ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    2017年12月


     NHKの受信料制度をめぐり、テレビを持つ人に契約締結を義務付ける放送法の規定が憲法に反するかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、「国民の知る権利を充足する」として、規定を合憲とする初判断を示した。

     大法廷は「テレビ設置時にさかのぼって受信料の支払い義務が生じる」とも判断した。判決は全国で900万世帯を超える未払いへの徴収を後押しする可能性があり、大きな影響を与えそうだ。

     放送法は、テレビなどの受信設備を置いた人は「NHKと受信契約をしなければならない」と規定している。この規定が憲法に違反しないかが最大の争点で、裁判で正面から合憲性が問われたのは、1950年のNHK設立以来初めてだった。

     大法廷は受信料制度について、「憲法の保障する国民の知る権利を実質的に充足する合理的な仕組み」と指摘。契約を強制する放送法の規定は「適正、公平な受信料徴収のために必要で憲法に違反しない」と判断した。裁判官15人中14人の多数意見。

     その上で、契約を拒んだ人に対し、NHKが承諾を求める裁判を起こし、勝訴が確定した時点で契約が成立すると判示。テレビの設置時にさかのぼって受信料の支払い義務が生じるとの初判断も示した。木内道祥裁判官は「設置時からの支払い義務はあり得ない」とする反対意見を述べた。

     裁判になったのは、2006年に自宅にテレビを設置した東京都内の男性。契約申込書を送っても応じないとしてNHKが11年に提訴した。

     男性側は、契約は視聴者の意思で結ぶべきで、規定は憲法が保障する「契約の自由」に反すると主張した。NHK側は受信料制度には十分な必要性と合理性があるとして合憲だと反論していた。

     大法廷は男性側の主張を退け、双方の上告を棄却。未払い分約20万円の支払いを命じた一、二審判決が確定した。 

    〔写真説明〕NHK受信料訴訟で判決を言い渡した最高裁大法廷。中央は寺田逸郎裁判長=6日午後、東京都千代田区

    NHK受信料訴訟で判決を言い渡した最高裁大法廷。中央は寺田逸郎裁判長=6日午後、東京都千代田区


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【NHK受信料「合憲」=テレビ設置時から義務-「知る権利を充足」最高裁が初判断】の続きを読む



    (出典 saposute-kitaosaka.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2017/12/11(月) 12:02:29.980

    一部上場企業ってコネ無理なのかよ


    【親父の会社にコネで入ろうと思ったら面接で落とされてワロタ 】の続きを読む


    「ポルノに触れすぎると脳がダメになる」――。ハーバード大学医学部研究員がブログで証言した。Majeres氏は実験用マウスを使い、エロと脳のダメージの関係を立証している。


    ■エロを追求しすぎると脳は異常を起こす

     Majeres氏の実験方法はこうだ。まず、オスとメスのマウスを1匹ずつかごに入れて様子を見る。ほどなくしてオスはメスに興味を示し、セックスを始める。事が済むと、オスの快楽は満たされてしまい、セックスをしなくなった。ドーパミンが一気に放出されてしまったのだ。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15281_entry.html】

     そこで、Majeres氏はメスを交換する。新たなメスがかごに入るとオスは即座に新人のメスに襲いかかり、さっきまでの冷めた様子はどこへやら、しっかりと事に及んだ。事が済むとMajeres氏はまた新たなメスと交換する。オスはまたセックスをする。この繰り返しを延々とやっていったという。

     すると何が起きたのか。オスの脳は異常を起こし、ほぼ死ぬ間際までやり続けてしまったのだという。エロの追求をしすぎたら、その先に待っているのは脳の異常というわけである。

     ヒトの場合、エロやポルノを介して同種類の刺激を受け続けた男の脳は、下垂体部に異常が出てしまうそうだ。男のセックスにおいては、セックスパートナーが変わっても「女を支配したい!」「今だ、行け!」という性的欲求の“種類”は変わらない。種類が変わらないのだから、その都度同じくドーパミンが放出される。

     求めているエロスが目の前にあると、そのターゲットに向かって神経を集中させる。超集中状態、超快感状態……この連続がドーパミン過剰を引き起こす。メスも当然ドーパミンが出るが、事を終えると相手にされなくなるのだからドーパミン過剰状態に陥らずに済む。

     ところがオスは支配欲からドーパミン受容体が壊れるまでヤリ続けてしまう。脳を守るために受容体があるのに、欲がそのキャパを超えてしまうのだ。これがほかの食欲などとは違う、性欲の厄介な点だ。


