ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    生活関連


    いざというとき、自分の身を守ってくれるものは何か。その筆頭は「法律」だ。「プレジデント」(2017年10月16日号)の「法律特集」では、8つの「身近なトラブル」について解説した。第2回は「自動車事故の高額賠償」について――。(全8回)

    ■火災保険の個人賠償責任特約をチェック

    2013年、小学生が加害者となった自転車事故について、裁判所が出した9500万円の支払い命令が世間を驚かせました。損害賠償責任を負うのはその母親です。

    事故が起きたのは08年9月の夜。神戸の小学5年生の児童が自転車で暗い坂道を下った際、62歳の女性と正面衝突。女性は頭を強く打ち、脳挫傷の重傷。一命は取り留めましたが、意識障害、四肢拘縮の後遺障害が残りました。被害者側が裁判を起こすと、神戸地裁が自転車事故の加害者に9500万円の賠償責任命令を下しました(表参照)。

    どうしてこんな金額になったのでしょうか。裁判官は、時速20~30キロで走行していた、少年の前方不注視が事故の原因と認定。法廷で加害者の母親は、子どもには普段から注意をしていたと主張しましたが、少年がヘルメットを着用していなかったことなどから「十分な指導や注意をしていたとはいえず、監督義務を果たしていなかったのは明らか」として、保護者の責任も認めたのです

    賠償の内訳で注目すべきは、将来の介護費用が群を抜いて高いことです。死亡事故一般よりも高額なのは、ショックかもしれません。

    子どもが起こした自転車事故は、加害者に責任能力がないとその監督義務を負う者が賠償の責任を負う、という民法714条、もしくは民法709条により責任を追及する場合があります。709条を噛み砕くと、自分の行為(故意or不注意)が他人の権利や利益を侵害すれば損害賠償しなくてはならない、となる。つまり「親の監督責任そのもの」が709条の不法行為になりうるわけです。

    母親が子どもに再三注意したといっても、それが客観的事実だと証明できなければ説得力がないこともある。裁判は結局「言った」「言わない」の証拠取りですから。日頃から交通安全に対する意識を家族で共有し、普段からフェイスブックなどSNSに頻繁に事実(日付入り)を記述しておくのも1つの方法かもしれません。

    近年は自転車ブームもあって自転車事故が顕著に増加しており、法律家向けに全国の判例情報を掲載する『別冊判例タイムズ38』では「歩行者と自転車との事故」という項目が追加されました。

    今回の神戸地裁の判例を受けて、兵庫県では自転車にも任意保険の加入を義務付けるような条例を制定しました。自転車に関するルールは各地でまだ整備されているとは言い切れないのですが、神戸地裁の判決は社会を変えました。

    実際、自動車の任意保険には入るけれど、自転車だと入らない人が多いですよね。それでも万が一、自分の子どもが自転車事故の加害者になったことを想像すれば、任意保険に入っておくというのは必要なことのような気はします。

    ちなみに、みなさんが入っておられる火災保険を調べてみてください。あまり知られていないようですが、火災保険の個人賠償責任特約などを利用すれば、自転車事故による賠償は補償されることがあります。約款を読んでわからなければ、保険会社に連絡するといい1度事前に確認しておくことをお勧めします。

    ----------

    青木耕一
    弁護士
    1975年、東京都生まれ。神奈川県立希望が丘高校卒業、2000年東京大学法学部卒業。03年弁護士登録。09年青木耕一法律事務所開設。08年より東京簡易裁判所司法委員。

    ----------



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【超高額】小5の自転車事故で9500万賠償の理由】の続きを読む


    借金を巡る状況に変化が起きている。「カードローン」の人気が爆発、ネットで手続きが完結する借り方も浸透し、こっそり摘まむ人は後を絶たないのだ。しかし、いくらラクに借りられても、ハマれば待っているのは泥沼。果たして、隠れ借金リーマンはどのような生活を送っているのか? ここでは、のっぴきならない理由で借金を背負った男のシリアスな日常を紹介する。

    ◆「勧誘に釣られて増枠した」気づけば借金が年収超え
    …田中裕二さん(仮名・41歳・運送業・残債515万円)

     総量規制がかからないので借金額が膨らみやすい銀行系カードローン。

     田中さんの場合、キャバクラ通いのための“ちょい借り”から始まり、今では年収を超える500万円超もの借金返済に追われている。

    「惚れた指名嬢は難病を抱えていて情がうつってしまったのが運の尽きです。彼女から『体調悪いけど出勤している』と聞けば借金してまで通って席で休ませていた。入院費も僕が支払い、その頃はすっかり彼氏のつもりでした。今思えば彼女のワナだったんですが」

