JR渋谷駅のモヤイ像前で2月24日午後4時頃、「女性専用車両」に反対する一団とカウンターが衝突。カウンターの「帰れ」コールが響き渡り、辺りは騒然となった。反対派は、緑の法被の男性2人と同調者数名。これに対し、カウンターは男女50人ほどいた。

反対派は2月16日朝、千代田線で女性専用車両に居座るトラブルを起こしたグループ。この日は、駅前で街頭演説する予定だった。

SNSなどで予定を知ったカウンターが集まり、「なんで女性専用車両があるか考えろ」「男性差別とか寝言いってんじゃーぞ」などと反対の声をあげた。午後4時半頃、警官6人に促され終結。カウンターが活動をさせなかった形だ。

女性専用車両の主目的は痴漢被害を防ぐため。カウンター活動に参加していた女性は「まずは痴漢をなくすために努力した方が良いと思うんです」と通行人に呼びかけていた。

(弁護士ドットコムニュース)

渋谷駅前で「女性専用車両」反対派とカウンターが衝突、「帰れ」コール響き騒然


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

なお満員電車を無くす努力はみんな放棄してる模様。


どっちも騒ぎを起こしてる時点で同類だよ


システムを改善することではなく、他者を攻撃することを選ぶとか、なんかズレてないっすかね


【女性専用車両】を反対する理由が理解できないな🎵(*≧з≦)。


わかってないな。こういうキチガイを収容するために女性専用車両っていうのがあるんだよ。


女性専用車両があるのに他の車両に平然と乗り込んでくるから困るんだよなぁ…。


痴漢なんぞより冤罪のほうが絶対的に深刻なんだが…中には面白がってわざと冤罪かぶせてくる糞女もいるんだぜ?痴漢ですとか言っといて後から面白がって笑ってる奴とか居るし…女のほうはよっぽど決定的な証拠ないと言ったもん勝ちだからな今の世の中。むしろ冤罪から身を守るために男性車両作ってほしいくらいだ。混雑してても女性車両はガラガラの時もあるのに。


冤罪なくしたいから完全に車両分断して欲しいくらいなんだけど


くだらねぇ…あまりの低次元な争いに目眩がした。このクソ猿どもみんな殺したい。


痴漢も冤罪も、満員電車ではまともに目撃して証言できる人なんて滅多にいないだろうし、やったもん勝ちなのが胸糞悪いね。そしてそういうクソゴミ共のせいで電車が止まり、何も知らない利用客が、トラブルに全く関与していない駅員さんに謝罪をさせ、責任を取らせようとする。クソゴミ共はノーダメージ。専用車両も全く意味がないとくれば、あとはどんな対策ができるのだろうか。


なぜ男性専用車両を作らないのか、コレガワカラナイ


矛先は鉄道会社に向けるべきだと思うんですけどね


「まずは痴漢を無くせ」とか言うなら女性全員女性専用車両に乗れよ。もし加害者が男性のみで被害者が女性のみなら無くなるから


ほんとくだらんな、もっとどうにかせにゃならん問題がアホ程あるだろ


この抗議してる連中は相手が弱者だから叩いてるじゃんかよ。根本は勘違いして女性専用の女とそんなもん作った鉄道会社だろ。貴様らの方が許さないわ


自意識過剰な人が女性専用車両に乗る事で冤罪被害が抑えられて男性の生活が守られるならええやん。男性専用車両あったらさらに抑えられるやろうけど


平和だなあ


カウンター50人しか集まらんかったんか?後、男でもぐわい悪い人は女性車両おっけいだったはずだけどどうなったん?


女を叩きたい。それの何が悪い。我々は、女どもにゴミとして扱われ、散々叩かれてきた。何も義理立てする必要はない。それだけだ。


女性専用車両はいい考えだと思うけど冤罪怖いので男性専用も作って欲しいな


市民の権利であるデモ活動を潰すカウンター行為は違法なのでは?女性の権利は過保護にして、市民の権利は蔑ろにするのか?


ちなみにこのカウンターのメンバーはしばき隊に所属してるやつらな。


トラブルを起こしたグループというのは違う、トラブルの当事者では有るけど。「起こした」のは女性専用者に乗車している人を降ろそうとした人。※この両方の「人」が男性であるか女性であるかは関係ない。


自意識過剰な人が女性専用車両に乗る事で冤罪が抑えられるってのが凄いしっくりきた。これで後は専用車両以外に乗ってて痴漢被害を訴えるなら最低限周りの人の証言が必要って事になればこんな風な衝突は起こらなくなるんじゃないかな。


プラカードの「無理やり乗り込んだ」が理解不能。男性は非推奨なだけ、乗る権利は男性にもあるしこれを排除する権利は誰にもない。


まあ、男も性差別を訴えだしてるのはいい流れ…だと思いたい。が、結果的に女(女性ではなく)が調子に乗るきっかけにしかなってない。正直やり方が低レベル過ぎて見てて恥ずかしいし無意味ので本気でやめて欲しい


黒人擁護の為に白人が犠牲になっている!って某米国で叫んでいる白人至上主義者を見ているような感覚。結局議論が混沌とするだけで何も進展しない。というかこの手の話は社会通念の変化を待つのが一番現実的。