ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/


     コンビニチェーンのミニストップが、来年1月から「成人誌」の取扱を中止することを発表し、出版業界に波紋が広がっている。

     ミニストップの発表では「女性がコンビニを利用する機会が増えているのを受け、中食・内食商品の強化やWAON POINTカードの導入など女性により利便性の高いコンビニエンスストアへの変化」を進めてきたとし「成人誌の陳列対策に取り組んでいた千葉市からの働きかけをきっかけ」として、取扱の中止を判断したとしている。

     千葉市では今年2月、大阪府堺市が一部コンビニで実施している施策と同様に、陳列棚の成人誌に不透明のフィルムを巻いて、表紙の一部を隠す取り組みを試験的に行う方針を発表。しかし、6月になって打診を受けたセブン-イレブンが、この取り組みを断っていたことが明らかになっていた。

     これを受け、筆者の取材に応じた千葉市こども未来局こども未来部健全育成課の小倉哲也氏は「ほかのチェーン店……イオン系列のミニストップさんなどとも話はしている」と、フィルム包装以外の取り組みを企図していることを明らかにしていた。

     千葉市が模倣を目論んだ堺市のフィルム包装は、大阪府が青少年健全育成条例で行っている規制と、出版社側の自主規制を逸脱した施策だと批判の対象になり、日本雑誌協会と日本書籍出版協会が「図書を選択する自由を奪い『表現の自由』を侵害する行為。大阪府の青少年健全育成条例も逸脱している」として繰り返し批判しているもの。そうした批判を知りながらも同様の施策を行おうとした背景には、なんらかの形で目に見える「規制」の成果を挙げたいという意図が見え隠れしている。

     千葉市の熊谷俊人市長は、この件に関して自身のTwitterでコメント。ここで熊谷市長は、次のように記している。

     これまで、出版業界ではコンビニに陳列される「グレーゾーン誌」に2点シール止めを施すなど、さまざまな自主規制を実施している。熊谷市長の「業界の自主改革を期待します」という言葉には、こうした取組の積み重ねが理解できているのか疑問を感じるところだ。

     日本雑誌協会編集倫理委員長の高沼英樹氏は、熊谷市長のツイートに憤りを隠さない。

    「熊谷市長のツイートは、上から目線。民間の判断とはいうが、権力の介入ではありませんか」

     高沼氏が問題点として指摘するのは、ミニストップがリリースで記している「成人誌」の基準だ。リリースでは「成人誌」の基準として、日本フランチャイズチェーン協会のガイドラインを「参考」として掲げている。

     

    「成人誌」の定義
    ※(社)日本フランチャイズチェーン協会の自主基準(ガイドライン)より抜粋

    1.各都道府県の指定図書類及び出版倫理協議会の表示図書類は取り扱わない。

    2.それ以外の雑誌については、各都道府県青少年保護育成条例で定められた未成年者(18歳未満者)への販売・閲覧等の禁止に該当する雑誌及びそれらに類似する雑誌類を「成人誌」と呼称する。

     

     ここで問題となるのは、2の部分だ。

    「このガイドラインでは、どの雑誌が成人雑誌に該当するか基準が曖昧です。『FLASH』(光文社)のような一般週刊誌から『ヤングマガジン』(講談社)のようなマンガ雑誌までもが対象になりかねません」(高沼氏)

     高沼氏が危惧は、すぐにはないとしても、この曖昧な規制がやがて一般誌まで広がっていくことにある。

    「条例でやると<表現の自由>にひっかかるから、あくまで民間からという形で、動きを規制したにすぎません」と、実態としては公権力の規制であるとする高沼氏。ミニストップの記者会見は熊谷市長も同席し共同で行われたもの。これを「民間の取組」とするのには、無理がある。

     新たな形の規制強化に、どのような対応をしていけばよいのか?
    (文=昼間たかし)

    イメージ画像(Photo By Yuya Tamai from Flickr)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「上から目線の権力の介入」千葉市が主導するミニストップの“エロ本規制”に、日本雑誌協会からも批判】の続きを読む


    19日に開催されたイベント「A&Gオールスター2017」で、新人声優の外崎友亮(29)が日高里菜に対し不適切な言葉を放ったとして、批判が殺到している。これを受けて外崎は自身のTwitterで謝罪し、同じイベントに出演していた関智一も発言の経緯を説明し詫びた。

    画像をもっと見る

    「A&Gオールスター2017」の参加者によると、外崎は日高に対し「好きです。僕が売れたら一発ヤらしてください」と発言。外崎と同じ事務所の花江夏樹が土下座して謝罪するなどフォローしたが、性行為を伺わせる発言に会場は騒然となったという。イベント後、この発言はSNSで拡散し、「ネタでも許しがたい」などと批判が殺到していた。