     金策に走る田中さんに、銀行は利用限度額の増額の営業をかけた。

    「最初の借り入れから半年後、銀行から『新商品のご案内』という電話が来て、限度額100万から一気に倍になるうえに『金利もお安くなりますよ』と誘惑され……」

     そこから先は、本格的な借金苦に突入。最大時には3社合計で700万円にまで膨れ上がった。

    「銀行カードローンでも、バックにアコムやレイクなど大手消費者金融が控えているところは増額してくれやすいんです。それと、僕は大手運送業者に勤めているので審査に有利だったみたい。今考えれば、それがアダだったのです」

     指名嬢との関係は相手の結婚で強制終了、残ったのは借金のみだ。

    「こんな内容でつくった借金なんて、家族はおろか同僚にも恥ずかしくて言えない。昼食も営業車で寝て節約し、晩飯は白米だけのときも。仕事上がりには週2回ほど同業の知り合いの会社で副業をしています。もちろん会社には内緒。バレたら最悪、クビになりますね」

     完済予定は約8年後。体を酷使する返済生活はまだまだ続く。

    ― 隠れ借金白書 ―

    銀行各社の明細書。それぞれかなりの額の残債が


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【キャバクラ通いで借金700万円を作った40代男「指名嬢が難病を抱えていて…」】の続きを読む


    串揚げ屋の「お通し代」が高すぎる――。そんなツイートがこのほど話題になりました。ツイートによると、お通し代は、キャベツ1皿(6人分)・合計3000円。投稿者がお店に不満を伝えたところ、「なんで説明しないといけないか?」と反論されたそうです。

    たしかに、居酒屋の「お通し代」が、「1人500円」ということは、それほどめずらしいことではありません。しかし、6人分でキャベツ1皿だったり、とくに説明もしなかったりすることは、トラブルの原因のような気がします。

    この店では「お通し代」のほか、「席料」として1人300円、「サービス料」として合計金額の10%が課されていたようです。ツイートの「返信」では、この部分もおかしいと指摘する声がありました。そもそも「お通し代」について、お店側は説明しなくていいのでしょうか。古川穣史弁護士に聞きました。

    ●「お通し」は「お店に入った時点で注文している」といえる

    ――まず、「お通し代」は支払わないといけないのでしょうか?

    お通しは、飲食店で提供されることが慣例となっています。したがって、お店に入った時点で注文していると考えることができます。お通しの提供を拒否してもかまいませんが、そのことで入店を断られることはあるかもしれません。

    ――お通しが「しょうもない」ものだった場合でも、支払わないといけないのでしょうか?

    まず、どんなお通しでも、食べてしまった場合、「お通し代」を支払う必要があると思います。メニューを見て頼んだときに、自分が想像していた料理と違うものが出てきても、支払う必要があるのと同じように考えるとよいでしょう。気に食わないものであれば、その時点で拒否するということは考えられます。

    ――今回のお店の場合、説明がなかったようです。説明義務はないのでしょうか?

    大半のお店は「お通し代」について、説明しないことが多いと思います。数百円程度の「お通し代」であれば、慣習(暗黙のルール)として説明されていないと考えられます。ただ、あまりにも高額の場合などは、「信義則」からお店が説明するべき義務がある、と考えることもできると思います。

    (編集部注)信義則:相手の信頼に対して、誠実に応じないといけないという原則

    ●あらかじめ「お通し代」について聞いてみよう

    ――「席料」や「サービス料」の説明はどうでしょうか?

    いわゆるキャバクラなどは、「風俗営業法」や「ぼったくり防止条例」で、支払う可能性のある料金については見やすく表示する義務があるとされています。しかし、それ以外の居酒屋などは、法律で明文の規定はされていません。

    ただ、先ほどのように、あまりに高額である場合には、説明する義務があると考えることもできます。なお、実際に私が行ったことがあるお店では「当店はお通しに自信があり、値段が高いお通しを提供しています」と説明されたことがあります。

    ――ぼったくりとまでいえない場合は、泣き寝入りすることが多いと思います。どう立ち回ればいいでしょうか?

