ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    男性・女性・恋愛関係


    “夫の殺し方で盛り上がる”人気投稿サイト、戦慄の書き込み実態
    日刊大衆

     連日、ワイドショーを賑わせている松居一代と船越英一郎のドロ沼離婚騒動。「松居のように、キレたら大暴走する妻は少なくありません。7月15日には60代男性の遺体が発見され、妻と娘が逮捕。退職金を巡るトラブルがあったようですが、殺しはせずとも、心の中で“死ね”と念じながら生活する妻は案外多いんです」(女性週刊誌記者)

     なんとも恐ろしい話だが、そんな実情を反映するかのように、現在、人妻の間で、とんでもないWEBサイトが人気を集めているという。「『だんなDEATH NOTE』という投稿サイトで、アドレス“danna-shine.com”をローマ字読みすると“旦那死ねドットコム”。<私に不必要な旦那、死んで><風呂入れ!この汚物が!>など、旦那を呪う書き込みで溢れています」(前同)

     恐る恐る同サイトを覗くと、人気投稿は<永眠(中略)やっと旦那が死んでくれました>というもの。約7万ものアクセスが殺到し、「おめでとうございます! 実に羨ましいです」「早く逝かせるコツありますか?」「うちは健康診断で初めて脳動脈瘤見つかって、ついにキター!! って心の中ガッツポーズ」など、不謹慎すぎるコメントの数々が並んでいた。

     他にも、<地球を踏むな! さっさと死ね!!(中略)お前は気付いてないみてぇだが子供と二人で回転寿司いったりお前の歯ブラシでトイレ掃除したりしてるからなァ!!><今日も旦那が死んだ連絡がこない。まだ生きてんのかよ>など、衝撃の書き込みがワンサカ。

    「1日平均で50万回程度、閲覧されていますね。毎日、新しい書き込みが60~70個程、投稿されています」と語るのは、同サイトを運営する“死神”氏だ。6月には、投稿者らが実際に集う“オフ会”も実施。そこでは、さらに驚愕の会話がなされていたという。

    「夫の殺し方で盛り上がっていました(笑)」と語るのは、オフ会に参加した人妻Aさん。「ある女性は、手が荒れていたんですが、その理由がなんと、夫を殺そうと“いろんな薬品を試していたら、失敗しちゃって”というもの! さらには、“ジャガイモの芽をわざと食事に混ぜているのになかなか死なない”という悩みを話す方も。近くの奥様が“最近のジャガイモは品種改良されているから毒性がないのよ”とアドバイスしていました」

     そんな最恐妻の実態は、「年齢は20代後半から51歳。私も驚いたのですが、オフ会に来たのは、綺麗で上品な美人妻ばかりだったんです。服装もセンスが良く、バッグも高級品。旦那さんも、上場企業の役員や地主、社長などお金持ちが多いようでした」(前同)

     しかも、家事、育児には手を抜かないというから、傍から見れば、幸せな家庭。「旦那さんはモテるし、家庭を省みない。それゆえ離婚したくても、別れたら今の生活水準が下がるので、できない。だったら、夫が死んで保険金や遺産が入ればいいのにと、願っているんでしょう」(同)

     それなら、我が家は関係ない……と思ったアナタ! 奥様からこんな言葉をかけられていませんか!? 「“いてもいなくても一緒”、“アナタのことはあてにしてないから”と妻が言い出したら、“死ね”と思われているかもしれません」と言うのは、『夫に死んでほしい妻たち』(朝日新書)を上梓したジャーナリストの小林美希氏。

    「夫から、そうした言葉が出てこないのは、結局、妻を頼っているから。着替えがしまってある場所や、洗濯の仕方が分からないなんていう男性も多いです」 専業主婦の妻に家庭を任せきりにしてきた団塊世代や、共働きでも“保育園のお迎えは妻がやるもの”と、残業し続ける30~40代の男性は、“死んでほしい”と思われがちだという。

    「仕事を調整したり、辞めたりと、家事や育児で犠牲を払うのは女性側。それを男性は当然だと思っている。そうした理不尽さが積もり積もって、“死ね”につながるんです」(前同)

