ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/


    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    筑波大学は、大麻草(マリファナ)の主要な幻覚成分や、合成大麻「スパイス」に含まれる成分が重篤な痙攣発作を引き起こす原因であることを、マウスを使った実験で実証したと発表した。

    同成果は、筑波大学国際統合睡眠医学研究機構(WPI-IIIS)のオリガ・マリシエフサカヤ 研究員と裏出良博 教授、国立医薬品食品研究所生薬部および九州大学薬学部の研究グループによるもの。詳細は英国の学術誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

    大麻草(マリファナ)は危険性が他のドラッグよりも低いと考えられ、比較的手に入りやすいことから、世界で幅広く濫用されている違法薬物だ。また、大麻草の幻覚成分であるカンナビノイドの構造を出発点として次々と新しい合成カンナビノイドが作られ、日本でも危険ドラッグとして中高生が入手できるほどに横行し、不正乱用されて大きな社会問題となっている。

    今回の研究では、大麻草の主成分で、一部の国では嗜好品や医薬品としても用いられているΔ9-テトラヒドロカンナビノールと、「スパイス」と呼ばれる違法ドラッグに含まれる合成カンナビノイド「JWH-018」をマウスに用いて実験を行なった。

    マウスの脳波や行動を詳しく解析したところ、これらの化合物を投与すると、ただちに痙攣発作が誘発されることが判明した。一方、カンナビノイド1型受容体に特異的な拮抗薬である「AM-251」を投与すると、この発作が完全に抑制されることから、どちらの化合物も「CB1R」を介して痙攣発作を誘導していることが明らかとなった。

    なお、この結果は、これまで大麻草や合成カンナビノイドの乱用は、健康被害や副作用が比較的少ないという間違った理解に警鐘を鳴らすものであり、たった1度の使用でさえも有害影響をもたらし、重篤な健康被害につながりうることを示唆しているものだと研究グループでは説明している。
    (釣見駿)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マリファナはやはり危険だった - 筑波大が大麻の有害性を実証】の続きを読む


    日刊SPA!

    「奨学金を借りないと大学に行けない」「仕事は非正規」「お金がないからずっと実家に住んでいる」――こういった状況を、あなたは“普通”だと思うだろうか? 若者の貧困化が叫ばれて久しいなか、当事者たちが頻繁に口にする「自分が貧困だとは思わなかった」という声。我々は一体、彼らの状況をどれだけ理解できているのか。ここではあるエピソードを紹介しよう。

    ◆生活保護受給中にがんが発覚。足りない生活費を売春に頼る

     10代の頃から水商売を転々としてきた黒田沙紀さん(仮名・29歳)は、摂食障害で働けなくなり、4年前から生活保護を受けている。とはいえ、ずっと保護にすがるつもりはなく、体調と相談しつつスナック勤務も始めていた。そんな矢先、彼女はがんであることが判明する。

    「かかりつけの病院で診断を受けたら、卵巣がんのステージ1だと。それで3か月後には手術をすることになったんです」

     そのことを、妻を同じ卵巣がんで亡くしたスナックの客に話すと「ダメだ。一刻も早く手術したほうがいい」と断言されたという。そこで、もう一度診察を受けようと別の病院を訪ねた。だが、そこでは生活保護受給者の決まりで、診断を受けられなかったという。

    「実は、生活保護受給者には同じ病気でセカンドオピニオンを求めることが許されていないんです。それでガン患者の相談を受けるNPO法人を訪ねて、違う病名で紹介状を書いてもらう方法を知りました。そうして再度向かった病院で出された答えは、即手術。子宮全摘出でした」

     すぐに手術チームが編成され、無事に手術を終えた彼女だが、それで万事解決ではない。

    「それから約1年、再発に怯えながら抗がん剤治療の日々です。ただ、私は癌保険にも入っていなかったし、もし生活保護の受給がなければ、最低でも数百万円の借金を負うことになる。そう考えるとまだついていたのかも」

     抗がん剤の副作用で髪はすべて抜け、退院後にスナックで働くことができなくなった黒田さん。今は生活保護だけでは足りない生活費を援助交際で補っているそうだ。

    「髪のないコとしたいと思う男はまずいません。だからこの髪、エクステなんですよ。稼いだお金も結局ほとんどエクステ代に消えてしまう。一体、何のためにこんな生活を送っているんでしょうね」

    ※9/26発売の週刊SPA!『[若者の貧困]どん底ルポ』特集より
    <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【生活保護の29歳女性が卵巣がんに…足りない生活費は体を売って補う日々】の続きを読む


    キャリコネ

    アニメ『らき☆すた』などの監督を勤めた、アニメーション監督の「ヤマカン」こと山本寛さんが9月22日、

    「やっぱええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者だよ」

    とツイートし、ネットで物議を醸している。翌23日には、「障害者はまだ人の心があるな。やっぱり『悪魔』と言うしかないな」とも投稿している。

    22日のツイートには、「じゃあ何でアニメ監督やってるんですか?」といった批判が殺到。また「あー確かに。あなたとかそうですよね」と皮肉を言う人もいた。

    「アニメは脳を溶かす作用がある」

    山本さんは同日、自身のブログでも「こんな発言今まで何万回としてるのに、まだ反応するの?パブロフの犬かお前ら?やっぱりアニメは脳を溶かす作用があるのかもね」と発言している。自身がアニメーション監督でありながら、「アニメは脳を溶かす作用がある」とは随分と辛辣だ。

