ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    生活関連


    毎日新聞に2月下旬掲載された、保育士の妻を持つ男性の投書が物議を醸している。女性の職場では園長から、結婚・妊娠の順番が決められているという。女性はその順番を破って妊娠したため、男性と一緒に園長に「子どもができてすみません」と謝りに行ったというのだ。

    女性はその後も職場で嫌味を言われるなど、辛い状況が続いているという。ネットでは投書を読んだ人から「闇過ぎる」「謝罪しなければならないこと自体おかしい」と批判が上がっているが、一方で

    「うちのとこも毎年二人までってのが決まってて年度末に希望を伝える方式」
    「私の友達も職場で産休の順番待ちしてるよ」

    と、似たような状況を明かす人も多い。実際に、保育士の労働環境改善に取り組む団体の関係者に話を聞くと、「妊娠可能性のある人を考慮してクラス編成することはある」と言う。

    妊娠希望の保育士に申告してもらい、配置で考慮するのはよくあること


    おめでたい話を素直に喜べないのは悲しいことです

    「保育園では、パートの補助職員らと共に、1人の担任が年度を通してクラスに責任を持ちます。担任が年度途中で妊娠・産休に入ると代替要員を確保しなければなりませんが、人材不足や国の定める配置基準の関係上、要員の確保が難しいのが実態です。そのため、職員配置を考える上で『今年はこの人が妊娠の時期だよね』と考慮することはよくあります」

    園によっては、妊娠を希望する場合は園長に事前申告するよう求め、クラス編成時に考慮するところもあるそうだ。女性の正規職員が多い、学校や病院でも似たようなことが行われているという。

    産休取得後に職員が復帰することを考えると、運営側としては有期職員を雇って穴を埋めるのが最善だろう。しかし、ただでさえ保育士の待遇が良くない中、正規職員より賃金が安く雇用期間も短い有期職員は、募集しても人が集まらないのが現状だ。

    「園長のやっていることはパワハラ・マタハラ」

    一方で、投書で言われたような「妊娠輪番制」は一般的でなく、職場の運営方針に問題があるとも指摘する。

    「謝罪が他の保育士の見せしめにもなっています。保育士が園長に『妊娠したことは変えられないんだし、みんなで力を合わせて頑張りましょうよ』と言える雰囲気ではないんでしょう。職員を尊重していない園運営をしているんだと思います。園長のやっていることはパワハラ、マタハラです」

    3月5日の毎日新聞には、男性の投書を読んだ女性から「つらい思いが続くようなら、奥様が現在の職場を辞められることをお勧めしたいです。もっと働きやすい環境の職場を探すのもよいかと思うのです」というアドバイスも寄せられていた。取材に答えた関係者は

    「保育士を取り巻く問題には、妊娠出産のしにくさ、有給休暇の取りにくさ、実質的な休憩時間のなさなどもあります。国は、休暇対応の要員を保育園に十分置けるよう、配置基準を改善してほしいと思います」

    と話していた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」】の続きを読む


    世の中には、いい人と同じくらい性格の悪い人も多い。日々他人をねたみ、嘲り、こき下ろすことを止められない僕としても、時折、なんでこの人はこんなに性格が悪いのだろうと考えることがある。

    先日、匿名掲示板5ちゃんねる(2ちゃんねる)で「これやってると性格悪くなるぞっての教えて」というスレッドを発見した。(文:松本ミゾレ)

    匿名だからといって誹謗中傷を書き込むネット民

    性格がねじれがちなもの、他にも色々

    ちなみに、スレッドを立てた人物は思い当たる節として「ギャンブル」を挙げている。うん、間違いない。ギャンブルをやっている人間は9割がた性格が悪い。他人を出し抜く気満々だし、クズじゃないギャンブラーなんて滅多にはいない。

    道端に落ちている財布と、パチンコ屋や競馬場に落ちている財布。どっちが持ち主の元に帰ってくる可能性が高いかなんて考えるまでもない。しかし、ギャンブル以外にも、これをやると性格が悪くなる、というものがあるようだ。

    ほかにスレッドに挙がっていたのが「ネットの匿名掲示板」。匿名掲示板の利用を続けていくうちに、性格が悪くなったと自覚したネットユーザーの書き込みだ。

    匿名掲示板は自分の顔や名前や所属を晒さずに気軽に利用できるが、その気軽さを上手く使えないのが人間なのだろう。匿名であるのをいいのことに、多くのユーザーは日夜誹謗中傷合戦に躍起になっている。

