ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    IT・インターネット・スマホ関連


     米Google傘下のYouTubeは2月9日(現地時間)、コミュニティガイドラインに違反したクリエイター(YouTuber)への対処の厳格化・迅速化について説明した。

    【その他の画像】

     この発表に先立って、人気YouTuberのローガン・ポール氏のチャンネルから広告を引き上げたと公式Twitterアカウントで発表した。「ローガン・ポール氏の最近の行動パターンを受け、一時的に同氏のチャンネルでの広告表示を停止した」としている。

     ローガン・ポール氏は1600万人以上の登録者を擁する人気YouTuber。昨年12月31日に富士山麓の青木ケ原樹海で自殺者の遺体とみられるものを撮影した動画(現在は削除済み)を投稿して物議を醸した。これを受けてYouTubeは同氏のチャンネルを広告メニューの「Google Preferred(Googleのお勧め)」からは外したが、広告掲載は停止していなかった。

     ポール氏はその後、謝罪動画を公開したが、すぐに以前のようなハイテンションな動画配信に戻り、5日にはネズミの死骸をもてあそぶ動画を公開した(この動画は年齢制限はされているが削除はされていない)。

     YouTubeは公式ブログで「一部のYouTuberの問題行動のせいで、クリエイターコミュニティ全体の評判が傷ついている」とし、従来の報告と警告制度だけでは迅速に対応できなかったので、新たなステップを追加したと説明する。(ポール氏の青木ヶ原の動画については、削除までに数百万回再生されており、対処の遅さでYouTubeも批判された。)

     今後は、「クリエイター、視聴者、広告主のコミュニティを広範囲で傷つける結果に繋がる動画をアップロードしたチャンネル」に対し、Google Preferredからの削除、広告掲載の停止、YouTube Space利用権利を含む「YouTube Partner Program」参加権の剥奪、トレンドや「次を見る」でのお勧めの停止などを行う。

     詳細は「Creator influence on YouTube」を参照されたい(本稿執筆現在まだ日本語化されていない)。

    ポール氏の最近の動画


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【YouTube、悪質ユーチューバー対策を強化 広告掲載停止など】の続きを読む



    小学生時代からパソコン教育を受けたにもかからわず、スマホの普及によりパソコン操作に苦戦する学生が増えているという。そんな現状を1月30日に「神戸新聞」が伝えた。ネットではかねてから指摘されていたことだが、改めて多くの反響が寄せられている。

    スマートフォンの普及で、パソコンと疎遠になっている学生が増加。就職活動を前に苦戦を強いられているというのだ。各大学はパソコンの課外講座を開くといった、キャリア支援を実施。民間のパソコン教室では学割コースを設置しているほか 、企業側も新入社員の研修を導入し対応している。記事によれば、ある男子大学生は、パソコンでのキーボード入力に苦戦。いわく、「キーの場所も覚えていない」うえに、ローマ字変換は不慣れだとのことらしい。

    昨年2月にNECパーソナルコンピュータが発表した大学生のPCに関する調査によると、大学生全体のPC所持率は9割以上に上り、自分専用PCの所持率も7割を超えた。にもかかわらず、大学生の約7割が自身のPCスキルに自信がないと回答。新卒の採用担当者も全体の約6割が新入社員のPCスキルの不足を感じており、学生のPCスキル不足を裏付ける結果が出ていた。

    Twitterには、

    “確かにキーボード操作、ショートカットとか苦手?な子多いわ”
    “去年入学してきた学生が「フリック入力ばかりやってるのでキーボードは使えない」と言っていたっけね。”

    とPCスキル不足の若者に関する証言が寄せられる一方で、

    “パソコン操作もそのうち「そろばんの使い方」とか「おせちの作り方」みたいに将来どうでもいい(懐古厨だけがグダグダ言う)能力になるんじゃないの”
    “さっさとフリック入力デバイスを導入すれば済むこと。大騒ぎすることでもないし、ましてや若い子を貶める必要もない。”

    と大した問題ではないとする声も少なくない。また、

    “数年で「フリックやったことないんですが」っていう音声入力ネイティブ世代が出てくるぞ(真面目な話”
    “別にキーボード入力しなくても、音声入力でOKだし、校正もやってくれそうな気がする。そのうち、AIが本文も書いてくれそう。”

    と未来予想をする声もあった。

    確かに現状はPCなしでの仕事は困難に等しいが、PC登場以前は、多くの人がこんな時代がくるなんて想像もしていなかっただろう。スマホネイティブ世代が社会で中心的な存在となったとき、PCによるキーボード入力が健在なのかはわからない。「今どきの若者は…」という一言で片づけられない日もくる?
    (山中一生)

    ■画像キャプション
    就活、卒論の“敵”はPC スマホ世代「ローマ字変換に頭使う」
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/0010942002.shtml

    若者=デジタルネイティブは本当?大学生の7割以上が、PCスキルに自信なし
    http://nec-lavie.jp/common/release/ja/1702/0704.html



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【キーボード操作も怪しい「若者のPCスキル不足」が話題に】の続きを読む


    あまりにも鬼畜すぎる出来事が発生し、悲しみの声が広まっている。2018年1月19日13時40分ごろ、25歳の妊婦がJR常磐線の電車内で赤ちゃんを出産した件で、出産した女性と「出産を手伝った元看護師の親族」のTwitterにバッシングの声が寄せられ、ふたりのTwitterが非公開になったのである。

