ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    男性・女性・恋愛関係


    結婚して家庭を築いた人たちは、独身という自由を捨てた代償に幸せを手に入れたのだろうか? 30~45歳のサラリーマン300人を対象にSPA!編集部でアンケートを実施すると、6割以上の男性が「離婚したいと思ったとこがある」という結果に。結婚当初は幸せの絶頂だったのに、なぜ夫婦は忌み嫌い合ってしまうのか。「結婚がつらい」男の事例を元に、「自分の結婚に間違いはなかったのか?」を見極めていく。

    ◆一日の小遣いはワンコイン。困窮夫をよそに妻は贅沢ランチ
    …森沢 淳さん(仮名・43歳)・年収650万円(妻0円)子供2人

     子供の養育費に住宅ローンなど出費が最も多くなりがちなのが40代。少ない家計でやりくりしなければならず、「3年前に2人目の子供が生まれてから小遣いが一日700円から500円になった」。

     そう嘆くのは、化学プラントで働く森沢さんだ。

    「それも昼食込みの額です。しかし、ウチは社員食堂もなければ、職場から5分圏内にワンコインで食べられる飲食店はありません。さらにタバコ代もここから捻出しなければならず、毎日のランチ代を300円と定め、コンビニで総菜パンやおにぎり、カップラーメンで凌いでいます。正直、高校時代よりも金欠です……」

     ちなみに取材当日の所持金は685円。そのため、同僚に誘われても飲みに行けず、今では声を掛けられることすらないとか。

    「そこまで倹約が必要なのは、子供が生まれたこともありますが、5年前に4000万円で購入したマンションの住宅ローンが負担になっているからです。だから、『家族のため』と耐えていましたが、専業主婦の嫁は自分に隠れて毎週2000円のランチを食べたりしている。自分が激安弁当やカップラーメン、菓子パンで凌いでいるのに……。エンゲル係数のあまりの格差に殺意が湧きました」

     ほかにも妻は「ママ友の付き合い」と主張して、宝塚の観劇に何度も行っていたことも発覚。「それなら俺の小遣いを増やせ!」と訴える森沢さんの主張は断固拒否。今も夫婦仲はギクシャクしたままという。

    「今の自分には月1回、安居酒屋で飲むお金すらない。あまりに惨めすぎますよね。気の強い嫁は自分に離婚する勇気がないと思い込んでいるらしく、署名入りの離婚届を私に投げつけたこともあります。それを大切に保管して、嫁が態度を改めるのを期待していましたが、むしろひどくなるばかりです……」

     家計を握る嫁の意向で家庭内格差は広がるばかり。いつ夫が暴発してもおかしくはない。

    ― 不幸な結婚 幸福な離婚 どっちが得か? ―

    いい年して、財布には小銭ばかり


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【夫の所持金は685円、妻のママ友ランチは2000円…43歳・困窮夫が抱いた妻への殺意】の続きを読む


    「最近外に出てないな…」「外に出たくないと思うことが多い」など、やや引きこもりがちなママはいませんか?

    「そういえば私も変わったな~」ママになってからしなくなったこと7選

    実は、最近「引きこもり主婦」が増えているといわれていて、社会問題にもなっています。

    今回はそんな「引きこもり主婦」に陥りやすいタイプと、脱出法についてご紹介します。

    引きこもり主婦になりやすいタイプ

    まずは、引きこもり主婦になりやすいタイプについて解説します。自分の性格と照らし合わせながらチェックしてみてください。

    友人が少ない

    第一に挙げられるのが「友人が少ない」というもの。

    友人が少ない分、ランチやショッピングなどへ出かける機会が減ります。「予定がない日は出かけない」「一人では出かけない」といったママの場合は、友人が少ないことが原因で引きこもりがちになる傾向にあるようです。

    インターネット好き

    「暇さえあればインターネットを見ている」「ネットサーフィンが趣味」など、インターネット好きのママにも引きこもり主婦になる可能性は潜んでいます。

    インターネットをしていれば楽しいのですから、わざわざ外に出て娯楽を求める必要がありません。

    ただし、インターネットはのめりこんでしまいやすいため、日常生活に支障をきたすケースも存在します。そのため、インターネットのやりすぎには注意が必要です。

    面倒くさがり屋

    出かけるには準備が必要ですよね。着替えやメイク、ヘアセットにバッグの整理…。こうした準備が億劫に感じてしまうと、なかなか出かける気にはなりません。

    面倒くさがりのママの場合「家にいる方がラクだから出かけたくない」と、どんどん引きこもりがちになってしまうことがあります。

    人混みが苦手

    「人混みが苦手で出かけるのがイヤ…」というママも多いと思います。

    地域によっては平日や休日問わずに街中には人がいっぱい、なんてことは珍しくありません。のびのびと過ごしたいからこそあえて引きこもりを選ぶママもいるのではないでしょうか。

    また、体質や性格によっては「人ごみに行くと気分が悪くなってしまう…」ということもあり、引きこもりにならざるを得ないケースもあるようです。

    人づきあいが苦手

    人見知りな性格や話すのが苦手な性格など「人づきあいが苦手」というママも引きこもりになる可能性が高いです。

    一歩外に出れば、ご近所の方とのコミュニケーションが発生しますし、セールスマンやアンケート調査で断れない…といった悩みを抱えるママは少なくありません。

    こうした煩わしさから「外に出たくないな…」と感じるケースも多いです。

    引きこもりから脱出する方法とは?