    掲示板に限らず、昨今はSNSにもその傾向は飛び火している。まあ、僕も当事者の一員という自覚があるのであまり偉そうなことは書けないんだけど。

    介護の仕事を始めてから頻繁にヒステリーを起こすようになった母親

    「対戦ゲーム」という書き込みもある。ネット対戦ができるFPSや「スプラトゥーン」、「ウイニングイレブン」など、通信対戦を気軽に楽しめるゲームという声。やってない人にとってはピンと来ないかもしれないが、不思議なことに、本来なら対戦ゲームって仲間内でワイワイ楽しくやれて、とても盛り上がれるもののはず。

    ところが独りぼっちで見ず知らずの他人とネット対戦をしていると、びっくりするぐらい攻撃的なプレイヤーに当たることもあるのだ。いちいちチャットで暴言をぶちかましてきたり、それこそネット掲示板に相手を晒したりする者もいる。

    人間、暇になるとろくなことを考えないというが、ネット対戦に没頭できるということは、裏を返せばそれだけ暇であるということ。ろくなことを考えなくなるぐらい暇な人間がネットで見知らぬ人間と対戦して、相手にやられたらどうなるか。そう、性格がねじくれるのである。

    僕もゲームはするのであんまり「ゲームは害悪」とかいうつもりはないけど、暇な間ずっとゲームをやって対戦相手を叩いてるゲーマーは流石にクズである。

    そして意外なところでは「介護」という声も出ていた。いまや日本には欠かせない仕事になっている、介護。もちろん、介護職で働く人の中には立派な人もいるが、ハードな仕事だけに本人がどう思っていようと精神的にはかなりの負担となる。その反動が案外、自分の親しい人に向くこともある。

    たとえばうちの母親は、介護の仕事でお年寄りと接しているときは仏面だが、自分の母親、つまり僕の祖母にはすぐに怒鳴り散らす。記憶を掘り起こしてみると、元々出来た母親ではなかったが、介護の仕事をするようになって、家でヒステリーを起こす頻度は間違いなく増えた。それだけストレスが溜まる仕事なのだろう。

    とまあこんな具合に、やっていることで性格が悪くなるとされるものって、色々とあるようだ。そういえば最近、仮想通貨にハマッた知人が、以前とは見違えるほどに性悪になってしまったばかりだ。

    今回挙げたものはほんの一握りで、人が性悪になるきっかけなんてのは、そこらじゅうにあるのかもしれない。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「これをやってると性格が悪くなる」と感じるもの 「ギャンブル」「FPS」「匿名掲示板」】の続きを読む


     幼い頃に温泉や公衆浴場で、親に手を引かれて自分とは異なる性別用のお風呂に入った経験がありませんか。ある日、温泉に行ったところ、母親と一緒にお風呂に入っている6歳くらいの男の子に遭遇して戸惑った――。そんな女性の体験談がネット上などで話題になっています。小学生くらいの男子が“女湯”に入ることの是非について、ネット上では「子どもだからという人もいると思うけど私は嫌」「小学生なら男湯に」「同世代の娘が嫌がるからやめて」「気にしない」など賛否両論が見られます。

     これについて識者の見方はどのようなものでしょうか。著書に「1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ」(日本実業出版社)などがある子育て本著者・講演家の立石美津子さんに聞きました。

    公衆浴場条例は自治体ごとにバラツキ

    Q.男の子を女湯(女の子を男湯)に入れてよい年齢についてどのようにお考えですか。

    立石さん「公衆浴場の配置基準や入浴者の衛生・風紀に必要な措置の基準を定めた『公衆浴場条例』では、男湯・女湯に同行してよい子どもの年齢制限は統一されておらず、自治体によってバラツキがあります。また、遊園地やテーマパークのアトラクションに設けられている身長制限のような明確な基準もありません。たとえば、4歳でも小学生くらいに見える大柄な子もいるように、他人が年齢を判断する際には体格に大きく左右されます。自閉症などの発達障害がある場合も、一見すると普通の子なので理解されにくいのです。また、親は『まだまだ、かわいい幼い子ども』と思っていても、他人から見たら『立派な男児』と見えるように、親の目と他人の目とのズレも生じます。公衆浴場では、こうした判断が利用者それぞれの常識や良識に委ねられるため、不快な思いをする人や利用者同士のトラブルが発生します。銭湯や宿泊施設の大浴場のほか、プールの更衣室でも同じ問題が起こります。なお、公衆トイレは個室で区切られているため、あまり問題になりにくい印象です」

