ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    生活関連


    あまりにも鬼畜すぎる出来事が発生し、悲しみの声が広まっている。2018年1月19日13時40分ごろ、25歳の妊婦がJR常磐線の電車内で赤ちゃんを出産した件で、出産した女性と「出産を手伝った元看護師の親族」のTwitterにバッシングの声が寄せられ、ふたりのTwitterが非公開になったのである。

    ・一部の人たちから強いバッシング
    出産当日、女性は電車に乗車中に破水し、そのまま同じ電車に乗っていた元看護師の女性に手伝ってもらいながら車内で出産した。その後、出産した女性と元看護師の親族がTwitterでつながり、お互いが近況を報告し合うハートフルな展開が発生(元看護師はTwitterをやっていないためその娘が対応)。このまま微笑ましい流れで終わるかと思いきや、一部の人たちから強いバッシングが発生。

    ・ふさわしくない話題
    インターネット上では「出産予定日前から入院しとけや」「シート汚損と列車遅延の責任は取ってもらう」「電車止めるとはすごいな出産テロだ」などの内容でバッシングが書き込みされる流れに発展。Twitterやインターネット掲示板などで強いバッシングが行われている。

    テレビに出演した出産を手伝った元看護師に対しても強いバッシングがネットに書き込みされている状況だ。出産した女性はすぐにTwitterを非公開にし、元看護師の親族も後日Twitterを非公開とした。

    ・赤ちゃんが無事に生まれればそれで良い
    この件に関して出産経験がある女性(28歳)に意見を聞いたところ「赤ちゃんが無事に生まれただけですべてが許される世の中になってほしい」「お金だの迷惑だのの話は当事者がすればよいのであって部外者は口出しすることじゃない」と話していた。

    ふたりは感謝の気持ちに包まれつつTwitterで会話していただけに、非常に悲して展開といえよう。

    もっと詳しく読む: 電車で出産した女性と「出産を手伝った女性の親族」に大量の誹謗中傷 / 心を痛めTwitter非公開か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/22/birth-by-train-slander/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【非道】電車出産した女性と手伝った元看護師に鬼畜なバッシング / 心を痛めTwitter非公開か「出産テロだ」「列車遅延の責任とれ」】の続きを読む


    性差別や人種差別など、あらゆる部分において差別問題が大きく問題視されるようになった昨今、その影響は飲食店にまで及ぶのではないかと囁かれている。差別はあらゆる部分に存在するので、その火種がある場所であれば、どこにでも影響が及ぶのは当然といえよう。

    ・性別により制限がある飲食店
    たとえば、男性だけの入店を断っているスイーツビュッフェの店や、女性だけの入店を断っている居酒屋などが存在する(存在した)。スイーツビュッフェが男性だけの入店を断っていたのは「ナンパする男性がいたから」との情報もある。

    私が「男性のみの入店お断り」を知ったのは新宿の高野フルーツパーラーで並んでるときだった。最初は「男性はたくさん食べるから採算が取れないのかも」と思ったけど「ナンパする人がいるから」という理由を聞いて驚いた。時間制限ありのブッフェでナンパされるとか逃げられないし最低だよな。

    — jing (@_Aproject) 2018年1月12日

    ・女性の入店お断り
    特に女性だけの入店を断っている店として有名なのが、東京都の新宿思い出横丁にある「ささもと」(東京都新宿区西新宿1-2-7)だ。ここは女性だけの入店を断っており、女性ひとりはもちろん、女性ふたりで、女性三人でもNG。しかしグループに男性がひとりでもいれば入店が可能となる。よってカップルや「女性ふたり男性ひとり」などは入店可能。

    女性だけで入れない理由は諸説あるが、「女性は長居をする傾向にある」「女性がゆっくり楽しめる店ではない」「あまり注文しない」などがその理由として囁かれているが、店主だからこそわかる持論があるのは間違いない。

