ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    2018年01月


     最新の“聖書予言”が登場した――。世界の終わりは今年、2018年6月24日だ。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/01/post_15621_entry.html】

    ■“終末の日”は2018年6月24日

     ご存じのように、かつての“ノストラダムスの大予言”では世界の終りは「1999年7月である」とされていた。また、マヤ歴が2012年12月で終わることからこの日が“終末の日”であるといわれたことも記憶に新しい。加えて昨年の2017年10月には、謎の惑星“ニビル”の地球最接近で文明は滅亡するという話題を多くのメディアが取り上げた。

     そして先日、最新の“聖書予言”が登場してメディアをにぎわせている。それによれば“終末の日”は2018年6月24日だ。

    『新約聖書』の中で唯一、預言書的性格を持つ書である『ヨハネの黙示録』を分析することで終末の日の日付を特定したのは、マテュー・ジャン=マルク・ジョセフ・ロドリグ氏。ロドリグ氏は、黙示録の中のいくつかのフレーズに着目してこの日付を導き出したということだ。その最も重要なフレーズは2つある。

    ・この獣は、傲慢な口汚い口を与えられ、42カ月間活動する権威を与えられた。

    ・その数字は人間を指している。その数字とは666である。

     この“42”と“666”という2つの数字を手がかりにして、ロドリグ氏は独自の方程式を使ってこの世の終末が2018年6月24日であると算出したのである。いわゆる“聖書予言”の解釈でこの日付が出てきたのは、これが最初であろう。ロドリグ氏によれば、人類に残された時間はあと半年あまりしかないことになるが……。

    ■ノストラダムス最新研究でも今年6月に重大イベント

     聖書的な“終末の日”がロドリグ氏によって今年6月に設定されたのだが、実は最新のノストラダムス研究でも2018年6月に今の世界がいったん終わることが暗示されているという。

     いわゆる“ノストラダムスの大予言”の素材となる文献である四行詩篇集のほかにも、ノストラダムスは息子のセザールに宛てた水彩画を80枚(82枚とする説もある)残しているといわれている。そして、これらの絵画にも予言的な意味が込められているといわれ、解読作業が一部の専門家によって進められているのだ。

     最新のノストラダムス研究では、この水彩画の中の1枚を解読することで、2018年6月に「天国の女王・マリアの2度目の死が訪れる」ことが指摘されている。

     絵には地下シェルターらしき施設と、それを警備する剣を持ったガードマン、そして天国の女王であるマリアが描かれているという。地下シェルターの中には「プラス・ウルトラ(Plus Ultra)」という秘密結社のメンバーが一時的に避難していることが暗に示されているということだ。現在の世界が一度滅びるほどの破局的な世界大戦が起こることを意味しているのだろうか。

     そして、2018年夏にはポールシフトが起こり、その後新たな人類による新たな文明が再興するということである。

     今回、新たに提示された今年6月という「ドゥームズデイ」(Doomsday)。何事もなく過ぎ去ってくれるまでは気が抜けない日々が続くかもしれない。
    (文=仲田しんじ)

    イメージ:黙示録の獣(Wikipediaより引用)

    イメージ:黙示録の獣(Wikipediaより引用)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【最新滅亡←!?】この世は2018年6月24日に終了します! ヨハネの黙示録とノストラダムスで確定、秘密結社「プラス・ウルトラ」も…!?】の続きを読む



    アタリマエのことではありますが、食べ物を食べればそれが体に吸収され、体重を増加させます。ということは食べなければ体重は増加しないわけですが、そんなことは難しいわけでダイエットをしたい方は困っているのです。そんな中画期的な薬が登場しております。なんと、食べても炭水化物を遮断する遮断薬です。

    ー炭水化物遮断薬とは



    今回話題となっているものは、Tribitorと呼ばれるもので、事前に飲んでおくと炭水化物の吸収を抑える効果があるのだということです。つまり炭水化物を摂取しても、体に吸収されにくくなり体重を防ぐ効果があるということです。

