ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    学校・教育・育児


    「キラキラネーム」賛成・反対アンケート
    NEWSポストセブン

     10代~80代の全国425名の男女に「キラキラネーム」についてのアンケートをとった。その結果、「賛成」は23.8%、「反対」は76.2%となった。

     このような賛否について、専門家に聞いた。命名家の牧野恭仁雄(まきの・くにお)さんが統計を取った、過去5年間でもっとも人気が高い呼び名は、男の子で「はると」、女の子で「ゆい」、漢字では「悠斗」、「陽菜」だった。

     一方、読者が驚いたキラキラネームには、「泡姫(アリエル)」「雷音(ライオン)」「姫星(キティ)」「光宙(ピカチュウ)」「美月(ミツキー)」「厳惰夢(ガンダム)」などがあげられた。

    「名づけで大事なことは“親の本音が込められているか”と“他人が読めるか”です」

     とは、前出の牧野さん。

    「私自身、“恭仁雄”という読みにくい名前で苦労しました。キラキラネームほどでなくても、読みにくかったり、性別がわかりにくいと、難点のある名前といえます。実際に名前を使うのは親よりも本人と、本人にかかわる社会。名前は他人が使うことの方が圧倒的に多いのです」(牧野さん)

     とはいえ、命名は親の権利だと、弁護士の高島惇さん。「親には命名権があり、戸籍法上も常用漢字と人名用漢字を使っていれば自由につけられます。さらに、読み方には制限がありません」

     奇抜な名前はいつの時代にもあり、落語の『寿限無』などがいい例。“キラキラネーム”が流行しだしたのは、2000年前後で、これには、名づけた両親が、幼少期を過ごした時代が反映されているという。

    「この年代の親が育った1970~1980年代は、経済も社会も安定していました。しかし、画一的な学歴社会で没個性を生んだ時代でもあります。その反動で子供には“個性的”な名前をつけたがるのでしょう」(牧野さん)

     名前は家庭の中だけで使うのではなく、社会で使うもの。それと同時に、本人が一生愛着のもてる名前であることが大事といえそうだ。

    ※女性セブン2017年5月4日号



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【キラキラネーム「反対」は76.2%、しかし親には命名権あり】の続きを読む


    ©iStock.com
    文春オンライン

    Q 周りでこんな用語が流行っています

     現在大学生です。周りで“アスペ”という用語が流行っています。何か目立つことをしたり、人と違ったことをすると"お前まじアスペ"と言われます。精神医学の用語がこのように使われることについて、どのようにお考えになりますか。(20代・女性・大学生)

    A 日常会話で気軽に医学用語的なものを使うべきではないと思います

     これは、はっきり言って複雑な気持ちです。「アスペ」という言葉は、発達障害の一群の診断名である「アスペルガー症候群」から端を発したものだと思いますが、これを

    (1)「アスペ」=「アスペルガー症候群」と捉えているか、
    (2)「アスペ」と「アスペルガー症候群」は違うものと捉えている

    かで、まず話が変わってきます。

    (1)の場合、「アスペ」を医学用語の略語として使っていることになります。だとしたら、簡単に「お前まじアスペ」とは言えないはずです。なぜなら、精神医学を専門に学んだ医師でも「アスペルガー症候群」と診断を確定するには相当な勇気が要ります。それほど難しい診断なのに、人と違っているというだけで簡単に「アスペ」と言うのは、ただの誤診です。そんな堅苦しいことを言わないで、と思われるかもしれませんが、医学用語は本来、医療を行う職人のための専門用語です。医療者が医学用語を一般的な場面で使う時は、必ず医学的根拠を示しながら使います。そうでないと伝わらないからです。なので、医療者でない方が「アスペ」を「アスペルガー症候群」の意味で使う時は、その医学的根拠を明確に示すか、使用を控えるべきだと僕は思います。これは、寿司屋でのマナーとして、職人さんが使う「おあいそ」とか「あがり」などの用語をお客は使うべきではない、というのと何となく重なります。