    引きこもりから脱出する方法

    では、引きこもりがちなママの状況を打開するにはどうしたら良いのでしょうか。

    具体的な改善策について見ていきましょう。

    家族以外の話し相手を見つける

    まずは、家族以外の話し相手を見つけることが大切です。
    外に話相手を見つけることで、「〇〇さんと話すのが楽しいから外に出よう」という考えになります。

    例えば「美容室のスタッフ」「行きつけのカフェの店員さん」「近所の人」「親戚」「同じ習い事の受講生」「サークル仲間」など、家族以外ならだれでもOK。です。

    「外に出るのが面倒」といった感情よりも「話すのが楽しいから出かけたい」という気持ちが勝るような、話し相手を探してみてください。

    スポーツを始める

    アウトドアスポーツを始めてみるのもおすすめです。

    まずは、気軽にランニングやウォーキングなどからスタートし、他に興味があれば「個人スポーツ」や「チームスポーツ」などを問わずに挑戦してみましょう。

    身体を動かすことで活力が湧きますし、運動不足解消にもなるのでおすすめです。

    「話し方講座」「人見知り克服サークル」などに参加する

    引きこもりになりやすい人の特徴として「人見知り」「会話が苦手」などの性格が挙げられますが、これらを改善することで引きこもりを脱出できることがあります。

    改善方法としては「話し方講座」「人見知り克服サークル」などが挙げられるでしょう。同じ悩みを抱えた受講生とのコミュニケーションにもなりますし、自分の性格を見つめなおすきっかけにもなります。

    「人見知りの性格を克服したい!」というママはぜひ、コミュニケーション関連の習い事やサークルなどをチェックしてみましょう。

    「外に行かなきゃ!」という気持ちは捨てる

    「外に出なくちゃ!」という気持ちは確かに大切ですが、いき過ぎると外に出ることへの嫌悪感がより強くなったり、焦りや不安を大きくしてしまう原因にもなってしまいます。

    「気が向いたら外にでよう」「天気が良いし散歩でもしてみようかな」など、気軽に考えることも大切です。無理をせず、自分のペースで外に出る習慣をつくることをおすすめします。

    まとめ

    「引きこもり主婦」の増加は、近年社会問題として注目されていますが、必ずしも全ての主婦やママが積極的に外にでなければならない、ということではありません。

    家にいながら楽しみを見つけている人、満足している人などはたくさんいるもの。無理に現状を変える必要はありません。運動不足や健康などに気を付ければ特に問題はないといえます。

    ただし「引きこもりがちで悩んでいる…」というママはぜひ、現状改善のヒントとして今回の記事を参考にしてみてくださいね。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「引きこもり主婦」急増中!? なりやすいタイプと脱出法4つ】の続きを読む


     かつてモテる男の必須条件だった「3高(高学歴・高身長・高収入)」が過去のものになっている――ジェーシービー(JCB)の調査でこんな事実が分かった。若い女性に結婚したい男性像を聞いたところ、「高学歴」は最下位(16位)の4.3%、「高身長」は13位(6.5%)、「高収入」は7位(16.4%)にとどまった。

    【その他の画像】

     「イケメン」は8位(15.7%)、「マッチョ」は11位(8.2%)に沈んでいた。

     では、結婚したい男性像は? 調査によると、トップは「育児や家事をしてくれる人」(53.7%)。2位は「浮気と無縁で、自分だけに優しい人」(42.1%)、3位は「仕事を頑張る人」(32.2%)――という結果だった。

     4位は「会話が面白い人」(27.6%)、5位は「節約が得意で家計に優しい人」(24.5%)がランクインしていた。

     JCBは「『3高』はもはや過去の話。イマドキ女性から支持されるのは『家族に優しい』『私だけに優しい』『家計に優しい』――の『3優男子』だ」と分析。

     「周囲に自慢できる男性よりも、協力しながら楽しい家庭を築いていける、頼れる男性にニーズが移ってきているようだ」と結論付けている。

     調査は1月12~13日に、20~30代の女性を対象にインターネット上で実施。1000サンプルの回答を得た。

    「結婚したい男性像」が変化している(=画像はイメージです)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「3高」はもう古い? 現代女性が結婚したい「3優男子」とは】の続きを読む


    (iprogressman/iStock/Thinkstock)