    立石さん「こうした問題をクリアにするには、明確な年齢基準、またはサービスがあればよいと思います。たとえば、シングルマザーで小学生の男の子を連れて温泉に行く場合、女湯に一緒に連れて入るのはやめましょう。しかし、子どもを一人で男湯に行かせるのは不安な場合もあると思います。そうした状況でも、周囲に不快感を与えることなく入浴できるように『三助(江戸時代にあった、銭湯で利用者の背中を流すなどのサービスをする職業)』のようなサポートスタッフを利用できる、有料のオプションサービスがあるとよいですね。近年は、ペット同伴可の宿泊施設などが増加傾向にありますが、時代の変化や家族形態の多様化に対応した宿泊施設やサービスが展開されていくことを願います」

    Q.どうしても男の子を女湯(女の子を男湯)に入れる必要がある場合、周囲の人に対してどのような配慮が必要でしょうか。

    立石さん「さまざまな事情で男の子を女湯(女の子を男湯)に入れなければならない場合、大浴場の利用は避けるのが賢明でしょう。前述のようなサポートサービスがない以上は、他の利用者に協力を求めることが難しいからです。旅館やホテルを利用する際は、あらかじめ風呂付き客室や貸し切り可能な家族風呂の有無を確認し、これらを利用できる宿を選ぶようにするのがよいでしょう。温泉旅館は日頃の疲れを癒やし、リラックスするために行く場所なので、子ども連れの親も他の利用者も、不安になったりヒヤヒヤしたりしながらお風呂に入るのは避けたいものです。空間を共にする者同士がお互い気持ちよく利用する上で、風呂付き客室や家族風呂は有効なサービスですが、大浴場の利用に関しても、多様な家族の形に対応できる施設側発信のサービスや仕組みが望ましいと思います」

    Q.公共の入浴施設で、子どもを一人で入浴させてよいと判断する目安はありますか。

    立石さん「時期の目安としては小学校に入学してから。家庭や子どもの発達段階によって異なりますが、自分で体を洗い、シャンプーをし、タオルで体を拭いて、着替えることができるかどうかは一つの大きな判断基準です。また大浴場には、『泳いじゃダメ』『走っちゃダメ』『タオルを湯に浸けたらダメ』『湯船の中でブクブクしちゃダメ』など、普段入っている家の風呂とは明確に違うルールがあるということをしっかり理解しているかどうかが重要です。そして『いきなり湯船に入らない』『必ずかけ湯をしてから入る』など、家の風呂でも守るべきことを普段からしつけておきましょう。これらができていれば、一人で大浴場に行ってもそのルールを守れます。一人で体を洗うことが難しい子どもは、部屋のユニットバスで先に体や髪を洗っておき、大浴場の湯船に浸からせるだけにする方法もあります。その場合も、湯船に入る前にシャワーやかけ湯で体を流すことを教えておきましょう。皆が不快な思いをしない工夫が必要ですね」

    (オトナンサー編集部)

    6歳くらいの男の子が女湯にいたら…


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【女湯に“6歳くらいの男の子”がいて戸惑った…「男湯行って」「大丈夫」と賛否両論、識者は?】の続きを読む


    DeNAトラベルは2月23日、若者の〇〇離れに関する調査の結果を発表した。調査は10~70代の男女1184人にインターネットで行われた。

    あなたが感じている「若者の〇〇離れ」は?

    複数の「若者の〇〇離れ」の中から、感じているものを聞いたところ、「車離れ」が33%で最も多かった。次いで「新聞」(13.2%)、「読書」「結婚」(いずれも7.9%)、「お酒」(6.6%)の順に多かった。

    また、若者自身が感じている「〇〇離れ」と中高年が感じる「〇〇離れ」には違いがあった。20代以下と30代のトップ3はいずれも「車」、「新聞」、「テレビ」だった。しかし40~60代以上では、トップ3に「お酒」「結婚」「読書」が入っている。

    「40代以上の人たちは若者を物欲がない世代だととらえている」

    若者世代である10~30代に「本当はやりたいもの」を聞いたところ、トップは「旅行」の15.8%だった。2位以降、「読書」(13.4%)、「車」(11.5%)、「恋愛」(9.6%)が続いた。若者が車離れや読書離れをしていると言われるが、実際にはやりたいと思っているようだ。一方、新聞を読んだり酒を飲んだりしたいと思っている人はほとんどおらず、名実ともに「離れ」が進行しているようだ。

    「若者の〇〇離れ」が進む理由

    「〇〇離れ」全体の原因を聞くと、20代以下と30代は、「収入の減少」がそれぞれ33.7%、30.6%でトップだった。一方、40代、50代、60代以上では「インターネット・スマホの発達」が1位で、「物欲の低下」だと感じている人も多かった。

