ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    男性・女性・恋愛関係



    【まんさん、高速道路割り勘させられただけで別れるw】の続きを読む


    日刊SPA!

    「セクハラにならない女性部下の口説き方」を掲載した男性誌が「この記事自体がセクハラだ」と炎上したり、飲料メーカーのCMがセクハラ動画だと問題視されたり、相も変わらずセクハラ加害者サイドの「わかってなさ」が炎上の火種になっている昨今。そこで、今回は各シチュエーション別にセクハラ検定を実施。セクハラグレーゾーン時代を生き抜くための知識を紹介する。

    ◆気遣いが裏目に出てしまうパターンに気をつけるべし

     仕事中にわかりやすいセクハラをする男性は昨今なかなか見かけないが、実は何げない一言が女性を不快にさせている。

     女性200人に調査したアンケート(※)で88ptと最も不快指数が高かったのが「意見が合わないと『女にはわからない』で片づける」。

    「会議で意見が対立すると、すぐに『まあ、〇〇は女だからなあ』とつぶやく上司。男性をターゲットにしたサービスの現場で、なんとかニーズを把握して提案しようと頑張っているのに、不快を通り越して虚しくなります」(28歳・IT)

     プライドが傷つくのか、ひがみ根性なのか、仕事で結果を出した女性に「『枕営業をしたからだ』とネガキャン」(75pt)をしたり、怒った40代女性を陰で「『更年期かな』とちゃかして笑う」(78pt)のももちろん即アウト。さすがに直接本人の前で言う輩はいないが、「漏れ聞こえてくるだけで、自分も言われてるのかなと嫌な気持ちになる」(32歳・メーカー)のだ。

     また、気遣ったつもりの言動が女性を不快にさせている例も。「『女のコは甘いものを与えておけばご機嫌だからね~』(68pt)とコージーコーナーのシュークリームとか安いスイーツをドヤ顔で差し入れしてくる上司。女がみんな甘いものが好きなわけじゃないし、スイーツなら何でもいいってわけでもないし、『与えておけば』って、動物扱いかよ」(31歳・銀行)

    「『おいバイト!』とか言う人もいるから、気を使っているつもりなのかもしれないけど、『バイトちゃん』って呼ぶ人……なぜ名前で呼ばないのか不思議だし、ちゃんづけも相まって舐められてる感じがする」(27歳・アルバイト)

    「『忙しいの?』とか『大丈夫?』だけでいいのに、『肌荒れひどいよ?』(66pt)と言ってくる上司。心配してくれているのはわかるが、毎日鏡見てるから知ってるし、ほっとけ」(32歳・金融)

     さらには、知らぬうちにセクハラ認定されているケースもある。

    「隣の席の上司のパソコンの壁紙が、いつも露出多めのグラドルばかり。必死にエロ雑誌の袋とじを破り始めたり、不快でしかない」(34歳・IT)

     ほかにも、イエローカードながら「いつもよりきれいな恰好をしてきた女子に『今日はデート?』と聞く」(46pt)、「仕事で無理をさせたお礼に、サシ飲み(奢り)をセッティング」(37pt)を不快と感じる女性も少なくない。

    「好きでもない上司に貴重なプライベートの時間まで削られるなんて、お礼どころか罰ゲーム」(34歳・メーカー)、「『デートどころか3年彼氏いねえよ!』とブチ切れたくなる」(32歳・教育)など、そこまで言わなくてもという気もするが、相手の立場に立って発言することが肝要なのだ。

     このように、知らないうちにセクハラ認定されている社内での言動。そんなときは「今のはセクハラじゃないよ」(25pt)と咄嗟にフォローしたくなるが、セーフとはいえ、その発言すら一部の女性には「それで反論できなくするなんて卑怯」(29歳・出版)と思われているので要注意!

