ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    学校・教育・育児


    朝日新聞の「奨学金を返せず親子で自己破産」というニュースが話題になっている。13日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でも取り上げられ、経済評論家の勝間和代さんが

    「なんでもかんでも奨学金を出すという仕組みが良くない」
    「(日本の学費が)高すぎます」

    などと苦言を呈していた。

    朝日新聞は12日の記事で、国の奨学金を返せず自己破産するケースが増えており、借りた本人だけでなく親や親族らと共倒れになる事態も広がっていると伝えていた。(文:okei)

    「私立大学を出たからって800万円返せる就職口なんて無い!」


    画像は番組公式サイトのキャプチャ

    卒業して3年半で自己破産申請したある男性(27歳)は、私立大学の国際関係学部への入学金や授業料などで、計800万円余の奨学金を借りていた。東京で就職したが給料は手取り20万円。毎月4万円を20年払い続ける自信がなくなり自己破産した。4か月後、連帯保証人になっていた父(52歳)もまた自己破産し、今後91歳の祖父にまで請求が及ぶ恐れもあるという。

    意見を求められた勝間さんは、開口一番

    「まず今、私立の大学を出たからといって800万円の奨学金を返せる就職口なんて正直無いんですよ!」
    「だから、この仕組みそのものがもう破綻してるんです」

    とズバリ。

    今はもう、新卒や中間管理職が要らない時代になっており、「AIやITが発達しすぎて労働力が要らないんです」と持論を展開。大卒ではない物理的な作業をする人はいくらでも必要だが、大学卒業程度の能力を必要とする就職口が、

    「本当の一流大学や本当のAIの技術者のような特別な人しか、用意されていないんです」

    と断言した。

    さらに「言い方は悪いんですど」と断りつつ、「国際関係学部という名前を聞いた瞬間に、少なくともトップレベルではないということが分かってしまうわけです」と指摘する。

    「結局、年に100万とか使ったとしても、まったくそれを回収できるような就職先がないので、正直、奨学金を出してはいけないぐらいのレベルなんです」

    と辛辣なコメントを次々繰り出していた。

    「無償を増やすか、国公立を徹底的に下げないとダメ」

    ちなみに、国の奨学金は担保や審査が無い。1人当たりの平均借入額は、成績と収入の要件がある「無利子」が237万円で、「有利子」は343万円だ。卒業から20年以内に分割で返すことになっている。

    それにしても、冒頭の男性のケースは借り過ぎのような気がする。自業自得とは言わないが、見通しが甘い部分はあっただろう。その甘さが通ってしまい、後々困窮することになっている。

    「なぜそういうシステムに?」と聞かれた勝間さんは、「もちろん銀行があり、奨学金の予算があるからです。あるいは、私立大学がそういう人たちが来ないと誰も来なくなっちゃうからです」と激辛な指摘は止まらない。

    奨学金は税金が補助をしているだけで、利息も返済義務もあるとして、

    「本当にこの仕組みを維持したいのであれば、無償の奨学金を増やすか、国公立大学(の入学金)を徹底的に下げないとダメです」

    と意見した。

    さらに、「海外は誰でもかれでも大学に上げない」と解説。ヨーロッパでは、大学で回収できる可能性のあるような人しか、あげないような仕組みにしているという。その上で、

    「言っては申し訳ないんですけど、就職成績が悪い私立大学に、なんでもかんでも奨学金もらって突っ込めという仕組みが良くないんですよ」
    「奨学金借りれば何とかなるって、なんとかならないんですよ!」

    などと、現実を叩きつけていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【勝間和代「奨学金返せず親子で自己破産」に苦言 「誰にでも奨学金を出すシステムが間違っている」「仕組みそのものが破綻」】の続きを読む


     都教委は30日、男子児童が嘔吐するまで無理やり給食を食べさせるなどしたとして、区立小の女性教諭(40)を同日付で戒告処分とした。女性教諭は2014年1月、欠席者が多く給食が余っていたため、児童全員にお代わりを指示。男子児童の一人が「もう食べられません」と訴えたが、無理やり食べさせ、嘔吐させた。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【マジキチ】都教委:小学校の女性教諭処分 嘔吐するまで給食食べさす】の続きを読む


     みんな大好き炭酸飲料。暑い夏でも寒い冬でも、いつでも飲みたいものですよね。

    【その他の画像】

     ところでこの間友人と会ったときに「歯がコーラで溶けるわけないよな」という話になりました。

     彼は25歳になった今でも「炭酸を飲みすぎると歯が溶けるよ」と周りの人に言われるそうです。もしかして、読者のみなさんもそんな経験がおありですか?(筆者は言われたことがないのです)

     筆者の直感でも、「歯が炭酸で溶けるわけない」です。なぜなら歯が溶けたことがないので。でも本当かな? ちょっとずつ溶けてたりするのかな?

