ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    面白ネタ・雑学


    2018年に創業99年を迎えた東京都台東区の「真多呂人形」が、人気キャラクター「初音ミク」の雛人形を制作した。

    非売品で、3月9日までショールームの真多呂人形会館(台東区上野5-15-13)で展示する。

    伝統工芸とポップカルチャーの融合

    真多呂人形は1919(大正8)年創業。約270年の歴史がある、木彫りの像の溝に布を埋め込んで衣装を着せる「木目込(きめこ)み人形」の技術を現代に受け継ぐ。

    「初音ミク雛」は日本の伝統文化を知ってもらおうと、3月3日のひな祭りと3月9日の「ミクの日」にあわせて制作した。

    初音ミクを生んだクリプトン・フューチャー・メディア社と熟練の職人たちが協力し、伝統工芸とポップカルチャーが融合した躍動感ある作品を目指したという。

    初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

    初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

    まずは3分間見つめて

    企画当初は頭部のみをフィギュア素材にすることも検討したが、木目込み人形の伝統的な意匠を生かすことに。髪形や十二単の色合わせにより、ミクらしさを演出する。

    もともと、ひな人形は男雛と一対で女児の幸せな結婚を願う意味もあるが、初音ミク雛はあえてペアを作らないことで、幸福の価値観が多様化した現代に自立した女性が夢を叶える姿も表したそうだ。

    初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

    初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

    同社は発表で、「まずは、3分間見つめてください。長い時間をかけて研究・洗練されてきた伝統工芸品の表情には、眺めれば眺めるほど引きこまれる、不思議な趣深さがあることに気づくはずです」と呼び掛けている。

    初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

    初音ミク雛 出典元:真多呂人形プレスリリース

    創業99年の老舗人形店が「初音ミク」の雛人形を本気で作ってみた


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【創業99年の老舗人形店が「初音ミク」の雛人形を本気で作ってみた結果wwwwwwwww】の続きを読む


     みんな大好き炭酸飲料。暑い夏でも寒い冬でも、いつでも飲みたいものですよね。

    【その他の画像】

     ところでこの間友人と会ったときに「歯がコーラで溶けるわけないよな」という話になりました。

     彼は25歳になった今でも「炭酸を飲みすぎると歯が溶けるよ」と周りの人に言われるそうです。もしかして、読者のみなさんもそんな経験がおありですか?(筆者は言われたことがないのです)

     筆者の直感でも、「歯が炭酸で溶けるわけない」です。なぜなら歯が溶けたことがないので。でも本当かな? ちょっとずつ溶けてたりするのかな?

     というわけで、ちょっと歯と炭酸について考えて、堂々と反論してやりましょう。

    ●炭酸は酸性

     おそらく、炭酸で歯が溶ける派の主張は、「炭酸は酸なんだから酸蝕歯(さんしょくし)になるはずだ」というものでしょう。

     酸というのはもちろん、酸性・アルカリ性の酸性。この世のすっぱいものが大体持ってる性質のことです。リトマス紙を赤色に変えたりBTB溶液を黄色に変えたりします。炭酸もこの仲間です。

     「酸蝕歯」というのは初耳の人も多いでしょうが、読んで字のごとく、酸によって蝕(むしば)まれた歯。酸の影響で歯が溶かされてしまったという症状です。虫歯とは違います。虫歯菌とは関係なく、外から来る酸によって歯が溶かされている状態を言います。

     炭酸が酸なら、酸蝕歯になるやんけ! とお思いの方はちょっとお待ちを。筆者はそこに疑問を覚えました。

    ●歯の材質

     炭酸ってかなり弱い酸のはずなのに、歯みたいな固いものを本当に溶かせるのか?

     歯がどれくらい固いかは、何でできているのかを調べるところから。グリコ健康科学研究所によると、歯の固い部分のほとんど(ハイドロキシアパタイトと呼ばれます)はリン酸カルシウム(の1種)だそうです。

     高校化学をやった皆さんはそろそろ分かった頃ですか? キーワードは「弱酸の遊離」です!