    ■感動のバリエーションを豊富に持つべき

     感動を得たい、快楽を得たい。それは動物が持つ当然の欲だ。その欲を刺激することは、脳の発達にも役立つ。ただ、エロやポルノに対する感動や快楽は結局同種類だし、その性質上、際限がなくなりがちだ。Majeres氏は快感の満たし方について、こう結論づけている。

    「ただ快楽や感動を満たすためなら、同種類の欲ではなく他の対象に目を向けると良い。性欲だけではなく、驚き、ショックなど、別の感動を得て脳に刺激を与えれば、脳は健全に育つものです」(Majeres氏)

     脳は新たな驚きを得ながら常に変化を起こす。この性質を、脳の神経可塑性と呼び、こうして脳が育つ。ポルノがすべて悪いわけではなく、感動のバリエーションを豊富に持つために、性的なものに限らずさまざまな種類のシーンに自らを投身してみることだ。
    (文=鮎沢明)


    ※イメージ画像は、「Thinkstock」より

    イメージ画像は、「Thinkstock」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【警告】AVを見すぎると脳が壊れることが判明! エロの副作用は予想以上に深刻だった!(最新研究)】の続きを読む


    沖縄県の子どもの貧困率は、29.9%ーー。これは、全国13.9%の2倍以上にあたる。沖縄県が独自に調査を行い、2016年4月に公表した結果は、子どもの3人に1人が「貧困状態」にあるというもので、衝撃的なニュースとして報じられた。

    独自に子どもの貧困実態調査を行ったのは、都道府県では沖縄県が初めて。全国に比べ深刻な状況が予測されたため、緊急に対策が必要という認識からだ。一般的に、県別の貧困率を算出するには困難が伴うが、調査には子どもの貧困問題に詳しい専門家らのチームが結成され、行政と民間が協力して実現した。

    その結果を受け、沖縄県では本格的な取り組みが始まっている。その一つが、10月に沖縄県と民間が協働で刊行した『沖縄子どもの貧困白書』(沖縄県子ども総合研究所編、かもがわ出版)だ。本書では、沖縄県の厳しい実態を報告しながら、地域での取り組みや未来へのプランを提示している。その「沖縄モデル」とは? (弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)

    ●「私たちは望んで『子どもの貧困』の当事者になったわけではない」

    本書の冒頭、「子どもの貧困の当事者」たちが登場する。その一人、社会養護施設経験者の女性は貧困家庭に生まれ、小学4年から児童養護施設で暮らした。「問題のない子」として成長していくが、高校生になってから自分の置かれている状況が「恥ずかしい」と思うようになったという。女性はこう語る。

    「少しだけ自分だったらと想像してみてください。クラスの9割は携帯電話を持ち、友人たちは学校帰りに話題のアイスクリーム屋さんに寄り道して帰ります。また、持っている時計や靴でクラスの序列が決まることだってあります。

    みなさんが言うぜいたくが、あの頃の私には死活問題でもあるかのように感じられ、とても惨めな思いをしました。少しの惨めさやがまんの積み重ねが子どもの自己肯定感を低くしていきます」

    貧困当事者の子どもが、もし携帯電話が欲しいといえば、わがままだ、ぜいたくだとバッシングされる社会。「私たちは望んで『子どもの貧困』の当事者になったわけではない。私たちにもみなさんと同じように、親から愛され、好きなことを望み、経験する権利があるはず」という女性の言葉は、ストレートに胸に刺さる。

    ●調査結果を受け、県庁のチームが総勢11人の「子ども未来政策課」へ

    今回の調査がいかに進められ、どのような展開をしたか、本書では詳細につづられている。

    子どもの貧困については、2013年に「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が国会で成立、翌年4月に施行している。「子どもの貧困対策会議」も設置されるなど、国でもこの問題に取り組んでいるが、沖縄県議会からは、より具体的な県内の実態調査を行い、それに即した計画策定を行うべきであるとの提言が出されたという。

    一般的に、都道府県ごとに貧困率を算出するのは難しいと言われている。しかし、沖縄県は経済状況が全国と大きな差異があることから、独自の貧困率を明らかにすることは必須であるとして2014年5月、民間のシンクタンクである「沖縄県子ども総合研究所」に業務を委託、専門家による調査チームを結成して、手法を模索した。

    その結果、すべてのデータが揃う8市町村のデータを利用することになった。そのデータ数は県内の子ども約7割をカバーしていることから、実態を反映したものと考えられた。そうして算出されたのが、冒頭にも書いた「29.9%」という数値だった。

    実態が把握されたことで、さまざまなことが動いた。調査結果は、県内メディアでも報じられようになり、問題意識を共有することができた。また、調査当初は県職員3人から始まったチームは2016年11月、結果公表から1年経たずに総勢11人という「子ども未来政策課」へと拡大した。