    炭水化物が吸収されなくなれば、脂肪の増加が防げ糖尿病などを患っている方々には非常にありがたい薬となります。




    Tribitorはポーランドの科学者によって開発され水に溶かし摂取すると、炭水化物の吸収を阻害、高いインスリン濃度を抑え、中腹周囲の脂肪沈着を抑制する効果があるのだということです。

    炭水化物は、ピザ・パスタ・パン・チョコレートなどに含まれる一般的な炭水化物が対象とのことで、価格は3900円ぐらいです。

    ネットで購入することができるのですが、これが本当に安全なのかそして副作用はないのかなどなどまだまだ疑問も多いので、利用する際には安全性がしっかり確保できてからと考えるのが良いのかもしれませんね。

    そもそも栄養が体に吸収されにくい体質になるのが一番ですが。


    画像掲載元:ぱくたそ / Tribitor
    掲載元
    http://www.dailymail.co.uk/health/article-5307711/The-carb-blocker-proven-science-promote-weight-loss.html

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    デブに朗報!?ついに炭水化物を遮断する画期的な「遮断薬」が開発される!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】炭水化物を遮断する画期的な「遮断薬」が開発される!】の続きを読む


    サザエさん終了

    (画像はYouTube日清食品グループ公式チャンネルのスクリーンショット)

    国民的アニメの一つである『サザエさん』だが、東芝のスポンサー撤退から打ち切りの話も出ているという。

    そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「テレビ放送について」の調査を実施。

    「アニメ『サザエさん』はもう終了してもいいと思う」と答えた人は全体で37.7%と、やはり一定数いるようだ。

    ■終わっても別に困らない

    男女別では、男性のほうが多い結果になっている。

    サザエさん終了グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    いわゆる、「サザエさん症候群」を挙げる人も。

    「日曜日の終わりを感じさせる象徴になっているから」(30代・男性)

    『サザエさん』が終わったとしても、月曜が来ることは変わらない。

    「今も観ていないし、終わっても困ることはない」(20代・男性)

    あまり思い入れがない人にとっては、『サザエさん』が終わるのはどうでもいいことのようだ。

    ■内容が時代錯誤との声

    『サザエさん』が嫌いな人からよく言われるのが、内容が時代錯誤という意見だ。

    「取れたボタンを好きな人につけて欲しいと、カツオが早川さんの家に押しかけていた。裁縫は女性がするものなんて、時代錯誤もいいところ。

    しかも、なんで2人も専業主婦がいる家の子のボタンを、赤の他人のお嬢さんがつける必要があるのか…」(40代・女性)

    さらには、磯野家とフグ田家の教育がおかしいとの声も多い。

    「カツオは親だけでなく、姉さんにまで怒られてかわいそう。いたずらばかりするのも悪いけど、みんなで怒ることはない。サザエはもっと、タラちゃんに怒るべきなのに」(20代・男性)

    ■それでも続いて欲しいファンたち

    終わってもいいとの意見もあるが、まだまだ『サザエさん』が好きな人もいっぱいいる。

    「毎週楽しみにしているわけじゃないけど、なんとなく観てしまう。ここまで長期間観ていると、愛着がある。終わってしまうのは、やはり寂しい…」(30代・女性)

    ただ、続いていて欲しいと思っている人にも、思うところはあるようだ。

    「原作が古いのだから、家族設定が時代錯誤なのは仕方がない。ただ、もはや原作とはかけ離れたもの。たまにブレるけど、内容は現代に合わせるか古いままを貫くかを徹底したほうがいいと思う」(40代・女性)

    それでも、アニメ視聴率の1位に君臨する『サザエさん』。まだまだ多くの人から支持があるのは、事実のようだ。

    ・合わせて読みたい→『サザエさん』スポンサーに高須院長が名乗りで次回予告大喜利も

    (文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
    対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

    『サザエさん』は終了してもいい? 「時代錯誤な内容」と批判の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『サザエさん』は終了してもいい? 「時代錯誤な内容」と批判の声も】の続きを読む


