キャリコネ

死にたくなるような辛いとき、医者に助けを求めることは決して間違いではない。

はてな匿名ダイアリーに10月3日、「病院に行っていいのか分からない」という投稿があった。投稿者は、暴言の多い上司が話をしていると、職場で吐き気がして泣きそうになるという。自分に言われているわけではないが、「聞いているだけで辛い」「強迫観念も強くなってきて、何してても何回も確認しないと不安になる」と苦しみを訴える。(文:okei)

死にたくて仕方なくなり、去年一度だけ心療内科を受診したが、かえって落ち込んでしまったようだ。

「うつ病じゃないって言われたんだよね。死にたいくらいじゃ鬱じゃないのか…と思って病院行くのやめたんだよ」

また「鬱でもなんでもない」と言われることが怖い

うつ病でなくても辛い症状があるのなら病院は行った方がいいはずだが、また「鬱でもなんでもない」と言われることを怖れ、病院に行けないと苦しんでいる。相談できる相手もおらず、「病院に行くレベルってどういうものなのか誰か教えてください」と訊ねていた。文面から、追い詰められて泣きそうな様子が伝わってくる。

はてなブックマークには、投稿者への励ましや応援の声が次々に寄せられた。

「個人的には、病院よりも、別の会社に行くのがおすすめ。 辞めてもいいんだよ?(転職2回した者より)」
「あなたが病気なのではない、職場が病気なのです。感染される前に避難するか、病根を根治するか、なんかしないと」

など、転職や上司の上に相談するなど、環境を変えなさいと奨める声が多い。

また、病院を変えた方がいいというアドバイスも大変な数だ。

「迷わず別の心療内科に行こう。そして休もう。そのままだと死ぬぞ」

とにかく診断してもらって、悪化を防ぐのが大事だと説く人が多く、筆者も同感だ。すっかり悪くなってから行くより、予防のためと思えばいい。

精神疾患で病院に通う人は300万人以上「自分のことかと思いました」と共感続々

他方、自分と同じだと共感する人、似たような状況で苦しむ人たちも非常に多い。

「自分のことかと思いました。(中略)何回も確認しないと不安になるのも、超わかります」
「私も同じ状況で、先週の木曜日に意を決して精神科に行きました。結果は即診断書を出され、休職という形になりました」

など、危うい経験談が続々と書き込まれている。

厚生労働省のデータによると、精神疾患で医療機関にかかる人の数は2011年で300万人を超えている。なかでも一番多いのは「うつ病など」で、およそ96万人にも及ぶが、次いで多いのが「統合失調症など」(約71万人)、「不安障害など」(約57万人)だ。これだけ精神的に辛い人たちが多い中、うつ病じゃないなら「医者にかかるほどではない」と決めつけることは危険だ。

ただ、経験者の多くが「そもそもの原因から離れること」の大切さも力説している。いくらいい医者にかかろうと、やはり転職は視野に入れるべきだろう。

投稿者は、多くの人に励まされ感激した様子だ。「病院に行っても良いと分かったので、前とは違う心療内科に行ってみたいと思います。そして転職することも考えたいと思います。本当にありがとうございます」と感謝を伝えていた。

 



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

自分も鬱ではないが精神科へかかったが、そこの先生が言うには重症化してからくる人が多すぎるって。もっと早くくれば回復も早いって


周りが病院にいけっていう程の鬱ってもう重症レベル。そうなる前に精神科へ。どんな病気でもそうだけど初期の段階で治すのが大切。


もし何回か病院通って、手ごたえがなかったりこの医者苦手って思ったら病院変えればいい。ちなみに心療内科の薬は基本効かない


心療内科はガチで当たりはずれあるし、患者との相性もある。体の病気と違って診断して薬貰って終わりじゃないから


押し付けこそしませんが。睡眠や食事に明らかな異常が日々出続けているのなら、それは病です。セロトニン不足の可能性もあります。


ワイはきっと新型鬱病(若者の甘え)なんやろなって


職場の同僚は鬱になって休職したいのに休職に必要な診断書作成を頑なに拒否したと言われていたな…


可哀想


「鬱でもなんでもない」と言われることを怖れ、病院に行けない なるほど。ただでさえ最近の若者は甘えてるだの言われてるしな


ぶっちゃけ動けるうちはまだ「鬱病」ではない。早めに治すのがいいかもね


辞める理由に「一身上の都合」てあるけど、最近は「一心上の都合」になりつつあると思う。精神的な理由でやめるって意味で。


全く別の業種に転職だと不安感あるけど同じ業種の別会社に所属替えするって方法も悪くないかもよ


医者との相性もあるし、医者によってカウンセラー紹介してくれるとこもあるから、上手に付き合ってく事かな


うつ病に至るには明確な原因がある。その根源を取り除くしかない。薬は効かないぞ。


自分がされたひどい仕打ちを、その本人にやり返せばうつ病は治る。それが社会に対してでも。


気落ちと性格の区別もできない 薬に関して相談してもまともに対応なし 病院いくにももうないか開いてる日を聞くだけでも切られる


転職せずにやっていけそうなら全然鬱でもなんでもない


医者に当たり外れあるのがな ちゃんと情報交換できてます→ぜんぜん情報交換してない 診断をする→話も理解せず、作業も見ない


犯罪や拷問が自然な事だといいたいらしい。上の人間は。


だからといって安易に鬱の診断出して薬出すようなところも薬中にされるだけだぞ


色んな人がいますからね


恥ずかしい事じゃないですし、ちゃんとしたところならキチンと聴いてくれるでしょう。あとネットに頼るのはよしたほうが良い


人を見下すのはよくないけど、時と場合と心の中で思うぐらいなら誰にも咎められません。本当に辛かったら病院へ


よく分からない。欝って診断して欲しかったの?死にそうなのを助けて欲しかったの?心療内科なんて我慢せず全部ぶちまける所だよ。


思いとどまる為の一言『なんでクソな上司と会社のために自分が死なんとあかんのじゃボケェ!』って思えばいいですよ


死にたいと思うけど鬱ではないぞっ!


単なる資本主義VS労働者の構図


今の国は自分の国と民を守るために執念を燃やしている。評価するべき。


力のある者が動かず、力の無い者に動けという社会。何が目的か。民衆が「音をあげて移民を認める」ことだ。