ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    TV・映画・ドラマ


    国民は望んでいるのか(NHK 放送センター、東京都渋谷区)。(東洋経済/AFLO=写真)
    NHK会長の諮問機関が今年7月、番組のインターネット同時配信が行われた場合、ネットのみの利用者にも「受信料と同程度の負担を求めるのが妥当」とする答申を出した。答申では、すでにテレビでの受信契約がある世帯には追加負担を求めないとする一方、受信契約のない世帯はテレビをもっていなくても、スマートフォンなどネットにつながる端末があれば受信料の支払いを求めるべきとしている。
    さらに今年9月、NHKは総務省に提出した資料で、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックを常時同時配信により伝えることができるよう、2019年度にサービスを開始する」と、具体的な時期を示している。
    NHKはどこに向かおうとしているのか。立教大学の服部孝章名誉教授に聞いた――。

    ■ネットユーザーや民放各社は大反発

    今までNHKの受信料は、テレビを持っている世帯が支払ってきた。ところが、テレビがなくても受信料の負担を求められる可能性が出てきた。

    NHKは2019年から地上波・BS放送に加えて、インターネット上でも番組の同時配信を開始する。それに伴い、ネットだけの利用者からも受信料を徴収することを検討しているのだ。

    当然、ネットユーザーや民放各社はこのネット受信料に大反発。メディア情報法を専門とする立教大学の服部孝章名誉教授も苦言を呈する。

    「そもそも現状の受信料自体も、ちゃんと納得して支払っている国民は少ない。負担の公平性について根本から議論することをなおざりにしたまま、性急に導入するのは考えもの」

    ■昨年の同時配信の利用率はわずか6%

    ただ、単に家でネット接続が可能なだけで受信料を請求されるわけではない。視聴用アプリをインストールしたり、視聴用IDを登録したりした時点で徴収することを検討中だ。

    「カラー放送、BS放送のスタート時と同じ夢を描いて収入拡大を見込むのでしょうが、ネット配信の利用者は限られそう。いずれにせよ、視聴した分だけ徴収する従量料金でないとさらに公平性を欠く」(服部名誉教授)

    昨年11~12月、NHKは9500人の参加者を集め、総合テレビとEテレを対象に「同時配信」と「見逃し配信」の検証実験を行っている。その結果、同時配信の利用率は6%で、見逃し配信の8.5%より低かった。

    もし強行導入することがあれば、本番ではもっと悲惨な結果が待つだろう。国民はこうした施策を望んでいるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【大悲報】NHK、テレビがなくても受信料徴収を検討する模様】の続きを読む



    1 15年生 ★@\(^o^)/ :2017/09/11(月) 23:35:16.82 ID:CAP_USER9.net

    一部で「冬の賞与がゼロになるのでは」と報じられるなど、深刻な低迷がささやかれるフジテレビ。6月に就任した
    “最強のコストカッター”と名高い宮内正喜新社長(73)の下、“非常事態宣言”を出し、現在、大改革に乗り出しているが、
    そんなフジの看板番組に関する、驚きの情報が入ってきた。

    「ナインティナインがメインを張る、毎週土曜日20時帯のフジの看板バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』
    (以下、『めちゃイケ』)が、来年3月、22年目の春に終了することが、正式に決まったそうです。これまで、
    改編のたびに何度も“打ち切り候補”として検討されてきましたが、ついに今回は逃れられなかった……。来春の終了は、
    変更されることはない決定事項だといいます」(放送作家)

    『笑っていいとも!』(2014年3月31日最終回)、『SMAP×SMAP』(2016年12月26日最終回)と
    いったフジを代表する長寿番組が近年、次々と終了を余儀なくされる中、しぶとく生き延びてきた『めちゃイケ』。


    “視聴率の低迷”が大きな原因に

    「今年から番組開始以来初の2本撮りをするなど経費削減に努めてきた」(フジ関係者)というが、その努力も打ち切りを
    回避するまでには至らなかったようだ。来春の終了が決定した大きな理由は1つ、視聴率の深刻な低迷ぶりだ。

    「全盛期は、20%超えが普通で、2004年秋のスペシャルでは、33.2%という驚異的な数字を叩き出した
    モンスター番組『めちゃイケ』も、ここ数年は一桁台がザラ。そして、フジ上層部が注視する中で、8月5日の
    2時間SPでの“4.5%”という壊滅的な数字が“打ち切り”の決定打となったようです」(前出の放送作家)

     さらに、致命的なのが、「制作費が『めちゃイケ』の20分の1以下ともいわれる同時間の裏番組、テレビ東京の
    『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(以下、『出川充電』)に完敗を喫している」(前同)ということ。
    そこで、最近の直接対決の視聴率を調べたところ、

    〈8月5日、『めちゃイケ』2HSP4.5%、『出川充電』5.1%〉、
    〈8月19日、『めちゃイケ』5.5%、『出川哲朗&さまぁ~ず三村 ポンコツおじさん旅に出る』5.7%〉、
    〈9月2日、『めちゃイケ』5.4%、『出川充電』8.6%〉
    と、一部、出川&三村SPは入るものの、見事に『出川充電』に全敗をしていた。これでは、最強のコストカッターでなくても、
    打ち切りはやむなしだろう。


    全盛期は人気企画を次々に生み出したが…

    「『単位上等!爆走数取団』、『中居&ナイナイ日本一周の旅』、岡村隆史がEXILEのライブなどに乱入した
    『岡村オファーがきましたシリーズ』などなど、神企画の数々を生んできた『めちゃイケ』ですが、ついにその役割を
    終えたということでしょうね」(同)

