ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    生活関連


    警察官「リュックの中身見せて」…職務質問、所持品検査にどこまで応じる義務がある?
    弁護士ドットコム

    警察官から職務質問を受けた際、リュックの中身を見せるよう執拗に求められ、拒否したら、すぐに帰してもらえなかったーー。東京都内のIT企業につとめるエンジニアの男性が8月下旬、このように主張して、都を相手取って、慰謝料を求める国家賠償請求の訴訟を起こした。

    このニュースを受けて、インターネット上では「不当な公権力の濫用に司法はきっちりダメと言ってほしい」といった意見があがる一方、「バックの中身見せればすぐに帰してもらえたのでは?」など、職務質問を拒否したことについて懐疑的な意見もあった。

    さらには、「職務質問や所持品検査に応じる義務とかあるのかないのか、その辺を法律ではっきりしてほしい」という声もあがっていた。職務質問や所持品検査は、わたしたちの身近にあるものだが、どんな場合、応じないといけないのだろうか。刑事事件にくわしい萩原猛弁護士に聞いた。

    ●職務質問の法的根拠は?

    「世の中で頻繁におこなわれている警察官による『職務質問』や『所持品検査』の法的根拠は、現行法上、次の条文だけです。

    『警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知っていると認められる者を停止させて質問することができる』(警察官職務執行法2条1項)

    また、警職法2条3項は『・・・刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない』とも規定しています。

    つまり、職務質問において、警察官が強制力を行使することを禁じているのです」

    では、執拗に職質に応じるよう求めることは違法なのだろうか。

    「警察官が職務質問をした際、質問を受けた人が回答を拒否して立ち去ろうとした場合、警察官はただそれを黙認しなければならないとすると、犯罪の予防やその鎮圧といった職務質問制度の目的を達することができません。

    そこで、最高裁判所は、個人の人権保障と社会秩序の維持の調和をはかるために、職務質問の際、警察官が質問を受ける人に対して、『一定限度の有形力』を行使することを認めています」

    ●最高裁で「適法」とされたケース

    具体的にどんなケースがあるのだろうか。

    「米子銀行強盗事件において、最高裁は『所持品検査』を『職務質問に附随してこれを行うことができる場合がある』としたうえで、次のように判示しました(最高裁昭和53年6月20日判決)。

    『捜索に至らない程度の行為は、強制にわたらない限り、所持品検査においても許容される場合があると解すべきできである。・・・所持品検査の必要性、緊急性、これによって害される個人の法益と保護されるべき公共の利益との権衡などを考慮し、具体的状況のもとで相当と認められる限度においてのみ、許容されるものと解すべきである』

    この事件では、4人組による銀行強盗が逃走中という状況で、手配人相に似た人物に対して、警察官が職務質問をおこないました。その際、警察官は相手の意に反して、施錠していないバックのチャックを開けて内部を一べつしました。最高裁では、この『職務質問』『所持品検査』は適法とされました」

    ●バックの内部を一べつする程度の「所持品検査」は許される場合がある

    結局、『職務質問』『所持品検査』が適法かどうか、どう見極めればいいのだろうか。

    「事案の重大性、嫌疑の程度、職務質問を継続することの必要性、緊急性、行使された有形力の程度や態様、これらを総合して、具体的状況のもとで相当であったか否かを判断するということになります。

    重大事件の嫌疑や、緊急性が認められないにもかかわらず、長時間質問を継続したり、承諾を得ずリュックの中身を出させて捜索するような警察官の行為は違法です。

    ところで、ふだん警察官から職務質問を受けた場合、警察官がどのような情報をもとに、どのような嫌疑を抱いて質問してきたのか、こちらにはわかりません。そこで、やましいことがないのであれば、警察官の『職務質問』『所持品検査』に協力して嫌疑を晴らすというのも1つの選択です。

    しかし、常に警察官に協力するということは、職務質問を適法とする事情がない状況で警察官の違法行為を容認してしまう場合を生じさせ、警察官の横暴をまねく危険性もあります。協力する場合でも、警察官に許される『所持品検査』はバックの内部を一べつする程度ですから、それ以上の要求には毅然と拒否すべきでしょう」

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    萩原 猛(はぎわら・たけし)弁護士
    埼玉県・東京都を中心に、刑事弁護を中心に弁護活動を行う。いっぽうで、交通事故・医療過誤等の人身傷害損害賠償請求事件をはじめ、男女関係・名誉毀損等に起因する慰謝料請求事件や、欠陥住宅訴訟など様々な損害賠償請求事件も扱う。

