画像提供:マイナビニュース
マイナビニュース

筑波大学は、大麻草(マリファナ)の主要な幻覚成分や、合成大麻「スパイス」に含まれる成分が重篤な痙攣発作を引き起こす原因であることを、マウスを使った実験で実証したと発表した。

同成果は、筑波大学国際統合睡眠医学研究機構(WPI-IIIS)のオリガ・マリシエフサカヤ 研究員と裏出良博 教授、国立医薬品食品研究所生薬部および九州大学薬学部の研究グループによるもの。詳細は英国の学術誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

大麻草(マリファナ)は危険性が他のドラッグよりも低いと考えられ、比較的手に入りやすいことから、世界で幅広く濫用されている違法薬物だ。また、大麻草の幻覚成分であるカンナビノイドの構造を出発点として次々と新しい合成カンナビノイドが作られ、日本でも危険ドラッグとして中高生が入手できるほどに横行し、不正乱用されて大きな社会問題となっている。

今回の研究では、大麻草の主成分で、一部の国では嗜好品や医薬品としても用いられているΔ9-テトラヒドロカンナビノールと、「スパイス」と呼ばれる違法ドラッグに含まれる合成カンナビノイド「JWH-018」をマウスに用いて実験を行なった。

マウスの脳波や行動を詳しく解析したところ、これらの化合物を投与すると、ただちに痙攣発作が誘発されることが判明した。一方、カンナビノイド1型受容体に特異的な拮抗薬である「AM-251」を投与すると、この発作が完全に抑制されることから、どちらの化合物も「CB1R」を介して痙攣発作を誘導していることが明らかとなった。

なお、この結果は、これまで大麻草や合成カンナビノイドの乱用は、健康被害や副作用が比較的少ないという間違った理解に警鐘を鳴らすものであり、たった1度の使用でさえも有害影響をもたらし、重篤な健康被害につながりうることを示唆しているものだと研究グループでは説明している。
(釣見駿)



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

当たり前だよなぁ?


悪用する奴が多過ぎるからねぇ…


当たり前のことを騒ぐなよ


つまり、医療大麻も駄目ってこと?


何度でもいうけど「ダメ、ゼッタイ」は税金と利権のためであって健康の為ではないよ。雑草並みに栽培されて勝手に気持ちよくなられたら税金とれないだろ!


酒よりはいいかなんて実証を酒税取ってる国が調べるわけないだろwダメ、ゼッタイなんて言ったら酒もタバコも臓器最悪写真アップできるのに。


そら脳にクるのが危険じゃないわけないんだよなぁ


農家的に筑波大学さんにお願いしたいのがピーマン嫌い=成分的煙草嫌いの法則でも検証してみてほしいと思う


検証結果が割れてるニコチンは含有量が野菜のほうが高かったりするから禁止しにくい現実もある。個人的には禁止でいいと思うんだがな


酒は程々に嗜めば百薬の長だけど、煙草にも麻薬にもそれはないしねぇ>酒よりはいいだろ


日本では、マリファナは日本では完全麻薬で一部のみ解禁だが世界的に煙草は嗜好品これが動かざる事実w


ゆくゆくは煙草も非合法化の流れだね。もう時代がそうなりつつあるし>「本来どれも駄目」


酒よりはいいだろ


「本来どれも駄目」 ← と言うことは、合法か違法かなんて所詮は政府の気分次第ってことだねw


まぁ人間で実験するわけにもいかんしなww


タバコやアルコールのほうがー、って言う大麻解禁論者には「本来どれも駄目」っていいたいね


これが合法で子供も摂取おkなアメリカって


今時リアルドラッグでキメてるのなんて年寄りかDQNでしょ


学術誌掲載程度じゃなくて、学会で発表しろや。どうせタバコ会社の手回しだろ。マリファナは医療利用されてるが、タバコは利用されてるか? これが真実。


これで大麻解禁なんて言ってるやつは大ウソつきだってわかったな。


同じ様にニコチンでの実験も頼む


そんなにイきたいのなら脳に銃弾一発キメれば解決


人間で実験しないと本当のところがわからないだろうが


人生ダメにしたい人はどうぞ(他人に迷惑かけずに死んでくれ


この記事だけだと投与量が分からん…所詮動物実験。まぁ体にいいモンじゃないのは分かり切ってた話なんだけど。


まあ実証なんてしなくても、ちょっと考えれば体にいいわけないわな。


日本にも大麻合法化活動している連中いるけど、こうした情報に耳を貸さない


禁忌が増えそうですね。前知識はある方ですが、そこまでの話は初耳です。