ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    企業・労働・就活


     2015年に広告大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺してから丸2年を迎えた25日、母親の幸美さん(54)が弁護士を通じて手記を公表した。電通が今年10月に違法な長時間労働の労働基準法違反罪で罰金50万円の有罪判決を受けたことに「責任があまりにも軽すぎます。罰則を強化する法律の改定が必要」と求めた。

     手記は「娘のまつりがいない、2度目のクリスマスです」と始まる。「毎朝目覚めると、生きている世界に戻っているのではないかと、いまだに淡い期待を抱き続けています」などとつづられ、「まつりの尊厳を守れるのは私しかいない。後を追うことは許されない。必死の2年間でした」と振り返った。

     月100時間未満の残業規制を設ける政府の働き方改革には、「過労死ラインを越える長時間労働を認め、大変疑問が残る」と指摘。「欧州諸国のように11時間の勤務間インターバルの義務付けこそが必要」とし、「眠らないで生きられる人間などこの世にいるはずないからです」と訴えた。

     最後に「普通の生活をして普通に幸せになりたかった」と記し、「不幸な親子を増やさないために日本社会全体で働く人の命と健康を守ってほしい」と結んだ。 

    〔写真説明〕旅先のタイで笑顔の高橋まつりさん(左)と母幸美さん=2014年1月(幸美さん提供)

    旅先のタイで笑顔の高橋まつりさん(左)と母幸美さん=2014年1月(幸美さん提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【過労死への罪「あまりに軽い」=娘いないクリスマス-電通事件2年、母が手記】の続きを読む



    12月も後半に入り、いよいよ2017年も残りわずかとなった。世の大人たちは、忘年会に忙しくなる時期だ。

    忘年会といっても友達同士の集まりや親族の集まりなどいろいろな会があるが、もっとも多いのは職場での忘年会だろう。会社の恒例行事のようになっている忘年会も多く、そうなるともはや“仕事”の一部…。Twitterでは、

    “職場の忘年会に行きたく無さすぎて吐きそう…… 歓迎会もかねてるからひとこと挨拶って…………もう3ヶ月目とかなのに今更何を言えと…………”
    “明日は休みなのに夜には職場の忘年会があるっつー! 仕事じゃんっつー! なのに明後日から仕事納めの28日まで休みなしっつー!”
    “さぁ今日はこれから忘年会a.k.aクソイベに行くよ!! そして僕は明日も仕事だよ!! はー、クッソ 職場の忘年会一次会でブッチしてだれか遊ぼうよ”
    “会社の忘年会とかいうクソイベ 今年も終バスを理由に撤退戦を繰り広げなければならない”

    と、忘年会を“クソイベ=クソイベント”と呼び、嫌々ながら参加するというネットユーザーからの愚痴が多数投稿されている。

    そして、忘年会においてもっとも大変なのが幹事だ。

    “忘年会つらいなぁ。 夜勤明けの日は寝たいなぁ。 二時間しか寝てないよ 幹事だから挨拶とか させられるんだろうなぁ。 ほんとただひたすら食べてやる!笑”
    “今日忘年会なんだけどなんか今更自己紹介をやるとかなんとかでいい大人たちが揉めててちなみに私幹事なのに決定事項だけ代わる代わる告げられてまじくそふぁっきん状態なので帰りたい 結局自己紹介やらんのかよ!!!”
    “4000円払って店の予約して人数の確認しておそらく当日も飲みすぎることができないっていう会社の忘年会の幹事とかいうクソイベなにこれ…領収書を会社に出してしまいたい”

    など、幹事であるがゆえに面倒くさい仕事をやらされる羽目になり、苛立つ人も多い。

    社員の交流という意味では意義深いかもしれないが、プライベートの時間を大切にしたい人にとっては少々面倒くさい会社の忘年会。Twitterはそんな会社員たちのはけ口となっているようだ。
    (小浦大生)

