※イメージ画像:「Thinkstock」より
日刊サイゾー

 大阪市内にあるラーメン店「Antaga大正」の店長が大麻所持の疑いで逮捕されたことで、利用客に「大麻入りラーメン」のウワサが広まっていたことがわかった。逮捕報道では、客が「店の中で大麻の匂いがした」と話していたことが元従業員の話として伝えられ、利用客の間では「料理に大麻が使用されていたのではないか」と疑う人々が出てきているのだ。

「食べたことあるけど、まさか大麻入りラーメンだった?」

「大麻やりながらラーメン作ってたら、大麻混入とか大丈夫かね」

 ネット上では、そんな声が広がっているが、「店で大麻の匂いがするっていうのは、逮捕されるずっと前からささやかれていたこと」と語るのは、常連客だったグルメブロガーのひとり。過去、店のレビューを書いたこともある人物だ。

「もちろん大麻がどんな匂いがするかなんて、ほとんどの人は知らないはずやけど、店内で草の青臭い匂いが強くしていたんで、それが大麻の匂いじゃないかとウワサになっていたことがあった」(同)

 逮捕された梶林洋介被告がラーメンの調理に大麻を使用していたという話は現時点で聞こえていない。近畿厚生局麻薬取締部は、梶林被告が9月に店内で乾燥大麻およそ11グラムを所持していた大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴。調べでは、5年くらい前から大麻を使用し、家族に隠れて吸うために店で保管して、仕事終わりに吸っていたとしている。大麻の匂いがしていたというのは、店で梶林被告が吸っていたためだろうか。

「ラーメンの方は国産の鶏と香味野菜などを使った濃厚なスープが売りの鶏麺が売り」(ブロガー)で、ラーメンに草の味がしたという報告もなかったが、前出の常連客によると「大麻入りラーメンのウワサが立ったのは、たぶん店主が以前に、よく大麻入りラーメンの話をしていたからでは」と話す。

「東京で大麻ラーメンを出す店があったとかで、その話題をすると店主が身を乗り出すようにして『作ることはできても売れないよね』とか言っていた」(同)

 大麻ラーメンは、都内のラーメン店で実際に販売されていたことがあった。しかし、大麻は大麻でも違法なものではなく、市販の調味料である麻の実が原料の「ヘンプシードパウダー」と「ヘンプシードオイル」が使われていたというだけのもの。当初、メニューの名前が嗜好品大麻の使用を思わせる「マリファナラーメン」と紛らわしいものになっており、東京都が調査に訪れたというほど。その店内には「大麻合法化祈願」などという張り紙がしてあったり、一部で物議を醸してもいた。

 あるグルメライターによると「変な食材を使っているかもしれないとかのウワサを流すのは、店側のPR工作だったりすることもある」というが、梶林被告のラーメン店でも、そういった“PR”はあったのだろうか。

「店が積極的にそんなウワサを流してるってことはなかったです。でも、不良っぽい客も多かった店なので、『あの店で食材の仕入れを装って大麻の売買がされてる』という都市伝説レベルのウワサがあったりした」(同)

 結局、ラーメンへの大麻混入はただのウワサにとどまっているが、利用客にとっては話に尾ヒレを付けたくなるものかもしれない。

 1970年代、殺人犯が死体を切断し「手首だけは指紋から身元がわかるから、屋台ラーメンのスープのダシに使った」と自供した事件があった。このときも利用客として心当たりのある人々の間では「手首ラーメン」説が広まったのだが、今回も“後味”の悪い話が蘇りそうだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「草の青臭さがした」からって「大麻の匂い」に結びつけられた人間は何者なんですかねぇ?


大麻は経口摂取で効果が出るのかな?


台湾かなんかで依存性のあるもの入れて事件になってたっけ。


「手首ラーメン」の話は何となく覚えてる。ラーメンに対してちょっとトラウマになった記憶。


大麻の匂いわかるやつはやばいだろwww


王将の餃子にはナニかが入っている、というのは定番の伝説。


ハゲ好みの味を追求したのか。逮捕されて良かった良かった。


サイゾー≒TOCANAだからガセの可能性が極めて高いんだよなあ


客に大麻を投与させるなんてとんでもないな 大きな被害が出ていなければ良いが


少量か、人気演出、インフルエンサーくらいで絞り込んで使えば効果抜群


多分入れてただろうな。大麻やってた事実と大麻そのもので理性はとんでただろうし、こんな楽なリピータ獲得法もないんだから


この店一回行ったことあり普通に旨かったけどまさかこんなことなるとは・・うええ


嗅ぎ慣れない臭がして店柄や逮捕でもしや・・・ってだけでしょ


ただの香草の臭いじゃね?、つか、普通の日本人が「大麻の臭い」なんて判る訳ないでしょ…


客鼻が良すぎwwww


中華一番でも中国でも実際あったし、外食怖いわあ。まあ、愛貴婦人君なんかは大好物だろうけどね!!


真っ先に『包丁人味平』のブラックカレーが思い浮かんだ。


大麻って基本的に樹脂を固めたやつだから草の臭いというより松脂とかの臭いの方が近いと思うけどな


大麻草の臭いなんかヤッた事のある人しか解らない筈なんですけどね。客に大麻を吸ってる人間が多いって事なんですが。


あるところにはあると思います。(キッパリ)


依存性の強い薬物を混ぜることで繁盛


本当に食べてしまったのか?


酩酊する量の大麻を入れたブラックカレー的な物を売るのは日本の末端価格では原価が見合わないから、野次馬根性に付け込むハッタリか


コスト的な事考えると現実的ではないような気がするんだけど…。生葉なら自生してる事もあるし不可能ではない…のか?


中国でも料理にアヘンケシを入れた店のせいで客に薬物検査陽性が出て、親族が体を張って因果関係を突き止め摘発に繋がった例があった