており、彼女は横山を選んだとも報じている。

    また今回、マギーの不貞スキャンダルによって、ある番組の降板危機が囁かれているという。

    「現在マギーは、横山と出会った『バズリズム』(日本テレビ系)のほか、『わざわざ言うテレビ』(テレビ大阪)と月曜の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でレギュラーを務めています。『わざわざ〜』は深夜に放送されている毒舌トークバラエティーですから継続出演の可能性はありますが、お昼に放送されている『ヒルナンデス!』のメイン視聴者層は主婦です。そのため、マギーが出演し続けた場合、スポンサーなどに苦情が殺到する可能性があり、降板も考えられるでしょう」(テレビ誌記者)

    すでにネット上では「お昼の番組で観たくない」と「ヒルナンデス!」の降板を望む声が多く飛び交っている。

    現在発売中のセブンイレブン限定ムック「Asa‐Jo Premium(アサジョプレミアム)」では、有名人が溺れた「歴史的100大不貞」を一挙公開している。

    マギーもそこに名前を連ねることとなるのか。

    【日時】2017年01月13日 18:15
    【ソース】アサジョ





    #2 [匿名さん] :2017/01/14 11:29

    お疲れ〜


    【マギー 大物歌手と不貞交際で主婦層「ヒルナンデス」降板要求 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む


    受けてもいい。でも不正受給は許さないよ

    1 もろ禿HINE! ★ :2017/01/14(土) 14:19:05.93 ID:CAP_USER9

    <生活保護>「受給は恥」思いつめた高齢困窮者の悲劇 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000008-mai-bus_all


     少ない年金収入なのに、生活保護受給を「恥ずかしいこと」ととらえる高齢者が少なくありません。申請すれば受給できるはずなのに、なぜ頼ろうとしないのでしょうか。そこには制度を「施し」と捉える、悲しいほど真面目な国民性がありました。【NPO法人ほっとプラス代表理事・藤田孝典】

     ◇「生活保護をもらうなら*だ方がマシ」

     以前ほどひどくないにせよ、申請窓口で生活状況を根掘り葉掘り聞かれる状況は変わりません。

     大学を卒業したばかりのケースワーカーや自治体職員に「家族を頼れないの?」「もうちょっと働けないの?」「なぜこんなに貯金が少ないの?」と聞かれます。理屈は通っていますが、若者の遠慮ない質問は、長く生きた人間の最後のプライドにグサグサと突き刺さります。

     親族への扶養照会もあります。生活保護法は、3親等以内の親族が扶養できない場合に保護を認めることになっています。しかし、親族に困窮を知られたくない高齢者はたくさんいます。とりわけ、子供や成人した孫ならなおさらです。

     例えば、成人した子供が困窮する親を扶養する義務については、「(子供の)社会的地位にふさわしい生活を成り立たせた上で、余裕があれば援助する義務」と規定されているに過ぎません。しかし、「扶養照会で子供に困窮がばれるかもしれない」「子供の家庭生活に迷惑をかけるかもしれない」と親が考え、申請をためらわせるハードルにもなっています。

     また、困窮当事者には、保護されることを「恥ずかしい」と感じる意識が強くあります。私たちが、「生活保護で当面の危機を回避しましょう」「恥ずかしい制度ではありませんから」と提案しても、「いや、恥ずかしい制度ですよ。生活保護受けるぐらいなら、*だ方がマシです」とか、「生活保護受けるようになったら人間終わりです」と言う人が多いのです。

     この意識は年齢に関係ありません。会社を休職した男性(24)に保護を進めたところ、彼はこう言いました。

     「こんな若い僕が、生活保護をもらえるはずがないじゃないですか。本当に受給できるんですか。それ以上に、もらったら申し訳ないじゃないですか」

     ◇働けなくなったらすべて自己責任?

