ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    2017年12月


    静岡県職員の自殺者が、2009年から2016年の過去8年間で41人に上ることが分かった。川勝県知事が12月18日の定例記者会見で明らかにし、朝日新聞等が報じた。

    41人の内訳は、知事部局が17人、教育委員会や県警本部が合わせて24人。知事部局とは企業局とがんセンターを除く県庁内の部局の総称で、特定の部局を指すものではない。川勝知事は会見で「鬱積したものがあれば言える環境、言える職場の空気を作っていきたい」とコメントしている。

    「職員数100人削減」の目標は取り下げたが、人手不足は依然解消せず


    画像は静岡県のサイトより。

    自治体職員1000人あたりの年間自殺者数(2015年)は、全国の都道府県・政令指定都市の平均値が0.18なのに比べ、静岡県は0.34と約2倍だ。

    過去8年間は、現在知事を務める川勝知事の就任時期と重なる。就任前の8年間(2001年から2008年)の自殺者数が12人だったことを踏まえると、就任後の仕事の進め方や方針転換が影響している可能性もある。

    県の担当者は会見で、「自殺の原因は本人の健康状態、仕事、家庭など様々」と語っていたが、静岡県職員労組はキャリコネニュースの取材に対し、「人員不足が大きいのでは」との見方を示した。

    労組の担当者によると、2015年時点で、年間360時間以上の時間外労働をした職員は1000人を超えていたという。元々予算あたりの職員数が少なかった静岡県だが、ここから更に人員削減を進めたため、職員一人にかかる業務負荷が大きくなっていたようだ。県は昨年12月、行政改革大綱の中にあった「職員数100人削減」の目標を取り下げたが、人手不足は依然解消していないという。

    残業削減指導するも「声かけが行き過ぎ、かえって時間外勤務を申請しない人も増えた」

    また、時間外労働の正確な把握が出来ていないことも原因だと指摘する。

    「静岡県の定時は17時15分なのですが、2年前までの勤怠管理システムでは、残業を申請しようとすると、2時間後の19時15分がデフォルトで入力されている仕様でした。組合のアンケートでも『2時間を越えない場合は入力しない』と答えた人は半分いるなど、2時間未満の残業申請は心理的に躊躇われる状況でした。交渉によって、デフォルトの値は30分に改善できましたが、これがサービス残業の原因になっていたと思われます」

    来年4月には、この30分の表記もなくなり、自由に入力しやすくなる見通しだという。

    最近では電通の過労死事件を受け、管理職から部下へ、時間外労働を減らすよう指導していたというが、「声かけが行き過ぎ、かえって時間外勤務を申請しない人も増えた」と言う。組合の担当者は

    「静岡県の労働環境が他と比べて劣悪ということはありませんが、人員不足は課題。長時間労働の削減方法も、現場から提案するだけでは限界があります。県には、減らす手法を考え提示するよう今後も対応していきたいです」

    と話していた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【静岡県職員、過去8年で41人自殺という異常な事態 職員労組は「人員不足が大きな原因」と分析】の続きを読む


    平成28(2016)年の国税庁の調査によると、1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給料・手当は357万円。ただ、男性が438万円で女性242万円と格差があるだけでなく、10年前の平成18(2006)年と比較すると133000円低くなっています。

    そういった数字は実態にも現れている模様。ある『Twitter』ユーザーが次のようにツイートして話題となっていました。

    年収300万は低い収入額としてよく引き合いに出される数字ではあるが毎月の収入が20万で夏冬にボーナス30万ずつもらってようやく達する金額であると考えるとなんかすごいな そこに全く到達していない人って、感覚としてはかなり多い気がする

    これに対しては「手取りだと全く到達しない」「その半分以下」「なんとか100万越せている」「地方だと公務員ですら到達できない」といった反応が続出。また、1980年代後半のバブル期と比較して「手取りとなると当時の学生バイトの方が金額高い」「当時はトラック運転手でも月給60万くらいまでいったが、今は20万程度」といったツイートも見られました。

    中には、次のようなツイートも。

    月収20万は「夢」でした。実家に頼らずの子育てしながらでは融通のきく働き方を優先するしかなくて、結局夢のまま終わりそう。資格取ったりサビ残厭わず頑張ったりした時期もあったけど、その報われなさにイヤんなった。金輪際「活躍」なんかせず、好きにさせてもらいます

    「若い世代は企業に上手く騙されて酷使されている」「金融市場と輸出企業だけが好景気」「税金が高い」といった声もあり、年収がなかなか上がらないことが浮き彫りになっているともいえる『Twitter』での反応。平均給与の底上げが図られない限り、実態経済が良くなるということもないのではないでしょうか。

    ※画像は『Twitter』より
    https://twitter.com/psalm0909/status/939493235054931968 [リンク]