    ・性別による制限が注目
    差別問題が大きく報じられるようになった今、どのような理由があれど「男性禁止」「女性禁止」などの性別による制限が注目されるのは必然的であり、この世からそのような制限が消える方向に流れるのは間違いなさそうだ。

    ちなみにキャバクラやホストクラブなどは、むしろ男性も女性も両方問題なく入れるという店が多いようである。

    もっと詳しく読む: 差別問題の正常化で今後注目を集める「女性入店禁止」の飲食店(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/15/discrimination-problem-food/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【議論】差別問題の正常化で今後注目を集める「女性入店禁止」の飲食店】の続きを読む


    記事提供:Honne de Talk|彼氏や彼女、恋人の恋愛などの心理を知ろう「本音でトーク」

    Honne de Talk

    ネット上でも「ユニクロなのに〇〇な男」「ユニクロ着てる男って〇〇だよね」などユニクロをほめてるのか、バカにしてるのかわからないやり取りをよく目にします。

    以前、職場で「全身ユニクロなのにすごいセンスいい男がいたの~!」と同僚にはなしたところ、たまたまそいつが大学時代ユニクロでバイトしていたということで、「ねぇ、ユニクロなのにセンスいいってさ、ユニクロばかにしてる?ユニクロの服めちゃくちゃクオリティ高いからね」って軽く説教されたことがある筆者です。

    今回の本音でトークは「男性の全身ユニクロってあり?」をテーマに10代~30代の女性たちに対してアンケートを実施しました☆

    すると、圧倒的に全身ユニクロokな女性が多いことがわかりましたよ!

    ここで一部の意見をのぞいていきましょう♡

    ユニクロ?全然ok♡派

    vir_un2_171124
    その人に似合ってたらアリ!本人の魅力次第だと思う(笑)(10代/女性)
    逆に妙にこだわりの強いファッションとかをされるよりマシ(笑)(30代/女性)
    UNIQLOをオシャレに着こなせるテクニックがあるならありかな♡(30代/女性)
    他のコメントも見てみる→男性の全身ユニクロってあり?

    なにがいいたいかって、ユニクロだろうが着こなしが良ければ問題ないってことですね☆

    ひと昔前はユニクロ=ダサいと思う方も多かったようですが、今は起用モデルもおしゃれな男女ばかりで、最近は全く持ってダサい印象はないように思えます(*^^*)

    全身ユニクロ?勘弁して派

    vir_un_171124
    上下どっちかでシンプルなものならいいと思うけど全身はありえない。(30代/女性)
    全身は×。一か所でもいいから拘りを持ってほしいかなー。(30代/女性)
    他のコメントも見てみる→男性の全身ユニクロってあり?

    30代女性のなかには、全身ユニクロがNGと思う方がいるようです。

    ユニクロ=安いっってことから、安い=お金ないみたいに紐づけてるような気が・・・。

    まぁこれも人それぞれなんで文句はいえませんが、もしこの女性たちが独身だった場合「だから結婚できないんじゃない?」っていってあげたくなるのは私だけでしょうか。

    けつろん・・・

    世の女性たちは、「全身ユニクロでも構わないよ♡」と思ってることがわかりました☆ただし!全身ユニクロでくそダサいのはNGね?あくまでセンス良ければokってはなしなので☆

    男性のみなさん!好きなブランドでダサコーデを披露するくらいなら、全身ユニクロでもいいので、センスを磨きましょう♡

    記事提供:Honne de Talk|彼氏や彼女、恋人の恋愛などの心理を知ろう「本音でトーク」

    Honne de Talk

    男の全身ユニクロってあり?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【男の全身ユニクロってあり?】の続きを読む


     よく知られているように、日本は現金大国である。日本国内に流通する紙幣と硬貨の総額はGDP(国内総生産)の2割近くに達するが、これは他の先進国と比較してかなり高い。欧米では、コンビニの買い物にもクレジットカードや電子マネーを使う人が多いので、街中で現金をあまり見かけなくなっている。高額紙幣については、ほとんど姿を消したといってよいだろう。

