1月5日放送「ノンストップ」(フジテレビ系)で、正月の帰省でのダメ嫁特集が放送され、ネットで物議を醸している。特集は視聴者から寄せられた嫁エピソードに対し、スタジオの出演者が「ダメ嫁」か否かをジャッジするというものだ。

ある30代女性は、家族全員で夫の実家で大宴会していた。台所で義母の手伝いをしていたが、義父に酒を勧められ「一杯だけ」と飲むと、「良い飲みっぷりだねえ」と大喜び。盛り上げるためそのまま一緒に飲んでいたという。

これに対して、タレントの千秋さんは「お父様に言われた通りに飲んだから、むしろいいことをしている。(二杯目以降も)楽しいから勧めてくれている」と言うが、スピードワゴン・井戸田潤さんは「完全なダメ嫁」と一蹴。

「お酒を一杯くらいいただくのはいいですけど、嫁さんは姑さんの子分なんですよ。それくらいの心意気でいかないと。絶対お義母さん側につかないとダメ。お義父さん側についてる時点で腹立ってるから」

和泉節子「嫁が酒を何杯も貰うことは言語道断

正月の嫁の振る舞い、何が正解?

中央公論新社学芸局長の三木哲男さんも「(義母からすれば)お義父さんが調子乗ってると思う。若い嫁も来て。それも腹立つし、嫁にも腹立つ。これは断るべきですね」と井戸田さんと同意見のようだ。

では実際、どのように振る舞えばいいのだろうか。狂言師和泉元彌さんの母・和泉節子さんは「体調が悪いと嘘をつけ」とアドバイスしている。

「やはり(お正月に)一番働かなければいけないのがお嫁さんです。お嫁さんが何もしないでお酒を、というのはよくない。みなさんに聞こえるように『折角でございますけどちょっと体調が悪うございますので、ご遠慮させてください』といって、その場にベタッと座らない。すぐ立って、お義母様に『次、何いたしましょう?』」

義父母両方に不快な思いをさせないために仮病を使うことで、「あっあの子気が利いてんだわ。気働きなのね」と思ってもらえるという。また「お酒を何杯も貰うことは言語道断」だが、最初の一杯は「みなさんでご一緒に」といただくべきだという。

「気を利かせて手伝ってくれてるのを当たり前だと思うな」

他にも「姑から『洗濯物、洗ってあげる』というのを頑なに断るのはダメ嫁?」に対して、和泉さんが「姑から『洗濯物、洗ってあげる』と言われた場合は、嫁が義父母、夫と子どもの分だけ洗い、自分の分は洗わない」と指南していた。

不服そうな千秋さんだが、MCのバナナマン・設楽統さんは「(義母の)家来だって思えばいい」、井戸田さんは「最初に子分だって言ったでしょ」と和泉さんに同意している。

これに対してツイッターでは

「『嫁とは働くものだ』なんて時代錯誤。気を利かせて手伝ってくれてるのを当たり前だと思うな」
「『ダメ嫁』判定とか、『嫁が一番働くべき』とかありえないでしょ まるでそれが常識で、それが正しいみたいに言って、しかもテレビでそれを流すの、頭おかしいのでは?」

など、男女平等が叫ばれる世の中には適しない内容、という声が多く寄せられた。このコーナーは嫁姑の関係を円滑にするため、嫁側へ一種の啓蒙として作られたとも考えられるが、中には、

「『ダメ嫁』だとか、『良い嫁』だとか言ってる段階で、既に嫁姑戦争の火種が破裂してる」

という人もいた。またコメンテーターが和泉さんということもあり、姑贔屓なコーナーになっていたことも否めない。度々話題になる嫁姑問題だが、姑はこのようなことを実の娘に言えるのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ダメ義父の話題だった


こんなこともできねーのか最近の女は 結婚なんてやっぱ馬鹿のするものだな


おせちは何のためにあるか知ってんのかよ 正月ぐらい飯作らないで済むようにだぞ 正月ぐらいみんなグダグダすりゃええやん


正月以外無休やぞ、自分は休んで働かせるとか鬼畜過ぎるだろ


なおダメ夫判定はいいもよう。


何々? 嫁はお客様のつもりか?


召使ほしさにするのが結婚だと思ってるなら、そりゃ彼女どころか友達の一人も作れんよ


時代錯誤


こりゃ言ってること偏り過ぎだわ。嫁姑だけ働かせてないで酒盛りの準備くらい手伝って酒が足りなくなったら自分で取りに行くくらいはしろよ。


正月に夫の実家に行くなんて時代錯誤なことやってるんだから、時代錯誤な要求覚悟しろよ。正月に実家に帰らないのが正解


宴会も終盤でほとんとの片づけがおわってるか義母も飲んでるなら話は別だが そうでないなら場の空気を読んで動きましょう。夫の評判にまで飛び火します。


そんな気ぃ遣わんでいいし遣いたくもない。


こんな扱い受けたくないから女性も結婚したくないし、男も好きな女性にこんな目に遭って欲しくないから結婚しない。結婚はまだかとせっつく親類がその邪魔をしている皮肉。


「嫁」視点で見るバカ女も、時が立つと結局モンスター姑になるんだよねー。女は常に自分が一番でないと気が済まないクズだからね。


は?正月くらい全員ダラダラ過ごしなよ。一人で家事してる姑もおかしいし、手伝いしない夫もおかしい。嫁は客だから何もするな。


これじゃ旦那の実家に嫁が行きたがらないわけだ。こき使われるだけだしな・・・。


話を聞く限り結論としては結婚そのものが時代錯誤ってことでいいですかね?


そもそも正月にまで、血のつながらない家に行って遠慮して手伝いするのを強要されるって…ほんと無くしてほしいよこういう文化は。


家族全員で手伝えばいいじゃん・・・。


うちの親は田舎に嫁ぐ時今までの価値観を捨てて全て生活やら何までこっちにあわせろと言われたらしいがそれは上の世代の話でこれからは変えていこうという番組にすればいいのにさすがフジ


体調悪いと酒を断らせておきつつ、積極的に働けってのはとんだブラックですなぁ


円満ならどっちでもいいやん・・義母が不満感じてるなら飲んでないで手伝えでいいだろうに。


こういうのみると 本当面倒だと思うわ


「私が若い頃は大変だった」それはわかるけど。「今の子も同じ目にあって苦しめばいい」と思うのはどうかと。


結局、嫁姑戦争っていうのは、必要以上にマウンティングしたがるからなんだよな。で、姑にその傾向が強いのは、若さですでに嫁に負けているというのを自覚しているから。そして、負かすとそれが快感になって、常態化し、DVに発展する。


自分をよく見せたい(売り込みたい)なら働け、そんなのどうでもいいなら自由でOK。


これ、正月に夫の実家に行くのが嫌になるやつや


男sageはOKで女sageは許さない、世のフェミニスト(笑)はよくわかりませんねえ