ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    IT・インターネット・スマホ関連


     ベンチに座った男女の背後に、白衣を着た女がしゃがみ込む。白衣姿の女は、手に持ったメスを使い、彼らの背中から肉片を採取する。

     背中から鮮血がしたたり落ちる男女の前で、白衣の女はそれらの肉片をフライパンで調理。塩コショウを振りかけて味付けをする一幕も。

     その後、男女を向かい合わせに立たせると、調理されたばかりそれぞれの肉片を、互いの口に運んだのだった。男女は味わうようにゆっくりと咀嚼し、のみ込んでいく……。

     目をそむけたくなるような人肉食ショーが行われたのは、ラトビアの首都・リガにある美術館。同地在住のコンテンポラリー・アーティスト、アルトゥス・ベルジンズ氏によるアートパフォーマンスで、世界の食糧資源が底を尽いたときに人類に何が起こるかを問いかけるための作品なのだという。

     このパフォーマンスはFacebook上でも生中継され、視聴者からは「人肉食は倫理に反する」「こんなのは芸術ではない」などと批判の声も相次いだ。

     こうした批判を受けて、地元警察も調査を開始したというが、そもそもショーの中で実際にパフォーマーらが口にしたのが本物の肉片だったのかどうかも定かではなく、法的な問題点もはっきりしていないという。

     2012年には東京杉並区のライブハウスで、切除した男性器を参加者に食べさせる人肉食イベントが開催され、世界的に議論が巻き起こった。事態を重く見た杉並区は、イベントを主催した男性を、わいせつ物陳列の疑いで警視庁杉並署に告発しているが、その後、男性が逮捕されたというニュースは報じられていないようだ。

     有史以来、文明社会では一貫してタブー視されてきたカニバリズムだが、こうした“アート”として表現されるケースは決して少なくない。多くの人が受け入れられないのも、もっともだが……。

     

    メスを使って男女の背中から肉を切り取る白衣の女


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【狂気か芸術か……男女がお互いの肉を食らう「人肉食ショー」がFacebookで生中継され批判殺到】の続きを読む



    Windowsで取り敢えずプログラムやソフトを起動する際に使われる「スタートボタン」。このボタンが一時期消滅し、マイクロソフトに多大なるクレームが寄せられたことは言うまでもなく、いかに利用者にとって重要なボタンであったかというのが改めて身にしみるわけです。さてそんな中、このボタン今の若者には通用しないということです。

    ースタートボタンって何ていうの?
    Windows95の時代から慣れ親しんだあのスタートボタン。必ず左下にありプログラムを起動させるランチャーでもあるので、Windows利用者にとっては必要不可欠なのです。ところが今このボタンを「スタートボタン」と言っても通用しないようです。それはなぜなのか、実はスタートボタン、スタートボタンという表現自体がなくなっているのです。

    現在のボタンのデザインはこんな感じです。


    なんと「スタートボタン」という文字が消え、Windowsマークのみです。言うならばWindowsボタンというのでしょうか。

    ちなみにMacではもともとスタートボタンは存在せず、代わりにアプリランチャーのような物があります。つまりWindowsユーザーに限って重要な役割をしているのです。


    ースタートボタンが通じない
    ネットでは既に「スタートボタン」が通じない世代が現れております。とは言え、最近聞きなれなくなってきたスタートボタン。Twitterでもかつて「ファボ」というボタンがありましたが「いいね」に変わりました。

    吉野家コピペが知らない世代が増えてきているのと同じく

    時代錯誤なのかもしれませんが、このままこのスタートボタンの呼名は消えていくのでしょうか。


    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    マジかよ!今の若者にWindowsスタートボタンが通じないらしい


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マジかよ!今の若者にWindowsスタートボタンが通じないらしい】の続きを読む


    ある女性の何気ないツイートが、まるでだまし絵を見ているかのようだと、一部の海外メディアで取り上げられるなど注目を集めている。

    スペインのグラナダに住むMarisol Villanuevaさんという女性の投稿である。

    それがこちら。

    yea i just combined vertical and horizontal stripes pic.twitter.com/YxizoRBERl

    — marisol (@milanoysl) 2018年2月24日

     縦と横のストライプを組み合わせてみたわ。

    細長すぎる足!

    あれこれ解説をする前に…

    この写真をご覧になってビックリした方、頭に「?」が浮かんだ方、我が目を疑った方が大勢いらっしゃるのではないだろうか?

    というのも、一見細~く長~い2本の足がヒョロヒョロと伸びているように見えるのだ。

    実際に同ツイートには、「死ぬほど細い足に見えたわ」「下履いてないの?」「ヒョロヒョロの足が2本!心臓が一瞬止まりました」「足細すぎでしょ」といった驚きの声が相次いでいる。

    縦にラインの入ったパンツ

    この様な反応はMarisolさんが意図していたものではなかった。

    彼女はただ、縦にラインの入ったパンツをはいてポーズを決めていただけ。

    落ち着いてご覧いただきたい。すらりと伸びた長い脚には縦にラインの入ったパンツ。一方トップスは太いボーダーの3色のセーターで決めている。

    彼女が言う「縦と横の縞の組み合わせ」とは、このトップスとボトムスのコーディネートのことだろう。

    ラインの色が錯覚を生む

    問題はボトムスの方だ。奇しくもパンツに入った縦のラインの色が、部屋のフロアと全く同じ。

    そのため、「ラインが足と足の隙間に見えた!」という人が続出したのだ。

    全景を見れば、靴を履き両足で踏ん張るMarisolさんの姿に違和感はない。

    目の錯覚により驚きを呼んだ同ツイートは拡散、3万6000人が「いいね」し、リツイートされた件数も6000件に迫り話題となった。

    「目の錯覚だったのか」「靴をみて納得」「あなたの足が普通でよかった」「だまされた人多かったでしょうね」と安堵の声が広がっている。

    妖怪?一瞬目を疑う細長すぎる女性の足の写真が話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【妖怪?一瞬目を疑う細長すぎる女性の足の写真が話題に】の続きを読む