     そんな妻たちは、夫が早死にするための嫌がらせを日々、実践しているという。「40代の妻は“定年くらいで死んでほしいから夫の健康管理は一切しない”と言っていました。“好きなだけ脂っこいものを食べさせて、タバコもバンバン吸わせている”そうです」(同)

     これが団塊妻になると、もっと恐ろしい。「夫が要介護になった時こそ復讐のチャンス。“施設に預けて1回もお見舞いに行かない”“寝たきりになったら、手が届きそうで届かないところに水を置いて苦しませたい”と言う人もいました。仕返しするまで死ねないと、健康づくりに励む人も多いです」(同)

     死後も油断は禁物だ。「“夫の遺骨を、山手線の車内に忘れたふりをして置いてくる”という話には驚きました」(同)

     最後に、前出の死神氏は世の旦那族にこう訴える。「アドレスの“danna-shine.com”を英語にすれば、“ダンナshine”。“ダンナ輝く”という意味も込めています。奥さんたちが苦労しているから、旦那さんが輝いていられるんです」

     まずは、日頃の感謝を奥様に伝えてみては!?



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“夫の殺し方で盛り上がる”人気投稿サイト、戦慄の書き込み実態】の続きを読む


    女の努力…ムシ!? 男たちのひどすぎるネイルへの感想5つ
    Menjoy!

    ネイルサロンに通ったり、セルフで技術を磨いたり。ネイルにはお金も時間もかかりますよね。しかしそんな女性の努力をムシした、男性たちのひどすぎるネイルに対する感想をご紹介。せっかくかわいいネイルでアガった気分も、彼のこんな発言を聞いたらガッカリ! 男性に辛辣な意見をもらったネイル5つをご紹介します。

    1:虹色に輝く色を見て……「コガネムシみたい」

    「ジェルネイルでベースを紺色に塗って、虹色に光るテープを多めに乗せてキラキラにしたんです。夏だし、ちょっと派手なくらいがかわいいかなって。私は気に入っていたし、女友達にはかわいいって評判だったんですが……。

    彼氏に“コガネムシみたい”って言われました。唖然としていたら、“あ、やっぱりカンブンかな?”って。そこじゃない! 虫の種類はどうでもいいんだ!って怒っちゃいました」(27歳/編集)

    自分でも虫に見えてきた

    そんなこと言われたらショックですね。爪のサイズ感と形状と七色に光る感じが、言われてみれば虫っぽいかもしれませんが……。ちなみに、彼女はその後、ネイルを付け替えるまで、自分でも虫に見えるようになっちゃたんだとか。変なこと言った責任とってほしい!

    2:ベッコウネイルを……「出血みたい」

    「ベッコウネイルって大人な雰囲気でかっこいいし、オシャレだなと思ってやってみたんですが、これが本当に不評でした。

    彼氏に、“内出血みたいで気持ち悪い”って言われて……。でも彼のセンスがないだけだと開き直っていたら、その後男友達に本気でケガかと心配されてしまいました。そんなに変かな……」(24歳/事務)

    “爪の色が変”という男性の感覚

    ベッコウネイルが内出血に見えてしまう男性たちの感覚に驚きです。でもこの話を聞いてから、筆者もよくよく見ると内出血に見えなくもない気がしてきました……。

    3:ドットは……「ブツブツ気持ち悪い」

    「白いベースに黒色のドットが沢山乗っている柄のネイルにしたときは、“気持ち悪い”という意見を数人に言われちゃいましたね。細かい点が狭いところに沢山あるのが、何だかゾッとするそうです」(21歳/学生)

    研究しましょう

    ブツブツしているものを見ていると鳥肌がザワッ……! ドット柄は定番ですが、大きさや細かさによっては気持ち悪いと感じる人もいますよね。

    彼にそう思われるのは悲劇ですが、自分で自分の爪にザワッとしてしまうのも嫌ですよね。ドット柄にするときは、かわいいサイズや色合い、乗せる場所やドットの数を研究しましょう!

