ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    男性・女性・恋愛関係


    「ポルノに触れすぎると脳がダメになる」――。ハーバード大学医学部研究員がブログで証言した。Majeres氏は実験用マウスを使い、エロと脳のダメージの関係を立証している。


    ■エロを追求しすぎると脳は異常を起こす

     Majeres氏の実験方法はこうだ。まず、オスとメスのマウスを1匹ずつかごに入れて様子を見る。ほどなくしてオスはメスに興味を示し、セックスを始める。事が済むと、オスの快楽は満たされてしまい、セックスをしなくなった。ドーパミンが一気に放出されてしまったのだ。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15281_entry.html】

     そこで、Majeres氏はメスを交換する。新たなメスがかごに入るとオスは即座に新人のメスに襲いかかり、さっきまでの冷めた様子はどこへやら、しっかりと事に及んだ。事が済むとMajeres氏はまた新たなメスと交換する。オスはまたセックスをする。この繰り返しを延々とやっていったという。

     すると何が起きたのか。オスの脳は異常を起こし、ほぼ死ぬ間際までやり続けてしまったのだという。エロの追求をしすぎたら、その先に待っているのは脳の異常というわけである。

     ヒトの場合、エロやポルノを介して同種類の刺激を受け続けた男の脳は、下垂体部に異常が出てしまうそうだ。男のセックスにおいては、セックスパートナーが変わっても「女を支配したい!」「今だ、行け!」という性的欲求の“種類”は変わらない。種類が変わらないのだから、その都度同じくドーパミンが放出される。

     求めているエロスが目の前にあると、そのターゲットに向かって神経を集中させる。超集中状態、超快感状態……この連続がドーパミン過剰を引き起こす。メスも当然ドーパミンが出るが、事を終えると相手にされなくなるのだからドーパミン過剰状態に陥らずに済む。

     ところがオスは支配欲からドーパミン受容体が壊れるまでヤリ続けてしまう。脳を守るために受容体があるのに、欲がそのキャパを超えてしまうのだ。これがほかの食欲などとは違う、性欲の厄介な点だ。


    ■感動のバリエーションを豊富に持つべき

     感動を得たい、快楽を得たい。それは動物が持つ当然の欲だ。その欲を刺激することは、脳の発達にも役立つ。ただ、エロやポルノに対する感動や快楽は結局同種類だし、その性質上、際限がなくなりがちだ。Majeres氏は快感の満たし方について、こう結論づけている。

    「ただ快楽や感動を満たすためなら、同種類の欲ではなく他の対象に目を向けると良い。性欲だけではなく、驚き、ショックなど、別の感動を得て脳に刺激を与えれば、脳は健全に育つものです」(Majeres氏)

     脳は新たな驚きを得ながら常に変化を起こす。この性質を、脳の神経可塑性と呼び、こうして脳が育つ。ポルノがすべて悪いわけではなく、感動のバリエーションを豊富に持つために、性的なものに限らずさまざまな種類のシーンに自らを投身してみることだ。
    (文=鮎沢明)


    ※イメージ画像は、「Thinkstock」より

    イメージ画像は、「Thinkstock」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【警告】AVを見すぎると脳が壊れることが判明! エロの副作用は予想以上に深刻だった!(最新研究)】の続きを読む


     飲食店のソファー席の利用に関する議論が以前、SNS上で行われました。きっかけは、「交際相手の男性とカフェに入った時、男性がためらいなくソファー席に座ったことを快く思っていない。男性はソファー席に座らないでほしい」という女性の投稿。これに対し「そんなルールいつ決まったんだ」「男女差別」「それがマナーなの」という反論がある一方、「男として譲るべきだ」「『通路側が男性、壁側が女性』は国際的マナーだよね」「『女性は譲られて当然』という考え方が嫌」「どっちがいいか聞けばいいだけ」など、さまざまな声が上がっています。

     ソファー席の利用について「マナーのプロ」の見解はどのようなものでしょうか。企業や大学などで人財育成教育やマナーコンサルティングを行い、NHK大河ドラマや映画のマナー指導などでも活躍、マナー本が国内外で70冊以上(累計100万部超)のマナーコンサルタント・西出ひろ子さんに聞きました。