    ■関連リンク
    ・「忘年会」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)
    https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【会社の忘年会は「クソイベ」 愚痴投稿を連発するネットユーザーたち】の続きを読む


    静岡県職員の自殺者が、2009年から2016年の過去8年間で41人に上ることが分かった。川勝県知事が12月18日の定例記者会見で明らかにし、朝日新聞等が報じた。

    41人の内訳は、知事部局が17人、教育委員会や県警本部が合わせて24人。知事部局とは企業局とがんセンターを除く県庁内の部局の総称で、特定の部局を指すものではない。川勝知事は会見で「鬱積したものがあれば言える環境、言える職場の空気を作っていきたい」とコメントしている。

    「職員数100人削減」の目標は取り下げたが、人手不足は依然解消せず


    画像は静岡県のサイトより。

    自治体職員1000人あたりの年間自殺者数(2015年)は、全国の都道府県・政令指定都市の平均値が0.18なのに比べ、静岡県は0.34と約2倍だ。

    過去8年間は、現在知事を務める川勝知事の就任時期と重なる。就任前の8年間(2001年から2008年)の自殺者数が12人だったことを踏まえると、就任後の仕事の進め方や方針転換が影響している可能性もある。

    県の担当者は会見で、「自殺の原因は本人の健康状態、仕事、家庭など様々」と語っていたが、静岡県職員労組はキャリコネニュースの取材に対し、「人員不足が大きいのでは」との見方を示した。

    労組の担当者によると、2015年時点で、年間360時間以上の時間外労働をした職員は1000人を超えていたという。元々予算あたりの職員数が少なかった静岡県だが、ここから更に人員削減を進めたため、職員一人にかかる業務負荷が大きくなっていたようだ。県は昨年12月、行政改革大綱の中にあった「職員数100人削減」の目標を取り下げたが、人手不足は依然解消していないという。

    残業削減指導するも「声かけが行き過ぎ、かえって時間外勤務を申請しない人も増えた」

    また、時間外労働の正確な把握が出来ていないことも原因だと指摘する。

    「静岡県の定時は17時15分なのですが、2年前までの勤怠管理システムでは、残業を申請しようとすると、2時間後の19時15分がデフォルトで入力されている仕様でした。組合のアンケートでも『2時間を越えない場合は入力しない』と答えた人は半分いるなど、2時間未満の残業申請は心理的に躊躇われる状況でした。交渉によって、デフォルトの値は30分に改善できましたが、これがサービス残業の原因になっていたと思われます」

    来年4月には、この30分の表記もなくなり、自由に入力しやすくなる見通しだという。

    最近では電通の過労死事件を受け、管理職から部下へ、時間外労働を減らすよう指導していたというが、「声かけが行き過ぎ、かえって時間外勤務を申請しない人も増えた」と言う。組合の担当者は

    「静岡県の労働環境が他と比べて劣悪ということはありませんが、人員不足は課題。長時間労働の削減方法も、現場から提案するだけでは限界があります。県には、減らす手法を考え提示するよう今後も対応していきたいです」

    と話していた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【静岡県職員、過去8年で41人自殺という異常な事態 職員労組は「人員不足が大きな原因」と分析】の続きを読む


    ファミリーレストラン大手の「すかいらーくグループ」(東京都武蔵野市)は12月1日から、従業員の通勤途中の喫煙を禁止をすると発表した。電気加熱式たばこも対象となる。

    すかいらーく広報によると、対象は本社に勤務する従業員。本社内の喫煙スペースを全て廃止するほか、土日祝日を含めて、本社の最寄駅やバス停からの通勤路での歩きタバコ、会社周辺のコンビニ前など、屋外施設での喫煙を禁止するといった社内通知を出した。違反を確認した場合、注意はするが罰則は設けず、「注意喚起」といった禁煙推奨の意味合いが強いという。

