ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    事件・事故・炎上ネタ


     東京・下北沢にある飲食店で10月、貸し切り客130人による「ドタキャン事件」が発生、SNS上で大きな話題となりました。お店の公式ツイッターは当日、ドタキャンがなされる直前に「本日20:00頃マデ貸切となります」「雨でもいつでもお待ちしてます」と告知、その後「今、まさに信じられない事が起こったのですが、貸切のお客様がドタキャンとなりまして…(中略)130名って…という事でお席空いてます…まだ立ち直れてないですが…」とつぶやくと、「ざっと50万くらいの損害ですか」「許さない」「幹事が130人の参加者に連絡するのも大変なので、これは最初からイタズラだったのでは?」などの声が上がりました。

    損害額は数十万円規模とみられる

     オトナンサー編集部が同店に取材したところ、ドタキャンをしたのは大学生の団体で、他大学と合同で大会の打ち上げをするはずだったといいます。約1カ月前に電話で予約が入りましたが、当日の予約時間になっても現れなかったため、電話すると「キャンセル」との返事が。その後、ダブルブッキングで同店をキャンセルし忘れていたことが判明したそうです。5種類の料理からなる、1人2780円のコースを仕込み済みで、損害額は数十万円規模と見られますが、「今後もお付き合いしたい、お店を使ってほしい」(同店関係者)ということで落着し、その後、実際に利用もあったといいます。ドタキャン当日、投稿を見たとおぼしき20~30人が来店、残った料理を注文する、心ある人もいたそうです。

     同店は、ドタキャンに対する法的措置について取材に対し「電話番号しか知らない相手なのでドタキャンされても実際には困難」としていますが、芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士によると、「お店の予約」には原則として法的拘束力があります。

    「お店を予約する行為は、客がお店の席を予約してお店がそれに応じれば、席を予約する契約が成立し、法的拘束力が生じます。お店を予約する際、料理を注文していれば、料理を提供してもらう契約も成立します。客が自身の都合でそれらの予約をキャンセルすれば、契約の一方的な解約になるため、それによって発生した損害をお店に対して賠償する責任が生じます。お店が、料理の注文に対して材料の注文や仕込みをすでに行っており、ほかの客への振り替えなどができない場合は『直接損害』として、お店側は客にその賠償を請求できます。席を予約しただけの場合には、料理の注文こそしていませんが、席が埋まったことでほかの客の予約や入店が不可能になったのであれば、期待売り上げや利益を失ったとして『間接損害』や『逸失利益』の賠償を請求できます。ただし実際には、具体的に発生した損害額の証明が難しく、お店側も客が常連であることや、次回の予約を取り付けることで、これら損害賠償の請求を控えていることが多いと思われます。とは言え、一見さんが多い有名店では、当日のキャンセルとして1人5000円(+消費税)を申し受けているお店もあるようです(実際に請求しているかは不明)。こうしておけば、損害賠償の予定(違約金)として、損害の証明がなくても賠償を請求することができます。そもそもドタキャンする人が大幅に減るでしょう」(牧野さん)

     ただし、電話をかけてきた人が未成年の場合、判断能力が未熟であることから契約取り消しが可能。また、お店側が損害賠償を請求するためには、電話をかけてきた人を特定し、かつ具体的に発生した損害を証明する必要があるそうです。

    イタズラならば「偽計業務妨害罪」も

     今回のケースで、お店は「今後の利用」を約束してもらうことで、法的措置に踏み切りませんでしたが、仮にそうする場合、どの程度の損害賠償請求が可能なのでしょうか。

    「全額を請求することは難しいでしょう。あくまでも、お店側に具体的に発生した損害の範囲の中で、具体的に証明できた範囲に限定されるでしょう。今回のケースでは、ドタキャン直後に『心ある20~30人』が来店しており、料理が全てむだになったわけではなく、損害額は少なくとも20~30人分が減額された『約27万8000~30万5800円』と思われます。さらに、そのほかの客に振り替えられていれば、その分の損害額も減額されるでしょう。法律の世界では、埋め合わせできた分は損害を回避したとみなされるため、その分の請求ができなくなります」

     ちなみに、今回のケースでドタキャンは単純な物忘れが原因でしたが、これがイタズラだった場合、民事上は他人の権利を不法に侵害する「不法行為」にあたるため、発生した損害を賠償する責任が生じるほか、刑事責任としては、偽計を用いて人の業務を妨害する偽計業務妨害罪(3年以下の懲役または50万円以下の罰金)が成立する可能性があるそうです。

    (オトナンサー編集部)

    貸し切りに備えて作っておいたという「炊き込みご飯」(同店提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【都内飲食店で貸し切り客130人のドタキャン発生「信じられない事が起こった…」、法的問題は?】の続きを読む


    ゴゴ通信

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・ファミリーマートの店内で放尿行為
    ・動画が拡散し騒動
    ・警察が出動する事態に

