ベンチに座った男女の背後に、白衣を着た女がしゃがみ込む。白衣姿の女は、手に持ったメスを使い、彼らの背中から肉片を採取する。

 背中から鮮血がしたたり落ちる男女の前で、白衣の女はそれらの肉片をフライパンで調理。塩コショウを振りかけて味付けをする一幕も。

 その後、男女を向かい合わせに立たせると、調理されたばかりそれぞれの肉片を、互いの口に運んだのだった。男女は味わうようにゆっくりと咀嚼し、のみ込んでいく……。

 目をそむけたくなるような人肉食ショーが行われたのは、ラトビアの首都・リガにある美術館。同地在住のコンテンポラリー・アーティスト、アルトゥス・ベルジンズ氏によるアートパフォーマンスで、世界の食糧資源が底を尽いたときに人類に何が起こるかを問いかけるための作品なのだという。

 このパフォーマンスはFacebook上でも生中継され、視聴者からは「人肉食は倫理に反する」「こんなのは芸術ではない」などと批判の声も相次いだ。

 こうした批判を受けて、地元警察も調査を開始したというが、そもそもショーの中で実際にパフォーマーらが口にしたのが本物の肉片だったのかどうかも定かではなく、法的な問題点もはっきりしていないという。

 2012年には東京杉並区のライブハウスで、切除した男性器を参加者に食べさせる人肉食イベントが開催され、世界的に議論が巻き起こった。事態を重く見た杉並区は、イベントを主催した男性を、わいせつ物陳列の疑いで警視庁杉並署に告発しているが、その後、男性が逮捕されたというニュースは報じられていないようだ。

 有史以来、文明社会では一貫してタブー視されてきたカニバリズムだが、こうした“アート”として表現されるケースは決して少なくない。多くの人が受け入れられないのも、もっともだが……。

 

メスを使って男女の背中から肉を切り取る白衣の女


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

中野くんもうまそうやな~ほんま


こわい・・・


>世界の食糧資源が底を尽いたときに人類に何が起こるか←調理の前に○すところから始まるんじゃないですかね・・・。 世界的に公開するのはやめたほうがいいんじゃないかと。


儒教の孔子大先生は毎日人肉塩辛喰ってたからへーきへーき…俺は遠慮しとく。


中国人は昔から食ってんだろうがw孔子も人肉食ってたんだよな


自分の倫理観で他人を批判する愚かさという二重の芸術作品()なのかもしれないぞ


自分が見て気持ち悪いと思えば悪とするなら、何を叩いても文句を言われる筋合いはなくなる


気持ちは悪いけど昔の中国で兵糧攻めにあった時は他所様の子供の肉を食べてたと言うし、現実の酷さを考えさせられるとは思う アートとは捉えにくいと思うけどね


アメリカでも似たようなものを見たことあるんだけど


はいはいグウェンちゃんグウェンちゃん


アマゾンズの人肉ハンバーグ思い出してヒェッってなったぞ・・・、ってか男女は背中にメス入れられて平気なのか・・・;;


「こんなのは芸術ではない」ではどういうのが芸術なのだろうか。食料がなくなれば人が目を背けたくなるような現実があるという事を表現しているのだよ。東京でやったイベントとは根本的な処は違う。まぁ本当に食べてたら引くけどな


文字で想像するだけでグロいわ。倫理観がどうのこうの以前に閲覧注意グロ系はNG


中国じゃ未だに子供肉を安く販売してるところあるみたいだけど、人肉はタブー中のタブーやろ 実際食べてたとしても成人してる肉とか硬くてまずそう


フフフ・・・〇ックス!の演説の中で食い合うみてえなこと言ってたよな


人肉食してるパプワニューギニアでクールー病があるんじゃろ


本当に食べてしまったのか…?(ニヤリ)


水木しげる先生も著書で人肉体験告白してますね。


単純に考えるとさ、食糧危機に陥る前に、そうならないレベルにまで人間の数を減らしたらいいよね。あ、そのための少子化社会かな?


いいえ。私は遠慮しておきます


共食いやスケープゴートは自然界では普通だから、人間も「極限状態」で「生存本能が出た場合」での共食いは許容すべきではある。味が~とか芸術が~とかメッセージ性が~とか余計な要素があるのは不謹慎極まりないけど。


好きにすればいいけど、自分たちのみで誰の目にも触れる事なくやってくれませんか?


中国と南米は普通に食ってるべ


人食ってアートなの?


こわ


人間解体ショーの始まりや