    4:真っ黒ネイルは……「宇宙人?」

    「普段はピンク系の落ち着いた感じのネイルにすることが多いんですが、気分を変えて真っ黒のワンカラーにしてみたんです。そしたら、“人間っぽくない、宇宙人みたいで可愛くない”って男友達に言われました。男性には定番のピンクネイルの方がウケがいいのかなぁって感じました」(24歳/経理)

    違和感

    黒や青、緑などのワンカラー、オシャレでかわいいと思うのですが。見慣れていない男性には、違和感を持たせてしまうのかもしれませんね。宇宙人の爪が黒いかどうかは、定かではありませんが……。

    5:キャラクターネイル……「子供っぽい」

    「ハロウィンが近かったので、お化けや猫、カボチャなどのキャラクターを沢山使ったネイルにしたんです。それを、“子供っぽくてダサい”って言った当時の彼氏にはイラッとしました。確かにキャラクターネイルは、絵によっては幼くみえちゃうけど、イベントのときくらい許してよ!」(24歳/フリーター)

    難易度高め

    キャラクターネイルは、日常的にするのはちょっと難易度が高いですよね。でも、イベントのときに取り入れるのは季節感もあってとっても素敵だと思います。爪先だけでもウキウキしたい気持ち、男性にはわかってもらえなさそうですね。

    ネイルをしない自然な爪の方が好きなんて男性もいますが、爪先が綺麗だとみている自分の気分が上がるものです。男性の意見に振り回されずに好きなネイルを楽しむのもアリかも!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【男女】女の努力…ムシ!? 男たちのひどすぎるネイルへの感想5つ】の続きを読む


    サイゼリヤのサイトより
    ねとらぼ

     「初デートでサイゼリヤはアリかナシか」そんな議論がネット上で活発になっています。きっかけとなったのは「初のランチデートは気軽なイタリアンが良い、と言ったらサイゼリヤ男子が大量発生した」とする婚活コンサルタントのツイートでした。

    【イメージ画像】サイゼリヤデートするカップル

     サイゼリヤといえば、リーズナブルな価格でおいしいイタリアン料理が楽しめるファミリーレストラン。“初回デートでサイゼリヤは良くない”とするコンサルタントの意見に、「なんでサイゼリヤじゃダメなの!?」「好きな人と一緒ならどこでもいい」と反発する人がいる一方、“初めてのデートであること”や“結婚を視野に入れる年齢であること”などを考慮し「サイゼリヤじゃない方がいい」とするサイゼNG派も多いようです。

     賛否両論ありますが、「あくまでも初回デートならサイゼリヤは避けた方がいい」とする意見が比較的多い様子。とはいえ、“デートでサイゼリヤに行くこと”そのものについてはほとんどがアリとしています。発端となったコンサルタントも決してサイゼリヤそのものを批判しているわけではなく、「付き合ったら一度はサイゼに連れていくべき」とする一見矛盾するツイートをしていますが、その真意は「(気心が知れた中なのに)サイゼリヤを嫌がる子はお金のかかる子だから」だとか。

     中には「住んでいるところにサイゼリヤが無い」「デートしてくれる相手がいない」という斜め上の意見も。“サイゼリヤでデート”という選択肢があるだけ幸せ、なのかもしれませんね。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「初デートでサイゼリヤはアリ?」Twitter上で激論 「そもそも相手がいない」「サイゼが無い」などの声も】の続きを読む


    キャリコネ

    世の中には妻にビクビクする恐妻家の男性がいるが、恐さも度を超えると一緒に暮らすのが辛くなってくる。はてな匿名ダイアリーに7月24日、「妻が怖い」という投稿をして、ネットで話題になっている。

    投稿者は結婚1年も経たない新婚の男性。さぞ幸せな生活を送っていると思いきや、「妻が怖くて仕方がない」という。一体何が起こっているのか。

    「妻がどんな注意をしてくるか」を真っ先に考えるようになった

    投稿者の妻は機嫌がいい時は優しく、家事を進んでやってくれるので「文句ない妻」だという。しかし、機嫌が悪い時は状況が一変する。どんな些細なことでもキレ気味に注意してくるという。細かい所まで気にする性格の女性なのだろう。家の中を見回して、ほぼ全ての部分について注意を受け、できる範囲で直したところ、今度は行動を注意されて男性は辟易する。