    ●官民連携で貧困対策に「スピード感をもって対処」

    本書に寄稿した子ども未来政策課の喜舎場健太課長によると、「今、必要としている子どもたちに支援を届けるためには、スピード感をもって対処していくこと」が重要だという。

    調査結果をふまえ、2016年3月に子どものライフステージに沿った、切れ目のない総合的支援を目的とした「沖縄県子どもの貧困対策計画」を策定している。2012年度までの計画で、「乳児検診の受診率」から始まり、「高校の進学率」や「大学進学率」など34の指標の目標値をそれぞれ設定、重点施策も定めた。

    また、「沖縄子どもの未来県民会議」の運営もスタート。企業の寄付金やサポーター会員を募り、その収入を給付金型奨学金や通学費負担、広報活動、啓発活動の事業にあてている。スピード感もさることながら、継続性のあるものを目指しているという。

    この他、本書では官民連携の取り組みとして始まった子ども食堂や学習支援などの子どもの居場所も、調査開始から2年を経た現在、県内100カ所を超え、地域を巻き込んだ大きな運動になっていったことが報告されている。

    ●12月10日には那覇市で出版記念シンポジウム

    県独自の貧困率を算出することは、沖縄県にとって、厳しい試みだったはずだ。しかし、現実を直視することを恐れず断行したことが、官民連携の取り組みにまで広がった。沖縄県子ども総合研究所の顧問で、加藤彰彦・沖縄大学名誉教授は本書の巻末、「沖縄の子どもたちの貧困状況が可視化されたとき、生活困窮の現実に気づいたとき、県民1人ひとりが、市町村の職員が、自分にできることはないかと考え行動を始めたのだと思います」と寄せている。

    こうした官民連携の「沖縄モデル」により、沖縄県は2030年までに子どもの貧困率を10%までに減らすことを目指している。一方、沖縄県の出生率は全国1位であると同時に、離婚率、母子世帯の割合も全国で最も高い。子どもの貧困の背景は複雑で、解決しなければならない課題は山積しているが、まずは勇気ある第一歩が踏み出せたのではないだろうか。

    12月10日には本書の出版を記念して、那覇市の沖縄大学でシンポジウム「沖縄の子どもたちの暮らし これから私たちにできること」が開催される。『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)の著者でもある琉球教育大学の上間陽子教授ら本書を編集、執筆した識者らが登壇、沖縄の子どもたちの未来について話し合う(当日参加も可能だが、できれば事前申し込みを。詳細はこちらまで http://www.kamogawa.co.jp/topic/0929_shinpo.html )。

    (弁護士ドットコムニュース)

    「沖縄県の子どもは、3人に1人が貧困」 全国初の独自調査から官民協働で取り組む「沖縄モデル」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【深刻】「沖縄県の子どもは、3人に1人が貧困」 全国初の独自調査から官民協働で取り組む「沖縄モデル」】の続きを読む


     高級喫茶店「星乃珈琲店」の勢いが止まらない。

     店舗によって価格が異なるが、たとえば東京・六本木店ではコーヒー「星乃ブレンド」の価格は 600円だ。ドトールコーヒーショップの「ブレンドコーヒー」Mサイズの価格は270円なので、2倍以上にもなる。つまり、星乃珈琲店は高級喫茶店の部類に属するといえる。消費者の節約志向は弱まる気配が見えないが、それでも星乃珈琲店は繁盛しているのだ。

     星乃珈琲店の1号店は2011年に埼玉県で誕生した。それから急速に店舗を増やし、現在は全国に約210店を展開している。

     星乃珈琲店を展開しているのは、ドトール・日レスホールディングス(HD)だ。同社はドトールコーヒーショップも展開しており、いわば両店は姉妹関係にある。ドトールで低価格帯市場を狙い、高価格帯市場を担うのが星乃珈琲店となる。両業態を使い分けて喫茶店市場の覇権を握ろうというわけだ。

     星乃珈琲店は高級喫茶店だけに、さまざまな点において「質」を重視している。

     まずはメニューがそうだ。メニューの内容は店舗や時期によって異なるが、六本木店ではパスタやドリア、オムライス、カレーといった本格的な料理を880〜1000円程度で提供している。一般的なコーヒーチェーン店のなかでは高価格帯の料理を提供しているほうだろう。

     ドトール・日レスHDは、パスタ専門店「洋麵屋五右衛門」やオムライス専門店「卵と私」、カレー店「天馬」など、さまざまなタイプの飲食店を展開している。それらで培ったノウハウを生かすことで、星乃珈琲店でも本格的な料理を提供できる。これは、スターバックス コーヒー(スタバ)やコメダ珈琲店などの競合にはない強みといえるだろう。