    ●弱酸の遊離

     弱酸の遊離とは、「弱酸の塩に強酸を加えると弱酸の方が酸に戻り、強酸が塩になる反応」です。

     例えば、酢酸ナトリウムの水溶液に塩酸を加えると、酢酸が遊離して塩化ナトリウムができる、という反応。もちろん逆は起こりません。

     塩(えん)は酸とアルカリの中和でできる生成物の総称で、塩化ナトリウム(食塩)は塩酸と水酸化ナトリウムの塩(えん)の一種です。

     すごーく単純化してしまうならば、「弱いものは強いものから奪われる」ということになります。奪われる=溶かされる、と考えて大丈夫です。

     弱酸や強酸という表現をしていますが、もちろん酸同士の相対的な強さで決まります。今問題にしているリン酸カルシウムと炭酸ですが、リン酸は強酸というほど強くはありませんが、明らかに炭酸よりは強いです。炭酸は酢酸よりも弱い酸です。

     受験生の皆さんのお役にも立てるよう、フェノールも入れておきました。硝酸は酸化力を持ち、銅を溶かせるので星5です!

     というわけで、より強い酸であるところのリン酸が炭酸程度で遊離するはずもなく、炭酸が歯を溶かすことは不可能なのです。

    ●まとめ

     というわけで、弱酸である炭酸はそれより強いリン酸の塩である歯を溶かすことができないという話でした。

     参考までに歯医者さんのサイトを見てみました。酸蝕歯というのはお仕事で硫酸(強い酸の代表!)などを扱う人に見られる症状だそうです。

     また、炭酸飲料で歯が溶けるという話は、単に虫歯にならないよう子どもに言い含めるときにこの表現が用いられたのだろうとのこと。なら最初から虫歯になるって言わんかい!!

    =====

    参考:

    コーラを飲んでも歯は溶けない!歯が溶ける酸蝕歯と虫歯の違い-医療法人和歯歯会スマイリー歯科



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「コーラで歯が溶ける」はなぜウソなのか 高校化学で解決してみた】の続きを読む


    イラストレーターとおぼしき『Twitter』ユーザーによる

    「世界一やっちゃいけない DVDのパッケージ!!」

    というつぶやきが話題を読んでいる。

    男性が荒野に埋もれた自由の女神像を前にうなだれている件のパッケージは映画『猿の惑星』(1968年)の2005年日本版DVDのもの。

    『猿の惑星』と言えばフランスの大作家ピエール・ブールの同名の小説が原作のヒット作。

    文明社会や戦争に対するアンチテーゼと主役、チャールトン・ヘストンの好演により1960年代を代表する名作として多くの人に記憶された。

    そしてこのパッケージに描かれたシーンこそが、猿が人間を支配する惑星に不時着した宇宙飛行士が、紆余曲折の末にその惑星こそが戦争によって人間文明が崩壊した未来の地球だったということを悟る有名すぎるラストシーンなのだ。

    推理小説に置き換えれば、犯人の名前が表紙に書いてあるくらいの暴挙と言えよう。

    いくら有名なシーンだからと言って、初めて観る若い人もいるのだからパッケージを手にした時点でオチがわかってしまうのはいかがなものか

    というこのつぶやきに対して現在’1月13日11時)のところ、

    普段、若い人たちと接していない、若者文化を理解して居ない人たちの象徴ですね。皆が見て、結末知っていると思ってるだろうけど、今の30代以下の人は、猿の惑星も、2001年も、全く見たこと無い人がほとんどですから、それを想像出来ない、ということは、クリエーター失格です。

    結末がわからないと観ない人を無視できないんでしょうね。わたしはこのパッケージやだけど。

    (1977年公開『幸福の黄色いハンカチ』のポスターの例を挙げ)同じような思いっきりネタバレポスター。山田洋次監督は、映画はオチが大事なんじなんじゃないんだ、そこまでのドラマが重要だというようなことを言っていました。それを聞いて以来、ネタバレを気にしなくなりました。猿の惑星やミステリーはちょっと違うかもだけど。

