ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    2017年03月


    2度あることは3度ある

    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/03/29(水) 13:24:16.73 ID:CAP_USER9.net

    デイリースポーツ 3/29(水) 11:51配信

     女優のともさかりえが29日、ブログを更新し、ミュージシャンのスネオヘアーとの
    離婚を報告した。ブログには慰謝料はなし、円満離婚であることがつづられた。

     ブログには「昨年末に離婚しました。ほらみろと言われてしまえば返す言葉もないのが
    正直なところです。離婚に円満も何もありませんが、慰謝料などもなく、円満離婚です」と
    つづられ、2度目となった離婚について自虐も込めて報告。
    「何とか良き風が吹くよう、夫婦で沢山話をしながら進んできたものの、いつしか心が
    折れてしまいました」とも書かれており、離婚という形を取ることになった経緯を説明した。

     また最愛の息子には「大人の勝手な選択の中に巻き込んでしまった息子に対しては、
    本当に申し訳なく思います。12歳になった彼は、私が考える以上に大人で、それは環境が
    大人にさせてしまった部分ももちろんあると思うのですが、それでも素直に優しく育っていて、
    これが何よりの救いです」と謝罪。そして「これからも母親として、強い気持ちをもって
    彼と向き合っていきたいと思います」と母としての強い思いをにじませた。

     ともさかは、2003年に俳優で舞台演出家の河原雅彦と結婚し04年に長男を出産したが
    08年12月に離婚。その後、スネオヘアーと映画の共演をきっかけに2011年6月に
    再婚した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000044-dal-ent


    【【芸能】ともさかりえ、ブログで離婚を報告「ほらみろと言われれば返す言葉もない」】の続きを読む



    (出典 anidrama.com)


    そんなに闇が深いのか

    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/04(土) 16:20:25.15 ID:nT8oZ3dlH.net

    8話でヒトを最後に見たのは港と言っているのでヒトはジャパリパークの外にいる

    ジャパリパークはアプリの中で日本列島とされている。恐らく広さ的にアニメも日本列島↓まわりも海

    (出典 i.imgur.com)

    港で最後にヒトを見たと言うからヒトは遠い昔に日本から出ていったと考えられる

    遠い昔、日本各地で火山の大噴火が起こり(ツチノコの回参照)人々は日本に住めなくなったので別の国に移住するために人間達は出て行った

    一方日本では火山の噴火で日本各地の原子力発電所がメルトダウンを起こし放射性物質が放出する
    ↓これはEDに登場するチェルノブイリ事故で使えなくなった観覧車

    (出典 i.imgur.com)


    日本に残された動物達は放射性物質(サンドスター)の影響で細胞が突然変異しフレンズという人形の生物になる

    カバンちゃんはジャパリパークの外(日本国外)からワープ転送されたが放射能の影響で記憶が消えた

    なぜジャパリパークに来たのかは不明だが元施設員なのは確か


    【けものフレンズの完璧な考察考えたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    次期大統領選、日本と韓国に迫る「絶縁の危機」

    国交断絶求む!!

    NO.5443065
    次期大統領選、日本と韓国に迫る「絶縁の危機」
    次期大統領選、日本と韓国に迫る「絶縁の危機」
    朴氏の罷免で始まった次期トップ争い。

    大本命の左派が就任するならば、我が国にも思わぬ“火の粉”が!?

    3月10日、朝鮮半島に激震が走った。

    韓国の現職大統領・朴槿恵氏(65)が、憲法裁判所で罷免を言い渡されたのだ。

    「国会の弾劾訴追を審理していた憲法裁判所の決定が出たんです。裁判官8人全員が罷免に賛成した結果、朴氏は即、大統領を失職。不訴追特権を失ったので、今後、職権乱用罪はもちろん、贈収賄容疑でも逮捕、起訴される可能性があります」(全国紙国際部記者)

    多くの国民が快哉を叫ぶ一方で、同日、朴氏を支持する罷免反対派は暴徒化。

    警官隊と衝突した結果、2人が死亡、60人以上が負傷するという大騒動に。

    韓国の憲法では、大統領が失職した場合、60日以内に大統領選を行わなければならないことから、実質、すぐに大統領選挙戦に突入し、投開票日は5月9日が有力視されている。

    次期大統領は、かねてから保守派の潘基文・前国連事務総長が最有力候補とみられていたが、朴氏の罷免が決まるのを待たず、2月には不出馬を表明した。

    外交評論家の井野誠一氏が解説する。

    「潘氏が出馬に動いた後、実弟が贈収賄事件で米当局に起訴されました。また、潘氏自身にも韓国の政商から多額の不正献金を受けていたとの疑惑が出た。これらは、野党側が仕掛けたとの説もあり、潘氏は、そのような駆け引きに嫌気がさしたようです。いずれにしろ、打たれ弱い者は政治家向きではないでしょう」

