ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    政治・経済


    志位氏、野党共闘「後戻りさせぬ」=共産党大会開幕、民進幹部ら初出席 | ニコニコニュース


    共産と政権組まず=民進・野田氏
    …見で、共産党が野党連合政権の樹立を目指していることについて、「われわれには、われわれの考え方がある。共産党とは(考え方が)違う」と述べ、共産党と連立を…
    (出典:政治(時事通信))



    (出典 ironna.jp)


    ダメ!共産党!!

     共産党の第27回党大会が15日午後、静岡県熱海市の党研修施設で開幕した。次期衆院選に向けた野党共闘について、志位和夫委員長は「後戻りすることは決してない。いつ衆院解散となっても勝利するため共闘態勢をつくり上げる」と強調。野党統一候補の相互支援構築と共通政策の合意を目指す考えを示した。また、民進、自由、社民3党の幹部が初めて出席してあいさつし、共闘強化に前向きに取り組む考えをそれぞれ表明した。

     民進党の安住淳代表代行は「できる限りの協力を行うための話し合いを、積極的かつ具体的に進めていくことを約束する。一日も早く態勢を整え、来るべき決戦に備えたい」と明言。共通政策に関しても「ある一定の幅の中に寄せ合うことは可能だ」との認識を示した。

     自由党は当初、森裕子参院会長の出席を予告していたが、小沢一郎代表が登壇。「野党がもっともっと緊密な協力関係を構築し、政権交代を実現しようではないか」と訴えた。社民党の吉田忠智党首も「真の共闘を達成しなければならない」と主張した。

     一方、志位氏は「野党が本気で共闘を進めるなら、野党連合政権の問題を避けて通ることはできない。前向きの合意は決定的に重要だ」と述べ、かねて提唱している連合政権構想に改めて意欲を表明。衆院小選挙区の対応に関しては「相互推薦が最も望ましいが、条件によっては(より緩やかな)相互支援もあり得る」と述べ、必ずしも推薦にこだわらない考えを示した。

     共産党大会の開催は2014年以来3年ぶり。会期は4日間で、最終日の18日に当面の活動方針となる大会決議案を採択する。「衆院比例代表で850万票獲得」との目標などを盛り込む。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【志位氏、野党共闘「後戻りさせぬ」=共産党大会開幕、民進幹部ら初出席 | ニコニコニュース】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    まじ・・・かよ・・・・

    1 海江田三郎 ★ :2017/01/16(月) 10:56:25.31 ID:CAP_USER.net

    http://editor.fem.jp/blog/?p=3098

    OECDのデータを見ていたら、いくつか新しいデータとレポートがありましたので、紹介しておきます。
    いちばん驚いたデータ(OECD生産性統計)をグラフ化してみたものが以下です。

    上のグラフにあるように、日本の賃金(総コストに占める割合)はOECD35カ国でデータがあるものの中で、
    最低です。しかも、直近の2014年に過去最低を更新しています。まさにアベノミクスによって賃金が最も少ない割合になってしまっているのです。
    上のグラフだと分かりづらいので、直近の2014年の数字だけでグラフ化してみたものが以下です。

    (出典 i1.wp.com)
    ?resize=1024%2C685
    上のグラフにあるように、日本は断トツで最下位です。
    それから、OECDは2016年11月に所得不平等に関するレポートを発表しています。いくつか分かりやすくするため以下グラフ化してみました。
    下のグラフは、1年を通して働いているにも関わらず貧困状態に置かれるというワーキングプア率を、OECDの主要国で見たものです。
    日本は「貧困大国アメリカ」を1.8ポイントも上回る13.3%で主要国最悪の「ワーキングプア大国」であることが分かります。
    最初に見たOECDの中で最も低賃金であることが「ワーキングプア大国」につながっていると言えるでしょう。

    (出典 i1.wp.com)
    ?w=989
    上のグラフにあるように、日本はアメリカに次ぐ貧困大国であるにもかかわらず、昨年の国会答弁で安倍首相は世代間に不公平があって、
    高齢者だけが現役世代や若い世代より得をしているかのような発言を繰り返しました。これも大ウソであることが、OECDのデータを見るとよく分かります。