    また「最近になって『ポタク』という用語まで作って、悪質なのは一部であって多くのオタクはマトモなんだ、と無理にでも思い込もうとしたが、やはり無駄のようだ」と説明。8月5日付けの記事によると、「ポタク」とは、

    「匿名である」
    「ちょっとでもムカついたら(中略)個人や組織に粘着し、とことんまで罵る」
    「とにかく嘘をつく。あるいは自分の妄想で決めつける」

    といった条件を満たす人のこととし、「すぐさま駆除しましょう」と呼び掛けている。一部のオタクたちが、「匿名」で罵倒を繰り返したり、嘘をついたりすることに嫌気が差しているのだろうか。

    今や30代の3人に1人がアニメを視聴

    山本さんの発言の背景には、オタクの行動に対する怒りがあるようだ。ただ、一般に「アニメは子どもが見るもの」という考えを持つ人は少なくない。

    ツイッターには、「いい歳して漫画にどっぷり浸っている人間は異常。漫画やアニメを学生の内に卒業できて、本当に良かった」「いい歳してアニメアイコンで女叩きしてる男一生童貞説」といった書き込みが散見される。

    しかし「アニメマーケティング白書2017」によると、日本におけるアニメ視聴者数は約3124万人で、日本の人口の32%を占めている。また20~29歳の約40%、30~39歳でも30%以上がアニメを視聴している。

    またネットリサーチサービス、スマートアンサーによる調査では、20代男性の68.1%、20代女性の61.1%がいままでに深夜アニメを見たことがあると回答している。また1か月以内に深夜アニメを見た人の割合は、20代男性で44.1%、20代女性で32.1%だ。

    すでにアニメは限られた人だけのものではなくなっているようだ。山本さんが嫌っているような面倒な行動に走らないようには気を付けたいが、アニメ視聴者そのものへの偏見にはあまり根拠がないのではないだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ヤマカン「いい歳してアニメ観てる人は障害者」が物議 20代男性の4割超が深夜アニメを見ているのが現状】の続きを読む



    (出典 sotetsu-life.com)



    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/01/25(水) 13:09:58.664 ID:n9p9sNm00.net

    三菱、みずほ←ATM(コンビニ含む)は24時間

    三井住友←ATM(コンビニ含む)日曜日から月曜日午前3時にかせて使用不可
    それに昨年だけで社員2人に合わせて20億弱数年かけて横領されるとか無能過ぎwwwwwww


    【「三井住友銀行」とかいう三大メガバンクで1番無能な銀行wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    キャリコネ

    女性用の下着売り場で、男性がひとりで物色していたならば、ちょっと違和感はあります。では、カップルならばOKでしょうか。9月18日のはてな匿名ダイアリーに、「女性ものの下着店にいる男の人なんなの? 」という投稿がありました。

    下着売り場に変質者でもいたのかと思いきや、カップルで下着売り場に来る男性に対して「やめてほしい」と訴えています。(文:篠原みつき)

    ブラジャー探してる真横に知らない男がいるストレスを考えたことがあるか

    投稿者はアウトレットモールに訪れた際、3店ほどある下着店のすべてにカップルがいて、不快な思いをしたとのこと。

    「自意識過剰と言われるかもしれないけど、こっちが自分に合うサイズのブラジャーあるかなーって探してる真横に知らない男がいるストレスって考えたことあるのかな?」

    さらに「それとも私が知らないうちに下着ってそんな秘めるものじゃなくなっちゃったの?」と言い募り、とにかくやめてほしいと訴えました。ちなみにお店では買わず、通販サイトで購入したとのこと。

    これに対してはてなブックマークが300以上つき、「自意識過剰」を初めとして、様々な反応がありました。

    「自意識過剰だわ。誰も増田(投稿者)のサイズなんて気にしてないし二度と会わないだろうから気にしてる方がおかしい」
    「別に下着屋だけに来てるわけじゃなく、いろんな店をふたりで巡るうちのひとつだからな」

    また、「カップルにとって周囲の人間なんかみんなNPC(編注:ノンプレイヤーキャラクター)。彼女(彼氏)といる時は他の買い物客がいて気まずいなんてことは考えてない、目に入ってない」という声もありました。

    フィッティングルームはカーテン1枚越しに上半身裸になる

    恥ずかしながら、筆者も夫と一緒にランジェリー店で下着選びをすることがあるので、この批判を見てちょっと反省しました。ただ、コメントにもあったように「いろんな店をふたりで巡るうちのひとつ」ではあります。

    それでも、投稿者に共感し「気まずいでしょう。男性は店外へ出るべき」「わかる。カップルがいると買うの諦めたり、帰るまで待つ」という声もあります。

    考えてみればフィッティングルームはカーテン1枚越しで上半身裸になるので、見ていないとはいえ気になる人はいるでしょう。悲しいかな、女性はバストのサイズで品定めされる場面もあるため、レジに並んでいるときに横に来られるとイヤという声もありました。「自意識過剰」と否定せず、「気にする人もいる」くらいの理解は必要かもれません。

    中には「男性下着売場で奥さん方が旦那や息子の下着を選んでいるのは普通なのに、女性下着売場に男性がいるのが変、というのも変な話だよな」という声も。パートナーの下着選びは、男性側から1人ではしにくいことは確かでしょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「女性ものの下着店にいる男の人なんなの?」訴えが物議 「自意識過剰」VS「男性は店外へ出るべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