    同調査では、こうした認識の差について、

    「若者たち自身は物欲がないのではなく収入が少ないから買うことができない、楽しむことができないと考えているのに対し、40代以上の人たちは若者たちを物欲がない世代だととらえていることがわかりました」

    と指摘している。

    「時代の変化を受け入れ、無理に解決する必要はないのではないか」

    「若者の〇〇離れ」を解決するには何をすればいいか聞くと、「時代の変化を受け入れ、無理に解決する必要はないのではないか」といった回答が多かった。しかし、

    【車離れ】お金の若者離れを解消する(30代女性)
    【車離れ】収入面でも精神面でも余裕が欲しい(30代男性)
    【結婚離れ】賃金を上げる、残業時間を減らす(20代男性)

    といった声も寄せられていた。もちろん「〇〇離れ」そのものを無理に解消する必要はない。しかし、したくてもお金や時間がなくてできないということであれば、若者の置かれた状況を改善する必要があるのかもしれない。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【若者の車離れ、酒離れ、恋愛離れ…… 解決方法は「賃金を上げる、残業時間を減らす」「余裕がほしい」】の続きを読む


    落語家の桂春蝶さん(43)が2月20日、貧困は自己責任であるというツイートをし、ネット上で炎上する事態となった。

    「世界中が憧れるこの日本で『貧困問題』などを曰う方々は余程強欲か、世の中にウケたいだけ。この国では、どうしたって生きていける。働けないなら生活保護もある。我が貧困を政府のせいにしてる暇があるなら、どうかまともな一歩を踏み出して欲しい。この国での貧困は絶対的に『自分のせい』なのだ」

    「障害や重病で思うように働けないのは自分のせいなのですか?」

    桂春蝶さんのツイートが炎上

    典型的な自己責任論ではあるが、関西でレギュラー番組を多数持つ人気の落語家、ということもあり、非難が殺到した。

    「障害や重病で思うように働けないのは自分のせいなのですか?上司のパワハラで鬱になり働けない人は自分のせいなのですか?」
    「自分の親の経済状況や、生まれてきた時の環境を自分で選べない以上、『絶対的に自分のせい』とは、言えない」

    貧困に陥る事情は人それぞれだ。障害や病気で貧困に陥ったとしても、「自分のせい」だと言えるのかということだ。生活保護についても、

    「生活保護を申請して断られて亡くなった人がいるの、ニュース見てないですかね」
    「生活保護が誰でも受けられるなら苦労しない」

    という指摘があった。生活保護は"水際作戦"で申請が阻止されることも多く、受給する資格のある人のうち約2割しか利用できていないという現状がある。

    他にも、「子どもの貧困も自己責任なのだろうか」「シングルマザーの貧困とかもかなり問題になってると思うんだが」と批判が殺到している。

    また、春蝶さんが父親から「桂春蝶」を襲名しているため、「少なからず親の威光のある叩き上げですらない落語家が言うことではないと思います」「世襲政治家の政府を世襲落語家が絶賛する新しいタイプの大衆演芸」という批判も上がっていた。

    「この世界は奇跡の連続で、感謝して歩むべきだという福音だったの」

    こうした批判を受けて、春蝶さんは翌21日に、

    「さっきの投稿に痛烈な批判が多かったんだけど、まあ仕方ない。分かりにくい内容だったから。言いたかったのは、人は生まれながらに苦悩を抱えていて、だからこそ生きられるこの世界は奇跡の連続で、感謝して歩むべきだという福音だったの。そしてその環境がこの国は整っている…そう言いたかった」

    と投稿し、釈明している。また、自身も貧乏だったが何とかなった、そんな日本は素晴らしいと改めて主張している。

    「僕は20歳から10年間、家賃2万円台のアパートで住んだ。それでも金がなくて、家賃を滞納したりした。当時は仕事が本当になかったから。ほとんど毎日がチキンラーメンかコーンフレークやった。それでも生きれた。芸人風情でも何とかやっていける日本は素晴らしい」

    芸能人が社会問題について言及して炎上、といったことは度々起きるが、つい先日も松本人志さんが「ワイドナショー」でネットカフェ難民に「ちゃんと働いてほしい」とコメントし物議を醸していた。春蝶さんはこれについて19日、

    「松本人志さんや、番組・ワイドナショーを叩いてる方々のツイート見たら、結局単なる『反安倍』の人たちなんですよね。これ何の発展性もないなあ。全く思想的でない人たちが批判してたら価値があるんだろうけど。戦後形成された左翼思想って、いつになったら潰えるんだろうか?もううんざりですわ」

    とツイートしていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「この国での貧困は絶対に自分のせい」 落語家・桂春蝶が自己責任ツイートで炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