    事務所名:ロード法律事務所
    事務所URL:http://www.takehagiwara.jp/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【職質】警察官「リュックの中身見せて」…職務質問、所持品検査にどこまで応じる義務がある?】の続きを読む


    キャリコネ

    実家暮らしは気楽なものだが、いつまでも実家にいると「いい歳をして親のすねをかじっている」など、白い目で見られることがある。

    おーぷん2ちゃんねるには8月28日、「友人に30過ぎて実家住まいは恥ずかしいと言われたんだが」というスレッドが立った。スレ主は35歳独身のサラリーマン。実家が会社から通勤できる範囲内にあるほか、長男ということもあり一人暮らしはしていない。月に10万円を家に入れている。

    しかし友人から「恥ずかしいこと」と指摘され、このように疑問を投げかけた。

    「働き始めたら一人暮らしするってのは就職で上京してきた人の話じゃないか?昔から実家から通える長男は実家住まいだと思うんだが…」

    「働いてるなら全然恥ずかしくない」「都市部なら年間100万円違う」

    友人からは「男は結婚して子供を持ってやっと本当の大人になれる」「お前は独身で実家住まいでガキだ」などと責められたという。スレ内ではこれに、「自分苦労してる、だから自分と同じ苦労してない奴は、人として自分以下っていう謎理論」など、既婚で不自由な思いをしている友人の僻み、と反論する人もいた。

    「全然恥ずかしくないよニートで実家暮らしならともかく働いてるなら全然恥ずかしくない」など、スレ主を擁護するコメントが圧倒的に多い。

    就職に伴う上京などの理由があればいいが、実家から職場へ通えるのであれば、わざわざ家賃を払って一人暮らしをする必要性はない。お金を貯めることも可能だ。

    「職場が家から遠ければさっさと家を出て会社の近くで一人暮らしするけどなそうでなければ、一人暮らしするためだけに家賃という無駄金を垂れ流す必要があるかね?」
    「賢いと思うよ恥ずかしいとかなんでそんな感性になるんだろうね 都市部なら年間100万近く変わるのに」

    親の介護のためなど、実家暮らしをする事情は人それぞれ

    一方で、「イメージ良くないのは事実」という意見もあった。不動産情報サイト「at home VOX」の調査では、「実家暮らしは何歳までしてもいいと思いますか」という質問に「30歳」という回答が多かった。

    ただ、「30歳を過ぎての一人暮らしは自立していない」という考えは一面的な見方だろう。スレ主は度々長男であることを強調しており、老親の面倒を見る心づもりがあるのかもしれない。

    ほかには、「給料の低さ」も挙がる。一般的に家賃は「月の手取り額の3割が目安」と言われる。仮に手取り20万円であれば家賃は6万円以下に抑えないと、生活がギリギリになってしまう。

    経済的理由以外にも、「親の介護」「家業の手伝い」などで実家暮らしをせざるを得ないケースもありえる。人にはそれぞれ事情がある。自分の考えを相手に押し付けるのはいかがなものだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【議論】「30歳を過ぎて実家暮らしは恥ずかしい?」「家から通勤できるのに家賃は無駄金」という声も】の続きを読む


    キャリコネ

    都民ファーストの会に所属する東京都議会議員・音喜多駿氏の呟きが炎上している。元東京都知事の舛添要一氏の生活について「カップ麺を食べる貧乏生活を主張されているらしいですが、完全にダウト」と発言。ツイッター上で、「貧困者の実態が分かっていない」と批判が殺到している。

    「節約の実態を知らない人はすぐにカップ麺=貧乏生活と思い込みがちです」

    舛添氏は8月17日の「有吉ジャポン」(TBS系)や8月27日の「サンデー・ジャポン」(同系)に出演し、現在の生活ぶりを明かしていた。月収160万円台だった都知事時代から一変し、今では月収11万円だという。生活費を少しでも節約しようと家庭菜園で野菜を育てたり、カップ麺を食べて食費を削ったりと努力している様子が放送されていた。

    音喜多氏はこうした舛添氏の姿勢を

    「なんか舛添前都知事がテレビ番組に出て、カップ麺を食べる貧乏生活を主張されているらしいですが、完全にダウト。節約の実態を知らない人はすぐにカップ麺=貧乏生活と思い込みがちですが、本当にコストをセーブできるのは米とパスタです。カップ麺など贅沢品!相変わらずなのですな、この方は……」