     内装の質も高い。豪華なシャンデリアで照らされた店内は落ち着いた雰囲気を醸し出している。革張りのいすは座り心地が良い。仕切りがついたテーブル席もあり、周囲の客を気にすることなく過ごすこともできる。とにかくお洒落でくつろげるところが特徴だ。

     くつろいで時間を過ごすことができるため長居客が多そうに思えるが、意外にもそういった客は少ない印象だ。もちろん、おしゃべりをして多少長い時間を過ごす客はいるが、勉強する客やパソコンを使って仕事する客は決して多くない。客が使用できる電源や専用無線LAN(Wi-Fi)を備えた店舗がないためだと考えられる。これは、スタバやコメダ珈琲店などの競合と大きく異なる点といえるだろう。

    ●スタバの顧客満足度低下の要因

     ところで近年、スタバの顧客満足度が低下していることが話題となっている。日本生産性本部がサービス産業を対象に顧客満足度調査を毎年実施しているが、今年6月に発表された17年度の調査結果では、カフェ部門においてかつての首位で前年4位のスタバが5位以下の圏外に消えたのだ。

     スタバの顧客満足度が低下しているのは、「価格が高い」「混雑している」「意識高い系の客が多い」という3つのポイントにおいて不満を覚えている客が増えているためだ。このうちの「混雑している」ことと「意識高い系の客が多い」ことに関しては、店内でパソコンを使用する客が多いことが理由のひとつになっている。

     パソコン作業をする人は長居する傾向があるため、そういった人たちが集まることで混雑につながっている。席が空くまで待つのを嫌がる人は少なくない。また、スタバでパソコンを堂々と広げて仕事する“意識の高い人”に対して嫌悪感を覚える人が少なからずいる。そういった人たちが増えていることで、スタバの顧客満足度が下がっているのだ。

     話を戻すが、星乃珈琲店は全店で電源と専用Wi-Fiを備えていないため、長居客がスタバと比べて少ない。そのため、「混雑している」ことと「意識高い系の客が多い」ことに対して不満を抱いている客が少ないと考えられる。むしろ、そういったことに不満を覚えている人の受け皿になっている面もありそうだ。スタバから星乃珈琲店に流れた人は少なくないだろう。

     こうして星乃珈琲店は急速に店舗網を拡大し成長しているわけだが、目下業績は好調だ。17年3〜8月期の星乃珈琲店の直営店売上高は前年同期比で5.1%増加した。ドトール・日レスHDにおける星乃珈琲店の売上高の構成比は10.9%にもなり、グループの中でも存在感が高まっている。

     展開するドトール・日レスHDの業績も好調だ。17年3〜8月期の連結決算は、売上高が前年同期比5.1%増の669億円、本業の儲けを示す営業利益は7.3%増の63億円と増収増益だ。星乃珈琲店が大きく貢献している。

     ドトール・日レスHDは星乃珈琲店以外にも高級喫茶店の展開をいくつか新たに始めている。東京・池袋にある商業ビル「Esola(エソラ)池袋」の4階に6月にオープンした新業態店「梟書茶房」も、そのひとつだ。メニューが充実していて内装がお洒落な点が星乃珈琲店と似ている。

     メニューは星乃珈琲店と同様に充実していて、やはり高価格帯のものが多い。目安として挙げるが、コーヒー「梟ブレンド」の値段は540円となっている。内装も同様にお洒落で、店内がラウンジやカウンター席、学校の図書館をイメージしたコーナー、テラス席などに分かれているのが面白い。気分や用途に応じて異なる空間の席を選ぶことができるのだ。

     梟書茶房の特徴は、ほかにもうひとつある。喫茶店に併設するかたちで書店を設けていることだ。しかも、それが普通の書店ではない。なんと、本にカバーをかけて表紙がわからない「シークレットブック」を販売している。つまり、何の本かは買ってみないとわからないのだ。客は表紙に添えられた紹介文を見て選ぶ。

     シークレットブックとコーヒーがセットになった「本とコーヒーのセット」は1620円だ。もちろん、シークレットブックの中身は注文した後でないとわからない。

     ドトール・日レスHDは近年、梟書茶房や星乃珈琲店のような高級喫茶店の出店を推し進めている。ライバルのスタバとは「価格が高い」という点で共通している。両陣営の競争が激しくなりそうだ。
    (文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント)

    ●佐藤昌司 店舗経営コンサルタント。立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。企業研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。

    「星乃珈琲店 HP」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ドトールの2倍高い「星乃珈琲店」に客殺到の秘密…スタバやコメダにない極上のくつろぎ】の続きを読む

    このページのトップヘ