「ポルノに触れすぎると脳がダメになる」――。ハーバード大学医学部研究員がブログで証言した。Majeres氏は実験用マウスを使い、エロと脳のダメージの関係を立証している。


■エロを追求しすぎると脳は異常を起こす

 Majeres氏の実験方法はこうだ。まず、オスとメスのマウスを1匹ずつかごに入れて様子を見る。ほどなくしてオスはメスに興味を示し、セックスを始める。事が済むと、オスの快楽は満たされてしまい、セックスをしなくなった。ドーパミンが一気に放出されてしまったのだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15281_entry.html】

 そこで、Majeres氏はメスを交換する。新たなメスがかごに入るとオスは即座に新人のメスに襲いかかり、さっきまでの冷めた様子はどこへやら、しっかりと事に及んだ。事が済むとMajeres氏はまた新たなメスと交換する。オスはまたセックスをする。この繰り返しを延々とやっていったという。

 すると何が起きたのか。オスの脳は異常を起こし、ほぼ死ぬ間際までやり続けてしまったのだという。エロの追求をしすぎたら、その先に待っているのは脳の異常というわけである。

 ヒトの場合、エロやポルノを介して同種類の刺激を受け続けた男の脳は、下垂体部に異常が出てしまうそうだ。男のセックスにおいては、セックスパートナーが変わっても「女を支配したい!」「今だ、行け!」という性的欲求の“種類”は変わらない。種類が変わらないのだから、その都度同じくドーパミンが放出される。

 求めているエロスが目の前にあると、そのターゲットに向かって神経を集中させる。超集中状態、超快感状態……この連続がドーパミン過剰を引き起こす。メスも当然ドーパミンが出るが、事を終えると相手にされなくなるのだからドーパミン過剰状態に陥らずに済む。

 ところがオスは支配欲からドーパミン受容体が壊れるまでヤリ続けてしまう。脳を守るために受容体があるのに、欲がそのキャパを超えてしまうのだ。これがほかの食欲などとは違う、性欲の厄介な点だ。


■感動のバリエーションを豊富に持つべき

 感動を得たい、快楽を得たい。それは動物が持つ当然の欲だ。その欲を刺激することは、脳の発達にも役立つ。ただ、エロやポルノに対する感動や快楽は結局同種類だし、その性質上、際限がなくなりがちだ。Majeres氏は快感の満たし方について、こう結論づけている。

「ただ快楽や感動を満たすためなら、同種類の欲ではなく他の対象に目を向けると良い。性欲だけではなく、驚き、ショックなど、別の感動を得て脳に刺激を与えれば、脳は健全に育つものです」(Majeres氏)

 脳は新たな驚きを得ながら常に変化を起こす。この性質を、脳の神経可塑性と呼び、こうして脳が育つ。ポルノがすべて悪いわけではなく、感動のバリエーションを豊富に持つために、性的なものに限らずさまざまな種類のシーンに自らを投身してみることだ。
(文=鮎沢明)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

・・・つまり、ヤリチンは頭おかしい、と・・・


ヤって食って寝るしかできない生活ならそうなるのも頷ける。


昔から「テレビを見るとバカになる」といわれる。それと比べりゃAVなんて大したことはない。


もう手遅れなんだよなぁ


性欲だけではなく、驚き、ショックなど、別の感動を得て脳に刺激を与えれば、脳は健全に育つものです←じゃあストーリー性のあるAV見たりエロゲプレイはOKだな!


別にSEXじゃなくてオナニーでもバカになるって割と昔から言われてるゾ。


テクノブレイクの話?


あたまが ふっとう するって こういう ことなのかー


少子化は娯楽が増えたことが原因と言われています。


だからヤリチンやリマンは・・・コミュ力は高いけど。


「頭がおかすくなるー!」


マウスで試したって事はAV(アニマルビデオ)も駄目なの?


セックスで愛を確認するとか言っちゃう野生動物レベルの思考な外人らしい発想と言える


知るかバカ!そんなことよりオナニーだ!


つまり禁欲生活はしたほうがいいってことだな


ホモビを毎日見続けてる淫夢民は手遅れってことやな・・・


さすがにスカトロとホモには行かなかったよw


同じ刺激だけじゃ駄目って言うなら、AVだけじゃなくてソシャゲのガチャとかパチンコとか脳壊れるんじゃね?


つまりB級ホラー映画のエロシーンは論理的だったってことか!


???「でも楽しかっただろ?」


マジかよと本気で心配しちまったぜ、そっちから攻めてくるとはなかなやるじゃないかTOCANAさんよ、サルに自慰を教えるとひたすらやるっていう噂もあるしな。


これAVがどうとかいうより,ドーパミンを過剰に放出する状態になるもの全てに当てはまることでは?例えば,ギャンブルやソシャゲだって中毒症状起こせばこういった状態になるし,むしろ一度コトを済ませば賢者モードに入れるAV鑑賞の方がリスクは少ないと思うけどな。


真面目に禁欲したら体力とうつ病が改善した。(個人差はあると思う


マウスの状態変化は興味深いけど、実験手法でその背景にある思惑やらある事無い事色々透けて見える気がしてしまって素直に読めない


マウスで実験するから変態になるんや。(アダルトビデオ日本製)って、どう見ても猫の発情期。


これ依存症の話だよね 


「スポーツのやり過ぎは身体に悪い」などと同様、極端に過度ならば、というレベルじゃないのかね?


クジラックスの著書を読んで健全な脳にしようね!