ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    事件・事故・炎上ネタ


    ※イメージ画像:「Thinkstock」より
    日刊サイゾー

     大阪市内にあるラーメン店「Antaga大正」の店長が大麻所持の疑いで逮捕されたことで、利用客に「大麻入りラーメン」のウワサが広まっていたことがわかった。逮捕報道では、客が「店の中で大麻の匂いがした」と話していたことが元従業員の話として伝えられ、利用客の間では「料理に大麻が使用されていたのではないか」と疑う人々が出てきているのだ。

    「食べたことあるけど、まさか大麻入りラーメンだった?」

    「大麻やりながらラーメン作ってたら、大麻混入とか大丈夫かね」

     ネット上では、そんな声が広がっているが、「店で大麻の匂いがするっていうのは、逮捕されるずっと前からささやかれていたこと」と語るのは、常連客だったグルメブロガーのひとり。過去、店のレビューを書いたこともある人物だ。

    「もちろん大麻がどんな匂いがするかなんて、ほとんどの人は知らないはずやけど、店内で草の青臭い匂いが強くしていたんで、それが大麻の匂いじゃないかとウワサになっていたことがあった」(同)

     逮捕された梶林洋介被告がラーメンの調理に大麻を使用していたという話は現時点で聞こえていない。近畿厚生局麻薬取締部は、梶林被告が9月に店内で乾燥大麻およそ11グラムを所持していた大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴。調べでは、5年くらい前から大麻を使用し、家族に隠れて吸うために店で保管して、仕事終わりに吸っていたとしている。大麻の匂いがしていたというのは、店で梶林被告が吸っていたためだろうか。

    「ラーメンの方は国産の鶏と香味野菜などを使った濃厚なスープが売りの鶏麺が売り」(ブロガー)で、ラーメンに草の味がしたという報告もなかったが、前出の常連客によると「大麻入りラーメンのウワサが立ったのは、たぶん店主が以前に、よく大麻入りラーメンの話をしていたからでは」と話す。

    「東京で大麻ラーメンを出す店があったとかで、その話題をすると店主が身を乗り出すようにして『作ることはできても売れないよね』とか言っていた」(同)

     大麻ラーメンは、都内のラーメン店で実際に販売されていたことがあった。しかし、大麻は大麻でも違法なものではなく、市販の調味料である麻の実が原料の「ヘンプシードパウダー」と「ヘンプシードオイル」が使われていたというだけのもの。当初、メニューの名前が嗜好品大麻の使用を思わせる「マリファナラーメン」と紛らわしいものになっており、東京都が調査に訪れたというほど。その店内には「大麻合法化祈願」などという張り紙がしてあったり、一部で物議を醸してもいた。

     あるグルメライターによると「変な食材を使っているかもしれないとかのウワサを流すのは、店側のPR工作だったりすることもある」というが、梶林被告のラーメン店でも、そういった“PR”はあったのだろうか。

    「店が積極的にそんなウワサを流してるってことはなかったです。でも、不良っぽい客も多かった店なので、『あの店で食材の仕入れを装って大麻の売買がされてる』という都市伝説レベルのウワサがあったりした」(同)

     結局、ラーメンへの大麻混入はただのウワサにとどまっているが、利用客にとっては話に尾ヒレを付けたくなるものかもしれない。

     1970年代、殺人犯が死体を切断し「手首だけは指紋から身元がわかるから、屋台ラーメンのスープのダシに使った」と自供した事件があった。このときも利用客として心当たりのある人々の間では「手首ラーメン」説が広まったのだが、今回も“後味”の悪い話が蘇りそうだ。
    (文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【店主逮捕の大阪ラーメン店で“大麻入りラーメン”のウワサ「草の青臭い匂いが強く……」】の続きを読む



    【【悲報】速水もこみちの弟逮捕wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


     ゼリア新薬工業(東京都)の新入社員だった男性=当時(22)=がうつ病で自殺したのは、新人研修で人格否定されたことなどが原因だとして、千葉県の両親が8日、同社と研修委託を受けた人材育成コンサルタント会社(同)などを相手に1億円余りの損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

     両親側の弁護士によると、男性は2013年4月に入社したが、研修中の同5月18日に自殺。2年後、中央労働基準監督署は「研修で嫌がらせなどに該当する強い心理的負荷があり、精神疾患を発症した」と労災認定した。

     指摘された研修は「意識行動変革」と称し、コンサル会社が自殺の約1カ月前に3日間実施。男性は同社の講師に吃音(きつおん)や過去のいじめ被害をみんなの前で告白するよう強要され、研修報告書に「ショックで頭が真っ白」などと書き残していた。

     両親は医療情報担当者(MR)のテスト勉強など、常態化した長時間労働も原因と主張。父親(59)は厚生労働省で記者会見し、「軍隊のような研修に警鐘を鳴らしたい」と述べた。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「人格否定研修で自殺」=両親がゼリア新薬提訴―東京地裁】の続きを読む



    1 YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2017/03/02(木) 20:07:01.41 ID:CAP_USER9.net

    「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリになった女優の自宅マンションに合鍵を使って侵入したとして、マンションの管理会社の男が警視庁に逮捕されました。

     逮捕されたのは東京・文京区に住む檜山中容疑者(50)で先月上旬、文京区のマンションで女優の工藤綾乃さん(20)の自宅の部屋に侵入した疑いが持たれています。工藤さんが部屋の中に隠しカメラのようなものが取り付けられていることに気づき、事件が発覚したということです。

     檜山容疑者は現場のマンションを管理する会社に勤めていて、保管していた合鍵を使って侵入したということで、取り調べに対し「部屋に侵入し、カメラを取り付けたが業務目的だった」と供述しているということです。警視庁は同様の手口による余罪があるとみて詳しく調べています。

     工藤さんは2009年、「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得し、女優として活躍しています。(02日16:51)

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170302-00000048-jnn-soci


    【【話題】国民的美少女コンテストグランプリ女優宅に侵入容疑、男逮捕】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ [US] :NG NG.net


    一時重体の小5男児、意識回復


    29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野8の若松公園で、市内に住む小学5年の男子児童(10)が、
    ヤマカガシとみられる毒蛇に手首をかまれ、一時意識不明の重体となった。
    30日午後には意識が回復した。

    県警伊丹署によると、男児は友人と2人で公園に遊びに来ていて、蛇に右手首をかまれたという。
    午後6時過ぎに1人で帰宅したが、夜になっても出血が収まらず、頭痛も訴えたため、母親が
    午後8時ごろに119番し、救急車で病院に搬送された。

    男児は血清を打つなど治療を続けた結果、30日夕方になって意識が戻ったという。

    蛇は友人が捕まえてリュックサックに入れ、男児の母親に渡していた。

    https://mainichi.jp/articles/20170731/k00/00m/040/066000c


    【ヤマカガシに咬まれて重体になったクソガキ小学生の末路wwwwwwwwww クソワロwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