    <セクハラ検定オフィス編>

    ●レッド
    ・女性と仕事の意見が合わないと「女にはわからない」で片づける 88pt

    ・40代以降の女性が怒ると陰で「更年期かな」とちゃかして笑う 78pt

    ・女性が仕事で結果を出すと枕営業をしたからだとネガキャン 75pt

    ・「女のコは甘いもの与えとけばご機嫌」と安いスイーツを差し入れ 68pt

    ・多忙で疲れている女性に「大丈夫?肌荒れひどいよ」と指摘 66pt

    ・アルバイトや派遣の女性をバイトちゃん、派遣ちゃんと呼ぶ 64pt

    ・デスクトップが水着グラビアだったり、女性の前で袋とじを読む 62pt

    ・個室で話す必要がないのに個室に呼び出し、2人きりで打ち合わせ 60pt

    ●イエロー
    ・まだ公にしていないのに社内の女性の妊娠情報をペラペラ喋る 54pt

    ・いつもよりきれいな格好をしてきた女性に「今日はデート?」 46pt

    ・仕事で無理をさせたお礼に奢ると言って、サシ呑みをセッティング 37pt

    ●セーフ
    ・「あ、今のはセクハラじゃないよ」と言い訳して失言をごまかす 25pt

    ・「ウチの部の女のコはさ~」と、女性スタッフを女のコ呼ばわり 18pt

    ※20~40代女性200人にインターネット調査した結果を不快指数としてポイント化。60pt以上をレッドカード、30~59ptをイエローカード、29pt以下をセーフとした。
    ― セクハラ検定2017 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【女からセクハラ認定される言動がこれwwwww】の続きを読む



    1 以下、でVIPがお送りします :2017/08/05(土) 11:09:29.918

    飲みに誘う

    オッケーしてもらう

    当日ウキウキでカラオケからの居酒屋
    飲み食いして楽しくお喋り

    相手が眠いとか疲れたとか駄々こねはじめる

    俺はまだまだ元気だが無理強いもできない

    仕方なくタクシー呼んで乗せる
    5000円渡して送り出す

    涙目で帰宅


    マジで無駄な1日だったwwwwwwwwwwwwww

    ゴミ糞


    【女と飲みに行ったのにフラれたったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    “夫の殺し方で盛り上がる”人気投稿サイト、戦慄の書き込み実態
    日刊大衆

     連日、ワイドショーを賑わせている松居一代と船越英一郎のドロ沼離婚騒動。「松居のように、キレたら大暴走する妻は少なくありません。7月15日には60代男性の遺体が発見され、妻と娘が逮捕。退職金を巡るトラブルがあったようですが、殺しはせずとも、心の中で“死ね”と念じながら生活する妻は案外多いんです」(女性週刊誌記者)

     なんとも恐ろしい話だが、そんな実情を反映するかのように、現在、人妻の間で、とんでもないWEBサイトが人気を集めているという。「『だんなDEATH NOTE』という投稿サイトで、アドレス“danna-shine.com”をローマ字読みすると“旦那死ねドットコム”。<私に不必要な旦那、死んで><風呂入れ!この汚物が!>など、旦那を呪う書き込みで溢れています」(前同)

     恐る恐る同サイトを覗くと、人気投稿は<永眠(中略)やっと旦那が死んでくれました>というもの。約7万ものアクセスが殺到し、「おめでとうございます! 実に羨ましいです」「早く逝かせるコツありますか?」「うちは健康診断で初めて脳動脈瘤見つかって、ついにキター!! って心の中ガッツポーズ」など、不謹慎すぎるコメントの数々が並んでいた。

     他にも、<地球を踏むな! さっさと死ね!!(中略)お前は気付いてないみてぇだが子供と二人で回転寿司いったりお前の歯ブラシでトイレ掃除したりしてるからなァ!!><今日も旦那が死んだ連絡がこない。まだ生きてんのかよ>など、衝撃の書き込みがワンサカ。

    「1日平均で50万回程度、閲覧されていますね。毎日、新しい書き込みが60~70個程、投稿されています」と語るのは、同サイトを運営する“死神”氏だ。6月には、投稿者らが実際に集う“オフ会”も実施。そこでは、さらに驚愕の会話がなされていたという。