    これを受けて外崎は21日にTwitterを更新し、「不適切な言動をとってしまい申し訳ございませんでした」と謝罪。続けて、「冗談の枠では済まない、いき過ぎた発言を反省しています。日高さんを始めその場に居らっしゃった皆様、知らせを聞いた沢山の方々に不快な思いをさせてしまいました。本当に、心からお詫び致します。」と反省の弁を綴った。


    また、同じイベントに出演していた先輩の関智一も、21日のラジオ番組「ユニゾン!」で事の顛末を語り謝罪。外崎の発言は関が自分で言おうと用意していたネタだったが、タイミングを逃してしまったため外崎に「こんなこと言ったらいいんじゃねーの?」と耳打ち。それを外崎が真に受けてしまった結果、「日高里菜さんに対して行き過ぎた発言をしてしまった」と説明した。関は、「不快な思いをされた皆さん本当に申し訳ございませんでした。そして、外崎くんにも迷惑をかけて申し訳ございませんでした」と謝罪した。


    一方、被害を受けた日高はイベント終了後にTwitterを更新し、「最後の流れは完全なネタですからね!?(笑)」と説明。日高のTwitterには、ファンらの気遣う声が多数寄せられている。


    画像は外崎友亮氏Twitter スクリーンショット


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【女性声優への「一発ヤらせて」発言で批判殺到の新人声優が謝罪 関智一は「僕がやらせてしまった」】の続きを読む



    お菓子は子供が食べるもの。なんて考え方はもう古い!新しいお菓子が続々と登場し、大人向けのお菓子も販売されお菓子文化は子供から大人まで老若男女幅広くなってきています。しかし新商品が販売される裏で、販売中止になるお菓子があることも事実です。今回は、『実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキング』がgooランキングより発表されたのでご紹介していきましょう。1位 カール


    「それにつけてもおやつはカール!」の軽快な歌でもおなじみのカール。
    2017年8月生産分をもって、西日本に販売が限定されたときの東日本のカールファンのショックと言ったら・・・。
    西日本を訪れた際には大人買いしようと心に決めた方も多いのではないでしょうか。

    2位 サイコロキャラメル


    食べ終わった後もさいころとして使えるエコなサイコロキャラメル。
    なくなっていたとは驚きです。
    2016年3月に販売が終了してしまったようで、残念ですね。

    3位 チューペット


    いやいや、冷凍庫に常駐的にストックされているマストバイアイスですけど??
    と思っていたらあれって類似商品であって、チューペットは2009年9月に販売終了しているんですね。
    チューペットの呼び名で出身地が分かるなんて話も話題となりましたね。

    実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキング
    1位 カール
    2位 サイコロキャラメル
    3位 チューペット
    4位 ポポロン
    5位 霧の浮舟
    6位 ムギムギ
    7位 ぬ~ぼ~
    8位 メンズポッキー
    9位 5/8チップス
    10位 ドンパッチ

    掲載元 gooランキング
    画像掲載元 Amazon,イラストac
    (秒刊サンデー:マギー


    画像が見られない場合はこちら
    実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキングが発表される。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキングが発表される。】の続きを読む


     飲食店のソファー席の利用に関する議論が以前、SNS上で行われました。きっかけは、「交際相手の男性とカフェに入った時、男性がためらいなくソファー席に座ったことを快く思っていない。男性はソファー席に座らないでほしい」という女性の投稿。これに対し「そんなルールいつ決まったんだ」「男女差別」「それがマナーなの」という反論がある一方、「男として譲るべきだ」「『通路側が男性、壁側が女性』は国際的マナーだよね」「『女性は譲られて当然』という考え方が嫌」「どっちがいいか聞けばいいだけ」など、さまざまな声が上がっています。

     ソファー席の利用について「マナーのプロ」の見解はどのようなものでしょうか。企業や大学などで人財育成教育やマナーコンサルティングを行い、NHK大河ドラマや映画のマナー指導などでも活躍、マナー本が国内外で70冊以上(累計100万部超)のマナーコンサルタント・西出ひろ子さんに聞きました。

    いすにおける“格付け”とは

    Q.「ソファー席=女性」は適切だと思われますか。

    西出さん「まず『いす』という家具は西洋からの文化であり、いすの種類ごとに『格付け』が存在します。たとえば、背もたれやひじ掛けのない『スツール』は格下。ソファーにおいては、一般的に、数人が座ることのできる長いものが上位、1人掛けのものが下位と言われます。そのため、レディーファーストの文化が根付いている西洋では、女性を格上のソファーに誘導し、案内するのが基本マナーとされています。今回のケースは『いす』ということからも、ソファー席に女性が案内されて座るということは適切だと言えます。また、通路側が男性で、奥が女性というのも、格上のソファーが出入り口から遠い上座に位置し、下座となる通路側にいすが配置されている、というところから来ています。道を歩く時も、カップルならば男性が車道側を歩き、女性を守るということもありますね」