    ・一部の人たちから強いバッシング
    出産当日、女性は電車に乗車中に破水し、そのまま同じ電車に乗っていた元看護師の女性に手伝ってもらいながら車内で出産した。その後、出産した女性と元看護師の親族がTwitterでつながり、お互いが近況を報告し合うハートフルな展開が発生(元看護師はTwitterをやっていないためその娘が対応)。このまま微笑ましい流れで終わるかと思いきや、一部の人たちから強いバッシングが発生。

    ・ふさわしくない話題
    インターネット上では「出産予定日前から入院しとけや」「シート汚損と列車遅延の責任は取ってもらう」「電車止めるとはすごいな出産テロだ」などの内容でバッシングが書き込みされる流れに発展。Twitterやインターネット掲示板などで強いバッシングが行われている。

    テレビに出演した出産を手伝った元看護師に対しても強いバッシングがネットに書き込みされている状況だ。出産した女性はすぐにTwitterを非公開にし、元看護師の親族も後日Twitterを非公開とした。

    ・赤ちゃんが無事に生まれればそれで良い
    この件に関して出産経験がある女性(28歳)に意見を聞いたところ「赤ちゃんが無事に生まれただけですべてが許される世の中になってほしい」「お金だの迷惑だのの話は当事者がすればよいのであって部外者は口出しすることじゃない」と話していた。

    ふたりは感謝の気持ちに包まれつつTwitterで会話していただけに、非常に悲して展開といえよう。

    もっと詳しく読む: 電車で出産した女性と「出産を手伝った女性の親族」に大量の誹謗中傷 / 心を痛めTwitter非公開か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/22/birth-by-train-slander/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【非道】電車出産した女性と手伝った元看護師に鬼畜なバッシング / 心を痛めTwitter非公開か「出産テロだ」「列車遅延の責任とれ」】の続きを読む


     ドワンゴは1月18日、PC版「ニコニコ動画」が一般会員の1080p動画投稿に対応したと発表した。ユーザーからの要望が多かった画質改善に本腰で取り組む。

    【その他の画像】

     長さ15分以下で、幅1920px以上か高さ1080px以上、ビットレートが3Mbps以上――という条件を満たした動画を投稿した場合に1080p動画を生成。推奨フォーマットは解像度1920×1080、フレームレート24/30/60fps、12Mbps以上。HTML5版の視聴ページで画質を1080pに変更すると、1080p動画を視聴できる。

     今春に動画投稿と視聴機能を改善する予定。より長い動画でも1080p動画を生成できるようになり、投稿可能ファイルサイズ(1.5GB)を増加する他、視聴時に選択した1080pの画質を保持する機能、利用環境に最適化した画質に自動で切り替わる機能を実装する。

     同社は12月11日に、システム負荷の検証を目的とした1080p動画のテスト運用を始めていた。

    1080p動画の投稿に対応


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【PC版「ニコニコ動画」 一般会員も1080pの動画投稿に対応】の続きを読む


    世界的ユーチューバーであり、YouTube収入ランキングに上位に位置するローガン・ポール氏(22歳)のYouTubeアカウントが削除の危機にある。

    ・当然ながら世界中から大批判
    彼は来日時に青木ヶ原樹海へ出向き、そこで首つり自殺者の遺体を発見。信じられないことに彼は遺体をじっくりと撮影し、YouTubeで公開。当然ながら世界中から大批判を受けた。北米オハイオ州コロンバス在住の女性を発起人として、ローガン氏のYouTubeアカウント削除の署名活動「Delete Logan Paul’s YouTube Channel」が開始されたのである。

    ・猛スピードで署名者が増加
    その後、ローガン氏は「自殺防止のためにやったこと」と弁明し、涙目になりながら謝罪の動画を掲載(日本人向けに日本語字幕付き)。

    しかしふざけた姿で樹海に出向き、自殺者を撮りながら笑い声や「ヒューッ♪」「ウェーイ♪」などの声も聞こえる動画だったため、あとから弁明しても説得力は皆無。




    人の死を軽んじた行為に怒りの声が集まり、YouTubeアカウントの削除を求める署名が開始され、現時点で16万人以上の署名が署名サイト「Change.org」で集まっている。

    いまも猛スピードで署名者が増え続けており、日本人名も多く、特に日本人の怒りが強いのがわかる。「東京で迷惑行為を繰り返す動画」を掲載したことも署名に拍車をかけているようだ。


    ・アカウント削除のダメージは絶大
    彼の動画は、瞬時に数百万人が視聴する絶大な影響力を持っており、同時に巨額のお金を生むドル箱チャンネルでもある。今回の署名活動でアカウントが削除されることがあれば、そのダメージは絶大だ。

    はたして、彼のYouTubeアカウントは削除されるのだろうか。このままのハイペースで増えていくと、署名者数が20万人を超えるのも時間の問題だ。

    【続報】
    日本で自殺者を撮影して炎上した米国人ユーチューバー / 日本人らしき案内人に怒りと批判の声




    もっと詳しく読む: 世界的ユーチューバーが日本人激怒させアカウント削除危機 / 署名サイトで16万人越え(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/05/delete-logan-pauls-youtube-channel/



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【大炎上】世界的ユーチューバーが日本人激怒させアカウント削除危機 / 世界中から削除要請の署名16万人超え】の続きを読む

    このページのトップヘ