     次に、(2)の場合です。これは、単なる略語ではなく、特定の集団内で違う意味を持って使われる、スラングの形と言えます。個人的には、このように言葉がスラング化する過程には興味がありますが、この場合も、使う方が「アスペルガー症候群とは意味が違う」と明確に認識していることが大前提になると思います。

     そして何より、最も、圧倒的に大切なことは、実際に「アスペルガー症候群」と診断され、通院している方や、その周りの方々がいらっしゃるということです。その方々が、「アスペ」という言葉を聞いて、嬉しいと思うでしょうか。たとえ「お前まじアスペ」と軽い気持ちで言う相手が、通院などを要さない人であったとしても、周りで聞いたり見たりする人で間接的にショックを受ける人がいるかもしれません。それくらい繊細に考えるべきだと思います。

     総括すると、僕は日常会話で気軽に医学用語的なものを使うべきではないと思うし、使うくらい興味があるなら、それについて知識を身につけてほしいと思います。そしたら「アスペルガー症候群」という言葉自体がなくなりつつあるということも知る事ができるでしょう。

    (星野 概念)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“アスペ”という言葉が学生の間で流行語に。どう思いますか?】の続きを読む


    キャリコネ

    小学生の頃、学校での一番の楽しみは給食だった。貧乏な家の子どもだったので、1日でもっとも豪華な食事が楽しめるのが、この給食時間だったのだ。

    だけど、苦手なものが出てくると本当に参ってしまった。きゅうりにピーマン。納豆辺りが当時全くダメだったので、こういうのが出てくる日は本当にげんなりした。あまりにも食べ残しが多いと、担任の先生に「さすがにもうちょっと頑張って食べようぜ」と注意されたこともあった。

    ただ、クラスによってはヒステリックな中年の女性担任に、怒鳴り散らされながら昼休みの間中、延々苦手な食べ物と向き合っている子もいた。「ああいう先生が担任じゃなくて良かったなぁ~」なんて、みんなで胸を撫で下ろしたものだ。(文:松本ミゾレ)

    「休憩時間や掃除の時間や授業が始まってもずっと食べてる子いた」

    先ごろ「ガールズちゃんねる」にて「かつて小学校時代、給食完食主義の先生に泣かされた人~!」というトピックが話題になった。投稿者は本文に、「泣かされた人、何歳ですか? 平成生まれはそんなことない?」と質問を書き込んでいる。

    これに対して多くの経験談が寄せられた。いくつか目に付いたものを紹介していきたい。

    「友達が先生に全部食べろと言われて、皆が掃除してる時でも頑張って食べてたけど嘔吐してた。あれは気の毒だったな」
    「24です。残すなと言われていて昼休み潰して掃除時間になるまで机に給食がありました」
    「吐くまで食べてた。吐いても怒られてた」
    「平成元年生まれだけど、給食厳しかったよ。給食の後の休憩時間や掃除の時間や授業が始まってもずっと食べてる子いた。私も給食大嫌いで本当につらかった」

    僕は1990年代初頭に小学生だった。それ以降はゆとり教育とかで、食べ残しても怒られなくなったのかなと思っていたんだけど、20代前半の若い人の中にも、同じような経験をした人もいるようだ。

    ということは、ひょっとすると今現在でも、給食が完食できずに先生に怒られている子も、まだいるのかもしれない。

    給食を食べきれない子をあんなに起こる必要はあるのか

    今振り返ると、「何もそこまで追い詰めなくても……」と言いたくなるような、クレイジーな先生も多かった。特に、クラスでもあんまり人気がないような子が残しているのを見ると、烈火のごとくブチギレて「何でいっつも残すの!」とか言っちゃう様子を見てると、「いじめじゃん」という気持ちでいっぱいになった。