    「夫の殺し方で盛り上がっていました(笑)」と語るのは、オフ会に参加した人妻Aさん。「ある女性は、手が荒れていたんですが、その理由がなんと、夫を殺そうと“いろんな薬品を試していたら、失敗しちゃって”というもの! さらには、“ジャガイモの芽をわざと食事に混ぜているのになかなか死なない”という悩みを話す方も。近くの奥様が“最近のジャガイモは品種改良されているから毒性がないのよ”とアドバイスしていました」

     そんな最恐妻の実態は、「年齢は20代後半から51歳。私も驚いたのですが、オフ会に来たのは、綺麗で上品な美人妻ばかりだったんです。服装もセンスが良く、バッグも高級品。旦那さんも、上場企業の役員や地主、社長などお金持ちが多いようでした」(前同)

     しかも、家事、育児には手を抜かないというから、傍から見れば、幸せな家庭。「旦那さんはモテるし、家庭を省みない。それゆえ離婚したくても、別れたら今の生活水準が下がるので、できない。だったら、夫が死んで保険金や遺産が入ればいいのにと、願っているんでしょう」(同)

     それなら、我が家は関係ない……と思ったアナタ! 奥様からこんな言葉をかけられていませんか!? 「“いてもいなくても一緒”、“アナタのことはあてにしてないから”と妻が言い出したら、“死ね”と思われているかもしれません」と言うのは、『夫に死んでほしい妻たち』(朝日新書)を上梓したジャーナリストの小林美希氏。

    「夫から、そうした言葉が出てこないのは、結局、妻を頼っているから。着替えがしまってある場所や、洗濯の仕方が分からないなんていう男性も多いです」 専業主婦の妻に家庭を任せきりにしてきた団塊世代や、共働きでも“保育園のお迎えは妻がやるもの”と、残業し続ける30~40代の男性は、“死んでほしい”と思われがちだという。

    「仕事を調整したり、辞めたりと、家事や育児で犠牲を払うのは女性側。それを男性は当然だと思っている。そうした理不尽さが積もり積もって、“死ね”につながるんです」(前同)

     そんな妻たちは、夫が早死にするための嫌がらせを日々、実践しているという。「40代の妻は“定年くらいで死んでほしいから夫の健康管理は一切しない”と言っていました。“好きなだけ脂っこいものを食べさせて、タバコもバンバン吸わせている”そうです」(同)

     これが団塊妻になると、もっと恐ろしい。「夫が要介護になった時こそ復讐のチャンス。“施設に預けて1回もお見舞いに行かない”“寝たきりになったら、手が届きそうで届かないところに水を置いて苦しませたい”と言う人もいました。仕返しするまで死ねないと、健康づくりに励む人も多いです」(同)

     死後も油断は禁物だ。「“夫の遺骨を、山手線の車内に忘れたふりをして置いてくる”という話には驚きました」(同)

     最後に、前出の死神氏は世の旦那族にこう訴える。「アドレスの“danna-shine.com”を英語にすれば、“ダンナshine”。“ダンナ輝く”という意味も込めています。奥さんたちが苦労しているから、旦那さんが輝いていられるんです」

     まずは、日頃の感謝を奥様に伝えてみては!?



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“夫の殺し方で盛り上がる”人気投稿サイト、戦慄の書き込み実態】の続きを読む


    女の努力…ムシ!? 男たちのひどすぎるネイルへの感想5つ
    Menjoy!

