change.orgで署名活動中の「学校事故で亡くなった息子の卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」
ねとらぼ

 大分県の私立・岩田学園 岩田中学校が、授業中に亡くなった男子生徒の保護者に対して卒業式の出席を拒否。警察沙汰になるなどし、両親が署名サイトで「卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」とするキャンペーンを行っています。

【本来学校が遺族に取るべき行動】

  複数のメディアによると、2016年5月、体育の授業中に柚野凜太郎さん(当時3年生・14歳)が倒れて死亡。両親が今年3月に行われた卒業式の出席を要望したところ、学校側から参加を拒まれ、警察に通報される騒ぎになったとのこと。

 東京新聞の取材に対し、学校側は両親の出席を拒んだ理由を「面会などで感情的になることがあり、式の運営に差し障りがあった」と説明した――とされています。

 ねとらぼ編集部が取材したところ、大分県私学振興課が今年1月末から同校に対して、学校事故対応に関する指針に「被害児童生徒等の保護者の意向も確認し、卒業式への参列等も検討する」と書かれていることなどを説明行ったとのこと。しかし学校側は「参列はご遠慮を願う。卒業証書は(凛太郎さんの自宅に)郵送する」と回答していました。

 その後、凛太郎さんの両親から私学振興課に対して「卒業式に出席したい」との相談があり、担当者は複数回に渡って学校側に連絡。卒業式当日の朝まで「両親と話し合いの場を持つように求めた」といいますが、最終的に同校の柳井修校長から「理事長や副理事長などと協議したが、学園としての判断は変わらない」との回答があったと明かしました。

 担当者はこれまでの対応を振り返り、「あくまでも指針には法的な効力がないため、県としてはお願いを続けてきたという状況だった」と話しました。

 しかしこの対応に納得のいかない両親は、change.orgで「息子・凛太郎を卒業式に参加させたい」とする署名活動をスタート。その上で卒業式当日に学校を訪れたところ、学校側が警察に通報し、卒業式への出席はかないませんでした。

 現在は署名活動のタイトルを「学校事故で亡くなった息子の卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」へと変更し、真相究明を求める柚野真也さんに現在の心境をうかがいました。

父が語る亡き息子の卒業式、出席への思い

――卒業席に出席したいと考えたのは、どのような思いからでしょうか

柚野さん:息子にとって最後の卒業式。出席できるのは当然だと思っていました。いまだに学校の対応に納得できません。

――学校側に卒業式出席の要望を打診されたのはいつごろですか

柚野さん:卒業式の2日前です。あり得ない対応です。

――要望に対して、学園側からの回答は

柚野さん:「卒業式の参列はご遠慮願いたい。本校の保護者ではないので」とのことでした。

――大分県私学振興課などからの指導があったとのことですが、具体的な内容については把握されていますでしょうか

柚野さん:「両親と話し合いの場を設けて、卒業式の参列を協議してください」と卒業式の1カ月前から指導していました。

――卒業式には警察が来たとのことですが、誰が通報したのでしょうか

柚野さん:学校側です。

――今後、学校側に望むことはありますか

柚野さん:なぜ、卒業式に出席できなかったのか。学校事故対応に関わる指針を守るつもりはないのか。私達に対して何とも思わないのか。誠意はないのか。息子の事故をなかったことにしようとして、どうするのか。言いたいことは山ほどあります。

 また柚野さんによると、卒業式ではクラスメイトからの要望で、凛太郎さんの席が用意されて写真が置かれた他、凛太郎さんの名前が呼ばれると、クラス全員が「ハイ!」と返事をする計らいもあったとのこと。一方学園側は4月17日現在、建造物侵入容疑の被害届を取り下げていないといいます。

 change.orgでは「なぜ保護者が息子の卒業式に出席しようと思って学校に入っただけなのに。どうやら学校は当日の建造物侵入容疑の被害届は取り下げていないようです。理解できません。最愛の息子を失って11カ月。歯を食いしばってきましたが限界に近づいています」と胸の内をつづった柚野さん。今後は両親の気持ちに寄り添った解決が望まれます。

 また本件について学校側に取材を申し込みましたが、第三者委員会の審議の過程の途中であることを理由に「一切取材はお受け出来ません」とのことでした。

(Kikka)



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

保護者や生徒にとって一番大事な行事に参加させないどころか警察に通報して追い出した挙句犯罪者に仕立て上げようとか


要するに学校側としては保護者が来たら情緒不安定になって暴れられたら面倒だから来るなって話?学校側の監督不行で亡くなったのに


まあ、部活とかで無理させてた可能性もあるけど。どっち道、管理者責任があるが。


学校側に式の2日前に式に出たいと打診した。学校側からは面会で切れる等の行為が見られるため式の運営に支障がでると判断って事?


