国会が大荒れだ。

紛糾のタネになっているのは、安倍政権が今国会で成立を目指す働き方改革関連法案のキモ、「裁量労働制の対象拡大」だ。安倍首相が「裁量制の労働時間は一般の労働者よりも短い」と答弁した根拠(厚労省が作成したデータ)が、実はデタラメだったことが判明し、首相自ら答弁を撤回、陳謝する騒動となった。

裁量労働制とは、労使間であらかじめ決めた時間(みなし労働時間)だけ働いたとみなす制度で、基本的にはどんなに働いても働かなくても、給与は固定だ。すでに一部の職種への適用が認められている。

だが、その現場では長時間労働などによる深刻なトラブルが続発! 「裁量労働制ユニオン」代表の坂倉昇平氏が、その事例を紹介してくれた。

●ケース1 スマホゲーム制作会社(社員300人)正社員Aさん(20代女性)

「Aさんのみなし労働時間は一日10時間。この中に一日2時間、月45時間とする残業も含まれ、月給は約30万円でした。

ところが、実際に業務をこなそうとすると、月80時間以上の残業はザラ。繁忙期には100時間に達することもありました。ここまで長時間労働になるのは理由があります。会社はAさんに、ゲーム開発以外にも、イベントの運営、自社サイトやSNSによる宣伝業務、版権関連の外部取引業務といった“裁量労働制では認められていない仕事”をやらせていたのです。本来ならAさんには、その分の残業代が支払われなくてはなりません」(坂倉氏)

それから間もなくAさんは体調を崩し、療養先の病院からは適応障害と診断された。その後、彼女は同ユニオンと裁量労働制の無効と未払い残業代の支払いを求めて会社と団体交渉を開始し、残業代に相当する額の解決金を勝ち取った。

●ケース2 ホームページ制作会社(社員10人)契約社員Bさん(20代男性)

「Bさんのみなし労働時間は一日8時間。3ヵ月の有期雇用で、月給は22万円です。当初は、ウェブディレクター(ウェブ制作の企画立案や進行確認をする仕事)として採用されましたが、入社後すぐ、裁量労働が認められていない新規開拓のためのノルマつきの電話営業や飛び込みセールスに駆り出され、ウェブディレクターの仕事はほぼなかった。彼の残業時間は月100時間を超えることもありました。

その会社は『ウェブディレクター募集』と求人広告を打ち、Bさんはそれに応募していました。これでは、求人の文言は悪質な“釣り”です。Bさんは退職後、ユニオンを通じて未払いの残業代請求を突きつけましたが、会社側は『22万円の月給に固定残業代として5万8600円が含まれており、支払いの義務はない』と請求を拒否。今も交渉中です」(坂倉氏)

裁量労働制を悪用するブラック企業が横行する現状を、坂倉氏はこう説明する。

「裁量労働制の導入には社労士が関わっていることが多い。残念なことですが、残業代を圧縮したいという企業の注文に応じて、『裁量労働制を利用すれば残業代を安くできる』と、悪知恵を与える社労士が後を絶たないのです。裁量労働制は今や残業代カットの手法として確立してしまったと言わざるをえません」

こうしたブラック企業を見抜く方法はないのか?

「タイムカードのない会社は要注意です。裁量労働制を悪用するブラック企業は『社員の出退勤は自由だから把握の必要がない』と、労働時間をきちんと管理しないケースが多い。しかも、後で社員から未払いの残業代を請求されたとき、証拠も残らないで済みます。タイムカードなしでは労働時間の証明が難しく、労基署に被害を相談しても取り合ってもらえません」

裁量労働制の現場から挙がる悲鳴をよそに、安倍政権はその範囲を課題解決型の提案営業(法人向けの営業)などにも拡大する構えだが、働き方改革とは、いったい誰のためのものなのだろうか…?

◆『週刊プレイボーイ』11号(2月26日発売)「『働き方改革』のグロテスクな正体」では、労働基準法改正をゴリ押しする安倍政権のもくろみと、裁量労働制が“なじむ会社”“なじまない会社”について詳報! そちらも是非お読みください。