     というわけで、ちょっと歯と炭酸について考えて、堂々と反論してやりましょう。

    ●炭酸は酸性

     おそらく、炭酸で歯が溶ける派の主張は、「炭酸は酸なんだから酸蝕歯(さんしょくし)になるはずだ」というものでしょう。

     酸というのはもちろん、酸性・アルカリ性の酸性。この世のすっぱいものが大体持ってる性質のことです。リトマス紙を赤色に変えたりBTB溶液を黄色に変えたりします。炭酸もこの仲間です。

     「酸蝕歯」というのは初耳の人も多いでしょうが、読んで字のごとく、酸によって蝕(むしば)まれた歯。酸の影響で歯が溶かされてしまったという症状です。虫歯とは違います。虫歯菌とは関係なく、外から来る酸によって歯が溶かされている状態を言います。

     炭酸が酸なら、酸蝕歯になるやんけ! とお思いの方はちょっとお待ちを。筆者はそこに疑問を覚えました。

    ●歯の材質

     炭酸ってかなり弱い酸のはずなのに、歯みたいな固いものを本当に溶かせるのか?

     歯がどれくらい固いかは、何でできているのかを調べるところから。グリコ健康科学研究所によると、歯の固い部分のほとんど(ハイドロキシアパタイトと呼ばれます)はリン酸カルシウム(の1種)だそうです。

     高校化学をやった皆さんはそろそろ分かった頃ですか? キーワードは「弱酸の遊離」です!

    ●弱酸の遊離

     弱酸の遊離とは、「弱酸の塩に強酸を加えると弱酸の方が酸に戻り、強酸が塩になる反応」です。

     例えば、酢酸ナトリウムの水溶液に塩酸を加えると、酢酸が遊離して塩化ナトリウムができる、という反応。もちろん逆は起こりません。

     塩(えん)は酸とアルカリの中和でできる生成物の総称で、塩化ナトリウム(食塩)は塩酸と水酸化ナトリウムの塩(えん)の一種です。

     すごーく単純化してしまうならば、「弱いものは強いものから奪われる」ということになります。奪われる=溶かされる、と考えて大丈夫です。

     弱酸や強酸という表現をしていますが、もちろん酸同士の相対的な強さで決まります。今問題にしているリン酸カルシウムと炭酸ですが、リン酸は強酸というほど強くはありませんが、明らかに炭酸よりは強いです。炭酸は酢酸よりも弱い酸です。

     受験生の皆さんのお役にも立てるよう、フェノールも入れておきました。硝酸は酸化力を持ち、銅を溶かせるので星5です!

     というわけで、より強い酸であるところのリン酸が炭酸程度で遊離するはずもなく、炭酸が歯を溶かすことは不可能なのです。

    ●まとめ

     というわけで、弱酸である炭酸はそれより強いリン酸の塩である歯を溶かすことができないという話でした。

     参考までに歯医者さんのサイトを見てみました。酸蝕歯というのはお仕事で硫酸(強い酸の代表!)などを扱う人に見られる症状だそうです。

     また、炭酸飲料で歯が溶けるという話は、単に虫歯にならないよう子どもに言い含めるときにこの表現が用いられたのだろうとのこと。なら最初から虫歯になるって言わんかい!!

    =====

    参考:

    コーラを飲んでも歯は溶けない!歯が溶ける酸蝕歯と虫歯の違い-医療法人和歯歯会スマイリー歯科



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「コーラで歯が溶ける」はなぜウソなのか 高校化学で解決してみた】の続きを読む



    最近学校側が生徒に厳しい校則を強要することが問題化しているようです。身につける格好についての校則だけでなく、生徒の下着の色を「白」だけにするという謎の校則もあると言います。このような厳しい高速に関して最近は「ブラック校則」などという言葉で呼んでいるということです。理由は様々ですが、恐ろしい制度です。
    ーブラック校則とは

    朝の情報テレビ番組「スッキリ!」によりますと、教師が生徒に守るべき原則以外に、その他暗黙のルールとして「禁止」になっている制度や、他の学校ではあまり聞かれない理不尽な制度などを「ブラック校則」ということです。例えば以下の様なものがあるようです。

    ・下着の色は白
    ・ヘアゴムの色は黒
    ・授業中にトイレに行く時間は規定時間以内
    ・髪の毛の色は染めるのは禁止。明るい場合「自毛」であると地毛証明書を申請