    現在、大統領代行を務める黄教安・首相は、後任としてはどうか。

    世論調査機関『韓国ギャラップ』が、3月10日に発表した支持率調査によると、黄氏は前大統領の悪い印象を受け継いだ格好で、支持率9%と第3位に甘んじている。

    それでは、現状で、ポスト朴の最有力は誰なのか。

    同調査によると、左派系の最大野党『共に民主党』の文在寅・前代表(64)が、支持率32%でダントツの1位。

    2位につけた同党の安煕正・忠清南道知事(17%)とダブルスコア近く差をつけており、競馬で言えば“大本命”なのだ。

    『コリアレポート』編集長の辺真一氏は、「過去の韓国大統領選を見ると、最有力候補が最後に逆転される傾向があります。今回は、保守、中道派が“反・文在寅”の一点で固まれば、安氏が逆転する可能性もあります」としたうえで、「私は現状、文氏60%、安氏40%の当選確率とみています」と推測する。

    日本人の感覚からすれば、左派系の『共に民主党』の安氏が、保守派と組むなどありうるのか……と、いぶかしむ向きもあるだろう。

    だが、「左派色の強い文氏を嫌う者が、党内にもかなりいるんです。だから、世論の風向き次第では、党内の中道寄りの安氏を担ぎ、与党『自由韓国党』との連携の可能性もあるでしょうね」(在韓国の消息筋)

    文氏が党内で嫌われるのも無理はない。

    実際、過去を振り返っても、「左派」というのは穏やかな表現で、文在寅氏は強烈な政治理念の持ち主のようだ。

    特に、「ウルトラ」のつく反日ぶりに関するエピソードには事欠かない。

    まずは、文氏の経歴を振り返っておこう。

    大学在学中の1975年、当時の朴正煕(罷免された朴槿恵氏の父)政権に反対する民主化運動に関わり逮捕、収監されるも大学は卒業。

    司法試験に合格し、弁護士に。

    そして同じく弁護士だった、後に大統領になる盧武鉉氏と82年、合同法律事務所を開設。

    以降、時の全斗煥政権に対する民主化運動に取り組む。

    02年12月の大統領選で盧氏が当選する(〜08年)や、青瓦台(大統領府)民政主席を皮切りに、市民社会主席、大統領秘書室長などを歴任し、盧氏の側近として大活躍。

    12年4月、国会議員に(民主党)。

    同年12月、朴前大統領と大統領選を争い、僅差で敗れている。

    「盧政権時代、“かつての植民地時代に日本に協力した反民族行為者の財産を、たとえ子孫からでも韓国政府が没収する特別法”が制定されました。その取りまとめ役の中心が文氏でした。また、12年の大統領選に出馬した際、日本の戦犯企業を、韓国政府の入札から排除する公約を掲げてもいました」(前出の井野氏)

    さらに16年7月、日本と領有を争う竹島に上陸。

    芳名録に「東海のわが領土」と書き込み、我が国の外務省から抗議されている。

    ここで気になるのが、現在、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像(少女像)の問題だ。

    この設置は「日韓慰安婦合意に反する」として、今年1月、安倍政権は駐韓国大使を帰国させた。

    2か月経った現在も、解決の糸口さえ見えない異常事態に陥っているが、その件に関して、文氏はどういう見解なのか。

    「今年1月20日、文氏は釜山の日本総領事館前の少女像前で、“日本の法的責任認定と公式謝罪が足りない”“設置済みの少女像の撤去は現実的に不可能”、“少女像は生きた歴史教科書であり、(日本からの)真の独立宣言だ!”などと語っています」(前同)

    朴政権時代に決められた日韓合意を、反故にする覚悟のようなのだ。

    「仕えていた盧元大統領の義父が、日本統治時代に捕えられ、獄死したのも影響しているようですね。“韓国が貧しかったのは日本のせい”“北との分断悲劇も日本による統治政策にあった”との考えに、文氏も凝り固まっています」(同)

    敵の敵は味方、というわけではないが、文大統領になったら、韓国が北朝鮮に融和的な政策に変わるのは間違いないと、前出の辺氏は語る。

    「現在、ストップしている開城工場団地も金剛山観光も、再開するでしょう。さらに、日韓米の、これまでの北に対する協力態勢に亀裂が入ることも十分に考えられます」 加えて、文氏は朴政権が決めた在韓米軍への、中国を見据えた「THAAD(高高度防衛ミサイル)」配備も疑問視する発言もしており、そうなると米韓同盟にも亀裂が入ることもありえるというのだ。

