ムーン速報

2chスレ・炎上ネタ・芸能・生活・政治経済まとめサイト 【ムーン速報URL】 http://moon-sokuhou.com/

    ニュース総合


     「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法成立をめぐり、与野党は徹夜で攻防を繰り広げた。与党は成立を評価する一方、野党は法廃止を目指す決意を訴えた。15日朝まで続いた駆け引きに、与野党議員には疲労の色もにじんだ。

     法成立を受け、自民党の松山政司参院国対委員長は記者団に「国民に理解をいただけるよう引き続き努力する」と述べた。委員会採決を省略する「中間報告」を行ったことについては「会期内に成立させるためには、この選択が適当だった」と強調した。

     公明党の山口那津男代表は記者団に「国際社会と連携してテロを防止できるという点で大変良かった。引き続き法の内容、趣旨を丁寧に説明する努力を続けたい」と語った。

     これに対し民進党の蓮舫代表は、与党の対応を「究極の強行採決だ」と厳しく批判。「強行で通ってしまったら終わりではない。ゼロに戻すというのは一つの目標だ」と述べ、「共謀罪」法廃止を目指す考えを示した。

     共産党の志位和夫委員長は記者会見で「中間報告という異常な禁じ手を使っての採決強行に強く抗議したい」とし、「この日をスタートに、共謀罪法を廃止するための新たな戦いを全国で起こすことを呼び掛けたい」と力説した。

     与党の参院議員は口々に「眠い、眠い」と漏らした。野党幹部の一人は、15日未明の衆院本会議に出席した後、参院本会議も傍聴し、「くたびれた」と語った。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「成立良かった」「究極の強行」=与野党、徹夜で攻防―「共謀罪」法】の続きを読む


    キャリコネ

    仕事と家事、子育てを両立させる男性が「イクメン」と持て囃されて久しい。内閣府男女共同参画局はさらなるイクメンの増加を期待し、男性の炊事知識や技能取得を促す「"おとう飯"始めようキャンペーン」を開始した。

    「時間があって必要性に迫られれば男性だって料理する」

    6月9日に公開されたサイトには、おとう飯の定義が

    「これまで料理なんかできないと思っていたあなた、立派な料理を作らなければいけないと思っていたあなた。いいんです。"おとう飯"なら、いいんです!簡単に、手間をかけず、見た目が多少悪くても、美味しければ、それが"おとう飯"」

    と記載されている。

    このキャンペーンが6月13日、NHKなどで報じられると、女性を中心に「おとう飯なら立派な料理じゃなくてもいいんですか。じゃあおかあ飯は良くないんですかね……」などの疑問が相次ぐ事態となった。男性からも

    「男を舐めてるでしょ。おとう飯。時間があって必要性に迫られれば男だろうがやるだろ」
    「俺はずっと前から作ってるし、独身の者だっていつも外食なわけではないだろう?」

    といった声があり、取り組みを歓迎する声は男女とも皆無に等しい。

    内閣府「男の料理だから見栄えが悪くても良い、女性はだめ、という意図はない」

    男女共同参画局の広報担当者はこうした声について「今のところ私共では存じ上げておりません」と述べた上で、キャリコネニュースの取材に対し

    「見た目や盛り付けはさて置き、味だけに気を配ってもらうことで、『こんなに簡単に作れるんだ!』と、料理に対する心理的ハードルを下げてもらおうと企画しました。男の料理だから見栄えが悪くてもよい、女性はだめという意図はありません」

    と企画の趣旨を説明した。普段料理をしない男性がキッチンに立つきっかけを作りたいだけであって、他意はないということのようだ。

    ただ、ツイッターには、男性が料理をしない理由は知識や技能の欠如ではなく、時間の無さにあるという指摘も多い。料理のハードルを下げるより、長時間労働時間の是正や賃金上昇などの労働問題解決が先だという意見も出ていた。