     生活保護制度は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定する憲法25条の理念に基づいて運営されています。条件さえ満たせば、無差別平等に保護を受けることができます。困窮の原因は問われません。

     にもかかわらず、制度利用に対するバッシングや批判は止まることがありません。私たちの意識のなかに、生活保護とは自立していない人が受けるもの、あるいは怠けていた人が受けるもの、計画性がない人たちが受けるものという感情があるのでしょう。

     勤勉で真面目な国民性ゆえに、一生懸命計画的に生活してきた人ほど、保護を必要とする人たちを枠からの逸脱と見なす傾向が強いように思えます。私たちのような支援団体やソーシャルワーカーには、日本は過度に自立を求める社会、と映ります。その意識は保護を必要とする側も同じです。


    (以下略)


    【【社会】<生活保護>「受給は恥」思いつめた高齢困窮者の悲劇 (毎日新聞)】の続きを読む


    小学校講師、児童に「デスノートに名前書くぞ」発言で学校が謝罪…言葉狩りか? | ニコニコニュース


    ※デスノートは実在しません。

    小学校講師、児童に「デスノートに名前書くぞ」発言で学校が謝罪…言葉狩りか?
    弁護士ドットコム

    小学校の先生が「デスノートに名前を書くぞ」と児童に発言したとして、学校側が保護者に対し謝罪していたというニュースが話題になっている。発言をした30代の男性常勤講師は、校長から厳重注意を受けている。

    この小学校は福島県田村市にある。市の教育委員会によると、講師は昨年11月下旬と12月上旬の授業中、集中力を欠いていた4年生と6年生の各2人に、授業用タブレットの画面に「デスノート」の表紙を表示させ、「名前を書くぞ」と発言したという。

    ネットでは学校の謝罪対応への疑問が噴出。「閻魔様に舌を抜かれる」や「なまはげが来る」とどう違うのか、などの声もあがっている。弁護士ドットコムニュースの電話取材に対し、田村市教育委員会は次のように回答した。

    「『デスノート』という、名前を書けば『死』に至るものを使った、『死』を連想させる指導をした、ということを問題視した。今の時代、教員に対する期待は大きい。軽はずみな発言だったと反省し、再発防止に力を入れたい」

    ●いわゆる「モンペ」案件ではないという

    市教委によると、本件では保護者らから強いクレームがあったわけではなく、学校が率先して謝罪をしたという。

    謝罪に至る経緯は次の通り。該当の発言からしばらくたった12月27日、児童の担任教師が保護者数名と立ち話をしているときに、「デスノート」発言がちょっとした話題になった。担任はその日のうちに教頭に報告。29日に校長が講師を厳重注意し、保護者に謝罪した。

    謝罪の席上、保護者から「注意というより威嚇ではないのか」といった指摘はあったものの、大きく問題視する様子ではなかったという。いわゆる「モンスターペアレント」案件ではないようだ。

    学校が謝罪に至った理由は、デスノートが「死」を連想させるからだという。

    「子どもたちに『生きる力』を身につけさせるのが私たちの仕事。講師本人は『閻魔様』や『雷様』『なまはげ』などと同じレベルで言ってしまったようだが、『デスノート』を用いることで、子どもたちを不安がらせてしまった」

    一方で、「あれをやったらダメ、これをやったらダメという風に、教員が萎縮することは本意ではない」「報道の後、一般の方から励ましの電話もあったが、『デスノート』発言に対し、厳しい声が多かった」と、苦悩が垣間見える発言もあった。

    ●「言葉狩り」的な批判ではなく、建設的な議論を

    今回の件に法的な問題はあるのだろうか。いじめなど、学校問題にくわしい舟橋和宏弁護士は、次のように話す。

    「今回の発言が、刑法の『脅迫罪』に当たるかどうかですが、デスノートに名前を書かれて死んでしまうといったことは、一般的に人々が恐れるというものでもなく、刑法上の責任を負う可能性はないと考えられます。

    死を連想させるということで、不適切な発言であったという意見もあるようですが、デスノートという言葉のみで、発言が不適切とするならば、それは『言葉狩り』といわれても仕方ないと思います。

    現場の先生方も世代の異なる生徒とのコミュニケーションに四苦八苦しています。なぜ、そのような発言があったのか、ただ批判するだけでなく、その背景事情まで見て、より適切な指導はどうすればいいのか考えていきたいですね」