    あまりにも鬼畜すぎる出来事が発生し、悲しみの声が広まっている。2018年1月19日13時40分ごろ、25歳の妊婦がJR常磐線の電車内で赤ちゃんを出産した件で、出産した女性と「出産を手伝った元看護師の親族」のTwitterにバッシングの声が寄せられ、ふたりのTwitterが非公開になったのである。

    ・一部の人たちから強いバッシング
    出産当日、女性は電車に乗車中に破水し、そのまま同じ電車に乗っていた元看護師の女性に手伝ってもらいながら車内で出産した。その後、出産した女性と元看護師の親族がTwitterでつながり、お互いが近況を報告し合うハートフルな展開が発生(元看護師はTwitterをやっていないためその娘が対応)。このまま微笑ましい流れで終わるかと思いきや、一部の人たちから強いバッシングが発生。

    ・ふさわしくない話題
    インターネット上では「出産予定日前から入院しとけや」「シート汚損と列車遅延の責任は取ってもらう」「電車止めるとはすごいな出産テロだ」などの内容でバッシングが書き込みされる流れに発展。Twitterやインターネット掲示板などで強いバッシングが行われている。

    テレビに出演した出産を手伝った元看護師に対しても強いバッシングがネットに書き込みされている状況だ。出産した女性はすぐにTwitterを非公開にし、元看護師の親族も後日Twitterを非公開とした。

    ・赤ちゃんが無事に生まれればそれで良い
    この件に関して出産経験がある女性(28歳)に意見を聞いたところ「赤ちゃんが無事に生まれただけですべてが許される世の中になってほしい」「お金だの迷惑だのの話は当事者がすればよいのであって部外者は口出しすることじゃない」と話していた。

    ふたりは感謝の気持ちに包まれつつTwitterで会話していただけに、非常に悲して展開といえよう。

    もっと詳しく読む: 電車で出産した女性と「出産を手伝った女性の親族」に大量の誹謗中傷 / 心を痛めTwitter非公開か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/22/birth-by-train-slander/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【非道】電車出産した女性と手伝った元看護師に鬼畜なバッシング / 心を痛めTwitter非公開か「出産テロだ」「列車遅延の責任とれ」】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・マレーシアの航空会社エアアジアの制服が過激?
    ・品位が無いと抗議する女性ジャーナリストが
    ・政府宛に手紙を送る

    エアアジアのCA

    マレーシアの国営航空会社エアアジアのCAの制服が過激すぎるとして政府にクレームの手紙を送ったことが18日わかった。

    手紙を送ったのはマレーシアの女性ジャーナリスト、ロバートソンで、彼女は「女性乗務員の胸と下着が見える制服が国の品位が台無しだ」という内容の手紙を政府宛に送付。

    昨年10月にはオークランドからクアラルンプールへ行くフライトプレミアムビジネスクラスに乗った際に、女性CAの胸元があいており、体を前に傾けるたびに胸の上部が露出したという。ロバートソンは胸元を閉めるように指示したという。

    またロバートソンはマレーシア上院議員に送った手紙の中で「CAがかがんだ際に下着が見える。CAが履いているスカートが非常に短いのが不快だ」とも伝えた。

    過去10年の間、1年に2回、マレーシアを訪問してきたロバートソンは、「マレーシアの女性が売春婦のような服を着ておらず、他人に礼儀をわきまえるは高く評価してきたが、女性乗務員の服装が、マレーシアの品位を下げている」と述べた。

    一方、ロバートソンから手紙を受け取ったか上院議員も、「女性乗務員たちが『強い東洋価値(strong Eastern values)』を持つ、マレーシアを代表するユニフォームを着ている」と問題を提起した。

    エアアジアのCA

    エアアジアのCA

    エアアジアのCA

    手紙



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【エアアジアのCAの制服が過激すぎる政府にクレーム!】の続きを読む

    このページのトップヘ