    コンビニエンスストアチェーン店のファミリーマートの店内で放尿する男性の動画がTwitterに投稿されネットが騒然となっている。

    撮影者は放尿行為を行った男性とは無関係で、「赤の他人だから目の前でビデオ撮ったら小便かけられそうになったわw」とツイートし動画を投稿している。

    その後、警察が店に来た様子も写真で投稿しており、男性は「小便したの覚えとるわけないやん!てかしてないし!」と店内で放尿したことを覚えていないという。

    男性はコンビニエンスストアのパスタコーナーにて放尿を行い、商品に放尿。それを見ていた店員が止めに入るも移動しながら放尿を続け、男性の歩いたあとは尿まみれ。

    該当店舗は「錦3丁目店」と判明した。

    全ての動画と画像はこちらからご覧ください



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【炎上】ファミリーマートの店内のパスタに向かって放尿行為 動画が拡散し騒動に 警察も出動】の続きを読む


     酒に酔って路上でトラブルになった男性の顔を踏みつけてけがをさせたとして、大阪府警曽根崎署は23日、東京都江東区東雲1、フジテレビ営業局社員、松原弘樹容疑者(29)を傷害の疑いで逮捕した。「はっきりと覚えていない」と容疑を否認している。

     逮捕容疑は6月21日午前4時ごろ、大阪市北区樋之口町の当時の自宅近くの路上でタクシーを降りた際、同乗の女性が乗り続ける予定だったのに入れ替わりで乗ろうとした男性会社員(45)と口論に発展。体当たりして転倒させ、顔を数回踏みつけて1週間の軽傷を負わせたとしている。

     曽根崎署によると、松原容疑者は当時、関西支社に勤務し、飲酒した帰りだった。現場から立ち去ったが、タクシーのドライブレコーダー映像などから浮上した。

     フジテレビは「大変遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処する」とのコメントを出した。【高嶋将之】



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【<傷害容疑>フジテレビ社員逮捕 男性の顔を踏みつけ】の続きを読む


    ※イメージ画像:「Thinkstock」より
    日刊サイゾー

     大阪市内にあるラーメン店「Antaga大正」の店長が大麻所持の疑いで逮捕されたことで、利用客に「大麻入りラーメン」のウワサが広まっていたことがわかった。逮捕報道では、客が「店の中で大麻の匂いがした」と話していたことが元従業員の話として伝えられ、利用客の間では「料理に大麻が使用されていたのではないか」と疑う人々が出てきているのだ。

    「食べたことあるけど、まさか大麻入りラーメンだった?」

    「大麻やりながらラーメン作ってたら、大麻混入とか大丈夫かね」

     ネット上では、そんな声が広がっているが、「店で大麻の匂いがするっていうのは、逮捕されるずっと前からささやかれていたこと」と語るのは、常連客だったグルメブロガーのひとり。過去、店のレビューを書いたこともある人物だ。

    「もちろん大麻がどんな匂いがするかなんて、ほとんどの人は知らないはずやけど、店内で草の青臭い匂いが強くしていたんで、それが大麻の匂いじゃないかとウワサになっていたことがあった」(同)

     逮捕された梶林洋介被告がラーメンの調理に大麻を使用していたという話は現時点で聞こえていない。近畿厚生局麻薬取締部は、梶林被告が9月に店内で乾燥大麻およそ11グラムを所持していた大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴。調べでは、5年くらい前から大麻を使用し、家族に隠れて吸うために店で保管して、仕事終わりに吸っていたとしている。大麻の匂いがしていたというのは、店で梶林被告が吸っていたためだろうか。

    「ラーメンの方は国産の鶏と香味野菜などを使った濃厚なスープが売りの鶏麺が売り」(ブロガー)で、ラーメンに草の味がしたという報告もなかったが、前出の常連客によると「大麻入りラーメンのウワサが立ったのは、たぶん店主が以前に、よく大麻入りラーメンの話をしていたからでは」と話す。

    「東京で大麻ラーメンを出す店があったとかで、その話題をすると店主が身を乗り出すようにして『作ることはできても売れないよね』とか言っていた」(同)

     大麻ラーメンは、都内のラーメン店で実際に販売されていたことがあった。しかし、大麻は大麻でも違法なものではなく、市販の調味料である麻の実が原料の「ヘンプシードパウダー」と「ヘンプシードオイル」が使われていたというだけのもの。当初、メニューの名前が嗜好品大麻の使用を思わせる「マリファナラーメン」と紛らわしいものになっており、東京都が調査に訪れたというほど。その店内には「大麻合法化祈願」などという張り紙がしてあったり、一部で物議を醸してもいた。

     あるグルメライターによると「変な食材を使っているかもしれないとかのウワサを流すのは、店側のPR工作だったりすることもある」というが、梶林被告のラーメン店でも、そういった“PR”はあったのだろうか。

    「店が積極的にそんなウワサを流してるってことはなかったです。でも、不良っぽい客も多かった店なので、『あの店で食材の仕入れを装って大麻の売買がされてる』という都市伝説レベルのウワサがあったりした」(同)

     結局、ラーメンへの大麻混入はただのウワサにとどまっているが、利用客にとっては話に尾ヒレを付けたくなるものかもしれない。

     1970年代、殺人犯が死体を切断し「手首だけは指紋から身元がわかるから、屋台ラーメンのスープのダシに使った」と自供した事件があった。このときも利用客として心当たりのある人々の間では「手首ラーメン」説が広まったのだが、今回も“後味”の悪い話が蘇りそうだ。
    (文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【店主逮捕の大阪ラーメン店で“大麻入りラーメン”のウワサ「草の青臭い匂いが強く……」】の続きを読む



    【【悲報】速水もこみちの弟逮捕wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