    【その他の画像】

     日本で現金決済がなくならないのは、日本人が現金好きということに加え、ATM網の整備が進んでいるからだといわれる。現在、日本では約20万台のATMが稼働しているので、ある程度、人が集まるエリアであれば手軽に現金を引き出すことができる。

     しかしながら、便利でラクだと思っていた現金決済にも実は多くの落とし穴がある。確かにATM網は便利だが、ここには多額のコストがかかっている。外資系コンサルティング会社のボストン・コンサルティング・グループによると、日本の金融機関はATM網の維持に年間2兆円のコストをかけているという。このコストは手数料や金利の抑制など、何らかの形で利用者が負担しているわけだ。

     現金のコストはそれだけではない。上記のコストはあくまで金融機関のものだが、小売店や飲食店など店舗側のコストを含めると金額はさらに増大する。

     筆者はよくフードトラック(屋台)でランチを買っているのだが、先日、店員の1人が銀行に行ったままなかなか戻ってこないという出来事があった。銀行は長蛇の列になっていたらしく、硬貨のセット(いわゆる棒金)が入手できなかったのだという。店主はその間、釣り銭がなくならないか、ずっとひやひやしていた。

     日本の店舗では、釣り銭を確保するため、かなりの労力をかけて現金を準備しているわけだが、この作業に費やす手間や時間を金額換算した場合、相当な額に膨れ上がるだろう。

    ●ツケ払いが標準の日本

     「既に存在しているATM網をうまく活用しているのだから、一概に効率が悪いとは言えない」との見方もある。だがATMは現金決済のためだけに存在しているのではなく、他の用途にも使われているからこそ存続できている面がある。逆にいえば、その用途がなくなってしまうと、現在のATM網は維持できなくなる可能性が高い。それは請求書をベースにした銀行振り込みという日本の商習慣である。

     日本では企業間取引の場合、請求書を発行して、翌月末などに銀行振り込みで決済するのは、ごく当たり前の方法である。要するにツケ払いが標準となっているわけだが、よく考えると、このやり方はリスクが大きい。

     本来、製品やサービスを提供する側は、できるだけ早くお金が欲しいはずである。また製品やサービスを買った顧客が確実にお金を払ってくれるという保証はない。そうであるならば、小切手を受け取ったり、カード決済を確認してから商品を出荷する方が安全で合理的なはずだ。実際、諸外国ではそうなっている。

     米国でも請求書ベースの後払いという方法はあるが、それはある程度、信用が出来上がった相手との取引に限定される。そうでない取引の場合には、法人クレジットカードでの決済や小切手を使った代引き決済となるケースが多い。クレジットカードであれば、万が一、相手企業に何かトラブルがあっても、支払いはカード会社が保証してくれるので回収できないリスクはかなり軽減される。

     相手に対する信用供与や回収といった、いわゆる金融業務はカード会社など金融機関に任せ、自身は商品のやりとりなど本業に集中した方が合理的である。

    ●大規模なコスト削減を迫られている銀行

     ところが日本では、確実に支払ってくれる保証がないにもかかわらず、ほとんどの取引を無条件でツケ払いにしている。しかも代金を振り込むため、従業員が金融機関のATMににわざわざ出向くことも多い(金融機関の法人向けネットサービスは貧弱で手数料が高いのであまり普及していない)。月末ともなるとATMの前は長蛇の列だ。

     一般的な事業会社が、金融業務まで行っているわけだが、このための人件費で企業の利益を圧迫している。

     習慣というのは恐ろしいもので、一度、身に付いてしまうと誰もそれを疑問に思わなくることがある。

     筆者は従来の商習慣を全否定したいわけではない。当時としては合理的な選択であっても、市場やテクノロジーなどの変化によって、今では非合理的になっている部分があるのだ。