    と一蹴したのだ。

    音喜多氏は以前から、事あるごとに舛添氏を批判していた。昨年話題になった舛添氏の高額な海外出張費に関しては、自身のブログでも定期的に取り上げる他、議会でも質問をぶつけていた。

    「失礼ですが、あなた本当に北区の代表ですか?」

    番組で放送された舛添氏の現在の様子に、「庶民派」を演出する意図があった可能性は否定できない。音喜多氏としてはそうした欺瞞をタネに舛添氏を批判したかったのだろうが、目論見は外れ、反論が相次ぐ事態となってしまった。

    カップ麺の相場は、特別に高級な品を除けば1つ100円程度だが、ツイッターでは

    「米やパスタだけで凌げると思ってますか。甘いです。やったことある人なら分かるけど、結局何かしらのオカズが必要になるので安いカップ麺買ったほうが凌げます。知らんでしょ?」

    といった指摘が寄せられた。米や具無しパスタより、カップ麺のほうが満足感が高く、腹持ちも良かったりもする。また、ご飯を炊いたり湯を沸かしたりといった手間、光熱費を考えれば、カップ麺で済ますことを「贅沢」とは言えないだろう。

    音喜多氏の出身区の北区は、経済的にはあまり良好とはいえない。2014年には同氏が自身のブログで、23区内を平均所得順に並べると北区が最下位だとも明かしている。こうした背景があっての発言だったことも火に油を注いだようで、

    「失礼ですが、あなた本当に北区の代表ですか? 北区の住民の実態を把握していないとしか思えませんが。 お金も無い、体力も無い高齢者が選挙区にどれだけいるか知ってますか」

    と、議員としての姿勢に疑問を呈する声もあった。同氏の発言を受け、ツイッターでは「都民ファーストの箝口令は名采配だったんだなあと感心している」という皮肉も出ていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「カップ麺は贅沢品。節約できるのは米とパスタ」 都民ファ音喜多議員の呟きに批判噴出「貧困者の実態が分かっていない」】の続きを読む


    Happy woman lying on sofa in messy room at home.
    愛カツ

    彼氏や気になる男子が、はじめて自分の部屋に来る時。掃除も、かわいい部屋着もカンペキ!なんて思っていても、自分では気付かない「男子ドン引きアイテム」を見落としているかも……。

    今回は、20代・30代の男性223人を対象に、「女子の部屋にあると正直引いてしまうもの」を聞いてみました。いったい男子は女子の部屋のドコをチェックしているのでしょう?

    女子の部屋にあると正直引いてしまうものランキング

    1位:汚いトイレ(130票)

    2位:放置されたゴミ(111票)

    3位:元カレの写真(98票)

    4位:男物の服や下着(94票)

    5位:タバコ・灰皿(91票)

    6位:賞味期限切れの食品(83票)

    7位:脱ぎっぱなしの衣類(74票)

    8位:ギャンブル関係のグッズ(73票)

    9位:大量の酒(69票)

    10位:BL作品(40票)

    という結果になりました。男女問わず、清潔感がない部屋は論外ですよね。1位、2位に関しては、男子ウケというより「人として」きちんとするべし……!

    特にトイレは一見きれいに見えても、「便座の裏が汚くて引いた」という状況があるあるのようです。自分では気づきづらいポイントですが、便座を上げて用を足す男子には一瞬で気づかれてしまうので、隅々までよーく磨きましょう。

    男のカゲが見えるものもNG

    3位、4位に見えるように、男子的に「自分以外の男のカゲ」が見えるものにも引いてしまう傾向。

    元カレの写真やプリクラなどは処分するか、絶対に目に入らないところにしまっておくのが賢明です。気をきかせたつもりで、「これ着ていいよ〜」なんて、元カレのパジャマを渡すのもNGですよ!