    入店時にあらかじめ、お通しがあるかどうかや、その値段について聞いてみましょう。今はインターネットを検索すれば、どんなお店かもわかるので、怪しいお店に行く前に調べて、自己防衛をするのも大切だと思います。またそういったお店は、いずれ淘汰されてなくなっていくと思います。

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    古川 穣史(ふるかわ・じょうじ)弁護士
    夜11時に電話で相談してきた依頼者を助けるために歌舞伎町に赴いて以来、ぼったくりの案件を数多く手掛ける。東京都を中心にDV、ストーカーや刑事事件の被害者側などの案件を積極的に行う。会計事務所の法律顧問として一般民事事件、企業法務なども扱っている。
    事務所名:八木良和法律事務所

    お通し代「キャベツ1皿」3000円に驚き・・・お店に「説明義務」はないの?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【お通し代「キャベツ1皿」3000円に驚き・・・お店に「説明義務」はないの?】の続きを読む


    発達障害であることを職場でオープンにしている人はまだまだ少ない。障害者の就労支援を行うゼネラルパートナーズは3月6日、「障害のカミングアウト」に関するアンケート調査の結果を発表した。

    調査は発達障害者92人を対象にインターネット上で実施された。回答者のうち「高機能自閉症・アスペルガー症候群」の人が56%で1番多く、次いで「注意欠陥/多動性障がい(ADHD)」という人が25%だった。

    職場に発達障害であることを伝えている人は3割のみ

    8割の人が社会人になってから発達障害と診断されている。

    発達障害と診断された時期は、「社会人の時」が78%に上っている。障害があっても、大人になるまで気が付かないものなのだろうか。同社の担当者は、「何かしらの違和感を覚えて生きていても、何かにつまずいて病院に行き、初めて判明することが多い」と話す。

    「学生の頃は気の合う友人とだけ付き合うことができます。しかし社会人になると会社の中でルールに則って仕事をしなければなりません。そこで問題が生じ、病院に行って判明するということが多いようです。周囲とコミュニケーションが取れない、空気が読めないことで仕事を振ってもらえなくなったり、冷たくされることがあるようです」

    また調査では、"発達障害であることをオープンにして働きたいと思いますか"という質問に対して「とても思う」(63%)、「まあまあ思う」(25%)と答えた人は合計で88%に上った。しかし実際に障害のことを伝えて働いている人は33%に留まっている。

    職場でオープンにしていない理由としては、「伝えても理解してくれないと思うから」が53%で最も多く、「仕事を続けられなくなると思うから」が44%で2番目に多かった。

    前出の担当者は、

    「同僚や上司が発達障害について知っていることが大切です。相談しやすい雰囲気づくりをしてほしい。本人がカミングアウトできれば、周囲もその人の特性を理解して付き合い方を工夫することができます」

    と呼びかけていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【発達障害、社会人になってから診断される人が8割 仕事で問題が生じて判明、相談しやすい雰囲気作りを】の続きを読む


    教育を受けた年数が短く、収入も低いほど健康のリスクが高まることがわかった。滋賀医科大学・アジア疫学研究センター長の三浦克之教授らが3月5日、研究の結果を発表した。

    厚生労働省の国民健康・栄養調査(2010年)に参加した20歳以上の男女約2900人のデータを分析したところ、世帯年収が200万円未満の女性は、600万円以上の女性と比べて、肥満のリスクが2.09倍になることがわかった。教育年数が9年以下の人も、10年以上の人に比べて、肥満リスクが1.67倍だった。

    教育年数が短いと生活習慣にも差、歯の本数も少ない

    Sakurai M, et al. J Epidemiol2018

    世帯年収が低いほど炭水化物を多く食べていることも明らかになった。炭水化物がエネルギーに占める割合は、世帯年収が600万円以上だと男性58.6%/女性56.8%、200~600万円未満では男性59.5%/女性58.3%、200万円未満では男性61.1%/女性59.7%だった。野菜の摂取量を反映する「尿中カリウム排泄量」も収入が低いほど低くなっている。

    研究チームの担当者は、

    「収入が少ないと比較的安価でお腹がいっぱいになるものを食べる傾向にあり、炭水化物に偏るのではないか」

    と指摘していた。

    また、教育年数が短いと、健康に対しての意識も低くなることがわかった。教育年数が13年以上の人は、9年以下の人に比べて、生活習慣の改善に取りくんでいる人が男性で2.86倍、女性で2.36倍だった。教育年数が長い人、持ち家に住んでいる人ほど健康診断を受診している割合も高い。さらに、教育年数が短い人、収入が低い人は歯の本数も少ないことがわかった。

    研究結果を受けて、前出の担当者は、「個人に保健指導を行う時は経済状況を踏まえて行ってほしい。行政はこうしたエビデンスを生かして施策を行ってほしい」と話していた。研究報告では、「健診受診の推奨」「生活習慣指導の強化」などの対策を提言している。

    ※画像は、「日本人の循環器疾患危険因子と社会的要因の関連」より



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【年収が低いほど食事が炭水化物に偏っていることが判明 「手っ取り早くお腹がいっぱいになるものを食べる傾向」滋賀医科大学】の続きを読む

    このページのトップヘ