    など、かなり細かい校則もあるようです。これらを守らない場合、厳しく学校側から取り締まられることがあるといいます。白い下着であるべき理由は、制服から透けて見えて犯罪に巻き込まれるおそれがあるからだということです。

    そのような中、NPO法人がブラック校則を無くすプロジェクトを開始し、全国調査などで実態把握をするということです。

    結果は来月公開されるということです。

    その他SNSで話題となっている「ブラック校則」は以下の様なものがあります。

    恋愛禁止
    腕時計禁止仰ぐのは禁止映画は学校指定のもののみ投稿口中は水分補給禁止男子は坊主
    リップクリーム禁止
    男子は坊主といういわゆる「丸刈り校則」というものは2000年以前には多く見受けられましたが、最近では禁止の動きになっております。

    このような「ブラック校則」についてネットでは、学校側の一方的な都合である・生徒を管理できる能力が欠如しているのではないかという声もあるようです。果たしてこのような校則は守るべきものなのでしょうか。特にネットでは髪の毛の問題に関しては「理不尽過ぎる」という声も多いようです。

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    学校が生徒に強要する「ブラック校則」が話題に!下着は白が鉄則!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【学校が生徒に強要する「ブラック校則」が話題に!下着は白が鉄則!】の続きを読む


    今は笑えるけれど、当時は重大に感じられたルールも…?
     校則ではないけれど、学生時代に守らなければならない変なルールはありませんでしたか? 今考えるとどうしてあんなルールをちゃんと守っていたのだろう…と不思議に思ってしまうおかしな伝統・ルールについて調査しました。

    中学・高校時代にイケてると思ってやっていた地元限定のトレンドとは!?


    ●もはや定番(?)のルール

    「遠足のおやつは500円まで」(神奈川・30歳男性)
    「給食を残すと全部食べるまで居残り」(東京・28歳女性)
    「他のクラスの教室に入ってはいけない」(東京・28歳女性)

     校則ではないけれど、変なルールとして多く挙がったのは全て小学校のときのルールでした。それぞれ理由は分からなくもないのですが、こういったルールがここまで定番化しているのが謎です。

     続いて、小・中・高校生の時代別で変なルールを調査してみました。


    ●小学校時代

    「休み時間にドッジボールをするときは小柄な人にボールを当ててはいけない、狙わないというルール」(千葉・31歳女性)

     優しいルールのようにも思えますが、小柄な人が多いチームがかなり有利になりそう。

    「卒業式でこれから進学する中学校の制服を着て出席する」(千葉・31歳男性)

     式服を準備するお母さんからしてみれば、ありがたい伝統かもしれません。

    「シャーペンを使ってはいけない」(東京・27歳女性)

     これはよくありましたね。「変な書き癖がつくから」「小さいころからあまり便利なものに慣れ過ぎてはいけないから」「ペン先が危ないから」など様々な説がありました。


    ●中学時代

    「掃除の時間は一切しゃべってはいけないというルール。少しでもしゃべっているのが先生にみつかると、お説教や居残り掃除をさせられる」(長野・32歳男性)

     ついつい遊んでしまいがちな掃除の時間。真面目に掃除をするには良いルールかもしれません?

    「ジャージのVネックの真ん中部分を切っていると彼氏・彼女募集のサイン」(千葉・33歳男性)

     彼氏・彼女ができたら縫い合わせるんでしょうか…。

    「バスケ部では炭酸飲料を飲むと体力が落ちるから引退するまでは飲んではいけないという暗黙のルールがあった」(東京・26歳女性)

     一体どんなところからその発想が生まれたのかが気になります。


    ●高校時代

    「女子のダンスの授業ではレオタード着用が義務づけられていたけれど、学年が上がるにつれて、羽織っていいものが増える。1年生はレオタードのみ、2年生はジャージの下のみ、3年生はジャージ上下が着用可に」(東京・31歳女性)

     しかし、だいたい1年生のときにレオタード姿になることに慣れてしまい、3年でジャージを着る人は少ないのだそう。

    「女子のタイツは60デニール以上」(東京・23歳男性)

     こちらは校則で決められていたそうですが、厚さまで決められるとは…。

    「創立者の銅像に上ったら退学になるという伝説」(女性・29歳大阪)

     上ってはいけませんよ、ということなのでしょうが、とんでもない伝説ですね。

     今振り返ると、どうしてあんなルールがあったのかと首をかしげる一方で、クスリと笑いが漏れてしまうかもしれませんね。あなたの学校では今考えてみるとおかしなルール、ありましたか?

    (ふくだりょうこ+プレスラボ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【シャーペン禁止! 学生時代にあったおかしなルール】の続きを読む

    このページのトップヘ