悪用するブラック企業が横行――安倍首相も知らない…裁量労働制“阿鼻叫喚”の現場


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

騒いでいるのは共産主義。つまり日本の資本主義を変えようとしているテロリスト。朝鮮戦争やベトナム戦争がなぜ起きたのか知らない連中


大企業かつ社会に影響力のある会社で死人が出るレベルじゃないと誰も知らない振り。


正直、会社の上層部を全とっかえしなきゃ解決できんだろ労働問題。国が何か法令出してもその穴をついて更なる重責を労働者に与えるのが今の会社じゃん


詳細まで決めた特定の目的に対して裁量労働制を敷くのは別に問題ないが、後付で仕事を増やすのはそもそも契約違反だろ。企業が労働者に与えた裁量を反故にしている。


裁量って、労働なり業務の主導権だからな。それを社員に与えて運用できる器量の持ち主が経営側にいないと成り立たない。


過労死レベルまで働かせても合法なのが裁量労働制。政策ありきで間違ったデータを使ってでもごり押しする安倍も自民も頭おかしい。


裁量労働制に肯定的な人はどうして企業献金があるのかをよく考えてみたらいい。そしたら経団連と自民党の力関係がわかるんじゃないかな。


労働者を奴隷化する自民党と経団連がなぜ選挙で勝ってしまう現状をなんとかしないと駄目だ。自分や友人だけでなく、あなたの子が孫がブラック企業に使いつぶされ過労*る恐れだってあるんですよ。


業種は大した問題じゃないと思うんだよ。別に何に適用しようが適用しまいが重要なのはそこじゃない。そもそも「裁量」が与えられてないのに残業定額制として使われるからダメなんだろこの制度そのものが。


みなし残業制度なくせば?


経済↑人口↓


欧米で労働者保護のために考案された制度を日本に持ち込む連中はきまって(被雇用者を安く使い倒す形に)それらを悪用したがるんだよな


裁量労働制の勤務時間・仕事内容の検証なんて簡単な職種ある。それは放送局のアナウンサーだよ。各放送会社に所属する人と自由に仕事してる人、それも同一人物が以前放送局の所属して今は会社辞めて自由に仕事している人が沢山います。この人たちを調べれば一目瞭然ですよ。他は医者、勤務医と開業医・フリーの医者もそうですよ。


年収1000万とか1500万以上の人から始めたら(天下り役人を含む)?年収600万の人とかの場合 過労死か自殺の未来しかないよ。


給料が安いとブラック企業から逃げる資金を確保できない。裁量労働制の対象拡大は、逃げられずに病んでいく者を増やす。政府は納税できる者を減らし国家破綻させたいのか。


そもそも過労死、過労自殺も労働基準法違反最高30万円の罰金だけというのがおかしい。(民事訴訟は別)ワタミ、マック、電通など数え上げたらきりがない。罰則が緩すぎて抑止効果が全くない。裁判所と経団連と現政権がグルになって労働奴隷を作り上げているとしか思えない。その状態で裁量労働などしたら制度を悪用され、労働者が使い潰されて終わりそうで怖い。


自分はできる奴だからヘーキとか言っちゃう自称強者も地獄を見て欲しい


???「国民が1人、10人、100人過労死しようがかまわない。我々には関係ない。」???「日本国の為に働けば、残業も有り難い贈り物になる。」↑これな


うちの会社ではみんな裁量労働に変更したがってるな~条件厳しくてなかなかできないけど


ABE「上級国民である会社経営者が悪いことするはず無いんだ!いつもズルをするのは労働者のはずなんだ!」わりと思ってそう


「悪用」と断言できるのなら、法的な防衛手段を労働者側は自発的に取れるわけで。サビ残を自分で記録するとかやりようはあるんで、労働者側も法律知識持たないと(法治主義民主制国家ってのは有権者が法知識持ってるのが前提)。報道する側も企業名分かっているのなら、公開するなり労基署に密告するなりすればいいのに。


これ絶対派遣法と同じ道を行くわ


定額働かせ法案でも生ぬるい。過労死促進法案


海外でコレを採用している国は「退社後、11時間は出勤してはならない」って取り決めがある。日本でも採用するなら、こういうことを先に提示しないから「働かせ放題」といわれてしまう。


裁量労働制は本当やばい。過労死しても労働者のせい。残業しても給料同じ。違反しても指導するだけ。労働局が何もしてない現実があるのに本当ふざけてる。次回は自民に票いれんわ


こうやって政府を責めてるけど、こういう悪用の実態を取材で知りながら情報元の秘匿という自社の利益のために実名を出さない・各機関へ通報をしないマスコミ連中も共犯というか同じ穴の狢なんだよなあ。


何故この国の経営者は労働者を奴隷扱いするのだろう?。何故過酷な苦渋を強いるのだろう?。野蛮だ。人件費は必要経費なのだから、それがちゃんと払えないのなら最初から会社など作るべきではない。


裁量労働制ってその裁量持ってんの一体誰だい?一般の労働者と何が違う?