勤務先で働き方改革が行われている中間管理職のうち、36%が「プレミアムフライデーやノー残業デーに早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」――サイボウズが2月20日、そんな調査結果を発表した。

【画像:上司と部下の「板挟み」に】

 中間管理職の42%が、勤務先でノー残業デー、残業時間制限など働き方改革が「始まった」と答えたが、そのうち70%は「会社・部署の業務効率は上がっていない」と回答。業務効率が上がっていないために業務時間削減のしわ寄せが発生し、“名ばかりの改革”となっている企業も少なくないようだ。

 働き方改革により、業務時間を削減するために「部下の残業を肩代わりした」(19%)、「上司からの圧力を感じる」(21%)という人もいた。働き方を巡り、上司と部下の意見の「板挟み」になっていると感じる人は55%を占めた。

 一方、勤務先が働き方改革を実施していない人のうち、「板挟み」になっていると感じる人は16%と、39%の差が出た。サイボウズは、働き方改革が板挟みになる人を増やしていると分析する。

 労働時間を削減するために必要と思うことは、「業務効率の改善」と「意識改革」(88%)が同率でトップだった。業務効率の改善には、78%が「作業を効率化できるツールの導入が必要」と答えた。

 調査は1月30~31日、ネット上で20~50代の中間管理職男女(1年以内に転職していない人)500人を対象に実施した。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

だから会社の経営方針とかそういう大本から変えないと業務内容が減る訳ないだろう。働き方改革でやれって言われて改善したのは今までやってなかっただけの所。本当に改革が必要なのはやれる余地がない、業界全体が行き詰ってるようなとこ。


労基法はもう違反者を見せしめにギロチンにかけるくらいしないと機能しない段階だろ


ジャップは仕事ができない民族だからしょうがない


残業時間がかえって長くなったってなら問題だけど どうなんだろ?「部下の残業を肩代わりした」に関しては苦労した分を会社もボーナス補てん等しないとめんどくさい自体になりそうだよね


新たに一人採用する予算と残業代の予算を考えたら、企業としてはなかなか採用までは踏み切れないだろうなあ。そうして誰か一人が休んだり辞めたりした途端慌てるわけだ


ノー残業デーは日本の企業力を下げる中国の政策。日本人は残業しよう


仕事量を減らさず残業を無くせというのがそもそも無理な話。仮にできたとしてもその分仕事を増やすか人手を減らすので結局は絵に描いた餅だったのが如実に数字に出ている。


仕事が遅く出来ない、家でも家事も出来ない、だから家での居場所無いから会社で仕事している理由で家の滞在時間少なく出来たのに、残業するなと言われると行き所無くなる。今の上司たちはこの様な状況の人ばかり。だから無理やり会議したり、変な仕事作っていただけ、仕事内容見直せば無意味な仕事か炙り出される。無意味な会議・無意味な仕事無くすところから始めよう


ノー残業デーに残業してるウチには関係ない話だな


終業時間内に終わらせられない仕事を振る会社はどこも無能でブラックでしかないわ。社員は消耗品じゃないんだぞ


ノー残業デーの為に他の日の残業時間が増量してたら無意味。それよりも残業代未払いの方が残業時間云々より問題。


日本企業とお役人様お得意の上っ面だけ綺麗に飾って臭い所にはフタ攻撃。だって改善したところで企業のお偉いさんもお役人も儲かるわけじゃないもんねw政治屋のキレイ事と社員の泣き言に付き合う暇は無いってか。


意味が無い~♪意味が無い~♪因みに今日も早出の残業(by自分)~♪


他の日に残業割り振ってでも、スカット定時に帰れる日があるのは楽だよ。定時帰りの大切さが判るし、業務を割り切る癖が付く。


残業代でないのはわかってるのに帰れない空気。これをなんとかしないと


仕事が多すぎるのは人が少ないから。人が少ないのは給料払えないから。給料払えないのは会社にお金が無いから。みんなちゃんと商品には十分な対価を払おう。安くて良いものってのは誰かの犠牲の上に成り立っている。


本末転倒


この件で安倍政権を叩くのはお門違いだからな


みんなちゃんと商品には十分な対価を払おう。安くて良いものってのは誰かの犠牲の上に成り立っている。←賃金が上がらなければ消費者も払えないじゃん。()


中小は未実装だから問題ないな