    いすにおける“格付け”とは

    Q.「ソファー席=女性」は適切だと思われますか。

    西出さん「まず『いす』という家具は西洋からの文化であり、いすの種類ごとに『格付け』が存在します。たとえば、背もたれやひじ掛けのない『スツール』は格下。ソファーにおいては、一般的に、数人が座ることのできる長いものが上位、1人掛けのものが下位と言われます。そのため、レディーファーストの文化が根付いている西洋では、女性を格上のソファーに誘導し、案内するのが基本マナーとされています。今回のケースは『いす』ということからも、ソファー席に女性が案内されて座るということは適切だと言えます。また、通路側が男性で、奥が女性というのも、格上のソファーが出入り口から遠い上座に位置し、下座となる通路側にいすが配置されている、というところから来ています。道を歩く時も、カップルならば男性が車道側を歩き、女性を守るということもありますね」

    Q.今回は、男性が勝手にソファーに座っていますがマナー違反に当たりますか。

    西出さん「『違反』は言い過ぎだと思います。マナーは、TPPPOに応じてその言動(型・形)が変わるもの。違反などと決めつけることはありません。一般に言われているマナーの基本スタイルを知った上で、その時々どうするかということでしょう。このケースでは女性側の不満として『勝手にソファーに座られた』点が挙がっていますが、その根本は、マナーの型うんぬんを言っているのではなく、もう少し女性である自分を大切に気遣ってほしかったという気持ちがあるのだと思います。その気持ちの部分に『マナーが感じられない』と不満に思われたのでしょう。男性側に、本来のマナーである相手に対する配慮や思いやりがあれば、相手(彼女)を先に格上のソファーに案内するのが先手必勝のマナーとは言えますね。その意味でも、レディーファーストは男性が先手を取る文化。今回のようなケースは、日本でしばしば話題になりますが、特に欧米では、レディーファーストが『普通』とされている部分が大きいため、男女で店に入った時、男性が女性をソファー席に通していないと、恥をかくのは女性よりもむしろ男性となる可能性大です。グローバルな観点から見て、日本の男性にとって、レディーファーストや女性に限らずとも『相手』を優先させるという意識を日ごろから身につけておくと、ビジネスなどでも必ず役立つと思います。それが『紳士=ジェントルマン』としてできるビジネスマンの立ち居振る舞いにもつながるでしょう。もちろん、これは、男性に限ったことではなく女性も同様です。マナーは男女問わず『相手の立場に立つ思いやり』ですから」

    女性側も「譲られて当然」は問題

    Q.ソファー席の利用で迷った時、意識すべきことは何でしょうか。

    西出さん「今回のケースでいうと、仮に男性がどうしてもソファー席に座りたい理由があれば、それを女性に伝えて『どうぞ』『いいよ』と言われてから座れば、特に問題にはならないでしょう。ここで、男性は女性に『ありがとう』とお礼を言うことをお忘れなく。一方、レディーファーストの文化にのっとる方がよいとはいえ、女性側の『譲られて当然』との考え方はお薦めできません。前述の通り『男性と女性』ではなく、あくまで『人と人』のコミュニケーションとして考えることがマナーとしては重要です。譲ってもらったら、必ず『ありがとう』とお礼を伝えることが大事なマナーです。『当然』という意識があると『ありがとう』の言葉が出てこなくなります。お礼を言われたら彼もうれしいはず。だから、その後も『ありがとう』と言ってもらえるように彼はマナーを意識して、彼女への愛ある気遣いを表現してくれるようになるかもしれません。そうすることで、お互いハッピーになれるのではないでしょうか。また、たとえば男性がけがをしていたり、体調不調だったりして、男性をソファー席に案内する方が適切な場面なども考えられます。こうした状況はケース・バイ・ケースであり、だからこそ、男性だからとか、女性だから、などと決め付けるような考え方ではなく、その都度状況を見て、コミュニケーションを取りながら判断することが、真心ある本来のマナーと言えます。相手に対する思いやりを先手で表現し『ありがとう』を言ってもらえる自分になれたらよいですね」

    ※「TPPPO」(Time=時、Place=場所、Person=人・相手、Position=立場、Occasion=場合)

    (オトナンサー編集部)

    いすとソファーがあったら…男性はいすに座るべき?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【いすとソファーがあったなら…「男はいすに座るのが当然」に賛否両論】の続きを読む


    アサジョ
    アサジョ

     男性に親切にしてもらっているのはわかるけど、「正直、気持ち悪い」という瞬間が結構あるものです。丸の内で働くOL3人に聞いてみました。

    ●山本涼子さん(仮名:証券会社勤務の32歳)/●宮岡佐和さん(仮名:メガバンク勤務の31歳)/●酒井千景さん(仮名:人材派遣会社勤務の27歳)