    1日、兵庫県神戸市の路上で下半身を露出したとして、46歳の女性が逮捕されたことが判明。その大胆な行動に驚きの声が広がっている。

    ■スカートをまくしあげて下半身を露出

    逮捕された女は1月31日の夜、神戸市中央区弁天町の路上でタイトスカートをまくしあげ、下半身を露出。下着も身につけておらず、「モロ出し」状態のまま、一緒にいた50代の男性と歩いていたという。

    その様子をすれ違いざまに目撃した男性が、「下半身を出して歩いている女性がいる」と通報。まもなく公然わいせつの疑いで逮捕されることに。

    容疑者は取り調べに対し、「酒に酔って覚えていない。陰部を出したりしていない」と否認。どうやら酒に酔い、記憶をなくした状態での行動だったようだ。

    なお、当時神戸市の気温は4.1度。かなり寒かったと思われるのだが…露。

    ■ネット民からは驚きの声が

    女性の行動に、ネット民からは驚きの声が上がっている。

    「気持ち悪い。酒に酔っての行動なんて言語道断」

    「男が一緒なのに止めないって、一体なにをしていたのか…」

    「若い女性だったら、通報されず、逮捕されなかったかも…」

    「なにかのプレイだったのでは…」

    「熟女好きの俺なら通報しない。喜ぶ」

    「なぜパンツをはいていないのか」

    一緒に男性がいたという点に、「そういう趣味?」と想像する人も。

    ■男性でも一定数女性の下ネタに嫌悪

    男性の露出狂は春などにたびたび出現するものの、女性のそれは珍しいだけに、今回の事件はインパクトが強かった模様。

    「俺だったら通報しない」人もいるだろうが、男性だからといって必ずしも女性から発せられる性的な話題が好きなわけではない。

    しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男性682名に「女性の下ネタ」について調査したところ、「下ネタを平気で言う女性が苦手」と答えた人が36.2%存在している。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    下ネタを遥かに通り越した、露出行動。仮に逮捕された人間が「女子なら許される」と感じていたのなら、「もってのほか」といわざるをえないだろう。

    「酒に酔っていたから」では済まされない行為だ。当該女性は、罪を認め、反省してほしい。

    ・合わせて読みたい→会話するのも嫌になる?尻だしタクシー運転手に衝撃広がる

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
    対象:全国20代~60代の男性682名(有効回答数)

    46歳女性が路上で下半身を露出し逮捕 「一緒にいた男性が止めるべき」など驚きの声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【46歳の『女性』が路上で下半身を露出し逮捕 「一緒にいた男性が止めるべき」など驚きの声】の続きを読む


    性差別や人種差別など、あらゆる部分において差別問題が大きく問題視されるようになった昨今、その影響は飲食店にまで及ぶのではないかと囁かれている。差別はあらゆる部分に存在するので、その火種がある場所であれば、どこにでも影響が及ぶのは当然といえよう。

    ・性別により制限がある飲食店
    たとえば、男性だけの入店を断っているスイーツビュッフェの店や、女性だけの入店を断っている居酒屋などが存在する(存在した)。スイーツビュッフェが男性だけの入店を断っていたのは「ナンパする男性がいたから」との情報もある。

    私が「男性のみの入店お断り」を知ったのは新宿の高野フルーツパーラーで並んでるときだった。最初は「男性はたくさん食べるから採算が取れないのかも」と思ったけど「ナンパする人がいるから」という理由を聞いて驚いた。時間制限ありのブッフェでナンパされるとか逃げられないし最低だよな。

    — jing (@_Aproject) 2018年1月12日

    ・女性の入店お断り
    特に女性だけの入店を断っている店として有名なのが、東京都の新宿思い出横丁にある「ささもと」(東京都新宿区西新宿1-2-7)だ。ここは女性だけの入店を断っており、女性ひとりはもちろん、女性ふたりで、女性三人でもNG。しかしグループに男性がひとりでもいれば入店が可能となる。よってカップルや「女性ふたり男性ひとり」などは入店可能。

    女性だけで入れない理由は諸説あるが、「女性は長居をする傾向にある」「女性がゆっくり楽しめる店ではない」「あまり注文しない」などがその理由として囁かれているが、店主だからこそわかる持論があるのは間違いない。

    ・性別による制限が注目
    差別問題が大きく報じられるようになった今、どのような理由があれど「男性禁止」「女性禁止」などの性別による制限が注目されるのは必然的であり、この世からそのような制限が消える方向に流れるのは間違いなさそうだ。

    ちなみにキャバクラやホストクラブなどは、むしろ男性も女性も両方問題なく入れるという店が多いようである。

    もっと詳しく読む: 差別問題の正常化で今後注目を集める「女性入店禁止」の飲食店(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/15/discrimination-problem-food/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【議論】差別問題の正常化で今後注目を集める「女性入店禁止」の飲食店】の続きを読む

    このページのトップヘ