    従業員に対して禁煙を促す企業が増えているが、会社と最寄駅の間の喫煙行為についても言及するケースは珍しい。通勤時間の喫煙を「禁止」した場合、法的に問題はないのだろうか。上林佑弁護士に聞いた。

    ●使用者の指揮命令下にあれば「労働時間」

    そもそも通勤時間は労働時間に該当するのか。

    「労働時間に該当するか否かは、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができるか否かにより客観的に定まります。

    労働に従事している時間はもちろん、作業の指示待ち時間などのいわゆる手待ち時間であっても、指示があればすぐに作業に入れるように待機している場合には、使用者の指揮命令下にある、つまり、労務への拘束性があるといえ、労働時間に該当すると評価されています。

    そして、通勤時間は、労務に従事しておらず、会社の指揮命令下にある時間ではないので、労務への拘束性がなく、労働時間には該当しません。労務を会社に提供するために、会社に赴くための時間に過ぎないのです」

    もし、通勤中の喫煙を「禁止」した場合、労基法上の労働時間に当たることになるのか。

    「会社が社員に通勤途中の喫煙行為を禁じた場合、社員は、喫煙をする自由を制約されることになりますが、それによっても、労務への拘束性があるとまでは言えず、そのような制約が課された通勤時間であってもこれを直ちに労働時間と評価することはできないと考えます」

    ●労働時間外における喫煙行為を禁止することは行き過ぎ

    通勤途中の喫煙行為を禁じたとしても、労働時間とはみなされないということだ。一方で、上林弁護士は別の問題があると指摘する。

    「会社が本来労働時間外の時間である通勤時間について、社員の喫煙を禁止すること自体には問題がないとは言えません。

    会社は、本来自由であるべき社員の私生活上の行為について制約を課すことはできず、会社の社会的評価に重大な悪影響を与える行為等について例外的に制約を課すことができるに過ぎません。喫煙行為は、本来自由になしえるものであり、労働時間外における喫煙行為を『禁止』まですることは行き過ぎた制約と考えます」

    すかいらーく広報によると、違反しても注意はするが罰則は設けないということだった。もし、罰則を設けていたら、どうだろうか。

    「社員が通勤時間中の喫煙禁止命令に違反したことに対し、会社が懲戒処分を行うと、本来企業秩序を維持するための制度である会社の懲戒権を濫用したものとして無効とされる可能性が極めて高いでしょう」

    今回のすかいらーくの禁煙の取り組みについて、ネット上では「時代の流れ」「私生活に踏み込み過ぎてはいないか」など賛否両論の声があがっている。

    「昨今、喫煙行為に嫌悪感を持つ方が非常に多いことや受動喫煙防止のために、喫煙を制限する法律や条例が数多く制定されています。また、喫煙する方の健康への配慮という観点からも、会社が社員に対して、禁煙を『推奨』すること自体は時代の流れに沿ったものと言え、推奨すること自体は、特段問題はないと思われます。

    しかし、通勤途中に限定したものとはいえ、禁煙の『推奨』を超えて、職場外における喫煙を『禁止』まですることは、たとえその違反に対して制裁を伴わないものであったとしても、社員の私生活への過度な介入と評価される可能性があります」

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    上林 佑(かみばやし・ゆう)弁護士
    仙台弁護士会所属。労働問題を中心に、その他企業法務一般、交通事故、知的財産権等、広く取り扱っている。
    事務所名:三島法律事務所

    「すかいらーく」通勤途中の喫煙禁止に賛否両論…会社の対応に法的問題は?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「すかいらーく」通勤途中の喫煙禁止に賛否両論…会社の対応に法的問題は?】の続きを読む



    (出典 saposute-kitaosaka.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2017/12/11(月) 12:02:29.980

    一部上場企業ってコネ無理なのかよ


    【親父の会社にコネで入ろうと思ったら面接で落とされてワロタ 】の続きを読む

    このページのトップヘ