    このような状況が続くうち、投稿者は「妻がどんな注意をしてくるか」を真っ先に考えるようになってきたといい、こう心境を綴っている。

    「何をしても怒られるような気がして何をするにも怖くなって。常に心の奥の方で妻が怖くて、怯えている」

    「怒るということは、妻は何らのストレスは感じているはず」と思った投稿者は無視するのをよしとせず、妻と話し合いをした。しかし解決には至らず、状況が変わらなければ離婚しかないのかと思うようになる。投稿者は、

    「こういうのが世間で言う性格の不一致ってやつなのだろうか。それともどんな夫婦も通る道なんだろうか」

    と悲壮感漂う文面で締めた。

    はてなブックマークでは、「立派なDVです」という指摘が目立った。一般的にDVと言うと夫から妻に向けて行われるイメージが強いが、妻から夫へのケースもある。

    また、「いきなり機嫌悪くなってキレてくるのを何回も体験すると何をするにも相手の機嫌を伺うことになって何にもできなくなる」「このハゲーみたいな感じだったらやばそう」など、投稿者に同情する声も挙がる。新婚であれば家庭が落ち着かないのは余計に辛い。

    妻も投稿者が知らないところでストレスを抱えている?

    投稿者は性格の不一致かと書いているが、「付き合ってる時にはそういう片鱗は見られなかったのだろうか……」となど、結婚前に見抜けなかったのかという意見もある。

    ただ、女性はホルモンバランスの変化などで、イライラしやすい時期がある。現に妻と似た状況だった、という人がコメントを寄せている。

    「お恥ずかしながら私のpmsがひどい時はもそんな感じだった。イライラが強くてよく怒ってた」

    ただ中には、「今は心療内科で興奮を抑える薬を飲んでます」という人もおり、感情の起伏があまりに激しいのであれば、病院で受診することをすすめる意見も挙がっていた。

    投稿者は話し合いをしたというが、「どんなポイントでしたの?」という疑問も寄せられている。たとえば転居や転職による変化、新天地での人間関係の悩みなど、投稿者が知らないところで妻はストレスを抱えているのかもしれない。そういった面も考慮して話し合いを行うことも必要だろう。

    それでも好転しない場合については、「子供いないなら双方のために離婚は全然あり」など、離すすめる人もいた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【鬼嫁】「妻が怖くて仕方がない」男性の相談に震える 「立派なDVです」「離婚も全然あり」】の続きを読む


    ナリナリドットコム

    長く苦しい不妊治療を20年続けてようやく懐妊した時、妻はすでに60歳、夫は68歳。そして待望の出産を迎え、我が子の産声を聞いた後、夫は自らの健康を理由に妻と子供のもとから逃げ出していった……。

    セルビアの夫婦にようやく娘が生まれたその時、夫のセリフさんは今まで考えていたことが甘い夢であったと認識していたという。

    「私は高齢の病人。糖尿病患者で弱い心を持っている。一晩中赤子の泣き声を聞かされるのは困難だ」

    そう語り、妻と娘を捨て、外国へ出ていくことに。

    妻のアティファさん自身、高血圧など健康上の問題を抱えているが、突然訪れたショックな事態にもめげず一人で娘を育てると決意。「私の人生で唯一の願いは子供を持つことでした。最善の方法で娘を育てていきたい」とメディアに語っている。

    ネットでは「申し訳ないがご夫婦とも利己的すぎる。産まれてくる子どものことを真剣に考えなければ」「なんてひどい夫!」「20年、その間はきっと仲睦まじかったのだろう…幸せとは何かということを考えさせられる」「おそらく夫の精子ではなく、ドナーのものを使用しているのだろう。そうだとするとやはり情はわきにくいのかもしれない」「私はこの夫を心の底から憎む。同時にこの赤ちゃんの幸せを心の底から祈る」といった様々な意見が寄せられている。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【最低】不妊治療20年続け60歳で出産、夫は妻子捨て逃げる】の続きを読む

    このページのトップヘ