    タバコや灰皿も、本人が使っていない場合は「誰の……?」と、いらぬ心配をかけてしまうようですので、その場合は思い切って処分した方がいいでしょう。(喫煙者であることを隠していた場合も、人によっては引いてしまうそう)

    また、10位のBL本のように、一般的に理解され難い趣味のアイテムも、打ち解けるまでは隠しておいた方がベターかもしれません。

    居心地の良い部屋をつくろう

    アンケート結果上位になった「不潔・男のカゲ」は、男女反転で考えてみても嫌なものです。清潔感がある・男のカゲを見せない、というのは相手を思いやる最低限のマナー。隅々まできれいにして(とくに水回りの清潔感は大事)、元カレの思い出はバッサリ処分し、お互いに居心地のよい部屋をつくりましょう。

    (愛カツ編集部)

    アンケート対象:fastaskモニター 男性223人(20代・30代男性)複数選択回答



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【男が女子の部屋にあるとドン引きするモノランキングwwwwww】の続きを読む


    プレジデントオンライン
    年収目標を持たず、週2日しか働かない。大原扁理さんは25歳から31歳までの6年間、東京でそんな「隠居」生活を送ってきた。年収は100万円以下。だがそれ以前は、毎日忙しく働いていたという。目標もなく働き続ける中で体調を崩し、生き延びるために“断捨離”を実行。その結果分かった、「隠居」に向く人・向かない人の違いとは?

    25歳~31歳まで6年間、東京の片隅で隠居生活をしていました。2016年の秋からは、拠点を台湾に移し、引き続きのんびり暮らしています。

    もともとは23歳のときに、特に目的もなく上京してきたのですが、生活費が高すぎて毎日休みなくアルバイトをしていました。当時は杉並区のシェアハウスに住んでおり、家賃が7万円。水道光熱費、食費、税金、この時はまだ持っていた携帯代を払うと、稼いだお金はほとんど消えていきました。

    毎日休みがなく、金銭的にもギリギリで内心かなりつらかったのですが、周囲に話すと「そんなのフツーだよ」と返ってきます。私は人生に目標がなかったので、なんのためにそんなに頑張って働かなければいけないのか、早々に自分を見失っていました。

    そんな生活を1年半ほど続けていたら、ストレスでじんましんが。「どれくらい働けば、世間ではなく自分が納得するのか」を探すきっかけになった出来事でした。

    ■働かないために必要ないものを捨てる

    収入をアップして生きづらさから脱出するという発想が思いつかず、まずは支出をできるだけ減らそうと考えました。最低限いくらお金があれば生きていけるのかを確かめるべく、必要ないものをひとつずつ切り捨てて行きます。

    激安アパートに引っ越し、携帯を解約し、親しい友達以外からのお誘いはすべてスルー。買い物は欲しいものでなく、必要なものだけ。3食自炊を心がけて、本は図書館、映画は無料の動画サイトを活用。ちょっとしたプレゼントなども、スコーンとジャムなどを自分で作るようになりました。

    こうして、がんばって切り詰めれば6万円で生きていけるようになったのですが、たまには外食をするような余裕もほしいので、7万円くらいあるとちょうどよい。そうとわかったら、忙しすぎるアルバイトを辞めることができました。その後も少しずつ調整して、最終的に行きついた理想的な生活が、「週に2日介護の仕事をして、5日は何もしない」というものでした。

    私は好きでこういう生活をしていますが、もちろん良いところも悪いところもあります。参考までにいくつかご紹介します。まずはメリットから。

    (1)より早く季節を知る

    例えば1月の半ばに、散歩の途中で他人の家の庭を眺めて、梅がほころび始めていたり、窓から差し込むひだまりにかげろうが立ち上っていたりするのを見ると、誰よりも先に季節を先取りしているようなお得感があります。四季の中でも特に、長く厳しい冬が終わって春がそこまできているという実感は格別です。

    都心で働きまくっていたときは、気がついたら桜が散っていた、という感じだったので、こうした余裕はかけがえのないものです。

    (2)お金に対する依存が減る

    お金が使えないと、自分でやらなければならないことが増えます。すると、強制的にお金に頼らず済まさざるを得ません。

    散髪は市販のバリカンを使って自分で切りますし、高い化粧水の代わりに質のいいエクストラバージンオリーブオイルをお風呂あがりに塗っておけば、肌をダメージから防げます。

    お金に頼らなくても自分でできることや代用品がたくさんあると知るのは、お金に対する依存度を減らすことにつながり、精神衛生上とても良いです。

    (3)他人を助ける心の余裕ができる

    収入が少ないので、金銭的に助けることはできませんが、時間がありあまっているので、ちょっとした助けがたくさんできます。

    例えば、友人の引っ越しや看病を手伝えるとか。街中でも、店の券売機の前で困っているご老人に使い方を教え、ベビーカーを持ったまま階段を下りようとしている母親に手を貸すなど、しょっちゅうです。