     フジテレビの大変革の流れの中での、『めちゃイケ』の打ち切り決定情報。世の流れといはいえ、寂しい限りだ。


    2017年09月11日 16時50分 公開
    https://taishu.jp/detail/29438


    前スレ
    【テレビ】<フジテレビ>『めちゃイケ』22年目の春に、打ち切りが正式決定!★2(c)2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505129469/
    ★1 2017/09/11(月) 19:23:20.94
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505125400/


    【【テレビ】<フジテレビ>『めちゃイケ』22年目の春に、打ち切りが正式決定!★3】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:829826275-PLT(13931).net


    フジ「27時間テレビ」収録のメリット テーマ歴史 生放送なら「ストッパーかかる」
     フジテレビ系列が総力を挙げる年に1度の風物詩「FNS27時間テレビ」(9日後6・30?10日後9・24)は31回目を迎える今年、内容を一新した。
    お笑いに特化した従来のスタイルから大きく舵を切り、テーマは「にほんのれきし」。
    バラエティーをはじめ、ドラマ・アニメ・スポーツなども交え、日本史を掘り下げる。例年7月下旬に生放送で行われてきたが、今年は初の9月放送で、ほぼ収録に。
    近年、視聴率で苦戦している名物番組だけに、そのチャレンジに注目が集まる。総合演出の竹内誠氏に制作の舞台裏を尋ねた。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/09/kiji/20170909s00041000114000c.html VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【悲報】 フジテレビ27時間テレビ なぜ失敗したのか】の続きを読む



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/06(水) 13:14:24.91 ID:CAP_USER9.net

    「どうしてそこまで怒るの?」「そこまで言わなくてもいいのに」――。このところ、イライラする人や罵詈雑言をはく人を目にする機会が多いとは思いませんか? あそこにもここにもいる「感情決壊」する人々。なぜ私たちはかくも怒りに振りまわれるようになったのか。それにはちゃんと理由がありました。アエラ9月11日号では「炎上人(えんじょうびと)の感情決壊」を大特集。怒りの謎に迫ります。続発する「炎上CM」のなぜに迫ります。

    *  *  *
    「帰りに(子どもの誕生日の)ケーキお願い」

     ゴミ袋を両手に会社へ行く途中にそう妻に言われ、内心「家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」とつぶやく男性サラリーマン。帰り道に後輩社員と飲み、妻になじられ、「風呂入ってくる」と湯船につかる──。

     牛乳石鹸が父の日に公開したウェブムービー。だがツイッター上で「不快とかではなく全然理解ができない」「誰に何を共感させようとしているのか」といった批判が相次いだ。女性が居酒屋で「肉汁いっぱい」「コックゥ~ん」と卑猥にも聞こえるセリフを連呼するサントリーのウェブ動画や、タレントの壇蜜が「肉汁とろとろ」といったセリフを言う宮城県の観光PR動画もセクシュアルすぎると指摘され、予定より早く公開を終了した。

     なぜ、ウェブCMの炎上案件が相次ぐのか。コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんは「ソーシャルメディアの発達でマーケティングの目的が『共感を得ること』に変わってきたが、一方でネット上でたくさんクリック数を得るため普通ではないことをしたいという欲求も出てきている」と語る。アジャイルメディア・ネットワークCMOでブロガーの徳力基彦さんは、ウェブのCMとテレビCMの区別が昨年ごろからほぼなくなっているにもかかわらず、「ウェブではとがった表現が許されるという意識がまだ作り手側に残っている」とも分析する。

    つづく

    9/6(水) 11:30配信 AERA
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00000069-sasahi-soci&p=1


    【【テレビ】<どうしてそこまで怒るの?>牛乳石鹸、サントリー、宮城県…なぜ炎上CMはやまないのか】の続きを読む


    「選曲古すぎ!」24時間アニソン企画に批判殺到
    日刊大衆

     8月26日、27日に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、日本アニメ生誕100周年を記念した「アニメソングメドレー」のコーナーが登場。しかし、このアニソンメドレーで歌われた曲のラインナップに、視聴者からはブーイングが上がったようだ。

    『24時間テレビ』内で27日に放送された「日本アニメ生誕100周年! 勇気と希望! アニメソングメドレー」では、番組MCの亀梨和也(31)が主演を務めたドラマ『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)の主題歌を熱唱したのをはじめ、名作アニメのテーマソングを披露。『鉄腕アトム』や『新世紀エヴァンゲリオン』『宇宙戦艦ヤマト』『キャッツ・アイ』『それいけ!アンパンマン』などの主題歌が流された。

     “全国のちびっこ達へ”と銘打たれたアニソンメドレーだったが、視聴者からはそのラインナップにツッコミが続出。ネットには「選曲が古すぎ。絶対今の子どもたちは知らないでしょ」「ラインナップの中で最新のアニメが、1995年放送のエヴァってどういうこと?」「昭和かよ」「他にもいろいろあると思うんだけどな」と、批判のコメントが殺到した。

    「今回のメドレーは『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)を除くと、すべて日本テレビ系で放送されたものでした。自局で放送した知名度の高いアニメ作品から選曲した結果、子どもが知らないような古いアニメばかりになってしまったんでしょうね」(テレビ誌ライター)――開き直って、いっそ40代以上を対象にすれば良かった!?



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「選曲古すぎ!」24時間アニソン企画に批判殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