    などさまざまな角度から20件以上のコメントが寄せられている。

    映画DVDの場合、パッケージデザインは商品としても芸術作品としても重要な要素だが、デザインに対して映画ファンがどういった感想を持つのか、どういったデザインがより売れるのかというところまで考えると、たしかに一概には断定しづらい。

    読者諸兄はどうお考えになるだろうか。

    ※画像は『Twitter』から引用しました
    https://twitter.com/ukatujyu/status/951140482259677185 [リンク]

    ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
    (執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

    ―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「世界一やっちゃいけない」 映画『猿の惑星』のタブーを犯したDVDパッケージが話題に】の続きを読む


     ローソンの「星のカービィ」キャンペーンで販売している「食べマス」。カービィをかたどったかわいらしい和菓子なのですが、林じゃん子さんがTwitterに投稿したものがちょっと……いや、だいぶおかしい。笑顔こええええ!

    【その他の画像】

     もちろん入手した時点ではかわいいカービィだったのですが、ほっぺたをつついてプニプニの感触を楽しむうちに、へこんでやせてしまったのだとか。そこで、吸い込み中の表情に変えることでリカバリーを図ります。

     目を中央に寄せて口の穴を開けて横に広げて……と、記憶を頼りに「吸い込み顔」の再現に挑む林さん。しかし途中で公式画像を検索したところ、吸い込み中の口はO形であることが分かり、方針の間違いに気付いてしまいます。仕方がなく笑顔のカービィを目指す方向に切り替えたもののうまくいかず、自暴自棄に仕上げた結果が、あのヤバい表情なのだそうです。迷走感はんぱない。

     強烈なインパクトを放ったツイートは9万以上リツイートされるほどの話題に。アニメ版95話でカービィが魔獣にとりつかれた姿「デビル・カービィ」を思い出す人や、「遊☆戯☆王」の城ノ内の顔芸を連想する人など、さまざまな感想が寄せられています。

    どうしてこうなった……


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【カービィの和菓子をぷにぷにしてたらへこんじゃった→直そうと奮闘した結果ホラーな笑顔に】の続きを読む


    画像提供:フォレ(@foog_m)さん

    発注ミスによって大量の商品を仕入れてしまったコンビニのユニークな張り紙が、Twitterで話題になっている。

    画像をもっと見る

    セブンイレブン横浜南太田店では、「緑のたぬき」を8個発注する予定だったが、店員の発注ミスによって8ケース(64個)も仕入れてしまった。商品棚には大量の「緑のたぬき」が並び、購入をお願いするための文章が張り出されているが、その内容が一風変わっている。どう売ろうか考えあぐねた結果、店は占いの力を借りようと考えたようで、張り紙のタイトルは「当店限定占い 〜十二星座占い〜」。そこには各星座の順位とラッキーアイテムが記載されているが、1位のうお座から11位のやぎ座までの“本日のラッキーアイテム”は、すべて「緑のたぬき」。しかし、「緑のたぬき」だけを激推ししていると思いきや、12位の「かに座」だけは何故か「かにぱん」が指定されている。


    さらに、その下にある「☆当店からのお知らせ☆」では、ポッキーの日にポッキーを買ったが、恋人や友人がいなくてポッキーゲームができなかったという寂しいエピソードまで披露。そして、ようやく「今回ミス原が大変な発注をしてしまいました」と今回の経緯を説明し、「心優しい方どうかご協力をお願いします」と購入をお願いしている。


    この張り紙をTwitterユーザーのフォレさんが投稿したところ、瞬く間に拡散。「この発想を誉めるべき」「このお知らせのためにわざわざラミネートをしてる」「これは高度のマーケティング……!買わざるを得ないw」「正直なんで協力してあげたい」といった応援の声が多数寄せられている。また、かに座だけ仲間はずれにされていることについても、「私のラッキーアイテム、かにぱんだ…」「蟹座ですが1ダース頂きましょう」といった声が寄せられ大きな反響となっている。なお、13日0時の時点では、この店の「緑のたぬき」はまだ山積みの状態だったという。






    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【発注ミスで大量の「緑のたぬき」 困ったコンビニ、占いで“本日のラッキーアイテム”にしてしまう←なおかに座は除く模様ww】の続きを読む

    このページのトップヘ