    ただでさえ厄介な半島情勢に、さらに揉め事が増えるとなれば、日本はどうすべきなのか。

    元時事通信社ワシントン支局長で、国際評論家の小関哲哉氏がこう解説する。

    「現在の韓国の状況に対して、経済的支援ができるのは日本くらいです。中国は北朝鮮を持て余してヒマがない。ロシアは韓国との関わりが薄く、米国は軍事面でのコミットメント以上をする気がない。日本だけが政治的に安定し、かつ経済的にも窮していないのです。でも、日本側から働きかける必要はないでしょうね」

    尻に火がついているのは韓国のほうというわけだ。

    前出の辺氏も、「新大統領が決まった際、日本の大使だけが挨拶に訪れないのはマズいですから、その際、大使が戻れるなんらかの大義名分や、口実を出すと思うんです」 前出の消息筋が語る。

    「韓国政府のトップは、“反日”の看板を下ろさないものの、歩み寄りのサインを必ず出してくるはず。日本側がそれを見逃し、大使を戻さないままでいると、いまだかつてない絶縁の危機が訪れるでしょうね」

    実は、盧政権下で前述の「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」なる悪法が制定されたのは、当時の小泉純一郎首相が靖国神社に参拝し、これに対し、反日デモが起こったことがきっかけだった。

    「右寄りの安倍政権とは水と油の政権が誕生する可能性が高いだけに、今まで以上に安倍さんは慎重に対処対応すべきです」(韓国ウォッチャー) 良くも悪くもお隣り同士。

    日本のトップには、大人の対応が求められる。

    【日時】2017年03月29日 06:30
    【提供】日刊大衆

    【次期大統領選、日本と韓国に迫る「絶縁の危機」】の続きを読む


    東芝赤字、過去最大1兆円=米WHが破産法申請―海外原発撤退を加速 | ニコニコニュース


    東芝、終わりだな・・・

    米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の米連邦破産法11条の適用申請を受け、記者会見する東芝の綱川智社長。東芝の2017年3月期の連結純損益の赤字は1兆100億円に拡大する可能性がある=29日、都内【時事通信社】
    時事通信社

     東芝の米原発子会社ウェスチングハウス(WH)は29日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をニューヨーク州の破産裁判所に申請した。これに伴いWHは東芝の連結対象から外れ、東芝は巨額損失の原因となった海外原発事業からの撤退を加速させる。WHに対する債務保証の引き当てなどで、東芝の2017年3月期(今期)の連結純損益の赤字は1兆100億円(従来予想は3900億円の赤字)に拡大する可能性がある。

     国内製造業の赤字額では、日立製作所が09年3月期に計上した7873億円を上回り、過去最大となる。

     東芝の綱川智社長はWHの破産法申請を受けて東京都内の本社で記者会見し、「(東芝の)健全経営への第一歩として、海外原発事業のリスク遮断を確実にしていく」と強調した。

     東芝の影響試算では、今期末で債務が株主資本を6200億円上回る大幅な債務超過に陥る。銀行が重視する純資産ベースでも3400億円の債務超過となる。債務超過からの早期脱却に向けては、29日を1次入札締め切り日とした記憶用半導体メモリー事業の売却で、2兆円規模の資金調達が不可欠となる。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東芝赤字、過去最大1兆円=米WHが破産法申請―海外原発撤退を加速 | ニコニコニュース】の続きを読む


    HIV感染確認 年間1440人 高止まり続く

    こ、、こわい

    NO.5444331
    HIV感染確認 年間1440人 高止まり続く
    HIV感染確認 年間1440人 高止まり続く
    去年末までのおよそ1年間に、国内でHIV=ヒト免疫不全ウイルスへの感染が新たに確認された人は1440人で、前の年をわずかに上回り、高止まりの状態が続いていることが厚生労働省のまとめでわかりました。

    厚生労働省によりますと、去年末までのおよそ1年間に、国内の保健所や医療機関などでHIVへの感染が確認された人は、前の年より6人多い1440人でした。

    このうち、3割に当たる437人は、すでにエイズ=後天性免疫不全症候群を発症していたということです。

    感染ルートでは、同性間の性行為による感染が67%を占めた一方、異性間の性行為による感染も20%に上りました。

    年間の感染者数は、10年前にピークとなったあとも毎年1500人前後と高止まりの状態が続いています。

    厚生労働省のエイズ動向委員会の岩本愛吉委員長は「HIVへの社会の意識が低くなったことなどから、保健所などでの検査件数が減っている。性別を問わず、幅広い年齢で感染が確認されており、早期発見に結びつくよう、検査を普及させる必要がある」と話しています。

    【日時】2017年03月29日 20:31
    【ソース】NHK


    【HIV感染確認 年間1440人 高止まり続く】の続きを読む

    このページのトップヘ