    一体どうして、あんなことを先生はやっていたんだろうと考えるに、答えはきっと2つしかないと思う。1つは、その子の偏食を、どうにかして矯正してあげたいという純粋な教師としての使命感。そしてもう1つが、「なんかこう、コイツ見てるとイライラするなぁ」という私的でネガティブな感情に由来するものだ。

    前者の場合は、押し付けがましい部分もあるが、後年になって生徒も「あ、あの時の指導。あれは本当に自分のためを思ってたんだなぁ」と気が付くこともあるかもしれない。

    しかし後者の場合は、詰められた本人も、それを見ていた他の子たちも「あれは絶対自分の鬱憤晴らしだったよなぁ」と思うに違いない。

    たかが給食程度で憤慨するヒステリック教師は何十年経っても恨まれる

    現にこのトピックには、そういった経験を持ち、強い恨みとトラウマを抱える人らの声も、チラホラ見ることができる。

    「しいたけ無理矢理食べさせられた。今でもしいたけ大嫌い。あの女教師覚えてろよ!」
    「担任は班単位で連帯責任だとか言い出す先生で、少食で食べるのも遅い私はもちろんビリ。班のみんなは私のせいで昼休みが短くなってイライラ。そして激しいイジメにあいました。 当時25歳の女の先生だったんだけど次の年結婚して退職してった。今でも忘れられない」

    たかが給食が食べられないぐらいで、この仕打ち。なんとも悲しい小学生時代の記憶たちだ。今なら「それは虐待!」で通るものが、一頃昔には決して珍しいものでもなかったというのは、なんとも恐ろしい。

    考えてみえば、小学生と日々触れ合う中で、いつの間にか教師じゃなく、お山の大将みたいになっちゃう先生っていたなぁ。そんな先生が先日、僕の同級生の家にアポなしで遊びに来たという話を、同級生から教えてもらった。この先生は同級生とその奥さんから思いっきり塩対応を受けてしまい、数分で退散したということだ。

    それにしても、20年も前に受け持った生徒の1人の家に、いきなり遊びに行くなんてどういう了見なんだろうか。先生の中のごく一部だと思うけど、おかしなヤツって確実にいるんだよなぁ。

    まあ、おかしくなきゃ、給食が食べられない程度で、いちいち生徒を号泣させたり嘔吐なんかさせないよなぁ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【小学校時代、給食完食できず先生に泣かされた思い出 「吐くまで食べてた。吐いても怒られてた」「あの女教師覚えてろよ!」】の続きを読む


     大津市立小学校4年だった女児が2013年、いじめを受けたと担任に訴えたのに、1カ月間放置されていたことが21日、市教委への取材で分かった。女児はその後、不登校になった。

     市教委によると、女児は13年10月ごろから複数の同級生に運動場で押されたり、教室で足を掛けられたりしてけがをした。嫌がるあだ名でも呼ばれていた。

     女児は「話を聞いてください」と担任の30代男性教諭に複数回訴えたが、担任は「後で聞く」と答え、対応しなかった。担任は保護者から、加害児童への注意を求める手紙も受け取っていた。

     同11月に保護者が市の相談機関へ訴え、学校がいじめを把握。加害児童を指導したが、女児はその後、学校を休みがちになった。14年9月には加害児童の1人に足をかけられ、不登校になった。

     学校の調査報告書は「教員の危機意識が希薄」と指摘。市教委の第三者委員会が追加調査を行っている。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【担任がいじめ放置=女児不登校に―大津】の続きを読む


    change.orgで署名活動中の「学校事故で亡くなった息子の卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」
    ねとらぼ

     大分県の私立・岩田学園 岩田中学校が、授業中に亡くなった男子生徒の保護者に対して卒業式の出席を拒否。警察沙汰になるなどし、両親が署名サイトで「卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」とするキャンペーンを行っています。

    【本来学校が遺族に取るべき行動】

      複数のメディアによると、2016年5月、体育の授業中に柚野凜太郎さん(当時3年生・14歳)が倒れて死亡。両親が今年3月に行われた卒業式の出席を要望したところ、学校側から参加を拒まれ、警察に通報される騒ぎになったとのこと。

