イラストレーターとおぼしき『Twitter』ユーザーによる

「世界一やっちゃいけない DVDのパッケージ!!」

というつぶやきが話題を読んでいる。

男性が荒野に埋もれた自由の女神像を前にうなだれている件のパッケージは映画『猿の惑星』(1968年)の2005年日本版DVDのもの。

『猿の惑星』と言えばフランスの大作家ピエール・ブールの同名の小説が原作のヒット作。

文明社会や戦争に対するアンチテーゼと主役、チャールトン・ヘストンの好演により1960年代を代表する名作として多くの人に記憶された。

そしてこのパッケージに描かれたシーンこそが、猿が人間を支配する惑星に不時着した宇宙飛行士が、紆余曲折の末にその惑星こそが戦争によって人間文明が崩壊した未来の地球だったということを悟る有名すぎるラストシーンなのだ。

推理小説に置き換えれば、犯人の名前が表紙に書いてあるくらいの暴挙と言えよう。

いくら有名なシーンだからと言って、初めて観る若い人もいるのだからパッケージを手にした時点でオチがわかってしまうのはいかがなものか

というこのつぶやきに対して現在’1月13日11時)のところ、

普段、若い人たちと接していない、若者文化を理解して居ない人たちの象徴ですね。皆が見て、結末知っていると思ってるだろうけど、今の30代以下の人は、猿の惑星も、2001年も、全く見たこと無い人がほとんどですから、それを想像出来ない、ということは、クリエーター失格です。

結末がわからないと観ない人を無視できないんでしょうね。わたしはこのパッケージやだけど。

(1977年公開『幸福の黄色いハンカチ』のポスターの例を挙げ)同じような思いっきりネタバレポスター。山田洋次監督は、映画はオチが大事なんじなんじゃないんだ、そこまでのドラマが重要だというようなことを言っていました。それを聞いて以来、ネタバレを気にしなくなりました。猿の惑星やミステリーはちょっと違うかもだけど。

などさまざまな角度から20件以上のコメントが寄せられている。

映画DVDの場合、パッケージデザインは商品としても芸術作品としても重要な要素だが、デザインに対して映画ファンがどういった感想を持つのか、どういったデザインがより売れるのかというところまで考えると、たしかに一概には断定しづらい。

読者諸兄はどうお考えになるだろうか。

※画像は『Twitter』から引用しました
https://twitter.com/ukatujyu/status/951140482259677185 [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ワスカバジかと思った。


ナデシコ3話が入ってるBD・DVDの表紙がダイゴウジ・ガイの遺影だったら信者僕もさすがにえぇ…ってなるわ


今現在、この映画を観ながら「これはどこの星なんだろう?」と分からずにワクワクしながら楽しむ、という人は どのくらい居るのだろう


別にパッケージにはこれがオチだとは書いていないんだよなぁ・・・そのツイートでパッケージのシーンがオチだと知った人のことは想像できなかったんでしょうかねぇ


推理小説の人物紹介に「犯人コイツ」って書くのと同じじゃないかな


でも別に自由の女神シーンをパッケージにしなくても他に幾らでもやりようあるんじゃねえの?パケ絵になってりゃ「自由の女神」が何らかの意味で物語に絡んでくると思う人は少なからずいる。勘の良い人なら完全にネタバレだし、わざわざネタバレする必要もないでしょ。やっぱ「他にパケ絵案はあるだろ」としか言い様がない。


極楽鳥さんや。ガイの遺影なんてもんはないが。似たような顔の九十九さんはちゃんと遺影と祭壇があったからなw 作品によってはガイがそのまま生き残るし


仮面ライダーBLACKの大神官との3連戦のときの「ビシュムの死」みたいなタイトルネタバレは笑い話で済むけど、この手のSF映画はいかんでしょ


こりゃ駄目だわw


同意。俺も最近はじめて観て思った。パッケージをほとんど見てなかったからネタバレ回避できたけど。観終わってパッケージ見てビックリしたわ


いまどき知らない奴いるのかとか言ってる人いるけど、誰でも初めは知らんのやで。


反論コメントのクリエイター失格ってお前が決める話じゃねぇし、そもそもパッケージでネタバレどうよ?っていう些細なコメントに噛みつくなよと思った。こうゆう奴は正直ネタバレより嫌い。


初代デジモンの後期EDも酷い。どんな姿に進化するのかって一番の醍醐味なのに


それ言ったら「猿の惑星」自体がネタバレなのでは?


創世記シリーズが「猿の惑星」であることを隠さなかった時点で結末は大っぴらにされている。それより12年前のパッケージについて「よい子のみんなはマネしないでね」ぐらいのジョークも挟まずに取り上げる方がどうかと思う


けもフレみたいにシルエットにするなどして配慮するべきだった


見たことない私からしたら何がオチなのかわからないです


これでいいのか20世紀フォックス


ストーリー知らんしパケ写のどこが問題なのかも分からなかった(写ってはいけない小道具等が写り込んでいるのかと探してしまった)記事本文さえ読まなければ知らないままだったのに…!


猿が支配する惑星とぼかしてるのに未来の地球ってネタバレしてるパケ(これが大問題)


ネタバレ「猿のは臭え」


こういう記事がネタバレなんだよなあ。


ネタ画像かと思って検索したらAmazonで売ってた、アホだろ。パッケだけ見ても分からないだろうがDVD見出したら勘のいい奴なら10分でオチが分かっちゃうな(初見でも)


むしろオチを知らない人が見て、表紙をみて「おおー」って流れになるパッケージとも思えるからなぁ…。むしろこの記事やツイートがオチを広めてるような物だから皮肉よな


推理映画でもないのにそんな所を気にすんのか。