     日本でも徐々に電子マネーが普及しており、現金決済を見直そうという動きが活発になっている。一方、メガバンク各行は、大規模な人員削減と店舗縮小を表明するなど、コスト削減が重要課題となっている。背景となっているのは各種フィンテックの進展である。当然、巨大なATM網も見直しの対象となってくるだろう。一連の動きをセットで考え、これまでの商習慣について白紙で考え直してみるのも悪くないだろう。

    (加谷珪一)

    米国や欧州では電子マネー化が進んでいるが……


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本が「現金決済」から抜け出せないワケ】の続きを読む


    妊娠中の女性が、月の残業100時間、徹夜もある状況で働くのを目の当たりにしたら、家族でなくとも心配するのが人情です。しかし、「人手不足」の名のもとに、こうした認識が抜け落ちることがあるようです。

    1月9日、はてな匿名ダイアリーに「妊婦だけどもう会社辞めたい」と嘆く書き込みがありました。投稿者は妊娠7カ月。姉の夫一族が経営する土木系の小さな設計会社に勤めており、激務と人間関係の悪さから、産休前に「辞めたい」と漏らしています。(文:篠原みつき)

    激務に加えて育児が始まると思うと「心がくじけてしまって憂鬱でたまらない」


    このまま続けるのは心身共に辛すぎます

    当初は週5日、9時~17時の事務として採用になりましたが、人手不足から現場配属になり、資格も取得、今は7時~18時の週6勤務だと言います。同長を着て川に浸かり、橋梁の点検を行うなどの仕事内容で、冬場の繁忙期には徹夜もあります。1日10時間勤務なのに残業が月100時間を越え、月に1日しか休みがない時もあるそうです。上司との関係も悪かったといいます。

    すっかり消耗しきった入社5年で妊娠が発覚し、これで辞められると思いました。ところが、夫と義母は「今の仕事を続けろ」の一点張り。

    賞与もある正社員をやめるのは勿体ないと言われているようですが、「夫は22時頃帰宅で家事分担も難しい」状況です。今の激務に加えて育児が始まると思うと「もう心がくじけてしまって憂鬱でたまらない(中略)これは甘えなの?」と辛さを訴えます。なんとも痛ましい不安と悩みです。

    「会社が、と言うより嫁ぎ先がそもそもブラック」「あなたの感覚はおかしくない」

    これは会社が完全にブラックで、投稿者は妊婦というだけでなく1人の労働者としても大切にされていません。それが会社だけでなく、味方であるはずの夫までというのが最大の悲劇でしょう。自分の子どもを身ごもった妻に対する思いやりのカケラも感じられません。

    この投稿には多くの同情コメントが寄せられました。

    「会社が、と言うより嫁ぎ先がそもそもブラック」
    「あなたの感覚はおかしくないよ、その会社が・旦那が・義母が、おかしいんだよ。自分とお腹の子の健康(心身共に)が一番大事だよ。逃げていいよ」

    「似てるケースを知っている。同じような環境で、その人は、切迫流産になりそうになって入院した。そんなにストレス抱える必要はない」というコメントも。大多数が「辞めるべき」「話し合ってダメなら公的機関に相談して」というアドバイスでした。

    筆者も同感です。しかし、本人にしてみれば簡単に辞められないからこそ悩むもの。他人からは伺い知れない、しがらみや思い込みがあるでしょう。コメントに「仕事辞めるのに許可貰わなくていいのよ」という声もありましたが、その通りです。

    建設業界の人手不足は深刻で、企業は人材の繋ぎ止めに必死です。資格も取って現場経験のある投稿者なら、別の会社で再び働くことも可能なはず。しかしその前に、「仕事を辞めるな」と言う夫に、辞めずに済む環境とはどんなものか、一緒に考えてほしいものです。生まれてくる子は2人の子どもなのに、これではあまりにも、妻の孤独が深すぎるでしょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「妊婦だけどもう会社辞めたい」1日10時間、週6勤務の女性に同情集まる 「仕事続けろ」一点張りの家族に批判も】の続きを読む

    このページのトップヘ