    上のグラフにあるように、子どもの貧困も、現役世代の貧困も、高齢者の貧困も、どの世代をとっても日本の貧困は深刻なのです。
    安倍首相が言う高齢者だけが得をしているなどという事実はありません。
    (※ここで、よくあるのが、高齢者は貯蓄をしているから所得の貧困率だけで見るのは間違いだというものですが、この点については、
    以前「高齢者が貯蓄を独り占め?→事実はアベノミクスで高齢者も若い世代も同じように貯蓄ゼロが激増、社会保障など老後の備えが欧米と比べて極めて劣悪な日本」というエントリーをアップしていますので参照ください)

    世代間不公平や世代間格差などを根本的な問題とする安倍首相の主張が間違っているとしたら、どこに格差の問題は存在するのでしょうか?
     この点にもOECDのレポートは答えを用意しています。

    上のグラフにあるように、日本はアメリカほどではないにせよ、富裕層上位と所得下位の格差が拡大している「格差大国」なのです。
    そのことは、ピケティ氏らによる「世界の富と所得のデータベース」が
    昨年12月20日にリニューアルされてより分かりやすくグラフ等が作れますので、富裕層上位10%の所得シェア推移を、
    日本とアメリカとフランスでグラフ化してみました。

    (出典 i2.wp.com)
    ?resize=1024%2C718

    当たり前ですが、富裕層上位10%の所得シェアが右肩上がりになるということは、一方の下位90%の所得が減っていくといことです。
    一目瞭然、日本はアメリカの富裕層を追いかけている「格差大国」「貧困大国」です。
    そして、世代間格差が根本的な問題ではなく、富裕層上位10%と下位90%の格差、
    そしてこの格差拡大の主な原因である日本の低賃金とワーキングプア増大こそが日本の根本的な問題なのです。

    (出典 i2.wp.com)
    ?w=913


    【【アベノミクス】日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、貧困大国アメリカを上回る「ワーキングプア大国日本】の続きを読む


    「「日本は別に何も困らない」」←これを待ってた

    1 ◆qQDmM1OH5Q46 :2017/01/06(金)22:18:32 ID:???

    慰安婦像設置への対抗措置、その背景は…

     韓国・釜山の日本総領事館前に先月、慰安婦像が設置された問題をめぐり、菅官房長官は6日、
    長嶺駐韓国大使の一時帰国などの対抗措置を取ることを発表した。国会記者会館から青山和弘記者がその背景を解説する。

    (略)

    ■今後の展開は?

     政府・与党内には日韓関係はしばらく冷え込むのではとの懸念が出ている。自民党のある閣僚経験者は
    「振り上げた拳をどう下ろすのか。慰安婦像が撤去されるまでとなると時間がかかるのではないか」と話している。

     政府高官は「日本は別に何も困らない」と強気の姿勢も見せているが、北朝鮮への対応などで韓国との
    連携が求められる上、同盟国アメリカからは日韓合意への支持と同時に良好な関係を保つように要請されている。
    そうした中、韓国大使が不在という状況をいつまで続けるのか。

     日本政府は今後、難しい判断が迫られることになる。

    全文 日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2017/01/06/04350886.html


    【【政治】政府高官「日本は別に何も困らない」自民党閣僚経験者「振り上げた拳をどう下ろすのか」 [H29/1/6]】の続きを読む


    その通り!

    1 ■忍法帖【Lv=15,おばけありくい,cZy】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. :2017/01/08(日)11:05:08 ID:6oL

    ◆安倍晋三首相、少女像の撤去要求「韓国側は誠意を」「国の信用の問題だ」
    [産経ニュース 2017.1.8 10:41]


     安倍晋三首相は8日放送のNHK番組で、韓国・釜山の日本総領事館前の
    慰安婦少女像設置に関し「韓国側にしっかりと誠意を示してもらわないと
    いけない」と述べ、撤去を求める意向を表明した。慰安婦問題を巡る日韓合意に
    ついて「(朴槿恵大統領の)政権が代わろうとも実行するのが、国の信用の
    問題だ」と履行を迫った。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170108/plt1701080008-n1.html


    【【釜山・慰安婦像設置】安倍晋三首相、少女像の撤去要求「韓国側は誠意を」「国の信用の問題だ」[H29/1/8]】の続きを読む

    このページのトップヘ