子供の遺影を置いて席も用意して卒業証書も作るのに親が参加出来ないとかいう中途半端。全部やらないなら理解出来るが意味不明


感情的ならないほうがおかしいだろ何言ってんの(´・ω・`)


完全に全寮制中学校のトラブル多発性については報道されないな。日本の義務教育課程で全寮制は臨床的に失敗が多い


個別に卒業式開いてあげればよかったのに


普通に考えてこの親は卒業式に出席できないだろ。昨今のモンペ事情を思えば学校側が警戒したのは当然の行動。


卒業式の主役がその生徒になってしまったら、一生に一度しかない卒業式が台無しになるだろ。親が冷静にいれればよかったのにな。


んー。これは、感情論抜きにすると・・・学校側に問題は無いように思える。もちろん事故云々は別にして、卒業式だけの話ね


学校側の主張とやってることは一貫してるからあんまりなんも言えんなぁ


学校側が隠蔽したりとかしてるわけじゃ無いんだね。生徒と亡くなった人の配慮はできてるみたいだし。親に対してだけっていうのがアレ


だまって出席させとけばこじれなかっただろうに


「面会などで感情的になることがあり」これを実際に見無い限りは賛否付けようがないと思う。


キチ親なんて式に呼んだら台無しになるだろ


感情的にもなるとは思うが学校側の判断が明らかに厳しいから、余程のことをしてしまったのかね よくわからないからなんとも


まして)、卒業証書を郵送って!普通は学校側が持ってくるなら少しはわかるが、学校側の人間は、感情がないのかなぁ?


あなたの息子は学校を卒業してないって言ってあげて


学校側が被害届を取り下げないってことは、明確に被害と言える実害を被ったとみるべきだろう。事実でなけりゃ警察も受理しない。


わからないし。卒業式は卒業生にとっても大切な行事で、その遺族のために崩壊されたら卒業生もたまったものじゃないし


この記事だけじゃ、『感情的になる』の程度がまったくわからないし。息子さんが亡くなった直後の話なのか、卒業式直前の話なのかも


タイトルだけ見たらヒドイ学校だって思ったけど、『面会などで感情的になることがあり…』ってコメを見ると何とも言えないね


卒業式ではクラスメイトからの要望で、凛太郎さんの席が用意されて写真が置かれたか 親族を参加させるも要望に入れるべきだったな


「面会などで感情的になることがあり、式の運営に差し障りがあった」、さぞ凄まじい発狂っぷりで暴れたんだろうなぁ。


「面会などで感情的になることがあり、式の運営に差し障りがあった」 この一言が、どれだけマイルドにされたものかw


相当なモンペなんだろ。普通なら、言い出さないし、署名活動なんかせんわ。学校ってだけで感情論で叩きやすいからな。


これ、亡くなった児童が拒否されたんじゃなくて親御さんが異常行動するから拒否されたんだろ?倫理的にも社会的にも何も間違ってない


その辺の双方の今までの話し合いの態度とかの客観的情報がないと一概にどっちが悪いとはいえないよなぁ・・・


万一今までも感情的になり話し合いにもならんタイプの親だったら卒業式で無理やり登壇して叫ぶとかやりかねないとか想像できるけど


理性的にやってて問題を起こさなさそうな態度ならここまで学校も躍起にはならんよなぁ


まあ、別室参加でも良ければと学校側が譲歩するとか、他にも方法はあったろうに


この場合一番大事なのって他の生徒達だしなぁ、参加出来ないのはおかしいって言うのも違うだろう


普通なら保護者は卒業式に参列できるんだけれども、この保護者がよっぽど問題あるんだろうね。


「面会などで感情的になることがあり、式の運営に差し障りがあった」これが全てじゃ?


何でダメか答えて保護者が不利益を被るとしたら学校が答えられないのも頷けると思う。それで名誉棄損とか騒がれちゃたまらんし。


だからと言って不法侵入罪で「学校側が」警察に通報したのは流石にひく


拒むから余計な問題になったんじゃないの?最初から出席させておけば何事もなく終わってた話でしょ?


世間ずれというか、人の気持ちを察せられない人間こんなにいるんですね。学校も保護者も変だけど、これは一般的には学校の方が変