    Q.今回は、男性が勝手にソファーに座っていますがマナー違反に当たりますか。

    西出さん「『違反』は言い過ぎだと思います。マナーは、TPPPOに応じてその言動(型・形)が変わるもの。違反などと決めつけることはありません。一般に言われているマナーの基本スタイルを知った上で、その時々どうするかということでしょう。このケースでは女性側の不満として『勝手にソファーに座られた』点が挙がっていますが、その根本は、マナーの型うんぬんを言っているのではなく、もう少し女性である自分を大切に気遣ってほしかったという気持ちがあるのだと思います。その気持ちの部分に『マナーが感じられない』と不満に思われたのでしょう。男性側に、本来のマナーである相手に対する配慮や思いやりがあれば、相手(彼女)を先に格上のソファーに案内するのが先手必勝のマナーとは言えますね。その意味でも、レディーファーストは男性が先手を取る文化。今回のようなケースは、日本でしばしば話題になりますが、特に欧米では、レディーファーストが『普通』とされている部分が大きいため、男女で店に入った時、男性が女性をソファー席に通していないと、恥をかくのは女性よりもむしろ男性となる可能性大です。グローバルな観点から見て、日本の男性にとって、レディーファーストや女性に限らずとも『相手』を優先させるという意識を日ごろから身につけておくと、ビジネスなどでも必ず役立つと思います。それが『紳士=ジェントルマン』としてできるビジネスマンの立ち居振る舞いにもつながるでしょう。もちろん、これは、男性に限ったことではなく女性も同様です。マナーは男女問わず『相手の立場に立つ思いやり』ですから」

    女性側も「譲られて当然」は問題

    Q.ソファー席の利用で迷った時、意識すべきことは何でしょうか。

    西出さん「今回のケースでいうと、仮に男性がどうしてもソファー席に座りたい理由があれば、それを女性に伝えて『どうぞ』『いいよ』と言われてから座れば、特に問題にはならないでしょう。ここで、男性は女性に『ありがとう』とお礼を言うことをお忘れなく。一方、レディーファーストの文化にのっとる方がよいとはいえ、女性側の『譲られて当然』との考え方はお薦めできません。前述の通り『男性と女性』ではなく、あくまで『人と人』のコミュニケーションとして考えることがマナーとしては重要です。譲ってもらったら、必ず『ありがとう』とお礼を伝えることが大事なマナーです。『当然』という意識があると『ありがとう』の言葉が出てこなくなります。お礼を言われたら彼もうれしいはず。だから、その後も『ありがとう』と言ってもらえるように彼はマナーを意識して、彼女への愛ある気遣いを表現してくれるようになるかもしれません。そうすることで、お互いハッピーになれるのではないでしょうか。また、たとえば男性がけがをしていたり、体調不調だったりして、男性をソファー席に案内する方が適切な場面なども考えられます。こうした状況はケース・バイ・ケースであり、だからこそ、男性だからとか、女性だから、などと決め付けるような考え方ではなく、その都度状況を見て、コミュニケーションを取りながら判断することが、真心ある本来のマナーと言えます。相手に対する思いやりを先手で表現し『ありがとう』を言ってもらえる自分になれたらよいですね」

    ※「TPPPO」(Time=時、Place=場所、Person=人・相手、Position=立場、Occasion=場合)

    (オトナンサー編集部)

    いすとソファーがあったら…男性はいすに座るべき?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【いすとソファーがあったなら…「男はいすに座るのが当然」に賛否両論】の続きを読む


    「保守速報」トップページ。主に政治系の話題を扱うまとめサイトの1つ

     まとめサイト「保守速報」管理人を訴えたヘイトスピーチ裁判で11月16日、保守速報管理人に対し200万円の賠償を命じる判決が下されました。管理人は、サイトを更新し「多分、控訴すると思います」とのコメントを掲載しました。

    【画像:保守速報管理人によるコメント】

     「保守速報」を巡っては、フリーライターの李信恵さんが2014年8月、人種差別発言により名誉を傷つけられたとして、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」およびその発言をまとめた「保守速報」を提訴。在特会に対しては約550万円、「保守速報」に対しては約2200万円の損害賠償を求めていました。

     報道によると、保守速報側は「情報の集約に過ぎず、転載したことに違法性はない」と主張していましたが、判決では「表題の作成や情報量の圧縮、文字の強調によって内容を効果的に把握できるようになった」と、保守速報側に人権侵害があったと認めた形に。過去には中傷記事をインターネット掲示板に転載し、名誉毀損に認定された例がありましたが、こうした“転載”や“まとめ”行為に対し、実際に損害賠償請求が認められたのは初となります。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【まとめサイト「保守速報」に200万円の賠償命令 管理人「多分控訴する」】の続きを読む

    このページのトップヘ