    2011年の調査によると、日本の男性の家事時間は1日平均67分だという。政府は2020年までに、これを150分に増やす目標を掲げている。絵に描いた餅で終わらないと良いが、実現までの道のりは険しそうだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【内閣府の「おとう飯」キャンペーンがプチ炎上 男性の炊事を応援するも「男を舐めてる」と批判相次ぐ】の続きを読む


    ゴゴ通信

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・かっぱ寿司が食べ放題実施
    ・750分(12時間半)の待ち時間
    ・連日の行列が続きそう

    寿司チェーン店『かっぱ寿司』が6月13日~7月14日まで食べ放題を実施すると発表した。食べ放題が実施されるのは全国20店舗で、都内は含まれていない。

    男性は1580円、女性は1380円、小学生以下は無料となっており、実施時間は平日の14時~17時となっている。また別途680円を払えばアルコール飲み放題を付けることもできる。

    ネットでは「1580円も食べきれない」「微妙な値段」「店舗が少ない」「10皿も食えないからお得感無い」という意見が挙がっていた。

    しかし実施初日になってみるとそんな意見とは裏腹に店には多くの行列が出来ており、待っている組数は70組以上で待ち時間は750分となっている。750分ということは12時間半の待ち時間ということになる。

    しかし食べ放題が実施されるのは平日の14時~17時まで。待っていても食べ放題にありつけないということだ。更にこの待っている客全てが食べ放題目的というわけではなく、通常の客も中にはいるということ。つまり普通に来た客もこの食べ放題の繁盛で中に入れ無い状態なのだ。

    待ち時間は単純に75組なので750分と表示しているようで、食べ放題の70分の制限時間は考慮せず通常の営業での滞在時間での計算となる。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【かっぱ寿司が13日から食べ放題実施 750分の待ち時間となる】の続きを読む


    「食べ放題」キャンペーンを実施するかっぱ寿司
    ITmedia ビジネスオンライン

     すしチェーン「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトは6月12日、食べ放題キャンペーンを13日から店舗限定でトライアル実施すると発表した。男性なら1580円(税別)ですしなどが食べ放題になる。同社は前期に赤字に転落しており、食べ放題を新たな柱にしたい考えだ。

    【拡大画像や他の画像】

     すしのほか、サイドメニューやデザートなど80種以上を70分間、男性は1580円(税別)、女性は1380円(税別)で楽しめる。65歳以上は980円(税別)、小学生未満は無料。アルコール飲み放題も680円(税別)で用意する。

     鴨川店(千葉県)など全国20店舗限定で7月14日まで実施する。

     かっぱ寿司は特色が打ち出せず、客数が減少するなど苦戦。2016年10月にはリブランディングしたものの、一時的な効果にとどまり、17年3月期は58億円の最終赤字に転落していた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【かっぱ寿司、「食べ放題」で反撃へ 男性1580円で】の続きを読む


    ナリナリドットコム

    お笑いコンビ・インパルスの堤下敦(39歳)が、睡眠薬を飲んで車を運転していたところを発見され、警察の取調を受けていると、6月14日放送の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)が速報で伝えた。

    報道によると、堤下は14日午前2時40分頃、東京・狛江市の世田谷通りで、睡眠薬を飲んで意識がもうろうとした状態で運転席にいるところを発見。本人は「サウナに行って自宅に帰る途中だった。睡眠薬を飲んで運転していた」と話しているという。

    また、堤下の車には道路の縁石などに接触したような跡が残っており、警視庁は薬物の影響で正常な運転ができない状態で車の運転を禁じている道路交通法違反にあたる可能性もあると見て捜査を進めていると伝えた。

    堤下は1977年生まれ神奈川県出身。1998年に板倉俊之と共にインパルスを結成し、人気バラエティ番組「はねるのトびら」(フジテレビ系)などで活躍、6月15日に最終回を迎える連続ドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系)にも出演している。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【インパルス堤下が睡眠薬飲み車運転か】の続きを読む

    このページのトップヘ