     米Google傘下のYouTubeは2月9日(現地時間)、コミュニティガイドラインに違反したクリエイター(YouTuber)への対処の厳格化・迅速化について説明した。

    【その他の画像】

     この発表に先立って、人気YouTuberのローガン・ポール氏のチャンネルから広告を引き上げたと公式Twitterアカウントで発表した。「ローガン・ポール氏の最近の行動パターンを受け、一時的に同氏のチャンネルでの広告表示を停止した」としている。

     ローガン・ポール氏は1600万人以上の登録者を擁する人気YouTuber。昨年12月31日に富士山麓の青木ケ原樹海で自殺者の遺体とみられるものを撮影した動画(現在は削除済み)を投稿して物議を醸した。これを受けてYouTubeは同氏のチャンネルを広告メニューの「Google Preferred(Googleのお勧め)」からは外したが、広告掲載は停止していなかった。

     ポール氏はその後、謝罪動画を公開したが、すぐに以前のようなハイテンションな動画配信に戻り、5日にはネズミの死骸をもてあそぶ動画を公開した(この動画は年齢制限はされているが削除はされていない)。

     YouTubeは公式ブログで「一部のYouTuberの問題行動のせいで、クリエイターコミュニティ全体の評判が傷ついている」とし、従来の報告と警告制度だけでは迅速に対応できなかったので、新たなステップを追加したと説明する。(ポール氏の青木ヶ原の動画については、削除までに数百万回再生されており、対処の遅さでYouTubeも批判された。)

     今後は、「クリエイター、視聴者、広告主のコミュニティを広範囲で傷つける結果に繋がる動画をアップロードしたチャンネル」に対し、Google Preferredからの削除、広告掲載の停止、YouTube Space利用権利を含む「YouTube Partner Program」参加権の剥奪、トレンドや「次を見る」でのお勧めの停止などを行う。

     詳細は「Creator influence on YouTube」を参照されたい(本稿執筆現在まだ日本語化されていない)。

    ポール氏の最近の動画


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【YouTube、悪質ユーチューバー対策を強化 広告掲載停止など】の続きを読む



    小学生時代からパソコン教育を受けたにもかからわず、スマホの普及によりパソコン操作に苦戦する学生が増えているという。そんな現状を1月30日に「神戸新聞」が伝えた。ネットではかねてから指摘されていたことだが、改めて多くの反響が寄せられている。

    スマートフォンの普及で、パソコンと疎遠になっている学生が増加。就職活動を前に苦戦を強いられているというのだ。各大学はパソコンの課外講座を開くといった、キャリア支援を実施。民間のパソコン教室では学割コースを設置しているほか 、企業側も新入社員の研修を導入し対応している。記事によれば、ある男子大学生は、パソコンでのキーボード入力に苦戦。いわく、「キーの場所も覚えていない」うえに、ローマ字変換は不慣れだとのことらしい。

    昨年2月にNECパーソナルコンピュータが発表した大学生のPCに関する調査によると、大学生全体のPC所持率は9割以上に上り、自分専用PCの所持率も7割を超えた。にもかかわらず、大学生の約7割が自身のPCスキルに自信がないと回答。新卒の採用担当者も全体の約6割が新入社員のPCスキルの不足を感じており、学生のPCスキル不足を裏付ける結果が出ていた。

    Twitterには、

    “確かにキーボード操作、ショートカットとか苦手?な子多いわ”
    “去年入学してきた学生が「フリック入力ばかりやってるのでキーボードは使えない」と言っていたっけね。”

    とPCスキル不足の若者に関する証言が寄せられる一方で、

    “パソコン操作もそのうち「そろばんの使い方」とか「おせちの作り方」みたいに将来どうでもいい(懐古厨だけがグダグダ言う)能力になるんじゃないの”
    “さっさとフリック入力デバイスを導入すれば済むこと。大騒ぎすることでもないし、ましてや若い子を貶める必要もない。”

    と大した問題ではないとする声も少なくない。また、

    “数年で「フリックやったことないんですが」っていう音声入力ネイティブ世代が出てくるぞ(真面目な話”
    “別にキーボード入力しなくても、音声入力でOKだし、校正もやってくれそうな気がする。そのうち、AIが本文も書いてくれそう。”

    と未来予想をする声もあった。

    確かに現状はPCなしでの仕事は困難に等しいが、PC登場以前は、多くの人がこんな時代がくるなんて想像もしていなかっただろう。スマホネイティブ世代が社会で中心的な存在となったとき、PCによるキーボード入力が健在なのかはわからない。「今どきの若者は…」という一言で片づけられない日もくる?
    (山中一生)

    ■画像キャプション
    就活、卒論の“敵”はPC スマホ世代「ローマ字変換に頭使う」
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/0010942002.shtml

    若者=デジタルネイティブは本当?大学生の7割以上が、PCスキルに自信なし
    http://nec-lavie.jp/common/release/ja/1702/0704.html



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【キーボード操作も怪しい「若者のPCスキル不足」が話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