    働きまくっていた時は、こんな些細なこともできなかった。自分だけがつらいような気がして、街中で困っている人がいてもほぼ無視していました。自分の生活だけで精いっぱいなんだから、みんな自分でなんとかしろ、と。

    今は損得など度外視で、さっと助けることができますし、「助けたら損」みたいに考えていたあの頃のギスギスした心情には、できれば戻りたくないと思います。

    今度はデメリットをあげてみます。

    (1)時間がありあまる

    隠居生活はとにかくヒマです。来る日も来る日もやるべきことがひとつもなく、誰かが指示してくれるわけでもない。でも自分で作っていくしかありません。

    創造力を使い倒して、白紙の1日をどんなふうに過ごそうかと考えるのは、私にとってはワクワクすることです。しかし、そのような「ヒマ耐性」がないと、かなりつらいと思います。

    (2)将来の保証がない

    お金がないと保険にも入れませんし、老後の蓄えもない。病気や事故にあったときのことを考えると、心配性の人には向かないかもしれません。

    私は不安や心配はキリがないし、あまり遠くを見すぎないようにして、いざとなったらあきらめようと割り切っています。

    とはいえ隠居をしていると、ヒントに気がつくこともあります。将来のことを考えてもらちがあかないので、今日この1日を生きることに集中するしかない。すると、死ぬということがただそれだけのこととして、ストンと腑に落ちることがある。なぜ死ぬことがそんなにいけないと思っていたのか。よく考えたらみんないつか死ぬんだし、良い悪いというものではないな、死なないように必死になることもないか、という感じです。

    (3)贅沢ができない

    お金がないなら時間を使えばいいとはいえ、時間とは引き換えられない贅沢もあります。高級レストランやホテル、ブランド品、パーティー、旅行、ジムやエステ、習い事などは、ほぼ諦めることになります。

    ただ、こうしたことから離れていると、贅沢にもいろいろな種類があることに気がつきます。たしかにお金はないのですが、会いたくない人に会わなくていい、行きたくないところに行かなくていい、やりたくないことをやらなくていい。そういった生活はある意味、ものすごく贅沢なことなんじゃないか、とも思います。

    よりよく生きるということは、自分がどういうふうにありたいのかをいつも考え、主体的に選択し続けること。隠居を始めてから、そんなふうに思うようになりました。それは、もし失敗しても親や社会のせいにはできないし、全部自分の責任だし、怖いことでもあります。それでも、自分で選びとった毎日というのは、何物にも代えがたいものです。

    以下、私が毎日をよりよく生きるために気をつけていることを紹介します。

    (1)年収目標を持たない

    私は年収100万円以下で5年間過ごしていましたが、それを目指していたわけではありません。自分が必要ないと思うものをひとつずつ捨て、快適だと思うものを選んでいったら、結果として年収100万円以下で小さく生活できるようになってしまいました。

    目標を立てると迷わない、という利点はありますが、それしか見えなくなってしまう可能性も。私は年収に限らず、将来の目標がまったくなく、こだわりもありませんでした。だから想像もしなかった方向へ事態が転がっていくことを楽しめて、結果、隠居という生活にたどり着けたのだと思っています。

    (2)自分にとっての幸せを見極める

    正直、自分の生活がこれでいいのかなぁ、と思うことも、なくはないです。そんなときは、何が自分にとっての幸せなのかを確認することにしています。

    私の場合は、毎日息が吸えて、痛いところがなくて、お茶を飲みながら読書できたら幸せ。それを実現するために最低限だけ働くのは厭(いと)わない。

    上京したばかりで、贅沢しているわけでもないのに生活のために休みなく働いていた頃を思うと、これが幸せじゃないなら何が幸せなんだろう、という感じです。

    (3)これがベストだと思わない

    私は自分の生活スタイルを、ベストだとは思いません。自分が好きで納得してそれを選んだだけなので、良い悪いの判断はナンセンス。だから他人に押し付けたり薦めたり、という気も起こりません。「やってみたらできましたよ」と、ただ紹介してるだけのような感じです。

    私も、もし働くのが好きだったら会社員として週5日でも働くと思います。結果がベストかどうかよりも、自分の意志でそれを選んだということのほうが大切です。

    私は現在は隠居をしていますが、いつかやめたくなる時がくるかもしれない。スタイルだけが先行して、流行や常識に流されてしまったり、自分がそのときやりたいことを見逃してしまったりしないように、緊張感をもって生きていきたいと思います。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【休みなしにアルバイトを続けた20代の末路】の続きを読む

    このページのトップヘ