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    舟橋 和宏(ふなばし・かずひろ)弁護士
    学校内トラブル(いじめ、停学退学問題、学校事故など)を専門的に取り扱うほか、いじめ・非行予防授業も精力的に行っている。その他にはインターネットトラブル(SNS上のトラブル、発信者情報開示請求など)等を扱っている。
    事務所名:レイ法律事務所
    事務所URL:http://rei-law.com/



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小学校講師、児童に「デスノートに名前書くぞ」発言で学校が謝罪…言葉狩りか? | ニコニコニュース】の続きを読む


    2019年に改元の可能性 「これを機会に元号の使用はもうやめた方がいい」という議論が盛り上がる | ニコニコニュース


    あった方が日本らしいけど・・・

    キャリコネ

    天皇陛下の希望していた生前退位が現実味を帯びてきた。読売新聞などが報じたところによると、政府は、2019年に皇太子さまが新しい天皇に即位し、それと同時に元号を改めることを検討しているという。平成は30年で終わり、ということになる。

    改元をめぐっては、昭和から平成に移行する際も大きな混乱があった。今回は改元の半年前に新しい元号を公表する予定だというが、ネット界隈ではそもそも問題の多い元号表記を続けるのかという意見が相次いでいる。

    「西暦が嫌だっていうなら皇紀だってかまわない」という意見も

    経済評論家の池田信夫氏は1月10日、「もう元号を使うのはやめよう」と題された記事をアゴラに投稿した。

    官庁の統計データは、元号が使われておりわかりにくい。マスコミでは、NHKと産経新聞が元号を使っているが、海外ニュースでは西暦となっている。国内と海外の事件を一つのニュースで伝える場合には原則がなく、混乱を招きかねない。そのため「新たに元号を定めるのはかまわないが、官庁のデータは必ず西暦を併記し、NHKはすべて西暦で統一すべきだ」と訴えた。

    ブロガーでプログラマーの小飼弾氏も、「これを機に元号と印鑑は廃止の方向で」と元号廃止を提唱した。「西暦が嫌だっていうなら皇紀だってかまわない」ともツイートしている。

    皇紀は、明治5年に日本書紀に基づいて制定された暦だ。2017年は皇紀2677年にあたる。元号は天皇が交代したりするたびに変更され、その都度年数がリセットされるという問題点があるが、皇紀には連続性がある。

    これなら日本の文化を尊重したいという人にも受け入れてもらえるだろう。しかし皇紀を使うとしても、皇紀と西暦の換算は相変わらずややこしい。

    中国では辛亥革命で元号廃止、サウジアラビアでもヒジュラ歴から西暦へ移行する動き

    ネット上では、西暦表記への統一を求める声が上がる一方、やはり長年使われてきただけに、早急な廃止には反対だとする人も少なくない。

    「元号は大切、ずっとあるものだし、(中略)わざわざグローバルスタンダードにあわせて、なくしてしまう必要はないと思うし、なんだかもったいない気がする」 「元号の歴史的な重みの観点で言えば反対ですね」

    武庫川女子大学教授の佐藤幸治氏の著書『文化としての暦』によると、元号はもともと中国で生まれたが、その中国では1911年の辛亥革命で廃止され、その後成立した中華人民共和国では西暦のみが公用化された。現在、元号という古代中国の遺産を継承しているのは日本だけだという。

    また、海外ではイスラム教に基づいた「ヒジュラ暦」を使っている国もある。しかし近年、ヒジュラ歴を使用していたサウジアラビアでも西暦への移行を進めているという。

    元号の完全廃止は日本人の心情的には受け入れづらいが、公文書や統計は利便性のために西暦で統一し、元号は文化的なシーンで使用する、といった具合にすみ分けがされてもいい頃合いではないだろうか。

    あわせて読みたい:2017年は祝日と土曜日が重なり休日が少ない

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2019年に改元の可能性 「これを機会に元号の使用はもうやめた方がいい」という議論が盛り上がる | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