     東京新聞の取材に対し、学校側は両親の出席を拒んだ理由を「面会などで感情的になることがあり、式の運営に差し障りがあった」と説明した――とされています。

     ねとらぼ編集部が取材したところ、大分県私学振興課が今年1月末から同校に対して、学校事故対応に関する指針に「被害児童生徒等の保護者の意向も確認し、卒業式への参列等も検討する」と書かれていることなどを説明行ったとのこと。しかし学校側は「参列はご遠慮を願う。卒業証書は(凛太郎さんの自宅に)郵送する」と回答していました。

     その後、凛太郎さんの両親から私学振興課に対して「卒業式に出席したい」との相談があり、担当者は複数回に渡って学校側に連絡。卒業式当日の朝まで「両親と話し合いの場を持つように求めた」といいますが、最終的に同校の柳井修校長から「理事長や副理事長などと協議したが、学園としての判断は変わらない」との回答があったと明かしました。

     担当者はこれまでの対応を振り返り、「あくまでも指針には法的な効力がないため、県としてはお願いを続けてきたという状況だった」と話しました。

     しかしこの対応に納得のいかない両親は、change.orgで「息子・凛太郎を卒業式に参加させたい」とする署名活動をスタート。その上で卒業式当日に学校を訪れたところ、学校側が警察に通報し、卒業式への出席はかないませんでした。

     現在は署名活動のタイトルを「学校事故で亡くなった息子の卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」へと変更し、真相究明を求める柚野真也さんに現在の心境をうかがいました。

    父が語る亡き息子の卒業式、出席への思い

    ――卒業席に出席したいと考えたのは、どのような思いからでしょうか

    柚野さん:息子にとって最後の卒業式。出席できるのは当然だと思っていました。いまだに学校の対応に納得できません。

    ――学校側に卒業式出席の要望を打診されたのはいつごろですか

    柚野さん:卒業式の2日前です。あり得ない対応です。

    ――要望に対して、学園側からの回答は

    柚野さん:「卒業式の参列はご遠慮願いたい。本校の保護者ではないので」とのことでした。

    ――大分県私学振興課などからの指導があったとのことですが、具体的な内容については把握されていますでしょうか

    柚野さん:「両親と話し合いの場を設けて、卒業式の参列を協議してください」と卒業式の1カ月前から指導していました。

    ――卒業式には警察が来たとのことですが、誰が通報したのでしょうか

    柚野さん:学校側です。

    ――今後、学校側に望むことはありますか

    柚野さん:なぜ、卒業式に出席できなかったのか。学校事故対応に関わる指針を守るつもりはないのか。私達に対して何とも思わないのか。誠意はないのか。息子の事故をなかったことにしようとして、どうするのか。言いたいことは山ほどあります。

     また柚野さんによると、卒業式ではクラスメイトからの要望で、凛太郎さんの席が用意されて写真が置かれた他、凛太郎さんの名前が呼ばれると、クラス全員が「ハイ!」と返事をする計らいもあったとのこと。一方学園側は4月17日現在、建造物侵入容疑の被害届を取り下げていないといいます。

     change.orgでは「なぜ保護者が息子の卒業式に出席しようと思って学校に入っただけなのに。どうやら学校は当日の建造物侵入容疑の被害届は取り下げていないようです。理解できません。最愛の息子を失って11カ月。歯を食いしばってきましたが限界に近づいています」と胸の内をつづった柚野さん。今後は両親の気持ちに寄り添った解決が望まれます。

     また本件について学校側に取材を申し込みましたが、第三者委員会の審議の過程の途中であることを理由に「一切取材はお受け出来ません」とのことでした。

    (Kikka)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【授業中に亡くなった中学生の卒業式、学校側が遺族の出席を拒否して波紋 父親「限界に近づいています」と心境吐露】の続きを読む

    このページのトップヘ