    ネイルサロンに通ったり、セルフで技術を磨いたり。ネイルにはお金も時間もかかりますよね。しかしそんな女性の努力をムシした、男性たちのひどすぎるネイルに対する感想をご紹介。せっかくかわいいネイルでアガった気分も、彼のこんな発言を聞いたらガッカリ! 男性に辛辣な意見をもらったネイル5つをご紹介します。

    1:虹色に輝く色を見て……「コガネムシみたい」

    「ジェルネイルでベースを紺色に塗って、虹色に光るテープを多めに乗せてキラキラにしたんです。夏だし、ちょっと派手なくらいがかわいいかなって。私は気に入っていたし、女友達にはかわいいって評判だったんですが……。

    彼氏に“コガネムシみたい”って言われました。唖然としていたら、“あ、やっぱりカンブンかな?”って。そこじゃない! 虫の種類はどうでもいいんだ!って怒っちゃいました」(27歳/編集)

    自分でも虫に見えてきた

    そんなこと言われたらショックですね。爪のサイズ感と形状と七色に光る感じが、言われてみれば虫っぽいかもしれませんが……。ちなみに、彼女はその後、ネイルを付け替えるまで、自分でも虫に見えるようになっちゃたんだとか。変なこと言った責任とってほしい!

    2:ベッコウネイルを……「出血みたい」

    「ベッコウネイルって大人な雰囲気でかっこいいし、オシャレだなと思ってやってみたんですが、これが本当に不評でした。

    彼氏に、“内出血みたいで気持ち悪い”って言われて……。でも彼のセンスがないだけだと開き直っていたら、その後男友達に本気でケガかと心配されてしまいました。そんなに変かな……」(24歳/事務)

    “爪の色が変”という男性の感覚

    ベッコウネイルが内出血に見えてしまう男性たちの感覚に驚きです。でもこの話を聞いてから、筆者もよくよく見ると内出血に見えなくもない気がしてきました……。

    3:ドットは……「ブツブツ気持ち悪い」

    「白いベースに黒色のドットが沢山乗っている柄のネイルにしたときは、“気持ち悪い”という意見を数人に言われちゃいましたね。細かい点が狭いところに沢山あるのが、何だかゾッとするそうです」(21歳/学生)

    研究しましょう

    ブツブツしているものを見ていると鳥肌がザワッ……! ドット柄は定番ですが、大きさや細かさによっては気持ち悪いと感じる人もいますよね。

    彼にそう思われるのは悲劇ですが、自分で自分の爪にザワッとしてしまうのも嫌ですよね。ドット柄にするときは、かわいいサイズや色合い、乗せる場所やドットの数を研究しましょう!

    4:真っ黒ネイルは……「宇宙人?」

    「普段はピンク系の落ち着いた感じのネイルにすることが多いんですが、気分を変えて真っ黒のワンカラーにしてみたんです。そしたら、“人間っぽくない、宇宙人みたいで可愛くない”って男友達に言われました。男性には定番のピンクネイルの方がウケがいいのかなぁって感じました」(24歳/経理)

    違和感

    黒や青、緑などのワンカラー、オシャレでかわいいと思うのですが。見慣れていない男性には、違和感を持たせてしまうのかもしれませんね。宇宙人の爪が黒いかどうかは、定かではありませんが……。

    5:キャラクターネイル……「子供っぽい」

    「ハロウィンが近かったので、お化けや猫、カボチャなどのキャラクターを沢山使ったネイルにしたんです。それを、“子供っぽくてダサい”って言った当時の彼氏にはイラッとしました。確かにキャラクターネイルは、絵によっては幼くみえちゃうけど、イベントのときくらい許してよ!」(24歳/フリーター)

    難易度高め

    キャラクターネイルは、日常的にするのはちょっと難易度が高いですよね。でも、イベントのときに取り入れるのは季節感もあってとっても素敵だと思います。爪先だけでもウキウキしたい気持ち、男性にはわかってもらえなさそうですね。

    ネイルをしない自然な爪の方が好きなんて男性もいますが、爪先が綺麗だとみている自分の気分が上がるものです。男性の意見に振り回されずに好きなネイルを楽しむのもアリかも!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【男女】女の努力…ムシ!? 男たちのひどすぎるネイルへの感想5つ】の続きを読む

    このページのトップヘ