ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    IT・インターネット・スマホ関連


     動画プラットフォーム「niconico」を運営するドワンゴは11月30日、新バージョン「niconico(く)」(読みは「クレッシェンド」)について謝罪。今後の見通しを改め、画質や重さの問題に対する具体的な改善策を実施すると発表した。

    【その他の画像】

     ドワンゴは11月28日、六本木・ニコファーレで新サービス発表会を実施。新インタフェース「nicocas」とその新機能について発表したが、ユーザーが望む画質と速度の改善が果たされておらず、反応は冷ややかだった。発表会終了後、ドワンゴの栗田穣崇取締役のTwitterにも批判や意見の投稿が押し寄せる“大荒れ”の発表会となっていた。

     ユーザーの反響を受け、ドワンゴは(1)新バージョンのリリース遅延、(2)画質・重さへの解決が果たされていないこと、(3)画質・重さに対する今後の具体的な施策を提示できなかったことを改めて謝罪し、「新サービスの発表以前にサービスの根幹となる部分における見直しをしなければいけないという事を身をもって体感致しました。 我々運営が積極的に取り組まなければいけない基本的な部分がおざなりになっていた事、ユーザーの皆さんの不便や不満点に十分目を向けてられていなかった事について改めて深くお詫びさせて下さい」と反省をつづった。

     基本性能の向上のための具体的な施策として、「ニコニコ動画」の1080p対応と「ニコニコ生放送」の720p対応を発表。動画は2018年1月から本運用開始、生放送は同じく1月に枠数限定で開始する。「まだまだ取り組むべき基本性能の向上があるかと思いますが、上記を早い段階でできる実行プランとさせて頂き、それ以降でさらなる改善を行っていければと考えております」という。

     「ちょっと他とは違う、ちょっと不思議で独特なサービスや機能も模索し続けていきたいと思います」とするものの、基本性能向上のための検証・実行の注力のため、12月3日に予定していた「nicocas」体験会は中止とする。18年1月28日の新バージョンに関する発表、2月28日の新バージョンのリリースは予定通り行う。

    ドワンゴが「niconico(く)」について謝罪


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大荒れの「niconico」、ドワンゴが謝罪 画質の改善を約束】の続きを読む


    「保守速報」トップページ。主に政治系の話題を扱うまとめサイトの1つ

     まとめサイト「保守速報」管理人を訴えたヘイトスピーチ裁判で11月16日、保守速報管理人に対し200万円の賠償を命じる判決が下されました。管理人は、サイトを更新し「多分、控訴すると思います」とのコメントを掲載しました。

    【画像:保守速報管理人によるコメント】

     「保守速報」を巡っては、フリーライターの李信恵さんが2014年8月、人種差別発言により名誉を傷つけられたとして、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」およびその発言をまとめた「保守速報」を提訴。在特会に対しては約550万円、「保守速報」に対しては約2200万円の損害賠償を求めていました。

     報道によると、保守速報側は「情報の集約に過ぎず、転載したことに違法性はない」と主張していましたが、判決では「表題の作成や情報量の圧縮、文字の強調によって内容を効果的に把握できるようになった」と、保守速報側に人権侵害があったと認めた形に。過去には中傷記事をインターネット掲示板に転載し、名誉毀損に認定された例がありましたが、こうした“転載”や“まとめ”行為に対し、実際に損害賠償請求が認められたのは初となります。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【まとめサイト「保守速報」に200万円の賠償命令 管理人「多分控訴する」】の続きを読む



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 13:57:34.66 ID:9IOO7OR/0.net

    アプデ様子見する理由ナシwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    【【悲報】iOS11の出現でオンボロイド完全終了wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



    1 動物園φ ★ :2017/09/07(木) 12:04:49.76 ID:CAP_USER9.net

    9/7(木) 10:42配信
    Forbes JAPAN

    r.classen / shuttersto*.com

    iPhoneの10周年記念モデルとなる新端末の呼び名がいよいよ確定したようだ。この端末はシンプルに「iPhone X」と呼ばれることになりそうだ。

    ガジェットメデイア「LetsGoDigital」はオランダでシェア5割を占める通信キャリア、KPNのプロモーション素材を入手した。そこに描かれたiPhoneの外箱は公式のものではなく、KPNが製作したモックアップだが、「iPhone X」の名が刻まれている。

    次期iPhoneが「X」の名で呼ばれるとの話は、確度の高いリーク情報で知られるEvan Blassもツイートで公表済みだ。Blassはその後のツイートで、別の欧州のキャリアから入手したスクリーンショットで、iPhone Editionの名称が使われているのを見たとも述べている。

    Blassによると先行予約受付は15日開始で出荷は22日からになるという。公正を期して言うと、KPNはBlassのリーク情報をもとに外箱のモックアップを作成した可能性もある。

    10周年記念モデルのネーミングに関しては、慎重な配慮が求められ、あまり気取ったものや奇抜なものであってはならない。個人的にはアップルウォッチで採用されたエディションの名を冠したiPhone Editionも、非常にいい選択だと思う。

    しかし、今回の10周年記念モデルには一度限りの名称が用いられ、アップルは来年発売の価格を抑えた製品で再び従来のネーミングシステムに戻すと見なされる。つまり、来年発売されるのは2モデルのみで、それらはiPhone 8や8 Plusといった名前になることが予測される。

    「X」の名を用いることに関しては、気がかりな点もある。アップルはかつてOS Xと呼ばれたデスクトップOSの名称からXを取り除き、シンプルにmacOSと呼んでいる。しかし、Xはローマ数字で10を意味することから、10周年記念モデルがXと呼ばれることは理にかなっている。

    筆者としては今回の記念モデルの名称は数字よりも文字を打ち出すことが大事だと思ってきた。つまり、iPhone 8という名前は来年のモデルに採用され、今年発売されるのはiPhone XとiPhone 7S、7S Plusになるというのが筆者の見立てだ。

    アップルはこれらの新モデルを9月12日、アップル新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターで発表する予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00017629-forbes-sci


    【【話題】新iPhoneの名称は「iPhone X」でほぼ確定、通信キャリアから画像流出】の続きを読む



    【大人気カリスマYouTuberヒカルさんの謝罪キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!これ許した】の続きを読む

    このページのトップヘ