    ―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【年収300万円・月給20万円も今や“夢”!? 「若い世代は企業に騙されている」という意見も】の続きを読む



    CMというものは人をいかに惹きつけそして、購買意欲をそそらせるか。その為にはインパクトが大事であったりしますが、CMがゴマンと溢れる昨今のこのご時世、なかなか深い印象をあたえるような素晴らしいCMを作るのは難しいわけです。さてそんな中、こちらのが以外のマクドナルドのCMが問題となっているようです。ー物議を醸したマクドナルドの新CM


    さて物議を醸した動画はこちらです。お父さんと死別してしまった息子は、母親とマクドナルドに行きます。そこで頼んだのは「フィレオフィッシュ」です。母親は「貴方の父親もフィレオフィッシュが好きだったのよ」と、どうやらフィレオフィッシュと父親をリンクさせた感動的なストーリー・・・

    という流れになるはずでした。しかし、いざCMを流してみると意外な結果に。なんと「慈善団体」などから「子どもの死別を悪用する」「不謹慎だ」「ブランドの獲得のために死を悪用している」「必要のないテーマ」などと批判が殺到したということなのです。

    確かに、亡くなった父親というテーマを利用し涙を誘い、そして購買意欲へとつなげるというシナリオは若干不思議なストーリーのようにも感じます。

    実際にこの動画を見て問題を指摘しているユーザーは以下のように発言しております。

    この動画は、ロンドンに本社を置く広告代理店「Leo Burnett」によって作成されましたが、その後CMは打ち切られました。

    マクドナルド側は二度とこのような事が起きないように再発防止に務めるとのことでしたが、純粋に「このCMは感動的だ」「涙を流した」と感じる方もいるようです。

    日本でも同様にCMを打ち切らざるをえないという問題は多々発生しておりますが、人間の「死」というテーマはあまりにも効果が絶大すぎて制御ができないのかもしれません。

    画像掲載元:YouTube
    掲載元:MirrorUK

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    マクドナルドの感動的なCMが不謹慎すぎると海外で大炎上!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【炎上】マクドナルドの感動的なCMが不謹慎すぎると海外で大炎上!】の続きを読む



    最近学校側が生徒に厳しい校則を強要することが問題化しているようです。身につける格好についての校則だけでなく、生徒の下着の色を「白」だけにするという謎の校則もあると言います。このような厳しい高速に関して最近は「ブラック校則」などという言葉で呼んでいるということです。理由は様々ですが、恐ろしい制度です。
    ーブラック校則とは

    朝の情報テレビ番組「スッキリ!」によりますと、教師が生徒に守るべき原則以外に、その他暗黙のルールとして「禁止」になっている制度や、他の学校ではあまり聞かれない理不尽な制度などを「ブラック校則」ということです。例えば以下の様なものがあるようです。

    ・下着の色は白
    ・ヘアゴムの色は黒
    ・授業中にトイレに行く時間は規定時間以内
    ・髪の毛の色は染めるのは禁止。明るい場合「自毛」であると地毛証明書を申請

    など、かなり細かい校則もあるようです。これらを守らない場合、厳しく学校側から取り締まられることがあるといいます。白い下着であるべき理由は、制服から透けて見えて犯罪に巻き込まれるおそれがあるからだということです。

    そのような中、NPO法人がブラック校則を無くすプロジェクトを開始し、全国調査などで実態把握をするということです。

    結果は来月公開されるということです。

    その他SNSで話題となっている「ブラック校則」は以下の様なものがあります。

    恋愛禁止
    腕時計禁止仰ぐのは禁止映画は学校指定のもののみ投稿口中は水分補給禁止男子は坊主
    リップクリーム禁止
    男子は坊主といういわゆる「丸刈り校則」というものは2000年以前には多く見受けられましたが、最近では禁止の動きになっております。

    このような「ブラック校則」についてネットでは、学校側の一方的な都合である・生徒を管理できる能力が欠如しているのではないかという声もあるようです。果たしてこのような校則は守るべきものなのでしょうか。特にネットでは髪の毛の問題に関しては「理不尽過ぎる」という声も多いようです。

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    学校が生徒に強要する「ブラック校則」が話題に!下着は白が鉄則!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【学校が生徒に強要する「ブラック校則」が話題に!下着は白が鉄則!】の続きを読む



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします (初段) :2017/12/17(日) 00:44:13.350

    ハワイ旅行100万
    ヤフオク100万
    純金自販機170万
    ボードレース300万
    宝くじ1000万
    焼肉30万
    スクラッチ30万
    他100万

    約2000万使った模様 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【カリスマ詐欺師ヒカルさんが、復帰後に使った金額が凄過ぎるwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