    山本 指摘してくれるのはありがたいけど、「アンダーの肩ひもが見えてるよ」「歯に海苔ついてるよ」系は正直、無視して欲しい。時と場合によっては殺意を抱くことさえある(笑)。

    宮岡 前にトイレに行こうとしたら上司がついてきて、「トイレ? じゃあいいか」って。スカートのファスナーが下りてたのを注意するタイミングをずっと伺ってたらしいんだけど、そこまで引っ張ったのなら最後まで何も言わないで欲しかった。

    酒井 うちの会社は、女性が残業すると「夜はあぶないから」と、必ず一緒に残る男性社員がいたけど、ウザい親切の典型。

    宮岡 やたら丁寧な人も鬱陶しい。パソコン系の質問すると、延々と説明する人いない? あと、映画の話を得々としゃべる人。こっちは話題性も込みで見に行って満足してるんだから、ライムスター宇多丸気取りで映画論語られても……。

    酒井 ねぎらい方にも差が出ません? 「頑張ってね」は同じ職場の人に言われると「他人事かよ」って思うこともある。それより成果を見て「頑張ったね」って言われる方がずっと嬉しい。

    山本 そうね。一文字違いだけど、言われたときの嬉しさはぜんぜん違う。

    酒井 やたら「大丈夫?」って確認されるのもバカにされてるみたい。

    宮岡 相手よりも自分に害が及ぶ心配をしているのよね。「君のためだよ」も押し付け。「リップよりもグロスのほうがいい」と言われたときはビックリした。

    酒井 うちにもメイクや持ち物、服装も指摘する人がいる。女性ブランドにやたら詳しいのもどうかと。

    宮岡 お金の出し方もチェックポイント。「男だから奢るよ」なんて恩着せがましく言われると、「女なんだからこれやってくれ」っていつか言われそうで、なんかイヤ。

    酒井 女子はその場の空気を見て「奢ってもらう」「ワリカン」「お金を出すポーズ」と使い分けてるので、男性はそれに乗っかってほしいよね。

    山本 ただ、ワリカンになっても少し多めに出すのが男性のマナー。

    3人 当然でしょ~。

     てなわけで、男性の「マイナスな優しさ」セブンをまとめてもらいました。

    【1】恩着せがましい:「してあげてる」という雰囲気がマンマンの優しさ

    【2】丁寧すぎる教え方:「知識自慢に酔ってる」印象があるめんどい人

    【3】女性に媚びてる:優しいというより「媚び」に徹している人は「女ってこれで喜ぶんでしょ?」とバカにしている

    【4】好みを押し付ける:一般論かと思って聞いていたら、単なる自己流の人

    【5】やたら太っ腹:何かにつけて奢ってくる人。こっちは気を遣っちゃうし、お金にもルーズそう

    【6】オンオフの区別がない:休日の旅行プランの口出しや引っ越しの手伝いをしてきそうな勢い

    【7】持ち物を評価してくる:バッグ、財布、スマホケースの材質をチェックして「値段のわりに……」などと言ってくる

    (西郡真美子)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【それ、親切じゃなくてキモイです!「男の優しさ」ブッタ斬り座談会】の続きを読む


    キャリコネ

    第二次ベビーブーム以降、日本国民の婚姻率は減少を続けており、最近では"30代独身"のビジネスパーソンも珍しい存在ではなくなった。少子高齢化を食い止めるべく、官民両方から様々な施策が提案されているが、いま実際に求められているのはどのような取り組みなのだろうか。

    9月14日、ガールズちゃんねるに「婚姻数を増やすにはどうすればいいと思いますか?」というトピックが立てられると、現実的な提案から"ネタ"的な問題提起まで、様々な意見が寄せられた。

    「お金」と「時間」にゆとりがなさすぎる!

    最も多かったのは「給料を上げる」「育児にかかる費用をもっと補助する」など、金銭面の支援を求める声だ。

    「結婚と出産に対する不安よりも希望をもてる社会にする。とくに教育にお金がかからないようにしてほしい」

    やはり結婚を前にして誰もが不安になるのはお金のこと。政府、企業ともに考えていくべき問題であることは間違いないだろう。

    そして"お金"と同様、多くの人が求めていたのは"時間"のゆとりだ。

    「勤務時間を減らす。みんな忙し過ぎて恋愛する余裕ないんだと思うわ」
    「残業をなくす 週休3日制にする」

    先進国の中では群を抜いて長いと言われる日本人の労働時間。これもまた、婚姻率の低下を招いている一因なのかもしれない。

    最終手段は「既婚者しかスマホ持てない」「夜11時以降は原則消灯」?

