ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    2017年06月



    (出典 medical.i-illust.com)



    1 以下、でVIPがお送りします :2017/06/29(木) 21:01:11.178 ID:fGdRRCsn0NIKU

    テロリスト呼ばわりはないだろテロリスト呼ばわりは!


    【【悲報】元てんかん持ちぼく、心無い言葉に傷付く】の続きを読む



    1 以下、でVIPがお送りします :2017/06/29(木) 21:33:19.205 ID:oRLwHcHh0NIKU

    海外に行った時だけゴミ拾いして日本人のマナーの良さをアピールしてた時
    でも結局外面だけ良くて中身がゴミだから日本に来た外国人に簡単に暴かれる


    【「うわぁ…日本人って醜いなぁ…」って思った瞬間WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    明治 エッセルスーパーカップ クッキーバニラ
    J-CASTトレンド

    明治は、カップアイス「明治 エッセルスーパーカップ」の「クッキーバニラ」を、2017年7月3日から期間限定で発売する。

    チョコクッキーとバニラアイスの組み合わせが人気の味で、今回はさらにおいしくなっての再登場だ。

    なめらかでコクのあるバニラアイスに、香ばしくカカオ風味豊かなチョコクッキーを混ぜ込んだ。しっとりとしたチョコクッキーとバニラアイスの王道の組み合わせのおいしさをたっぷりと楽しめる。

    価格は140円。期間限定なのでお早目に。<J-CASTトレンド>



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】スーパーカップの「クッキーバニラ」が再登場!】の続きを読む



    1 以下、でVIPがお送りします :2017/06/29(木) 19:32:25.248 ID:tHshTYP5aNIKU

    英語教育に関する著書なども多数あるアメリカ出身のお笑いタレント・パックンに話を聞いた。

    英語は同じものを指す複数の言い方がある
    ――外国人が日本語を勉強するのと、日本人が英語を勉強するのでは、どちらのほうが大変ですか?

    それは英語です。ゼロから英語を勉強するとしたら難しすぎる。スペルもわけわかんないし。同じ音が同じスペルとは限らないじゃないですか。不規則動詞もいっぱいあるし、不規則な文法もいっぱいある。

    “go home”って言う英語があるのに“go to the hospital”って言うでしょ。勉強する人には、かわいそうだなって思うんですよ。しかも、イギリスだったら「to the」が抜けて、“go hospital”になる。

    他にも“down at the park”がアメリカ英語で、”down the park”がイギリス英語。例外だらけです。

    使っている語彙は英語のほうが多いんですよね。なぜなら、「フランス語圏の英語」と「ギリシャの英語」、「ドイツの英語」、同じ意味の英語がいっぱいあるんですよ。

    「beef・pork」と「cow・pig」。日本語だったら「牛肉・豚肉」と「牛・豚」ですよね。なんでわざわざ2つの言い方があるのか知っていますか?

    「cow」や「pig」は、もともとイギリスにあったドイツ系の英語なんですよ。一方、「beef」と「pork」はフランス語系の英語なんです。

    貴族はフランス語を話しているんですね。貴族が接する「豚」はもう調理されたあとです。庶民で英語を話している人が触れ合う「豚」は家畜です。だから言葉が違う。

    同じものを指す複数の言い方があるが、全部覚えなきゃ、英語をマスターしたとは言えない。

    https://www.houdoukyoku.jp/posts/14127


    【【悲報】パックンさん「英語は語彙がとても豊富、だから日本人には難しいんだろうね」】の続きを読む


    日本のアニメを見ていて不思議「なぜ取り調べ中にカツ丼が出るのか」=中国
    サーチナ

     中国では、日本の警察に相当する組織は「公安」と呼ぶが、あまり良いイメージを持たれていないのが現実だ。一方、日本の警察官は親切に道を教えてくれるなど、親しみ深いイメージがあるようだ。また、日本の映画やアニメでは取調室で「カツ丼」が出るシーンさえあり、中国人を驚かせている。中国メディアの今日頭条は26日、「どうして日本の警察はいつも犯人にカツ丼をおごるのか」と題する記事を掲載した。
     
     記事によると、中国人の抱いているイメージはこうだ。新米の警察官が口を開かない容疑者に手を焼いているところへ、先輩の警察官が微笑みながら、容疑者に対して「カツ丼を食うか?」と尋ね、約30分後にカツ丼が届く。これを見て容疑者は自白を始めるというものだ。
     
     記事は、「取調室にカツ丼が出る」という逸話のきっかけになったのは、1955年に公開された邦画「警察日記」と、1963年に日本を激震させた事件「吉展ちゃん誘拐殺人事件」の2つだと指摘。貧しかった当時の日本では、高級料理のカツ丼はなかなか食べられなかったためとされる。記事は、「食べ物が人の心に与える力の大きさは信じられないほどだ」とコメントした。
     
     この後、日本のドラマではカツ丼が取り調べ室の「常連」となり、中国人にもこのイメージを植え付けたのだろう。しかし、現在では利益誘導に当たるとして禁止されており、実際に容疑者に菓子と雑誌を渡したとして処分された警察官もいると伝えた。
     
     記事は結びに、警察が容疑者にカツ丼をおごるという言い伝えを「日本の謎の文化の1つ」としたうえで、いずれにしても「日本のカツ丼は本当にうますぎる」と絶賛して締めくくった。豚肉を好んで食べる中国人にも「とんかつ」はわりと人気の日本料理だが、日本のかつ丼のおいしさは別格だ。ぜひより多くの中国人に日本で食べるかつ丼のおいしさを知ってほしいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本のアニメを見ていて不思議「なぜ取り調べ中にカツ丼が出るのか」=中国】の続きを読む

    このページのトップヘ