    また、現行の結婚制度そのものを見直すべき、という意見もあった。

    「婚姻数だけで良いなら、同性婚を認めることだね。少子化の改善にはならないけど」
    「一夫多妻制にする。子どもは確実に増えるよ」

    一夫多妻制はともかく、同性婚は世界的に認められつつある。仮に日本でも認可されれば、婚姻率の上昇につながる可能性は大いにあるだろう。上記の2つ以外にも「結婚したからといって・苗字を変えること・妊娠出産すること・指輪等、金品を贈り合うこと等が当たり前という習慣がなくなればいいと思う」という声があった。

    その他には、「既婚者しかスマホ持てない」「ひとりで生活しにくくすればいい。コンビニを無くす」「夜11時以降は原則消灯」など、独身者の"誘惑"を強引に断ち切ってしまおうという過激な投稿も見受けられた。とりわけ、夢見がちな独身者のハートを奪ってゆくアイドルやイケメン俳優に対しては、

    「とりあえずジャニーズが結婚するべき!」
    「ジャニタレ・アイドル・主演俳優はすべて既婚者にする 独身タレントはすべて脇役・死体役・お色気役」

    など、実現すれば日本中が阿鼻叫喚に陥りそうな提案も散見された。

    もちろん、単に結婚するカップルを増やせばいいという問題ではないが、少子高齢化に歯止めをかけ、安定した社会を築くために、婚姻率を上昇させることは日本の大きな課題だ。"ネタ"として話せる余裕があるうちに、解決の糸口が見つかればよいのだが……。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本人はどうしたら結婚するようになる? 「給料を上げる」「一夫多妻制にする」「ジャニーズが結婚する」】の続きを読む


    履いてみれば?「ヒールの辛さを知らない男性」のイラっと発言4つ
    Menjoy!

    女性を美しく見せる「ヒール」。足を少しでも、細く長く見せるために、女性は日々足の痛みや疲れと戦っています。そんな女性の努力を分かっていない男性は、簡単に残念発言をすることも。こんなこと言われたら、もうテンションダダ下がりです……! 女性の気持ちや努力を分かってくれない男性たちの、残念すぎるイラっと発言をご紹介します!

    1:「坂道歩いてるくらいでしょ?」

    「女性がヒール辛い、大変とかいうけど、坂道を歩いているくらいの感覚とか辛さでしょう? それくらいで美しくなれるんなら頑張りなよ」(27歳/専門職)

    坂道をスニーカーで歩く方が楽だよ!って怒ってしまいそうなこの発言。

    ヒールは、つま先に体重がかかってしまったり、合わない形のため小指が痛かったり……。

    長時間ヒールで歩き回って、もう1歩もあるけないかも……という痛みなんて、全く知らないんですね。

    2:「ヒールは12センチ以上から!」

    「え? それでヒール履いてるなんて言ってるの? 最低でもヒールは12cmはないと俺は認めないよ」(23歳/医療系)

    “あなたの意見なんて求めてないよ!”って叫んじゃいたくなりました。12センチのヒールで歩くのが、どれだけ大変か知らないくせに! 普段の生活では8センチのヒールでも、大変ですよね。

    12センチもあるヒールを履くなら、家からデート先まで車で送迎くらいしてほしいものです。

    【復縁特集】元カレを忘れられない…ヨリ戻す!?

    3:「キレイな音まで期待してます」

    「もっとキレイな音出して歩けないの? ドラマみたいに」(20歳/学生)

    ドラマなどでヒールの女性が“コツッコツッ”と美しい音を出しながら歩くシーン、かっこいいですよね。

    でも、あんなにキレイな音、なかなか出ないものです。姿勢よく、まっすぐ歩くだけでも疲れちゃうのに……美しい音まで求めるなんて、全く無茶なものです。

    4:「毎日履こうよ。ヒールくらい」

    「毎日、ヒール履きなよ、足太くみえるよ?」(23歳/事務)

    これも、なかなか腹立たしい意見。もちろん、ヒールを履いた方が足が細く美しく見えるのは分かっています。でも、沢山歩かなければいけない用事があったり、足場が悪い日なんかは、どうしてもヒールは避けてしまいがち。

    そんな乙女の事情も知らずに、簡単に毎日ヒールを履けだなんて……。

    男性のヒール流行を期待

    男性ファッションでもヒールが流行ればいいのに。そして、その辛さを共感してほしいものです。男性のヒール大流行、早くきますように!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【履いてみれば?「ヒールの辛さを知らない男性」のイラっと発言4つ】の続きを読む

    このページのトップヘ